コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

2010秋冬トレンドはスーツが回帰!

さて2010秋冬コレクションシーズンも終わりましたが、次の流れはどうなっているでしょうか。
ここらでちょっとご紹介をレッツらゴー!

奥さん!(みのもんた風に)久々にスーツが戻ってきましたよ!
2010秋冬コレクションはNYもミラノもパリも、きっちり仕立てたテイラードスーツが勢揃い。

全体的にクラシックでスーパーリアリズム(こんな言葉あるのか?)だった今回のコレクション。

コンサバ回帰で「仕事ができる」オンナ風のジャケットがマストになりそうです。

やっぱり不況が長引いているだけあって、「安定感」への希求があるんでしょうかね?
いや、もっとあからさまに面接ルックということか?

ふり返ってみれば、ここ何年も「上下の揃った」服ってアウトだったじゃないですか。

なるべく上下をバラしてミックス&マッチをして、異素材や正反対のイメージを組みあわせるのがオシャレのルールになっていたはず。

それがここでスパーンとスーツを見せられると、おおっと、久しぶりで新鮮ですね。

やっぱりこの時代「堅実」で「キャリア」を築いていけそうな女性像がインになってきているんでしょうかねー。

こちらは時代を読むのがうまいマーク・ジェイコブス先生です。
c0050387_12382085.jpg

マイケル・コースのスーツはさすがアッパーの香りが。
c0050387_12385248.jpg

アレキサンダー・ワンにかかるとメンズライクなピンストライプの生地も、ミッドリフを出してセクシーに。
c0050387_12392144.jpg

ダイアン・フォン・ファーステンバーグもめずらしくテイラードスーツをファーストルックに。
c0050387_12395481.jpg

花のボレロを重ねているところが「らしくて」フェミニンです。

ヨーロッパのメゾンでもスーツが目立ちます。
こちらはバルマン
c0050387_1240305.jpg

プラダ
クラシックな奥さまスーツ、昔のイタリア映画に出てきそうですね。
c0050387_1241261.jpg

ドルチェ&ガッバーナ
c0050387_12413025.jpg

これがオフィスでパンツ丸出しだったら、レディ・ガガも真っ青です(汗)

テイラードスーツというのは素材と仕立てのよさがはっきりと出るので、安いファストファッションでは太刀打ちできないもの。

なるほど、デザイナー側としてはブランドの実力がわかるスーツで勝負をかけようというわけですね、憎いね、このこの!

というわけで秋は、いい仕立てのスーツが欲しくなりそうですよ、お嬢さん!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

「今日も読んだよ」の代わりに、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-30 12:47 | トレンドの泉