コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

オバマ大統領がノーベル平和賞受賞!

いや、驚いたよね、オバマ大統領のノーベル平和賞受賞

こういうのって下馬評が流れるのかと思っていたけど、まったく米国のメディアでは予想していなかったはず。
意外と蓋をあけるまでわからないものなんだねー。

全米がびっくりしたと思う。
てか、本人がいちばんびっくりしていたんじゃないか?

ニュースはこのことで持ちきり。
なんでまた成果を出していない任期一年目にしちゃったのか、さすがに時期尚早だとは思う。

もっともアメリカ人のなかでも「辞退すべきだった」という意見もあるけれど、その必要ないと思うよ。

だいたいノーベル賞は一財団の賞であって、国連が授ける賞じゃないんだから。

きっと委員会としても「賞をあげたんだから、よろしく!」という期待もしくはプレッシャーをもって授与したんでしょうね。

そういやホワイトハウスは公式ツィッターもやっているんだよね?
わたしはフォロワーじゃないけれど、今朝のことはつぶやいていたんだろうか。

もしも「オバマたんが近所の兄ちゃんだったら」ツィッター。

「まじぇ?」
「まじまじまじ? ギャグ?」
「え、マジでオレ、受賞?」
ありえねー
「うっそー! でらビビッたー!」
「すげーすげーすげー!」
「超やりーーーーー!」
「てか、やべ。スピーチ考えてねえじゃん」

なんてつぶやきが流れていたら、とてもイヤぽん。

しかし当然ながら、そんなアホなつぶやきはするわけもなく、オバマ大統領からの公式メールでは、えーと、こんな所信表明でした。


To be honest, I do not feel that I deserve to be in the company of so many of the transformative figures who've been honored by this prize

この賞によって栄誉を与えられてきた、数多くの変革者のみなさんの間に混じると、正直にいって私はおのれが価するとは思えません。

But I also know that throughout history the Nobel Peace Prize has not just been used to honor specific achievement; it's also been used as a means to give momentum to a set of causes.

しかしながらまたノーベル平和賞の歴史をふり返れば、ある特定の業績を称えるためだけではなく、さまざまな運動に弾みを与えるものとして授与されてきたものだと知っております。

That is why I've said that I will accept this award as a call to action, a call for all nations and all peoples to confront the common challenges of the 21st century.

私がこの賞を「行動するための呼びかけ」として拝受するのは、そのためです。
すなわちこれは21世紀の共通のチャレンジに立ち向かう全ての人と、全ての国に対する喚起なのです。


This award -- and the call to action that comes with it -- does not belong simply to me or my administration; it belongs to all people around the world who have fought for justice and for peace.

この賞は、そしてそれに伴う行動への喚起は、私あるいは政府に帰するものではありません。
これは正義と平和のために戦い続けている全世界の人々に帰するものなのです。



というわけで、ご本人も受賞にはかなり謙虚で、人々に協力を呼びかけている内容になっていました。

米国内では医療保険制度改革で逆風にさらされているオバマ大統領。
改革に反対するアメリカ人たちの意見を聞いていると、
「え、もしかして地球上でアメリカ以外は社会主義国家だったんだ?」
と驚いてしまうほど。

だもんで、この受賞が反対派にとってかえって火に油を注ぐような結果になったらいやだなという懸念もあるんですが。

賞にふさわしい成果があがるよう、がんばって欲しいものです。

さてこちらの写真は、記事の内容とは関係なく、最近のオバマさんとミシェルたんの写真。
ホワイトハウスの公式フリッカーに掲載の写真です。
c0050387_10453094.jpg
Official White House Photo by Pete Souza

ミシェルたんはマイケル・コースのドレスを着用。
やはりこういうミニマルでストレートなカットのスタイルが似合いますね。

授賞式にはなんのドレスを着ていくんだろうなー。
やはりジェイソン・ウーかロダルテあたりかなー。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一昨日はネットがダウンして、昨日は自分がダウンしていまして、失礼しました。
覗いて下さったみなさん、ごめんなさい。

そしてランキングにポチして下さったみなさま、本当にありがとうございます。
みなさんのご厚意が、ごっつう励みになっています。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-10-10 11:03 | 社会の時間