コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NYを舞台にしたオシャレなロマコメ「お買い物中毒な私!」

お買い物中毒な私!」の映画パンフレットに寄稿しました。
c0050387_15361272.jpg

英語タイトルは、「Confession of a shopaholic」
日本では5月30日から公開です。

エリぞうが担当したのは、NYのお買い物事情やスポットについてのコラム。
もし劇場でご覧になったら、よろしくです〜!

日本では映画パンフレットってあるんですよねー。
わたしも日本にいた頃は集めていました。

ちなみにエリぞうが人生でいちばん最初に自分で行ってパンフを買った映画といえば、フランコ・ゼフェレッリ監督の「ロミオとジュリエット」なのだ。
うふ!
パンフを見ながら繰り返し余韻に浸っていたものだわー。

さてさて、この「お買い物中毒な私!」略して「おかちゅー」
NYを舞台にしたおしゃれなロマンチック・コメディです。

主人公は25歳のレベッカ。
お買い物が大好きで、借金がかさむまでどんどんショッピングをしてしまう。
おかげでにっちもさっちもいかなくなって転職を。
c0050387_15371134.jpg

うわ、身につまされますねー(汗)

そんな彼女が見つけた仕事が、経済誌のコラムニスト。
「経済」とはなにか、さっぱりわからないレベッカが苦戦しながらも、恋に仕事にチャレンジを。

敏腕イケメン編集長との仲はどうなる?
はたして買い物依存症のレベッカが恋をつかむことができるのか?

女性のかなーり痛い心理をついたこの映画、バーゲンに殺到するNYの女性たちの戦いっぷりが笑えます。

NYの街角シーンもふんだんで、主人公が勤める編集部があるとされるビルディングは、Hearst Magazine Buildingですね。
出版社のハースト社が入っているビルディングです。

その他にもNYに詳しいひとなら「あ、これはあそこだ!」と思い当たるスポットがいっぱいあるはず。

原作はじつはアメリカじゃないんですよ。
イギリスの作家ソフィー・キンセラのベストセラー小説。
邦題は「レベッカのお買いもの日記

ほほーう。「ブリジット・ジョーンズの日記」といい、
もしやイギリスには
「ドジでダメな女の子が金持ちをつかまえて幸せをつかむ」
というチック・リット(ギャル文学)の伝統でもあるんでしょうか?

そういや日本の女流小説では「ダメ男」にひっかかるパターンが多いのにねー。
イギリスやアメリカの女の子は、ずばり「金持ちをつかむ」というパターンを支持するのがストレートだよね(笑)

欧米のギャルは即物的といえば即物的だし、日本の女の子は男性に対する期待値がものすごーく低いともいえるね。ふしぎなもんです。


c0050387_15572416.jpg原作はこちら。
レベッカのお買いもの日記〈1〉 (ヴィレッジブックス)




そしてこの映画の見どころといえば、なんといってもファッション

スタイリングを務めているのが、かのパトリシア・フィールド
そう、「セックス・アンド・ザ・シティ」を大ブレイクさせて、「プラダを着た悪魔」も手がけたカリスマ・スタイリストです。

「おかちゅー」でもパトリシアらしいミックス&マッチスタイルと、カラフルな色づかいを披露。

では、どんなファッションが登場するか、ちょっと観てみましょう。
じゃーん。
c0050387_15375029.jpg

c0050387_15382552.jpg

c0050387_1539425.jpg

c0050387_15394066.jpg

「すごーい、こういう恰好のひとって実際にNYにいるの?」

なんてツッコミはなしですから!
なんたってパット姐さんですから!
実際にいるかいないかなんて関係ないの! 

パトリシア・フィールドの店は、じつは昔からお芸のみなさんに人気なんですね。なので、お芸ギョーカイ好みのハデなアイテムが揃っているのです。

ショップでも「おかちゅー」に出てきたアイテムをフューチャーしているので、覗いてみても楽しそう。

こちらはレベッカのカラフルなペチコート。
c0050387_15405770.jpg

お店では84ドルで似たようなアイテムが買えます〜!
c0050387_15414195.jpg


Patricia Field Hotel Venus Sal
住所:302 Bowery Street between Houston and Bleecker Street New York, NY 10012,
電話:212- 966-4066
営業:日曜〜木曜 12pm-8pm 金曜土曜 12pm-9pm

おしゃれが好きで、ハッピーな気分になりたい女の子にぴったりの映画。
「セックス・アンド・ザ・シティ」や「プラダを着た悪魔」が好きなひとは、きっとハマるはず。
c0050387_15512489.jpg

実際にはバンバンお買い物できないご時世ですから、映画のなかでショッピングの欲求不満を解消するっていうのが、よろしいんじゃないでしょうか?

バーチャルお買い物にぜひどうぞ!

お買い物中毒な私!
5月30日より公開。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

エリぞうは明日NYを発って日本に行ってきまーす!

移動中はコメントへのレスなどが遅れるかもしれませんが、お許し下さい〜。

日本では実家のことがありまして、ブログが不定期になるかもしれませんが、ご容赦を。
ちょくちょく遊びに来ていただけたら、嬉しいです。。
状況が可能なかぎりアップしますので、よろしくおつきあい下さいね!

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでニューヨーク情報では1位
アメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは9位になりましたー!
これもみなさまのクリックのおかげです。

エンタメネタの好きなみなさん、更新を応援して下さるみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-05-19 16:15 | エンタメの殿堂