コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

全米で大人気のトリー・バーチが日本上陸!

マリ・クレール5月号発売中!
c0050387_1247202.jpg

NYコレクション速報を担当しました。
コレクションのトレンドから、会場のリセッショニスタ・スタイル、そして注目のデザイナーたちが語る「リセッション・ファッション」など、充実の内容です。

よろしかったら、ぜひご覧下さい!

さて同じ号で始まったトリー・バーチさんの連載記事も担当しているエリぞうです。

トリー・バーチTory Burchといったら、アメリカの大人気カジュアル・ブランドですが、ついに日本でも正式に販売が始まりましたね。

新宿伊勢丹でトリー・バーチの限定期間ショップがオープンしたらしいですが、行ってきた人の話では、なんと行列ができて、整理券が配られていたとか。

すげー!
服を買うのに整理券ですか?
c0050387_12493392.jpg
Photo:LA Times

エリぞうがトリーさんに初めて会ったのは、じつは彼女がまだデザイナーになる、ずっと前のこと。

「美人の富豪奥さまがいる」というので紹介されて、初めてVOCEの取材で会ったのでした。
その時トリーさんはご家族とピエール・ホテルに住んでいて、ヴェラ・ワンの広報をしていたんですよ。

で、そのあとトリーさんはどんどん社交界で有名になり、トリー・バーチ・ブランドをたちあげ、あれよあれよという間に大成功。

ひとりの女性が大成功していく過程を見ていて、ただもう感心するばかりですが、トリーさんは成功するべくしてした人だと思いますね。

なにがすごいかといって、彼女は頭がずばぬけていいこと。
話していれば、頭がいい人だというのがよくわかる。

たとえば金持ちの奥さんが、旦那に資金援助をしてもらってファッションブランドをローンチするとしましょう。

そういう時についやりがちなのは、「ラグジュアリアス」な路線だと思うんですよ。

NYのマダムでも時々こんな人がいます。

「わたしみたいなマダムにふさわしい、ラグジュリアスで、ゴージャスなブランドを作るの」

そう考えて、贅沢で凝ったアイテムをローンチしがち。
ところが、こういうビジネスはたいてい失敗します。

だって富裕マダムしか買えない高い価格帯のものだったら、その人の友だちしか買わないもん。

世間の「奥さま商売」が失敗しがちなのは、ご本人のナルシズムに終わってしまうことが多いから。

「こんなに素敵なわたしを見て」
で終わってしまうから、ビジネスとして成りたたないわけです。

ビジネスというのは自己愛のままではブレイクしない。
消費者にギビングするものがあって初めて売れるんですよね。

ところがトリーさんがすごいのは、きわめて正確にマーケティングができるところ。

彼女はトリー・バーチのラインをみんなが買えるリーズナブルな価格帯で提供したんですね。
一般のアメリカ人消費者にむけたわけです。
これが大正解。

トリー・バーチの世界は、まさにアメリカ東海岸の上流階級のセンス

スポーティブで、夏はハンプトンに行き、乗馬をたしなみ、カリブでバカンスをすごす人たちのライフスタイルが世界観になっています。
c0050387_12594129.jpg
Photo:Dan's Hampton

非常に明るく、色づかいもブライトで、かつパリッと爽やかな印象。
しかも大人のカジュアル・トラッドだから、誰が着ても似合いやすい。

そして最大の特徴として、そのくせ手頃。
「お高いオンナ」に見えるのに、リーズナブルな服であるわけです。

わたしの世代でいうと、「あ、これ、ニュートラじゃない」という感覚ね。

わかります? 元祖JJ時代のニュートラ。
清潔感があって、形がコンサバなわりに色づかいが華やかで、ずばり「男受け」もいいスタイル。

ニュートラといえば、もうひとつの特徴はロゴがわかりやすいことですが、この点もトリー・バーチはしっかり押さえています。

いかにも格式がありそうな、あのロゴ使いがうまい。

トリー・バーチがブレイクしたのは、まず上の写真で着ているようなカフタンから。
これはオプラ・ウィンフリーをはじめ、セレブたちがこぞって着たことから、全米の奥さまに大ブレイク。

それからなんといってもトリー・バーチの名を全米に轟かせたのは、フラットなバレエシューズリーヴァ。
c0050387_12513326.jpg
c0050387_1252398.jpg

お母さんの名前から取ったという、このリーヴァはこのバレエシューズはNYの街角をあるけば、ワンブロックごとに履いている人にすれ違うといわれるほど大普及していている大ヒット商品。

シューズもいろいろ種類があります。
でもどれもひと目で、トリー・バーチとわかるところがすごい!
c0050387_12531854.jpg
c0050387_12535920.jpg

エリぞうのお勧めは新作のジェリー・リーヴァ。
c0050387_12545688.jpg

ポップな色合いでかわいい! 雨に日にも履けちゃうのだ!
エリぞうも一足欲しいでしゅー!

現在トリーさんは三人の息子さんを持つシングル・マム。

たしかに富裕層の出身で、美しく生まれついたのは特権だけれど、ビジネスを成功させてきたのは、ご本人の手腕によるもの。

さらにすごいのは、トリーさんが離婚後、全米のスポーツ・ヒーローであるランス・アームストロングとも一時つきあっていたこと。

ランス・アームストロングは癌に冒されながらそれを克服して、フランスで行われる自転車競技、ツール・ド・フランスを制覇したことで有名。

シェリル・クロウやケイト・ハドソンといったスターとも浮き名を流しているスポーツ選手なのよ。

美しく、大富豪であり、三人の子どもを持ちながらビジネスを大成功させ、いい男にもモテまくる。

全米の奥さまたちが憧れて、そうなりたい目標といわれるトリーさんですが、さもあらん。

そのパワーの一億分の一でもいいから、分けてもらいたいものでしゅー!

トリーさんに興味を持ったみなさんは、さらに詳しい情報とトリーさんの華麗な世界を、マリ・クレール5月号でご覧くださいね!

さあ、みんな。行くわよー。
恒例のオーラ浴よ、オーラ浴。
モニターの前で、トリーさんの美と運をもらってね!
c0050387_12475379.jpg



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

今日のエントリなのですが、ほとんど仕上げたところでデータを消してしまい、泣きますた(泣)
くー! 二度と同じ失敗はしたくない!

ファッションねたが好きなみなさん、「更新がんばれ」と応援してくださるみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-04-09 13:17 | トレンドの泉