コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

2010年秋冬のトレンド予報

2010NY秋冬コレクションもぶじ終わりましたが、はたして今年の秋、トレンドはどうなるのか?

大まかにいえば、NYファッションはよりトラッドでスポーティな方向性になりそう。
今季NYコレクションで多く見られたのが、アメリカン・スポーツウエア

えー、流れをわかりやすくするために、トレンドと経済の流れを巨匠マーク・ジェイコブス先生のコレクションでおさらいしましょう。
写真はStyle.comよりお借りしました。

こちらが07年春夏コレクション。
c0050387_17412294.jpg

ヘッジファンドがアゲアゲになっている時期で、シロートも株に投資、不動産バブルの頃です。

そういう時期の女の子は「なにも悩みなんてなーい」みたいなアンジェリックな雰囲気ですね。
お花畑のなかの道を歩いてきて、るんるんるん。
「むずかしいことなんて、わからなーい。えへ!」
みたいな、かわいい女性像が浮かんできます。
ああ、この頃はよかった。

さて09春夏コレクションです。

ブッシュ政権の末期、アメリカが中東で戦争をしているいっぽうで、ドバイにもドバドバ(←ダジャレか?)と高層ビルが建ちならび、結局得しているのは欧米でもアラブでもアジアでも上澄みにいる大金持ちなんじゃねーの、という時代。
c0050387_17415615.jpg

うーん、ハデですねー。
かなり擦れっからしになっているようですね。
一筋縄ではいきませんね。
かなり大人の女性を感じさせ、ハデ好きでありながら、どこか歪んだ世相を冷たく見ているかのようです。

さてこの年にリーマン・ショックです。
どどどどどーん!
一気に世界経済が崩壊!

さて彼女はどうなったでしょう。09秋冬コレクションです。
c0050387_1743586.jpg

うわ、いきなりグレています。
激しいです。
不況をふっとばすように肩を怒らせる女性。
ちらちら見ていたら「なんか文句あるわけ?」と睨まれそうです。

そして2010春夏コレクション。
現在わたしたちが生きているのは、この時点ですね。
c0050387_17462256.jpg

ミリタリーにかわいいひらひらを合わせて、かつ芸者メイクという、ヒジョーに複雑なパーソナリティを感じさせます。

ミリタリー調を着こなすあたり、彼女は若々しく行動派なようですね。
立ち止まっていません、どんどん歩いていきそう。

さて2010秋冬はどういう予報でしょうか?
c0050387_17503634.jpg

おおお、なんとクラシック
地味です!

あらまあ、落ちつきましたね、彼女も。
かわい子ぶるわけでもなく、がんばりすぎるわけでもなく、じつに実際的な女性像が浮かんできます。

クラシックでありながら、バランスにモダンさがあって、実際に「着られる」ことを考えているコレクションです。

どうやら秋冬には、不況も一段落して落ちつきそうです。
なんたって一年前は不況どん底でしたからね。
負けるもんか!
と肩肘を張った女性像がロールモデルになっていたわけです。

しかしどうやら不況の暗さも少しゆるんだ(というか長引く不況に人々が慣れてしまった?)気配がします。

怒り肩の闘争心あふれる女性像から、もうちょっとリラックスした女性像にシフトしているもよう。
彼女はハデさは求めずに実際的で、エレガントなようです。

さらに他のデザイナーたちはどうトレンドを表現しているのか、続きはまた明日!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-02-25 18:04 | トレンドの泉