コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ティム・バートン監督「不思議の国のアリス」ってどうよ?

ブリスたん、勝手にネタを受けとって走りだしていいですか?

ティム・バートン監督の「不思議の国のアリス」
予告編が公開。

こちらでご覧ください

えええええーッ。
なんじゃ、こりゃあ。
ちょっと待てやーーーーー!

アリスが少女じゃないじゃないか!
大人ってのは、どういうこと?
c0050387_7414731.jpg

アリスが少女でなかったら、アリスじゃないだろー!
他の部分がどんなにいいとしたって、それはアリスじゃないぞー!

うぎゃああああああ
ばりばりばり(←頭をかきむしっている)

あのティム・バートンがアリスを撮るっていうから楽しみにしていたのに!
この仕打ちかよー!
わーん、期待がズタズタだわー!
ごろごろごろ(←床を転げ回っている)

「いや、映画の出来はいいから」
「CGがすごいから」
脚本の必然性があって、このアリスだから」
「ティム・バートンの世界観だから」

とかいう意見は受けつけませんから!
大人が演じたらアリスじゃないんだよおおおお! ピリオド!

ディズニーの広告キャンペーンで、ビヨンセがアリスに扮した時も
でっけえアリスだなあ」
とたまげたけれど、あっちのほうがずっとよかったわ。
c0050387_7435795.jpg

だって観ているほうは「ああ、ビヨンセが扮しているんだ」と、コスプレみたいな気分で眺められるもん。

だけど、この女優を使って、なんでアリスを?
アリス役はオーストラリア出身のミア・ワシコウスカ、18歳。
c0050387_7423545.jpg

きれいだけど、いくらなんでも年が行きすぎじゃないか?
こんな年の女の子がなんで子ども服着て、穴に落ちるのだ?
どういうキャラ設定?

地下の世界はティム・バートン節全開!
これは楽しみ。
c0050387_7433076.jpg

ジョニデのスペードのジャックはカッコいいです。
しかしマッド・ハッターについては、頭に疑問がくるくる。
う、うわー(汗)
c0050387_747669.jpg

本来は『鏡の国のアリス』に出てくるトウィードルダムとトウィードルディーが出てきているのは、ディズニーのアニメ版といっしょ。
c0050387_7474550.jpg

チェシャ猫はあまりパッとしないですね。
c0050387_7483477.jpg

ディズニーのアニメ版は1951年制作ですが、パープルの縞模様になったチェシャ猫というのは、非常にポップかつサイケデリックで、よりデザインとして優れていた気がする。

赤の女王はいいんじゃないでしょうか(苦笑)
c0050387_750690.jpg

個人的にはジュディ・デンチで観たかったですが。
ジュディ・デンチさまの女王に「首をちょんぎれ」死といわれたら、マジ怖そうッス!

それにしてもなんでまた大人のアリスなんですかね。
大人でしか演じられない恋愛シーンだの、複雑な人間ドラマでもあるのか?
しかしそんな話でもなかろうに。
ニセウミガメと人生を語りあうのか?

まあ、どっちにしろすごく観てみたいし、期待も大なんだけど、ちょっと裏切られた気分。
うーぬ。うーぬ。
原作ファンとしては、納得がいかんです。

「少女のアリス」派にとって金字塔のアリス像と言えば、これですよ、これ!
沢渡朔の写真集「少女アリス」
c0050387_7551318.jpg

Amazonはこちら。少女アリス

これはすばらしい作品集なのよ!
英国で撮り下ろした写真集で、ビクトリア調ドレスを着た金髪の少女がアリスを演じて、ミニチュアのドールハウスや、古い図書室やイギリス風庭園といった舞台に遊んでいるもの。
西洋骨董と美少女という少女趣味の極めつけです。

しかも淡くエロティックな香りが漂い、少女のセミヌードがあったり、成人女性のヌードと少女が組みあわせてあったりする写真もあり。

今どきだったら、完璧に出版界の倫理にひっかかっていて許可されないだろうね。

当時はまだ「少女の裸は性的興奮の対象ではない」という世間一般の考えがあったんだと思う。

ところが今になっては「そんなロリ男ばっかり」というすごい時代に(汗)

ふーん、アマゾンで見ると、絶版になっているんですね。オークションでは2万以上になっているようす。
でもエリぞうは絶対に売らないよ。

さてこの「少女アリス」は金髪碧眼という正統派美少女路線。
まさに天使みたいな女の子。

しかしながら、じつはエリぞうが映画で観たいのは、こういう金髪のアリスではないのね。
では、どんなドリーム・キャストを望むかというと、やたらと長くなるので、続きは明日に!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

暑いですねー。
昨日はエキサイトのメンテがあったようで、覗いていただいたみなさん、失礼しました。

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-08-06 08:05 | エンタメの殿堂