コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホワイトハウスで演奏した美女ベーシストと迫力のピアニスト

さてさて昨日のエントリで書いたホワイトハウスで催された”an evening of music, poetry and the spoken word “ (音楽と詩と朗読の夕べ)
c0050387_1523175.jpg

これに出演したミュージシャンたちもおもしろいので、ちょっとご紹介しておきましょう。

ひとみさんのコメントにもあったけれど、まず注目したいのがエスペランザ・スポールディングEsperanza Spalding

1984年生まれ、オレゴン州ポートランド出身。

ジャズ界の新星。
気鋭のジャズ・ベーシストでシンガー、作曲家です。
おまけに若干24歳にして、かの名門バークリー音楽院の最年少教師なのだ。
すげー!

父親がアフロ・アメリカン、母親がウェールズ+ヒスパニック+ネイティブアメリカンというインターレーシャルなバックグラウンドの持ち主。
c0050387_15235284.jpg

おおおー。いい女じゃないですか。

ベースを弾く男というのも色気があるけれど、ベースを弾く女というも、これまた独特の色気がありますねー。

ずばぬけた才能があって美しいひとっていうのが、ちゃんといるものなんだねー。

もうひとりのスターは、ピアニストのエリック・ルイス(Eric Lewis)
愛称ELEW。

1973年、ニュージャージー出身。
Manhattan School of Musicで学び、95年からウィントン・マルサリスのツアーに参加。
96年に23歳の時に、セロニアス・モンク・ピアノ・コンペティションにて優勝。
c0050387_15245653.jpg

なんとなくファンキーな哲学者みたいな風貌だね。
あるいは格闘技系ピアニストともいうね。

じつはエリぞう、このひとの演奏をダナ・キャランのランウェイで拝聴したんですよ。

09秋冬コレクションの時に、壇上にピアノをおいて、エリックさんが生演奏をしたんだよね。

この生演奏がパワフルだったのよー!
体型もジャイアンですが、音楽もたいへんパワフルでグルーヴィ。

おおおおー、すごい迫力
すばらしい!

エリックさんのパワフルでグルーブのある演奏にのって、つぎつぎと登場するモデルたち。

うーん、コレクション全体が音楽とファッションが一体になったパフォーマンスのようよ。

そしてすべてのコレクションが披露されて、モデルたちが退場。
ショーが終了!
と思ったら……。

終わらないんだよ、これが!

まだ弾き続けているエリックさん。
まだまだ弾く
まだまだまだ弾く

……え。
いつまで続くの、これ(汗)

壇上に登りかけたダナ先生の顔も心なしか引きつっているような。

いったいどこで終わるのだー?
まさか独演会?

会場じゅうがどぎまぎしていると、わりと唐突な感じでジャジャジャーン、と終わったのでした(ジャズなので、曲の最後がよくわからない)

はー。
ぱちぱちぱち。
いっせいに万雷の拍手

いやー。すごい、さすがはゲージツ家。

「弾き出したら止まらない!」

て感じで、マイワールドを驀進するエリックさんなのであった。

いや、当然ながら終わるに決まっているのだし、打ちあわせて演奏時間を決めていたとは思うよ。
だけど、エリックさんが弾いていると、

「このひと、もうあっちの世界にいっちゃっていて、ずっと弾いているんじゃないのか」

みたいな気になってくるのさ。

若いのに、その存在感はすでに巨匠レベル
とてつもない迫力のエリックさん(体型も)なのであった。

こういう新しい力のあるアーティストたちをホワイトハウスに呼んで演奏会をするなんて、おもしろいよね。
目のつけどころが違うわ。

さすがオバマ夫妻、カルチャーに理解がありますねー!
ざぶとん1枚!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでニューヨーク情報では1位
アメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは5位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

カルチャーねたの好きなかた、エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-05-15 15:32 | エンタメの殿堂