「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe
by erizo_1
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2016年 07月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 04月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月

ジェイソン・モランがギャラリーで演奏、カッコよすぎて死んだ!

ジャズ・ピアニストのジェイソン・モランと、ザ・バンド・ワゴンが「ルーリング・オーガスティン・ブッシュウィック」で演奏。
c0050387_14583753.jpg

このルーリング・オーガスティンは、ミートパッキングにある一流ギャラリーなんですが、近年アートの最前線になっているブルックリンのブッシュウィックにも支店というべきギャラリーをオープンしているのです。
c0050387_1555072.jpg

ギャラリーにはジェイソンのインスタレーションが飾ってあって、今回はいわばアートとしてのパフォーマンスなんだけど、こんなふうにギャラリーでは演奏を披露。
みんな床に座り込んですごくカジュアル
c0050387_1459817.jpg

これが本当にすごかった! 
もう魂がふっとんだ!
タダでこんなすごい演奏に接することができるなんて、すごすぎる!



わたしはジャズにはまったく詳しくないのだけれど、この人、すごい!!! というのだけはわかった。
きわめて知的なジャズというのか。

NYのすごさを感じるのは、こんなとき。

週末には地下鉄が止まったり、空いている車両に乗ればそこには匂う人がいたり、地下鉄に乗るたびに物乞いされたり、道はゴミだらけで、夏場はゴミの匂いがするし、キャッシャーはのろいし、なんかもう耐えがたきを耐えるNYの生活なんだけれど、それでも時折とてつもないもの、すばらしいもの、とんでもなく輝くものに出くわすことがある。

それはもう魂がカッキーン! と空の高みにふっとばされる勢いで、おまけにこの街にはそういうアーティストがごろごろいるのだ。

人によって魂をリフトアップする方法というのは違うのだろうけれども、わたしにとってはやはりすごい演奏小説舞台アートファッション料理に触れた時の、あの昂揚、ああ、なんとすごいものがこの世にあるのか、と感動できる時の気持ち、そのすごいものを作る人間の精神の力に感動する一瞬、あの魂が飛んでいく感覚であって、それはもう何ものにも変えられない喜びだと思うのだ。

ニューヨークはそういう輝く瞬間を、時々見せてくれる。
だもんだから、不便で、面倒なことがいっぱいある街なのに、そのホームランで、やっぱり愛してしまうのだ。



魂を持ちあげてくれて、ありがとう。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-24 15:16 | カルチャーの夕べ

メット・ブロイヤーの未完の作品展「Unfinished」では、アートなキャンディを食べるべし!

じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 7月号、更新です!

メット・ブロイヤーの未完の作品展「Unfinished」では、アートなキャンディを食べるべし!」を更新しました。

メトロポリタン美術館の新しい分館であるメット・ブロイヤーでは、現在未完の作品展「Unfinished」を展示中!

そこにあるのが、このキャンディの山です。
c0050387_1412331.jpg

これはいったいどういう意味があるのか?

そこに隠された意外な秘密をぜひご覧下さいね!

The Met Breuer

住所:945 Madison Avenue New York, NY 10021
電話: 212-731-1675

「Unfinished: Thoughts Left Visible」
9月4日まで


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-19 14:15 | カルチャーの夕べ

NYメンズコレ、クリーンなスポーツルックと、かわいい男子の時代!

NYではメンズのファッション、2017年春夏コレクションが披露されました。
c0050387_12591351.jpg

どんな感じか、ご紹介しましょう〜〜〜!
このトップ画像はトミー・ヒルフィガー
上下花柄です♡

こちらはマイケル・コースです!
わー、かわいい
c0050387_13173123.jpg

なんて爽やかなんでしょう、爽やかなスポーツスタイル。
きゃわわわわー!
c0050387_13174882.jpg

c0050387_13182410.jpg

素材も紙のように薄いペーパーポプリンを使って軽やかだったり、水玉ボーダーといった爽やかな幾何学パターンを多用したりして、もう爽やかの波状攻撃
c0050387_13195592.jpg

まさに「渋さ知らず」というべきか。
ユース感満載

こちらはコーチ
アメリカの若者カルチャーマッシュアップしたコレクションです。
c0050387_1321263.jpg

かつてはバイカーが着ていたバイクジャケットがキーアイテムになっていて、コーラの王冠を模したようなバッジで飾られています。
c0050387_13214398.jpg

でもこれを着るのって、相当にオシャレさんで、まるっきりヤンキーじゃないよね。
モチーフは不良サブカルなのに、出来上がりはめちゃかわいい
c0050387_13232370.jpg

c0050387_13234288.jpg

c0050387_1324278.jpg

いやーん、かわいい
c0050387_13245545.jpg

こんなに細かったらケンカしたって負けちゃうわ♡
怪我しちゃうから、危ないことしたら、ダメでちゅ!

こちらはトミー ヒルフィガーヒルフィガー・エディション
c0050387_13254673.jpg

いやーん! かわいい!
花柄のパジャマパンツよ〜!
c0050387_13264885.jpg

花柄のバケットハットに、チルデンセーターよ〜!

もうまるっきり男らしくない、ていうのか、「かわい〜♡」みたいな?
ちぇるちぇるビーム! みたいな?
c0050387_1328032.jpg

え!? もしかして、りゅうちぇるって時代の先端をいっていたってこと?
世界はりゅうちぇる化しているってことなの???
きゃ〜♡
c0050387_1349342.jpg

よく考えたら、上下トラックスーツとか、突っかけサンダルとか、スカジャンとか、アイテム的には一歩間違えると「深夜のドンキ」なスタイルではあるんですが、そこをプロポーションやシルエットを変えて、素材を変えて、オシャレにクリーンに仕上げるところがファッションですね。
c0050387_13502346.jpg

なんかママとも一緒におでかけして、アイスクリーム食べたり、スナップチャットしてそうな男子って感じだわ〜♪

かつては大人に反抗したり、アウトローになっていたりした若者のカウンターカルチャー。
そのワルで不良なスタイルだったものが、かわいく、清潔に浄化されて提案されているのが興味深いところです。

アンドロギュノス的なアプローチは世界的な流行になっていますが、ヨーロッパのメゾンが2016 年春夏に打ち出した流れが、ふつうの男子も着るようになったってことですかね。

中性男子もヨーロッパだとちょっと暗めなのに、アメリカだとめっちゃ明朗快活、爽やか、ゆるゆるって感じなのね。
c0050387_13315984.jpg

ミレニアム世代の男子はもう男らしいとか女らしいとかを越えて、自分らしさを好む世代かもしれませんね。

さてこうしたビッグブランドの2017春夏コレクションについて詳しくはアパレルウェブに書きましたので、もっと詳細を知りたい方は、ぜひそちらの記事もチェケラウ下さいね!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-18 14:00 | トレンドの泉

大江千里さんの新アルバムが発売!お披露目ライブもとってもJazzy!

NYを拠点とするジャズピアニスト、大江千里さんが新しいアルバム『Answer July ~Senri Oe Jazz Song Book~』を発表!
c0050387_1348285.jpg

そのお披露目ライブに行ってきました。

4枚目のアルバムは初のボーカリストとの共演。
7月5日に世界発売

千里さんのライブは何度か見たことがありますが、すばらしいエンターテイナーですよね。
c0050387_13553927.jpg

その場の空気を読みとりながら、うまく膨らませたり、乗せてくれたりして、会場の心をガチッとつかんでくれる音楽家です。

今回はオールド・ジャズの世界どまんなかでした。
オール・ザット・ジャズという感じ。


このアルバムではジャズボーカルのレジェンドSheila Jordanが2曲歌い、Becca Stevensが、タイトル曲『Answer July』を作詞&歌唱。

このシーラ・ジョーダンさん、今回のステージに立たれましたが、なんと1928年生まれだとか。
数々の賞に輝いていて、NYのジャズの歴史を生き抜いてきた方です。
すごい!
c0050387_13501242.jpg

そして世界的に話題のコーラスグループNew York VoicesのLauren Kinhanも作詞&歌唱。

このローレン・キーナンさんの歌いっぷりがまた「いーかーにーも大人〜!」な魅力たっぷりだったので、お裾分けしましょう。


そして大御所シーラさん。
この楽しいかけあいが、いかにもニューヨーク・ジャズですね。


3年半かけて作ったアルバムだそうです。
NYらしさが詰まった楽しいライブでした。

ちなみにアルバムジャケットはNYでも個展を開催した、あのキングコングの西野亮廣さんが担当!
千里さんやシーラさんの顔も描かれています。
c0050387_13551589.jpg

日本盤は9月7日にスペシャルバージョンでするそうです!

世界盤アルバムご購入は、iTUNESもしくはCDはPNDのサイトへどうぞ!
千里さんのサイトは、こちら。
PDNオフィシャルサイト

アルバムの視聴もできますよ!
[PR]
# by erizo_1 | 2016-07-07 13:58 | カルチャーの夕べ

ヘルプ熊本in NY@Passport to Taiwan 台湾イベントに熊本ブースも出るよ!

c0050387_1494129.jpg

台湾の文化を紹介し、食などを楽しむイベント「パスポート・トウ・台湾 Passport to Taiwan」が、ニューヨークのユニオンスクエアで行われます〜!
入場無料
c0050387_149536.jpg

今年で15回目。来場者は3万5千人という大イベントで、北米の台湾系イベントでは最大規模だそう。

台中市から参加する極至体能舞踏団など、台湾の舞踊や音楽がステージで披露され、さらに民芸品の展示販売も。

なかでも人気なのが台湾の夜市でおなじみの屋台料理
c0050387_14101247.jpg

牡蠣のオムレツ、台湾式かき氷、台湾ちまき、バブルティー、さらに大腸麺線といっためずらしいものまで、さまざまな味が販売。
c0050387_14102864.jpg

c0050387_14141016.jpg

そして熊本地震のチャリティーブースも出ます!

東北大震災のときには台湾から200億円の寄付が日本に寄せられましたが、この度の熊本地震についても台湾人の間で関心は高く、今回もブースが出ることになったそうです。
これだけの人が集まるイベントですから、ありがたいことですね!
c0050387_14105269.jpg

伊藤園のお茶や「金芽米」の販売などを通じて、収益の一部を義援金として被災地に寄付するほか、寄付された現金はすべて熊本に送るそう。

くまモンのポスターが目印です!

屋台料理あり、ステージありで盛りだくさん。
ユニオンスクエアに立ち寄る方は、ぜひくまモンを探すんだモン!
c0050387_14124146.jpg

Passport to Taiwan
日時:5月22日(日)12〜5pm
場所:Union Square North


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-05-22 14:17 | カルチャーの夕べ

「鮨 銀座おのでら」ニューヨーク店がオープン!気になるお値段はカウンターで300ドルから!

c0050387_15122977.jpg

本格的な江戸前寿司で名高い「鮨 銀座おのでら」。
銀座に2013年4月にオープンしてから「銀座から世界へ」をコンセプトにハワ イ、香港、パリ、上海へ出店。
いよいよニューヨークに上陸です。

場所は五番街ニューヨーク市立図書館の真向かいという絶好のロケーション.
c0050387_15132135.jpg

店内はヒノキを使用したカウンターや、備前焼のプレートが 敷き詰められた壁など、日本伝統の材質を使用した内装です。

こちらはNY店総料理長(Executive Chef)の斉藤正樹(Masaki Saito)さんです。
c0050387_1513052.jpg

さて気になるプライスはというと、どるどるどるどる(←ドラムの音)
じゃーん!

ディナーは200 ドル、300 ドル、400 ドルのおまかせコースを用意。
ただし200 ドル のコースはテーブル席のみ

日本産の天然のマグロをはじめ、厳選した天然の魚介類 を日本から空輸。
c0050387_15134572.jpg

また銀座でも使用している日本のお米を使用しており、江戸前寿司と相性のよい赤酢をブレンド して使用。

炊き方にもこだわりを持ち、少し硬さを残すことで、お米ひと粒ずつの甘みと味を引き立てるのだとか。
c0050387_1514942.jpg

カウンター席だと、300ドルのコースにお酒を飲んで、だいたいひとり400ドルはかかりそう。
それでもニューヨークだったら、銀座の鮨が食べられるならそのくらい出す人はいくらでもいるでしょうねー。

ということで、鮨激戦区のNYにまたも話題の店が登場です!
c0050387_15144367.jpg

鮨 銀座おのでら
住所:461 Fifth Avenue (between 40th & 41st Streets), New York, NY
電話:212-390-0925
営業時間:ディナー 18:00~21:00(最終入店)、ランチ 12:00~14:00(最終入店)※日曜定休
価格:ディナー おまかせコース $300, $400(テーブル席のみ$200 のコースもあり)
ランチ おまかせコース $70, $100, $130

※全てサービス料込み、税別
※客席数:32 席(カウンター16 席、テーブル 16 席)
注)ランチならびに、テーブル席は 6 月からスタートします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-05-21 15:19 | NYのレストラン

メトロポリタン美術館とビヨークに抜擢された日本人デザイナー、武田麻衣子さんのヘッドピースがすごい!

ニューヨーク・ニッチメトロポリタン美術館とビヨークに抜擢された日本人デザイナー、武田麻衣子さんのヘッドピースがすごい!の記事をあげました!
c0050387_14592722.jpg
photography by Bryan Huyhn

いや、この方、ほんとうにすごいです!
栄えあるメトロポリタン美術館のコスチューム・インスティテュートの展覧会に選ばれているんですから!

ディオールとかシャネルとかサン・ローランとかアレクサンダー・マックイーンとかコム・デ・ギャルソンとかと並べられて展示されているんですよ。

そしてその作品はビヨークによってステージで着用されたのです!
ブラボー!
c0050387_1504263.jpg

日本の若き女性デザイナーがこうして世界のトップで認められているって感動しますよね。

ご自分の作品、「 Atmospheric Reentry 」を着用している武田さんを会場で見かけた時はわたしも最初ビビッたのですが、展示物のなかに作品が飾られていて、マスクを取ったら、可憐でかわいい女性だったので、おおお! といきなり態度を変えてインタビューしたのでした!(←おいおい)
c0050387_155032.jpg

素顔の武田さんは、すばらしい才能の持ち主であるにも係わらず、まったく奇をてらったところも奢ったところもない謙虚な方でした。

その作品もたんにフューチャリスティックというだけではなくて、じつは地道で、手間暇のかかる手作業に裏打ちされているのです。

ファッションやデザインに夢を持っている、若いみなさん!
この時代、すばらしいものを作り出せば、必ず世界に伝わります!

本当にすごいものであれば、ビッグネームでなくても採用され、こんなミラクルが世の中に起こるんだ、良いものはちゃんと伝わるんだ、とわたしも感心しました!

夢を抱いてすばらしいものを作り続ければ、ある日あなたの元にも世界のトップから連絡が来るかもしれないですよ!
c0050387_158619.jpg
photography by Bryan Huyhn

それも英語で発信するのは大切なポイント。

もちろん日本語であっても翻訳機能の向上で世界に伝わるようになるでしょう。

でも同じ作品でも、もっと情報の伝播に時間がかかったんじゃないでしょうか。

ロンドンのロイヤル・カレッジ・オブ・アートだったからこそ、イギリスのメディアがカバーして、それがヨーロッパで話題を生んで、ビヨークが反応したのだろうし、メトロポリタン美術館も情報を捉えたはず。

そしてなにより才能ある人ほど、インタビューをされる日に備えて、英語でやりとりできるようにしておくといいですよ。

もちろん武田さんも流暢な英語で外国人記者と応対をしていました。
c0050387_158588.jpg
photography by Bryan Huyhn

世界の一流に認められた、その才能とは?

新しい世代の日本人デザイナー、武田麻衣子さんのインタビュー記事をぜひご覧下さいね!


なお日本国内だと、京都服飾文化研究財団のコレクションもすばらしいです!
現在は一般公開していないようですが、書籍でコレクションは眺められます。お勧め!

ファッション―18世紀から現代まで 京都服飾文化研究財団コレクション
c0050387_1532397.jpg



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-05-15 15:14 | トレンドの泉

もはや英語にもなっているKONMARI 片づけ術はアメリカで大人気!

ニューヨーク・ニッチ で更新した「こんまり」についての記事です。

題して「今や英語の動詞になっている「KONMARI」ときめきの片づけ術は、アメリカ人には禅思想みたいにクールらしい!

アメリカでベストセラーになっている近藤麻理恵さんの「人生がときめく片づけの魔法」、マジでく大人気です。

こちらはニューヨークタイムズに出たThe Cult of Marie Kondoの記事。
c0050387_1531418.jpg
Credit :Christian Hansen for The New York Times

日本語に直すと「マリエ・コンドーのカルト人気」というタイトルです。
カルト人気って、あなた(苦笑)

「オリガミに拮抗するかのような畳み方の技術を披露する近藤麻理恵」という説明も笑えます。
オリガミって、あなた(苦笑)

でもアメリカ人にとってはたんなる片づけ術には納まらない「アニミズム」(汎神論)的な、禅的な、なにからしいのです。

どのようにアメリカでインパクトを持っているかはぜひ記事をご覧下さいね。

いわずと知れたベストセラー!
人生がときめく片づけの魔法
c0050387_15393099.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-05-13 15:45 |

必見!メトロポリタン美術館のファッション展覧会「Manus x Machina 」は見逃したら損するレベル!

メット・ガラで大騒ぎだったニューヨークですが、そもそもメット・ガラってなに? という疑問もあるかもしれませんね。
c0050387_14515972.jpg
Karl Lagerfeld (French, born Hamburg, 1938) for House of Chanel (French, founded 1913)Courtesy of CHANEL Patrimoine Collection Photo © Nicholas Alan Cope

これはメトロポリタン美術館の Costume Institute (服飾研究所)での新シーズンの展覧会を祝う寄付金集めのパーティのこと。

VOGUE編集長のアナ・ウィンター女史がトップを務めるチェアウーマンなので、彼女のおめがねにかなったセレブファッション界の大物たちが招待されていて、ファッション業界にとっては最大のガラといわれています。

そして実際にはセレブだけではなくて、毎年メットに巨額の寄付をしているド金持ちのみなさんもたくさん来ているわけです。

当日のチケットはひとり$25000(約230万円)らしいですから、カップルで出席するとして、500万円払えば参加できることになりますね。

さて、そんな今季のシーズンの展覧会は、
Manus x Machina : Fashion in an Age of Technology (テクノロジーの時代におけるファッション)」。
5月5日から8月14日まで開催されます。
c0050387_1501765.jpg
Iris van Herpen (Dutch, born 1984)Dress, autumn/winter 2013–14 haute couture The Metropolitan Museum of Art Photo © Nicholas Alan Cope

「マヌス×マキナ」とは、ラテン語で「手と機械」の意味だそう。
手作業と機械縫製でなりたってきたファッションの素材と製法にフォーカスした展覧会となっています。

5月1日に行われたプレスプレビューに行ってきましたが、これがすばらしかった!!!!

ファッションに興味ある人なら必見
見なかったら、もったいなくて高血圧になるレベルです!

まず中央で、どーん、と迎えるのはシャネルのガウンです。
c0050387_1524974.jpg

横から見てみましょう。
c0050387_1531031.jpg

おおおおお、どれだけ長い裳裾なんだ!!!!! 
圧巻です。

展覧会には、20世紀の初頭を飾ったフォルチュニーやポール・ポワレ、マダム・グレ、ココ・シャネルといった歴史に残るデザイナーたちの作品から、ディオール、プラダ、マックイーン、マルジェラなどおなじみのデザイナーに、フセイン・チャラヤンやプロエンザ・スクーラーに至るまでの現在のデザイナーの作品が90体並べられています。

展示物は、刺繍テイラーリングとドレ−ピング、レースワークやレザーワークといった製法の分類ごとに展示されています。

たとえばプリーツは、その時代や技術革新によって変遷していることがわかります。
こちらはプリーツの歴史に欠かせない、有名なフォルチュニー(Mariano Fortuny)のデルフォス・ガウン。
c0050387_1542100.jpg

手で折られていたという細かなシルクサテンのプリーツが美しい! 見ることができて嬉しい!

現代のプリーツを代表する三宅一生の作品はかなり大きくスペースを取って何点も展示されていました。
c0050387_1551358.jpg

そして最先端のテクノロジーを利用した、イスラエルのデザイナー、ノア・ラヴィヴ(Noa Raviv)の3Dプリントを使った作品。
c0050387_1553652.jpg

左はマダム・グレ、そして右の一体はイリス・ヴァン・ヘルペンの3Dプリントを活用した作品。
c0050387_1555311.jpg

フセイン・チャラヤンのポリウレタンを成形したドレス。
c0050387_1563175.jpg

ファッションに欠かせない花のモチーフもいろいろと変遷しています。
ブーエ・スール(ブーエ姉妹)の1920年代のドレス。
c0050387_15103934.jpg

左からラフ・シモンズのディオール、プラダ、そしてマーク・ジェイコブスのルイ・ヴィトン。
c0050387_15123925.jpg

イヴ・サンローランのウェディング・アンサンブル。
c0050387_15125973.jpg

左は現代のクリストファー・ケイン、右二体はクリスチャン・ディオール,1950年代のもの
c0050387_15132979.jpg

時代によって求められる女性の魅力も変遷していますね。

こちらはイヴ・サンローランが「ディオール」のデザイナーに就任してデビューしたコレクションで披露したドレス。
本物を見ると、美しい、の一言です。
c0050387_15142742.jpg

日本のデザイナーではコム・デ・ギャルソンヨージ・ヤマモトの作品もいくつもありました。
c0050387_15145784.jpg

最近の作品では、やはり3Dプリントを活用したものがすごい! 
未来を感じさせるイリス・ヴァン・ヘルペンの作品。
c0050387_1515102.jpg

c0050387_1515286.jpg

女性が着る服、というだけでこれだけのアイデアがあり、素材や製法の進歩があり、それを考えだすデザイナーも、3Dプリントを駆使しながらそれを最終的には手作業で忍耐強くまとめていく縫製者布地開発者もすごい! 

すばらしいアートです。
なんて人間のクリエイションはすばらしいんだろう、と感動します。

写真ではまったくすごさが伝わらないので、ぜひ実際に目で見て、その美しさや技術に触れてみて下さい。
c0050387_15201439.jpg

FITやパーソンズに留学しに来ている学生は必見です、行かなければマジ落第していいレベル。

8月半ばまでやっているので、この期間にNYに遊びに来る方はぜひご覧下さい。
見て損なしです!

Manus x Machina The Costume Institute
The Metropolitan Museum of Art
会期:2016年5月5日〜8月14日
住所:1000 5th Ave, New York, NY 10028



↓メトロポリタン美術館から発行されている展覧会のカタログです。
今回の「マヌス×マキナ」展のカタログ。さっそく手にいれました!

Manus x Machina: Fashion in an Age of Technology
c0050387_15335444.jpg

こちらはメットのファッション展覧会史上、最大に人を集めたアレキサンダー・マックイーン展のカタログ。
この展覧会は本当にすばらしかったです!

Alexander McQueen: Savage Beauty (Metropolitan Museum of Art)
c0050387_15341318.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
# by erizo_1 | 2016-05-10 15:43 | トレンドの泉

おしゃれ番長のてっぺん勝負メット・ガラ2016! ビヨンセのお尻に目が釘付け!

c0050387_13542745.jpg

今年もメット・ガラ2016のお時間です〜!

メトロポリタン美術館の服飾展覧会にあわせて行われるメット・ガラこそ、世界のファッショニスタが集まるパーティなのです。

そう、去年の記事でリアーナがピザみたいなドレスを着たり、ジェニファー・ロペスがハダカの大将みたいな格好をしていたりした、あのパーティですよ。
c0050387_1412956.jpg

オシャレ番長たちが頂上をきわめて戦いあうという、ファッション界の「クローズ・ゼロ」!
てっぺんを究めるのは誰だ!?

今年のテーマは「Manus x Machina : Fashion in an Age of Technology(テクノロジーの時代におけるファッション)」。

まずはチェアウーマンであるアナ・ウィンターさま。シャネルをご着用。
c0050387_142189.jpg

そしてセレブとして今年のチェアウーマンを務めたテイラー・スウィフトはルイ・ヴィトンで。
c0050387_1421827.jpg

ほう、ずいぶん洗練されましたね。ゴスなメイクですね。
カントリー歌手だった頃のテイラーたんと比べると、垢抜けましたねー。

では、どんどん見ていきましょう〜!

なんといっても旬の人といったら、このカップルでしょう。
ジジゼイン
c0050387_1424194.jpg

ジジが着ているのは、トミー・ヒルフィガ−。
ゼインのほうは、あれ、腕がキカイダーみたいになっているぞ。

これはあれだね、きっと「ファッションとテクノロジー」というテーマの「テクノロジー」の箇所をスタイリストが解釈しまちがえて、

「テクノロジー? あ、人造人間ってこと?」
アイアンマンみたいな?」
トランスフォーマーみたいに、へんし〜ん、て感じ?」

という方向に持っていっちゃったんでしょうねー。

「いや、そういう意味じゃないから」という言葉も喉から出かかりますが、なんたって今をときめくセレブ・カップル、もうスターは何やってもいい、ということで。

レディ・ガガ様!
c0050387_1431449.jpg

IC回路をデザインしたジャケットらしいです。
でもガガ様にしては、ふつう過ぎて物足りなく感じてしまうから、ふしぎです。

ケイティ・ペリー
c0050387_1433137.jpg

懐かしの「たまごっち」などのトイを飾りつけたもの。
これまたケイティにしたら想定内ですかね。

じゃじゃーん、キム・カーダシアンと、カニエ・ウエスト
キムとカニエは共にバルマン着用。
キムの顔の細さと胴体の太さがマッチしていない、このふしぎ!
c0050387_1442840.jpg

カニエはブルーアイのコンタクトをしているようです。

こうなるともう安定の「変なカップル」ですね。
こちらが安心して「ああ、今回も変だなあ」と眺めていられる稀有な存在です。

そこに出たーーー!ビヨンセ姐さん。
うおおお、さすが!
c0050387_145183.jpg

ドレスはラテックス製らしくて、ぴたぴた。
盛りあがるヒップがすごい! 
みごとに円形

まるでぶどうヨーカンのようよ! 
つまようじ刺したら、つるっと剥けそう!
c0050387_1454977.jpg

アメリカでのカキコミには「宝石をつけたコンドームを着ているみたい」という批評もありました(汗)

たしか去年はジェイZと出席していたのに今年はひとり?
新作「レモネード」の歌詞が、ジェイZの浮気について歌っているんじゃないかと全米で取り沙汰されているだけに、なかなか意味シンですなー。

ルピタ・ニョンゴ
カルバン・クラインの透け感あるドレスで、すばらしい!
c0050387_146994.jpg

今回のドレスもステキですが、見て、このソフトクリームみたいなヘアスタイル!
こんなの見たことない!
どうやって車に乗ってきたんだろう? 
ルーフトップ・ワゴン車で?

ざーん、ソランジュ
c0050387_147988.jpg

いいわー、彼女は。毎回独創的で好き!

いっぽうミニマルなドレスが似合うのは、スタイルの良い証ですが、「おっほっほ」と高笑いが聞こえてきそうなロージー・ハンティントン・ホワイトリー
c0050387_1472854.jpg

文句なく美しいです。美女がスタイルを生かしての完璧な着こなし。

アンバー・ハード
ラルフ・ローレンを着用。
c0050387_147513.jpg

まさに正統なハリウッド・グラマラス
しかしこのひと、ほとんど脳内に夫のジョニデなんかいないだろう、という気がしますね。

カーリー・クロス
すばらしい!
c0050387_1481441.jpg

なんというスタイリッシュさ。

しかし美人といえども、迷走することだってあります。
サラ・ジェシカ・パーカー
c0050387_1483325.jpg

……え?

見間違えかなと思って確かめてみても……。
え?

なにか悩みごとでもあるんでしょうか?
不定愁訴?

まあ、誰でも人生いろいろとたいへんな時期がありますからね、早く立ち直って、みんなの期待するファッショニスタに戻れる日を待っています。

クロッシェ編みみたいな縄感溢れる素材で、ボディをチラ見せする人たちも目立ちますね。

縄っぽいアレッサンドラ・アンブロージオ。バルマンで。
c0050387_1485054.jpg

ケンダール・ジェナ−。ヴェルサーチ。
いやー、今この若さじゃないと、着こなせないですね。
若さってすばらしい〜!
c0050387_149872.jpg

カイリー・ジェナ−も縄ルック。
c0050387_1493827.jpg

お懐かしゅう! ナオミ・キャンベル
ロベルト・カヴァリ。
c0050387_14101886.jpg

この年齢でチラ見せが着こなせるのは、すごい。
武闘家なら空手十段って感じですね。

いっぽうモチーフも目につきます。
リタ・オラはヴェラ・ウォン。
c0050387_14115463.jpg

ケイト・ハドソンはヴェルサーチで、製作途中みたいなスタイルを。
c0050387_1412761.jpg

ああああ、わたしの心をヒットするのは、ゾーイ・ソルダナさま。
ドルチェ&ガッバーナ。
c0050387_14122422.jpg

美しいわ!
わーお、もう孔雀です! 孔雀王!
ものすごい手間とスキルが注ぎこまれたオートクチュールなドレスですね。
これぞメット・ガラ!

クラシックなボールガウン。ブレイク・ライブリーは、バーバリープローサムで。
c0050387_14402110.jpg

華やか! めっちゃ貫禄ありますね。

こちらはジバンシー着用のベラ・ハディドと、ボーイフレンドのザ・ウィークエンド。
c0050387_14391379.jpg


こちらも美しいビー・シーファー
ドルガバです。
ドラマチックな装いがガラにふさわしいですね。
c0050387_14124414.jpg


ケイト・ボスワースも同じくビザンツ風のドレスで。
c0050387_1421047.jpg


ゴススタイルも目立ちます。
クリステン・スチュアート
c0050387_14211785.jpg

ニコール・キッドマン
c0050387_14242124.jpg

美しい、たしかに美しいのです…が、なにか「映画に出て来る魔女」の衣装感が否めない。

ゾーイ・クラヴィッツ
濃いわー!
c0050387_14213197.jpg

このひと、お父さんがレニー・クラヴィッツで、義理のお父さんが「ゲーム・オブ・スローンズ」のジェイソン・モモアですからね、そりゃ濃くもなるわ!

と思っていたら、そこに「待て、オレがいる!」と現れるマドンナ姐さん!

うーわー。さすがマドンナ、やってくれます。
すごいラスボス感
c0050387_14221486.jpg

わざわざおっぱいの箇所を透けさせるか、というね。

このすごい攻め
こちらが「要りません、ご遠慮します」と後ずさっても、さらに「まだまだ」と強引に攻めてくる攻撃性こそ、マドンナ姐さんの真骨頂。

いいわ、もう好きなだけ攻めて

と思ったら、「どりゃー!オレさまがおるどー!」と現れた猛者が!
ニッキ・ミナージュ
c0050387_14223573.jpg

ぐは! 
すごい、衣装よりもバストに目がいっちゃいますね。

「ファッションとテクノロジー」というよりも、「肉体と、豊胸テクノロジー」といったコンセプトのほうが合っているかもしれません。

少し刺激が強すぎたのでお口直しを。

ミランダ・カールイ・ヴィトン。
c0050387_1423515.jpg

これはいい! トレンド感が満開でキャッチー!
ヤル気と個性を見せたファッションです。

ミッシェル・ウィリアムズ
あれ、ご本人の年齢と若々しいドレスがちょっとミスマッチなような…?
c0050387_14232563.jpg

リリーローズ・メロディ・デップ  
ジョニデの娘さんです〜! ドレスはシャネル。
c0050387_142349100.jpg

かわいい!
文句なく百年に一度の美少女です!
が、大人びた服装とメイクのせいで、かえって子どもっぽさが露呈しているような……?

むしろミッシェル・ウィリアムズと服装を交換したほうが、お互いに似合いそうですね。

こちらはディズニーチャンネルで全米ティーンの大人気の的、ゼンデイヤ
マイケル・コースを着用。
c0050387_14243846.jpg

おおお、洗練されたじゃないですか! 
これはすばらしい、大成功!
みごとなイメチェン成功例

こちらも光りもの。バーバリープローサムのナオミ・ワッツ
c0050387_1443029.jpg


さてそんな今年のメット・ガラ2016のテーマに照らしあわせたベスト・ドレスは誰でしょう?

ダラダラダラダラ(←太鼓の音)
じゃーん!

まずカロリーナ・クルコヴァ
c0050387_14254086.jpg

マルケーサによるこのドレスには、 IBM の技術提携により、着ている人の喜怒哀楽を察知して光る LDライトが異なるのだとか。
c0050387_1426154.jpg

c0050387_14262950.jpg

すごーい、ディズニーのエレクトリカルパレードみたい!

でもこのドレス、感情によって色が変わるとしたら、嫌いな相手に会ったら、それがバレバレってことですよね?
やばくないですか?

そして勝手に大賞が、こちらのクレア・デーンズ
c0050387_1427157.jpg

デザイナーは右にいるザック・ポーゼンです。
この状態でドレスだけ見たら、ふつうの白いボールガウンに映りますよね。

ところが!これがじつは最新テクノロジーで暗闇で光るんですよ!
c0050387_1428193.jpg

c0050387_14283492.jpg

うーわー、美しい!
夜光虫のようです。

ファッションとテクノロジーというコンセプトにはばっちりでしょう!
ぜひ日本の生地メーカーも参戦してもらいたいですね!

世界のファッショニスタがを競って壮絶な戦いを繰り広げるメット・ガラ、いかがでしたでしょうか。
来年もとっても楽しみですね!
[PR]
# by erizo_1 | 2016-05-06 15:04 | トレンドの泉