コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

ラルフ・ローレン御大登場でファッションウィーク終了!

NYコレクション8日目。
ついに最終日です!

朝からラルフ・ローレン

アメリカの労働者たちのワークウェアにインスピレーションを受けたという今回のコレクション。

ジーンズ、オーバーオール、ジーンジャケット、ワークシャツ、花柄の素朴なワンピースなどをモチーフにしています。

労働者階級の象徴であるニュースボーイ・キャップを被り、破れたビートアップ・ジーンズで登場するモデルたち。
1920〜30年代のイメージでしょうか。
c0050387_1624626.jpg

それからピンストライプのメンズライクなスーツが登場。
さすが完璧なテイラードです。
c0050387_1632073.jpg

そしてフリルいっぱいの白いドレスや、洗いざらしのデニムの色をしたシルクのシャツにパンツなど、米国の原点にあるワークウェアをモチーフに、アメリカン・スピリッツを表現。
c0050387_164026.jpg

c0050387_1694546.jpg

毎回思うことですが、ラルフは構成が巧みですね。

最初のつかみでパッとその世界に観客を引き入れ、それから徐々にバリエーションを広げていって、フィナーレにむかって盛り上げ、オチできれいに結論を出す。
まるで演劇のような構成力。

ラストはオーバーオールをモチーフにしたプラチナに輝くイブニングドレス。
c0050387_1610626.jpg

すばらしい!
ワークウェアをゴージャスなドレスにまで昇華する手腕がおみごと。

さすがアメリカを代表するブランド。
パリでもなく、ミラノでもなく、NYにしかないアメリカのファッションを見せてくれました。

おおお、ラルフ先生、キター!
c0050387_16105976.jpg

客席はスタンディング・オベーション。
c0050387_16115289.jpg

カッコえええええ!
c0050387_16132132.jpg

ちなみに後ろに写っているジーザス・クライスト・スーパースターみたいな男性は、WWDの麦田さんです。

そのあとカルバン・クライン、そして夜8時のトミー・ヒルフィガーのショーでコレクション終了!

カメラマンのちとちゃん、アシスタントをしてくれたナオニータ、お疲れさま&ありがとう!

二人ともほぼ立ちっぱなしなので、わたしの何十倍も体力的にたいへんだったはず。
よくがんばってくれました(涙)
ぱちぱちぱち!

そして最後はコリアンタウンで打ち上げをしましたー!

え、いや、ちゃんとスタッフミーティングと業界情報交換のためですよ(←必死の弁解)

さまざまなファッション誌や新聞で働くみんなが集まって、計16名で大焼肉会を。
媒体は違っていても、8日間サバイバルしてきた仲間たちなのだ(涙)
ドつかれさま!

じゃーん!
カメラマン吉田ちとちゃんと、日本から来ていたファッションジャーナリストの宮田理江さん。
後ろでポーズつけているのは、おパリからNYに移り住んで来たファッションライターの森田くん。
c0050387_16145478.jpg

いやあ、旨かった!
楽しかった!
幹事のびんちゃん、グッジョブ。
次シーズンも焼肉会しましょう!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ようやく終わったファッションウィーク。
まずは爆睡します!

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでニューヨーク情報では1位
アメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは3位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

更新の励みに、↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、とっても嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-18 16:28 | トレンドの泉