コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

女性とゲイ限定でお薦め! 「セックス・アンド・ザ・シティ2」

アメリカで公開中の「セックス・アンド・ザ・シティ2」を鑑賞!
c0050387_13302294.jpg

それもオンナ友だち5人で出かけるというベタな所業に出たのでした。

今回の作品は、じつは米国ではかなり映画評が悪いんですよ。
かなり酷評されているのだ。

さて実際のところ映画はどうであったかというと……。

わははははは!
おもしろい! 気に入った!
もう爆笑の連続でした。
サマンサはもはや吉本かドリフの域(笑)
なんだ、めちゃくちゃおもしろいじゃん!

えー、ひとことでいえば、ずばり女性とゲイさま限定映画ですね!

筋らしい筋もなければ、プロットがご都合主義なので、ストレートの男性はなにがおもしろいのかさっぱりわからないし、ぜんぜんカタルシスがないと思う。

でも女性&ゲイにしてみたら、ゴージャスな旅行に出かけたり、衣装を取っ替え引っ替えしたり、執事を持ったり、オンナ4人でカラオケをやったり、人生相談に乗り合いっこしたりするっていうのが、楽しいわけさ。
c0050387_13392772.jpg

女性の「こんなことやってみたい」「こんなことがあったらいいな」がパンパンに詰まっている映画。
気分が持ちあがって、笑えて、楽しくなれること、間違いなしです!

さらにゲイが大好きなライザ・ミネリの特別出演つき!
ライザ様が唄って踊るシーンは必見よ!
ミュージカル・ファンもつい観ちゃうわよ!

こうなると、ほとんどカンフー映画みたいなもんだね(笑)
筋書きや整合性はほとんど関係ないという。

今回はアブダビに4人で行くという設定で、あまりNYの観光案内になっていないんですね。
その点はあまりポイントがないです。

そしてSATCといえば見所がファッションですが、今回はさらにパワーアップして、非現実的なファッションが満載。

誰もあんな恰好しないって!
だいたい家のなかでテレビを観るのに、グリーンのロングドレス(それも裾がトレーンを引いている)を着てハイヒールを履いているキャリーってどうよ? 

でも観客のほうとしては、それこそを望んでいるので、ばっちりハデなスタイリングの数々を堪能できます。

女優陣についてはさすがにみんなエイジングが進んでいるけど、いちばん年嵩のキム・キャトラルが50代なかばであのルックスなのは、立派なもの。
c0050387_13385960.jpg

とにかくサマンサ最高!
今回のおいしいシーンはほとんどサマンサが持っていっているので、キム主演の爆笑コメディといってもいいくらい。

いっぽう主役のサラ・ジェシカ・パーカーはアップが多いだけに、うーん、ちょっとエイジングがつらいものがありますね。

「サラのアップの顔を見ていられなかった」
と鑑賞後にいっていたのは、30代のナオニータとめぐみちゃん。

年齢を感じさせて、きつすぎる」
「テレビシリーズの頃はあんなにかわいかったのに……」

いや、そんなこといっているきみたちだってね、今は「対岸の火」みたいにいってているけどさ、遠からずそうなるんだよ。あれだけ保っていれば立派なもんだって。
オンナのエイジングは笑うに笑えない問題だからねー。
覚悟しておいたほうがいいわよー。

さて今回の物語では夫婦のあり方について語っているんだけど、最終的な着地点については、きっとストレートの男性は納得いかないんじゃなかろうか。

フツーの男性だったら、
「なんでそういう解決になるのか、さっぱりわからない!
と抗議したくなると思う。

わたしが観ても、あれは非現実的でしたね。SFといっていいくらい。

でもいいの!
女性に都合がいい」エンディングだから、それでいいの!

そう、この映画はまさに女性&ゲイ限定映画であって、キャリーにとって都合のいいオチなら、整合性とかリアリティなんてのはどうでもいいのね。

えー、ここから先はちょっぴりネタばれになるので、なにも知りたくないひとはパスしてね。
c0050387_13391290.jpg

ミスター・ビッグがラストシーンに取った行動については、
「じつはビッグは自分にすでに疚しいところがあったから、ああいう行動に出たんじゃないか」
というのが、わたしたちの解釈なんですよ。
どうだす?
観た方はぜひあなたの解釈も教えて下さいね〜!

てことで、「セックス・アンド・ザ・シティ2」は女性とゲイのためのパワードリンク映画!

それも20代のギャルより、更年期障害やエイジング、子育てなどで悩んでいるアラサー、アラフォー、アラフィフの女性のほうがより身につまされ、見終わったあとで元気になれるはず。

ストレートのカップルでは行くのはお薦めしません。
ぜひとも女性グループもしくはギャル男子同士で観に行ってね、プリーズ!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

ランキングが落ちてしまったので、ぜひともみなさんのご親切なクリックをお願いします〜!
ご面倒かけますが、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-06-01 13:50 | エンタメの殿堂