コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe
by erizo_1
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
以前の記事
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

フッド・バイ・エアーのショーがぶっとんでいて、もはやアートな件!

さて、今季のNYファッションウィークから、もうひとつインパクト大のショーを打った Hood by Air の話題です。
c0050387_13583711.jpg

フッド・バイ・エアーといえば、ストリート系カルト的人気を誇るブランドですね。

シェイン・オリバー(Shayne Oliver)が手がけるストリートとハイファッションを駆けあわせたエッジ−な世界は、カニエ、リアーナ、 A$AP Rocky ヒップホップ界のスターたちが熱く支持。

フロントローにナオミ・キャンベルと、テレビ番組「エンパイア」でおなじみのジャシー・スモレットがいるのを発見!
c0050387_13593864.jpg

パイナップル頭のジェイデン・スミスも発見。
たしかポケモンでこういうヤシの木みたいなナッシーがいますよね。
c0050387_1359555.jpg

さて過去に「ぶっといノリまゆ」や「顔にストッキングかぶり」といった数々のびっくりをしてくれたHood By Airですが、どんなステージなのでしょう。
c0050387_140825.jpg

c0050387_1402443.jpg

c0050387_1405118.jpg

これだけ見ると、お、ふつうにカッコいいじゃないですか!
しかし人生そんな甘いものではないわけです。
c0050387_1412884.jpg

うわ!!!!
クリーニング屋から帰ってきたシャツを袋ごと着てるし!

うわー、うわー!
めちゃめちゃ動きづらそう
c0050387_1414879.jpg

c0050387_14121079.jpg

しかも靴なんて、踵から後ろにもつま先があるんですよ。
歩けない、ていう!

その上、モデルがゾンビみたいに、ぐらんぐらんとよろけながら歩くという演出なので、思わず「あなた、大丈夫?」と声かけそうになりました。

えええ!?
白ブリーフ!?
c0050387_1421297.jpg

いや、見るのはそこではなくて、アウターのコートですよね。
でもこれが実際に目の前に現れてきたと考えてみてよ!
びっくりするよ!
そりゃ白パンツに目がいっちゃうよ!
c0050387_1423516.jpg

拘束衣! 
買い物しようとしても財布が取り出せませんね!

ご年配も脱ぎます!
c0050387_14326.jpg

じつはこの方、世界的に有名なアーティストであるヴォルフガング・ティルマンス(Wolfgang Tillmans)さんなのです。
そうです、90年代から写真のインスタレーションで最前線を切り拓いてきてターナー賞も受賞している巨匠です!
えええええーッ!脱ぐんだ!?

わたしはランウェイを観ている時はちっとも誰だか気づかず、「ぬーん、いい年してよくハダカになるなあ」と思っていたのですが、まさかのアーティストご本人さまご登場!

このティルマンスさんだけめっちゃ楽しそうな表情だったんですが、やっぱり巨匠、いちどはランウェイやりたかったんだろうね。
c0050387_1444239.jpg

ダダ的な?
c0050387_1445623.jpg

大丈夫でしょうか。

いやー。すばらしい!!!!!
いいわー!
大好きです!

なにか MOMAのPS1とかニューミュージアムあたりでやっているパフォーマンス・アートみたいだなー、という感じ。

こういうヒップホップファッション映像の境目というのは、いまいちばん勢いがあると思うんですよ。おもしろい!

実際のところHBAのファンが買っているのはロゴいりのTシャツやスウェットなわけですから、後はもう好きな表現をやろう、ということなんでしょう。



ちなみにランウェイの最後尾に歩いている男性が、デザイナーのシェインさんです。

地味!
いいですねー。
こういう大人しそうに見える人のほうがクリエイションでは大胆さを発揮しますよね。

最近はファッション業界も売れないと成りたたないので、ランウェイもシンプルで手堅いところに落ちついてきているというのが現状。

しかし文化というのは、新しい視点のズラし方とか、変わったことする余地がないと生まれませんからねー。

無難なショーが多いなかで、断トツに異彩を放つHood by Air.
どんどんメーターを振りきっていって欲しいものです!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-09-24 14:18 | トレンドの泉

トム・ブラウンに登場した猫男、ファンタジーなモードがすごい!

c0050387_15443934.jpg

マンハッタンのチェルシー爆発があって騒然としているNYです。
現時点では、まだ詳細わからず。
23丁目で爆発があり、27丁目にも爆発物のデバイスらしきものが発見されたそう。
怪我された方が軽傷であることを願うばかりです。

※続報)まだ犯人はわかっていませんが、国際的なテロではないだろうとのこと。この事件に先立ってニュージャージーでの海兵隊チャリティマラソンでもパイプ爆弾がしかけられたらしいのですが、そちらでの怪我人はゼロ。
チェルシーという場所の選び方も意外で、あまりテロの対象となる象徴性がなさそうな場所です。ということは、あきらかにNJやNYの地理に詳しい犯人で、監視カメラに映らなそうな地点を選んだように思えます。

さて NYファッションウィークのほうはぶじ終わりましたが、そのなかでも頭がくるッと一回転するくらい印象的なショーがあったので、ご報告しましょう。

やはり飛び抜けて存在感があったのが、トム・ブラウン(Thom Browne)のショー。

始まる前からたいへんな賑わいです。
あ、わんちゃんがトム・ブラウンのトリコロール・タグがついたセーターを着ている!
c0050387_1545423.jpg

かわいー!

おおお、イケメンです!
c0050387_15454378.jpg

膝小僧を出したスーツ姿のイケメン。
なにかこう、心の着地場所を定めにくいようなシチュエーションですね。

会場に入ると、あッ、ランウェイのフォトグラファーが全員白衣を着ている!
c0050387_15455845.jpg

もともとディオールなどフランスの老舗メゾンで働くスタッフは白衣を着て作業するのが伝統であって、マルタン・マルジェラもスタッフの白衣で有名なもの。
ここはトムも「クチュリエとしての誇り」「徹底的にこだわった素材と縫製と職人芸」を印象づけたかったのかもしれませんね。

ちなみにこの白衣、ちゃんとトリコロールのタグがついているんですよ!
ショーの後、知り合いのカメラマンさんに「どうするの?」と聞いてみたところ、「いちおう返すようにといわれたけど、もらっておく」とのことで、バッグに詰めていました(笑)

そりゃ、もらうよね!
トム・ブラウンのタグつき白衣。みんな欲しいでしょう!

さて会場には中央には、プールを模したタイルが敷きつめられ、壁にもピクセル画像化した雲やプールの入口が描かれています。
c0050387_1546178.jpg

そこに水泳用のボンネットとぶかぶかのカフタンに身を包んだモデルたちが三々五々、笑いさざめきながら出てくるという趣向。

なぜか周囲には鳥の頭を被って羽をつけて鳥に扮した鳥さん男や、猫の頭を被ってシッポをつけ猫に扮した猫さん男がいます。



いやー。猫の着ぐるみでもトム・ブラウンが手がけると、しゃれおつですね。
これがフナッシーとか、せんとくんだったら、モードにならんよね。

そこに銀に輝くドレス+頭に犬のヘッドピースに身を包んだ女神が現れると、モデルたちがひとりずつカフタンを脱ぎ、そこにコレクションのルックが現れるという仕組み。



モデルたちが脱ぎ捨てた服を回収するのが、鳥さんたちなのです。

カフタンを脱ぐと、現れたのは、美しいシャーベット・トーン
ミント・グリーンやパステル・ブルー、カナリア・イエロー、ピーチ、オレンジといった美しい色彩です。
c0050387_15473060.jpg

細長いシルエットは1920年代のドーヴィルや、膝レングスの服は60年代のフロリダあたりの高級リゾートを思わせます。
c0050387_154817.jpg

c0050387_15497100.jpg

ヤシの葉やハイビスカスの花といった南国のモチーフが飾られています。
グログラン・リボンで線を際だたせ、トロンプ・ルイユでベルトやリボンを表現。

最後にいっせいにモデルがその服を脱ぐと下から水着が現れるという趣向で、二度びっくり。
スーツに見える服もじつはすべて背中であけられるワンピースだったんですね。

ピンナップ・ガールみたいな水着!
c0050387_15492771.jpg

シューズがかわいい。
錨の形をしたヒールのサンダルです。
c0050387_15494148.jpg

ファンタジーの世界を完璧に作り上げながら、実際に着ることができるコレクションで、とてもステキでした。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-09-18 15:53 | トレンドの泉

トミー・ヒルフィガーはピアで即売のランウェイ!

c0050387_14274086.jpg

錦織選手、NYの邦人の間では大騒ぎでした!残念でしたね(ToT)
来年こそは!

さて全米オープンにみんなが熱くなっているいっぽう、コレクションは粛々と二日目です。
トミー・ヒルフィガーはピアで即売のランウェイ!

トミー・ヒルフィガーは今回から、ランウェイで披露するものをそのまま買える「BUY NOW」なコレクションに移行!

ちょうど東京ガールズ・コレクションみたいな感じですね。

春に見たものと同じくマリーンなテーマのコレクション。
c0050387_142983.jpg


トミーみたいな大きなブランドで、点数も多く、買いやすい値段で、試着しなくてもサイズ的に想像できるリアルクローズだと、たしかにコレクションでトップモデルに着せた服がそのまま買えるっていうのは、大きな宣伝効果になりそうです。

まあ、ひと昔前は「試着しないで服なんか買わないよね」と思われていたものですが、今や高級ブランドですらオンラインショッピングが増えていますからねー。

今にオンラインでバーチャル試着もできるようになるんだろうしね。
時代はどんどん変わるねー。

じつはわたし、数年前にジジ・ハディッドインタビューしたことがあるのです!

そのインタビュー内容よりも、その後のアフターパーティで、ジジが一緒にいた当時のボーイフレンドがめっちゃ軽そうな男だったもんだから、

「なんで美女はいかにもダメダメなバッドボーイに惹かれるんであろうか」

ナゾだったんですが、その後別れて、今はゼインさんとつきあっているようでよかったです。

て、余計なお世話ですよね。

こちらはミリ−のランウェイです!
きれいに撮れたので、動画でどうぞ。


[PR]
# by erizo_1 | 2016-09-10 14:45 | トレンドの泉

NYファッションウィーク開幕! 難民支援のジーンズも登場!

NYファッションウィークが開幕!
c0050387_15152486.jpg

このところシーズンごとに規模が縮小してきているようなNYコレクション。
展示会に切り替えたブランドや、ごく少人数に見せるショーに変えたブランドもあり、ランウェイで見せるというスタイルじたいが過渡期にあるもよう。
c0050387_15162993.jpg

c0050387_15243223.jpg

ちょっと珍しいところでは、「Jeans For Refugees」(難民のためのジーンズ)というステージがありました。



これはセレブに自分のジーンズを寄付してもらい、それを Johny Darがペイント加工。その一点モノのジーンズをオークションにかけて、その収益をnternational Rescue CommitteeIに寄付するというもの。

参加したセレブは100名にもおよびケイト・モス、シャロン・ストーン、ピンク、ゾーイ・ソルダナ、エヴァ・ロンゴリア、アナ・ウィンター、エマ・ワトソン、ソフィア・コッポラなど、そうそうたる顔ぶれ。

男性でもワン・ダイレクションのハリー・スタイルズや、ダニエル・ラドクリフ、変わりどころではトム・ウェイツ(激シブ!)、オジー・オズボーンなんてのもあり。

難民支援でファッション界が立ちあがったのは、これが初めてのプロジェクトのはず。
c0050387_15185559.jpg

しかしケイト・モスのジーンズだったら、モデル体型でないと履けないわけで、そんなにモデル体型の人っているのか???
それともファンが買って額に入れて飾るのか????

現時点の最高額がシャロン・ストーンの5500ドル、ケイト・モスの2400ドルといったあたり。

ふむ、これはあれだね、若い時に「氷の微笑」でクラクラした男性ファン@今はナイスミドルの大金持ちが競り落としたりしているんだろうなあ。

こちらはオーラ・カイリーです。
かわいー!
c0050387_15193564.jpg

c0050387_15195472.jpg

Desigual デシグアル
c0050387_1523461.jpg

c0050387_1520496.jpg

いつもポジティブなグルーヴを送り続けるデシグアル。
今回は「グローバル・トラベラー」をテーマに明るくカラフルなコレクションを展開。
ボヘミアンなロングドレスに、パッチワークいっぱいのミリタリージャケットの組み合わせが印象的でした。

[PR]
# by erizo_1 | 2016-09-09 15:26 | トレンドの泉

一風堂×岐阜の酒 EN×飛騨牛 美味しい岐阜がNYに上陸!

NYで岐阜県の特産物が上陸、お酒や飛騨牛が楽しめますよ!
c0050387_1573237.jpg

一風堂ウエストサイドでは、岐阜酒ウィークを開催。
岐阜の醤油を使ったスペシャルなラーメンと、朴葉みそのおにぎりのメニューが16ドルで登場!
岐阜の日本酒も小さなグラスでついてきます。

このラーメンを食べましたが、さっぱりした醤油味で、美味しかったー!
醤油ラーメン好きにビシッとお勧めです!
c0050387_1585474.jpg

器も美濃焼の特製「ラーメンどんぶり」を使用。
横尾忠則、アラン・チャン、浅葉克己、祖父江慎、佐野研二郎など、そうそうたるデザイナーや作家がコラボした美濃焼のどんぶりが出てきます。

こちらは横尾忠則のデザイン、さすが!
c0050387_1582362.jpg
日本では、このラーメンどんぶり、日本デザインコミッティーで販売されているそうです。

GIFU SAKE WEEK
9月6日〜8日
一風堂ウエストサイド(2階のバー)
321 W 51st St, New York, NY 10019


そして飛騨牛の米国輸出にむけて、さまざまなレストランで飛騨牛の料理登場。
c0050387_1591550.jpg

EN Japanese Brasserie では 岐阜酒と飛騨牛ウィークを開催して、飛騨牛を使ったメニューが披露されます。
c0050387_1593976.jpg

その他、ブラッシュストローク、波崎、白梅、しゃぶ辰、酒蔵といったレストランでも飛騨牛のメニューが出るそうです。

GIFU SAKE AND HIDA BEEF WEEK
9月8日〜18日
EN Japanese Brasserie
435 Hudson St, New York, NY 10014


さらに〜!お酒のイベントもあり!
NY最大のリカーショップにおいて、日本酒フェアを 開催。岐阜県内5蔵の日本酒を店頭販売、および12蔵の試飲ブースを設置。

ASTOR Wines & Spirits
9月9日(金)-9月14日(水)
399 Lafayette St, New York, NY 10003


この機会にぜひどうぞ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-09-07 15:20 | NYのレストラン

全米が泣いた、というコピーが今から想像できる映画「海を照らす光」

マイケル・ファスベンダーが主演する「 The Light between Oceans 」を観てきました。
c0050387_1431589.jpg

舞台は1920年代のオーストラリア。
孤島の灯台守である夫婦は、ある日ボートが漂着して、その中に赤ん坊がいるのを発見します。
二人は自分たちの子どもとして赤ん坊を育てるのです

灯台守を演じるのが、「X-MEN 」のマグニートや「それでも夜は明ける」で知られるマイケル・ファスベンダー。

妻を演じるのは、アリシア・ヴィカンダー
エクス・マキナ」や「リリーのすべて」で話題をかっさらった愛くるしい顔だちの女優さんですね。

撮影当時このふたりは実際につきあっていたらしく、演技の息もぴったり。
孤島に二人だけで住む灯台守の夫婦をこそばゆくなるくらいラブラブに演じてくれます。
c0050387_14313346.jpg

だが、しかしマイケルが出ている限り、ハッピーにいきっこないわけです。
なんたって眉間のシワ演技では他の追随を許さないマイケル・ファスベンダー。

マイケルさん、たいていの映画で苦悩しているよね。
苦悩しているか、迫害しているかのどっちか。

マイケルが出たとたんに、ああ、この人物には過酷な運命が待ち受けていて苦悩するのだろうなあ、という予感がするわけです。

幸せそうなシーンを演じていても、ああ、これは悲劇を増長させるためにあって、このあとドーン! と悲劇が待っているんだろうなあ、と思っていると、やっぱり悲劇が待ちかまえているのですね。

そのくらい苦悩の似合う男、マイケル・ファスベンダー!

幸せな暮らしも、産みの母親が生きて近くにいたことがわかったことから急転、後半は涙、涙、苦悩と嘆き、引き裂かれる心のてんこ盛りです。

この産みの母を演じるのが演技派レイチェル・ワイズなもんだから、登場人物たちの気持ちがよく伝わってきて、あの人の気持ちもわかる、この人の気持ちもわかる、というせつない状況です。
c0050387_14385494.jpg

子役の女の子もすごーくかわいい
「四歳くらいの幼児がこんなに両親役になついて、自然に演技できるものなんだろうか?」と驚くほど、自然でかわいい。
c0050387_14324591.jpg

そういえば「X-MENアポカリプス」でも父と娘のほっこりシーンがあって、悲劇に続いていたのだよなあ。
つくづく悲劇の父親像が似合うマイケルさんなのでした。

アメリカでのこの映画のカキコミには、「これでマグニートは人類を憎むようになったのだ、これは X-MENの前日譚なのだ!」というコメントがあって笑った。たしかに!

そして景色がすばらしい!
シネマトグラフィーの美しさには圧倒されます。

絶海の孤島、灯台のある風景、大海原、嵐の情景、海をわたっていく小さな船。
c0050387_14331540.jpg

そして灯台のある島がまた美しい!
こんな小さな小屋で素朴な家具に囲まれて、山羊や鶏を飼いながら暮らす生活もいいなあ、と憧れてしまうほど。
子どもが着ている子ども服も本当にかわいい!

この話、北海道の孤島の灯台守をしている吉岡秀隆黒木華の夫婦のもとに、ボートに乗った赤ん坊が漂着して……みたいに想像してもらっても充分なりたつ話です。

もうこれだけで「泣かせる」とわかる。
親子の愛、夫婦愛を描いた号泣ドラマ
観ていてボロ泣きしました。
ハンカチをお忘れなく!
ストレートなメロドラマです。

日本人が好きなウエットな話だし、悪人が出てこないし、こういう絶景が見たいなって気にさせるので、JALやANAの機内映画にぜひ入れて欲しいです!

今から「全米が泣いた」というコピーが頭に浮かぶほど。
というか、他のコピーが思いつきません。

原作はオーストラリアの作家M.Lステッドマンのベストセラー小説「海を照らす光

余計なお世話ですが、ハワカワ出版さんは映画にそなえて文庫を出してくれるといいなと思います!

海を照らす光
c0050387_14342967.jpg


予告編はこちら。
字幕はついていませんが、絵を観ているだけで、なにが起きているかわかります。


[PR]
# by erizo_1 | 2016-08-31 14:58 | エンタメの殿堂

ジェイソン・モランがギャラリーで演奏、カッコよすぎて死んだ!

ジャズ・ピアニストのジェイソン・モランと、ザ・バンド・ワゴンが「ルーリング・オーガスティン・ブッシュウィック」で演奏。
c0050387_14583753.jpg

このルーリング・オーガスティンは、ミートパッキングにある一流ギャラリーなんですが、近年アートの最前線になっているブルックリンのブッシュウィックにも支店というべきギャラリーをオープンしているのです。
c0050387_1555072.jpg

ギャラリーにはジェイソンのインスタレーションが飾ってあって、今回はいわばアートとしてのパフォーマンスなんだけど、こんなふうにギャラリーでは演奏を披露。
みんな床に座り込んですごくカジュアル
c0050387_1459817.jpg

これが本当にすごかった! 
もう魂がふっとんだ!
タダでこんなすごい演奏に接することができるなんて、すごすぎる!



わたしはジャズにはまったく詳しくないのだけれど、この人、すごい!!! というのだけはわかった。
きわめて知的なジャズというのか。

NYのすごさを感じるのは、こんなとき。

週末には地下鉄が止まったり、空いている車両に乗ればそこには匂う人がいたり、地下鉄に乗るたびに物乞いされたり、道はゴミだらけで、夏場はゴミの匂いがするし、キャッシャーはのろいし、なんかもう耐えがたきを耐えるNYの生活なんだけれど、それでも時折とてつもないもの、すばらしいもの、とんでもなく輝くものに出くわすことがある。

それはもう魂がカッキーン! と空の高みにふっとばされる勢いで、おまけにこの街にはそういうアーティストがごろごろいるのだ。

人によって魂をリフトアップする方法というのは違うのだろうけれども、わたしにとってはやはりすごい演奏小説舞台アートファッション料理に触れた時の、あの昂揚、ああ、なんとすごいものがこの世にあるのか、と感動できる時の気持ち、そのすごいものを作る人間の精神の力に感動する一瞬、あの魂が飛んでいく感覚であって、それはもう何ものにも変えられない喜びだと思うのだ。

ニューヨークはそういう輝く瞬間を、時々見せてくれる。
だもんだから、不便で、面倒なことがいっぱいある街なのに、そのホームランで、やっぱり愛してしまうのだ。



魂を持ちあげてくれて、ありがとう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-24 15:16 | カルチャーの夕べ

メット・ブロイヤーの未完の作品展「Unfinished」では、アートなキャンディを食べるべし!

じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 7月号、更新です!

メット・ブロイヤーの未完の作品展「Unfinished」では、アートなキャンディを食べるべし!」を更新しました。

メトロポリタン美術館の新しい分館であるメット・ブロイヤーでは、現在未完の作品展「Unfinished」を展示中!

そこにあるのが、このキャンディの山です。
c0050387_1412331.jpg

これはいったいどういう意味があるのか?

そこに隠された意外な秘密をぜひご覧下さいね!

The Met Breuer

住所:945 Madison Avenue New York, NY 10021
電話: 212-731-1675

「Unfinished: Thoughts Left Visible」
9月4日まで


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-19 14:15 | カルチャーの夕べ

NYメンズコレ、クリーンなスポーツルックと、かわいい男子の時代!

NYではメンズのファッション、2017年春夏コレクションが披露されました。
c0050387_12591351.jpg

どんな感じか、ご紹介しましょう〜〜〜!
このトップ画像はトミー・ヒルフィガー
上下花柄です♡

こちらはマイケル・コースです!
わー、かわいい
c0050387_13173123.jpg

なんて爽やかなんでしょう、爽やかなスポーツスタイル。
きゃわわわわー!
c0050387_13174882.jpg

c0050387_13182410.jpg

素材も紙のように薄いペーパーポプリンを使って軽やかだったり、水玉ボーダーといった爽やかな幾何学パターンを多用したりして、もう爽やかの波状攻撃
c0050387_13195592.jpg

まさに「渋さ知らず」というべきか。
ユース感満載

こちらはコーチ
アメリカの若者カルチャーマッシュアップしたコレクションです。
c0050387_1321263.jpg

かつてはバイカーが着ていたバイクジャケットがキーアイテムになっていて、コーラの王冠を模したようなバッジで飾られています。
c0050387_13214398.jpg

でもこれを着るのって、相当にオシャレさんで、まるっきりヤンキーじゃないよね。
モチーフは不良サブカルなのに、出来上がりはめちゃかわいい
c0050387_13232370.jpg

c0050387_13234288.jpg

c0050387_1324278.jpg

いやーん、かわいい
c0050387_13245545.jpg

こんなに細かったらケンカしたって負けちゃうわ♡
怪我しちゃうから、危ないことしたら、ダメでちゅ!

こちらはトミー ヒルフィガーヒルフィガー・エディション
c0050387_13254673.jpg

いやーん! かわいい!
花柄のパジャマパンツよ〜!
c0050387_13264885.jpg

花柄のバケットハットに、チルデンセーターよ〜!

もうまるっきり男らしくない、ていうのか、「かわい〜♡」みたいな?
ちぇるちぇるビーム! みたいな?
c0050387_1328032.jpg

え!? もしかして、りゅうちぇるって時代の先端をいっていたってこと?
世界はりゅうちぇる化しているってことなの???
きゃ〜♡
c0050387_1349342.jpg

よく考えたら、上下トラックスーツとか、突っかけサンダルとか、スカジャンとか、アイテム的には一歩間違えると「深夜のドンキ」なスタイルではあるんですが、そこをプロポーションやシルエットを変えて、素材を変えて、オシャレにクリーンに仕上げるところがファッションですね。
c0050387_13502346.jpg

なんかママとも一緒におでかけして、アイスクリーム食べたり、スナップチャットしてそうな男子って感じだわ〜♪

かつては大人に反抗したり、アウトローになっていたりした若者のカウンターカルチャー。
そのワルで不良なスタイルだったものが、かわいく、清潔に浄化されて提案されているのが興味深いところです。

アンドロギュノス的なアプローチは世界的な流行になっていますが、ヨーロッパのメゾンが2016 年春夏に打ち出した流れが、ふつうの男子も着るようになったってことですかね。

中性男子もヨーロッパだとちょっと暗めなのに、アメリカだとめっちゃ明朗快活、爽やか、ゆるゆるって感じなのね。
c0050387_13315984.jpg

ミレニアム世代の男子はもう男らしいとか女らしいとかを越えて、自分らしさを好む世代かもしれませんね。

さてこうしたビッグブランドの2017春夏コレクションについて詳しくはアパレルウェブに書きましたので、もっと詳細を知りたい方は、ぜひそちらの記事もチェケラウ下さいね!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-18 14:00 | トレンドの泉

大江千里さんの新アルバムが発売!お披露目ライブもとってもJazzy!

NYを拠点とするジャズピアニスト、大江千里さんが新しいアルバム『Answer July ~Senri Oe Jazz Song Book~』を発表!
c0050387_1348285.jpg

そのお披露目ライブに行ってきました。

4枚目のアルバムは初のボーカリストとの共演。
7月5日に世界発売

千里さんのライブは何度か見たことがありますが、すばらしいエンターテイナーですよね。
c0050387_13553927.jpg

その場の空気を読みとりながら、うまく膨らませたり、乗せてくれたりして、会場の心をガチッとつかんでくれる音楽家です。

今回はオールド・ジャズの世界どまんなかでした。
オール・ザット・ジャズという感じ。


このアルバムではジャズボーカルのレジェンドSheila Jordanが2曲歌い、Becca Stevensが、タイトル曲『Answer July』を作詞&歌唱。

このシーラ・ジョーダンさん、今回のステージに立たれましたが、なんと1928年生まれだとか。
数々の賞に輝いていて、NYのジャズの歴史を生き抜いてきた方です。
すごい!
c0050387_13501242.jpg

そして世界的に話題のコーラスグループNew York VoicesのLauren Kinhanも作詞&歌唱。

このローレン・キーナンさんの歌いっぷりがまた「いーかーにーも大人〜!」な魅力たっぷりだったので、お裾分けしましょう。


そして大御所シーラさん。
この楽しいかけあいが、いかにもニューヨーク・ジャズですね。


3年半かけて作ったアルバムだそうです。
NYらしさが詰まった楽しいライブでした。

ちなみにアルバムジャケットはNYでも個展を開催した、あのキングコングの西野亮廣さんが担当!
千里さんやシーラさんの顔も描かれています。
c0050387_13551589.jpg

日本盤は9月7日にスペシャルバージョンでするそうです!

世界盤アルバムご購入は、iTUNESもしくはCDはPNDのサイトへどうぞ!
千里さんのサイトは、こちら。
PDNオフィシャルサイト

アルバムの視聴もできますよ!
[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-07 13:58 | カルチャーの夕べ