コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

いま注目のソーシャル・アントレプルナーってなんだ?

みなさま、ソーシャル・アントレプレナーなるコトバ、ご存じです?

友人ののぞみさんに誘われて、NYU(ニューヨーク大学)に講演を聞きにいってきました。

講演したのはNPOのエコーイング・グリーン(Echoing Green)を主催しているシェリル・ドーシー(Cheryl Dorsey)さん

このエコーイング・グリーンという組織は「ソーシャル・アントレプレナー」を支援している非営利団体。
現在までに50以上の社会起業家に2700万ドル以上の資本金を授与しています。

ソーシャル・アントレプレナーってなに?」

というと、日本語にすれば社会的起業家。
たとえば貧困や差別、老人問題といった社会的な課題をビジネス的手法で解決することをめざした起業家のことなんですね。

日本でも少しずつソーシャルビジネスというコトバが浸透してきたけど、これは「社会的課題をビジネス手法で解決する」こと。

経済産業省も「ソーシャルビジネス55選」で、さかんにソーシャルビジネスを打ち出していますね。

といっても日本でこのコトバが浸透してきたのは近年のこと。
てか、わたしはつい最近まで知りませんでした、すいません(汗)

ところがこのエコーイング・グリーンは1987年に創立。
えーッ、20年も前から?

80年代の米国といったら、わたしなんてマイコー・ジャクソンとマドンナしか知らなかったですよ。
そんな時代からソーシャル・アントレプレナーを推し進めていたとは!
進んでいるなー。

こちらがシェリルさん。すごくアクティブに手を動かしてしゃべるので、ぜんぶブレブレです(汗)↓
c0050387_16441050.jpg
c0050387_16442890.jpg

彼女はクリントン政権では医療保険などについてのアドバイザーとして活躍して、オバマ政権でも相談役になっているという超パワフルな人材なのです。

さて今日の講演では「ソーシャル・アントレプレナーの資質」についておもに語ってくれたんですね。

みなさん、どう思います?
社会的事業よ?
なんとなく「奉仕の精神」とか「協調性」とか「他者への思いやり」みたいなこと説くのかなー、と想像するじゃないですか?

ところが! シェリルさんの話は違ったのだ!
彼女がまずいったのは、このこと。

おのれが誰かわかっていること、おのれの目的がわかっていること」

あれ。これってまるでクリエイターの条件みたいだよ?

物書きでもデザイナーでもアーティストでも俳優でも写真家でも、とにかくもの作りにかかわる職業でもっとも大事とされるのが、まさにこれ。

「おのれが誰であるか、つきつめていくこと」

これにつきるんですよ。
創造的活動とは、ようするに自分の内的宇宙を開拓していくことに他ならないです。

それと同じことをいっているんだよね、驚いたことに。
で、シェリルさんがさらにいっていたのは、

「おのれがもっとも関心深いことにコミットする」
「おのれが得意なことをする」

ということ。
おやー? これってアーティストの条件といっしょじゃないか。

そうか、社会事業ってクリエイティブなことだったんだ!
と目からウロコ。

補足すると、エコーイング・グリーンが支援しているのは、既存の福祉事業というのではなくて、今までにない発想で社会的な問題を解決していこうとする新事業なんですね。

だからこそ常識にとらわれない発想が必要。
まさに若い世代の発想が必要な分野だし、クリエイティブなひとにこそむいている仕事なんじゃなかろうか。

でもってシェリルさんが盛んにいっていたのは、
社会は変容する」「社会は変えていける」
ということ。

ボランティアというと、なにか「社会の問題をがんばって後始末する」印象があったんですが、シェリルさんの考えは真逆。

「クリエイティブ・マイノリティ(少数派の創造的な人間)が社会を変容していく」
という考えなのね。

ひとりの起業家が始めたことから社会を変革していこう、という発想のスケールがデカい!

数年前には「起業家」ブームがあったけれど、つぎは「ソーシャル起業家」が来る! と思いますね。

ことにヤングなみなさん(←死語)に声を大にしていいたいです。

「不況で将来が見えない」
とか
「先が暗いから、やりたいことがわからない」
なんてコトバにだまされることないよ!

こういう時代だから、自分のとことん好きなことができると思うよ。
やりたいことをやるしかないですよ!

でもって社会には「今までにない発想」で、社会を変えていくひとがつねに必要とされるんだと思うよ。

今まで誰にもなかった見方で、常識をひっくり返していけるひとは、社会にとって必要な存在なんですよね。

で、そのなかのひとりが、あなたなのだと思うよ。
あなたの前には、誰もあなたみたいなひとがいなかったし、あなたのあとにも、あなたはいない。
あなたには他の誰にもない、あなただけの発想があるはずなんですよ。

あなたはあなたであるだけで、他にはない内的宇宙を持っている。

誰でもその「自分にしかない」クリエイティブの種を持っていて、その種はかならず植えるところがあるはず。

それが社会でも家庭でも、あるいは創作やビジネスでもいいから、必ず「あなたという新しい発想」が求められる場があるはずなんですよ。

そう考えると、今まであまり聞き慣れなかったソーシャルビジネスといった仕事も出てきた時代というのは、おもしろい可能性があると思いマス。

さてさて、このソーシャル・アントレプレナーについては、わたしもまだまだ知らないことだらけなので、これから少しずつ勉強しながら、ときどきアップしていきますね!
c0050387_16451830.jpg


ランキングに協力して下さっているみなさん、ありがとうございます!
みなさんのデカいハートに感動しました。
もしや拙ブログを訪れてくれている人たちは、めっちゃいい人ばかりなのか!

↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!

にほんブログ村 海外生活ブログ ニューヨーク情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-03-04 16:53 | 社会の時間