コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

ハイヒール・フェチに捧ぐシャーロット・オリンピア

さてモードの話題です!
最近気になるのがシャーロット・オリンピアCharlotte Olympiaのハイヒール。
c0050387_11573240.jpg

この造形美をご覧あれ。
ほとんどひとつのオブジェのよう。
まさにハイヒール・フェチによる、ハイヒール・フェチのためのハイヒールです。

デザイナーのシャーロット・オリンピア・デラルはブラジルとイギリスの血筋を引く女性で、06年にロンドンでブランドをローンチ。
c0050387_1158434.jpg

40〜50年代のグラマラスさと、力強いカラー・ブロッキング、そして独創的なディテールが目を惹く靴たち。

色もメタリック、ストライプ、アニマルと強烈な個性を放つものばかり。

そしてシグネチャーである「金の蜘蛛」がソールについているのが特徴。
c0050387_1201221.jpg
c0050387_1203371.jpg

足もとから目立つ靴なので、セレブたちがこぞってファンに。
なかでもケイト・モスやシエナ・ミラー、ダフィーヌ・ギネスらがご贔屓。

実際にこれ、NYではァッション業界人フや先鋭的なファッショニスタが履いていることが多いです。
でもって目立つ。
履いている人がいると、パッと目を奪われるし、とにかくカッコいい。
お好きなひとにはたまらないデザインです。
c0050387_1215148.jpg

よくこんなもの履いて歩けるものだと驚くばかりだけど、この高さの靴を履くガッツがある人は、その努力が報われるはず。
c0050387_12105461.jpg

なんでも本人もハイヒール・フェチだそうで、妊娠して初めてローヒールの靴を履いたんだとか(えーッ、そんなひといるのか!)

ハイヒール・マニアから「ハイヒールの女神」「オブセッション・アイテム」として崇められている、今いちばんホットなブランド。
c0050387_1225826.jpg

NYではミートパッキング・ディストリクトにあるジェフリー(靴の品揃えで有名なセレクトショップ)と、オンラインのNET-A-PORTER
にて販売中。

靴フェチの男をヒールでぐりぐりしたいお姉さま方、ぜひチェキなさってみるとよろしくてよ。

Jeffrey
住所:449 West 14th Street between 9th & 10th Avenues NY, NY10014
電話:212.206.1272


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

料理研究家の山田玲子先生が「エル・ア・ターブル」に出ました!
料理界きってのおもしろい先生なのだ。
誌面ではオシャレにオシャレな料理を教えてくれていますので、覗いてみてね。
c0050387_1251676.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでニューヨーク情報では1位
アメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは6位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-08-12 12:14 | トレンドの泉