コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

キャサリン・マランドリーノとメアリーJブライジのイベント!

MOMAで開催されたキャサリン・マランドリーノと、歌手のメアリーJブライジのコラボによるチャリティ・ランウェイをレポートです。

メアリーJ姐さんと、キャサリンさんは2001年に出会ってから意気投合して友情を築いてきたそう。
c0050387_16184791.jpg

「ファッション界って表面だけの人が多いのに、こんなに信頼できる人がいるのかと思ったわ」
とキャサリンさんを評するメアリーJ姐さん。

2月には限定のチャリティTシャツを出したキャサリン+メアリーJのタッグ。

今回のイベントもメアリーJ姐さんが切り出したとたん、キャサリンさんは「いいわ、やりましょう!」と躊躇なく引き受けたのだとか。

非営利団体のFFAWN(The Foundation for the Advancement of Women Now)はメアリーJブライジが立ちあげた基金で、恵まれない有為の女性たちが自分の可能性を追求できるように、奨学金やプログラムを提供しています。

「わたしが育った頃は、女性がリスペクトを受けることなんてなかった。
だからこそ若い世代には、自分をリスペクトして可能性を拓いていって欲しい」
というメアリーJ。

ブロンクスで生まれて離婚家庭に育ち、性的虐待や麻薬といったハードな現実もくぐりぬけてきて、今やグラミー賞を9個も受賞しているメアリーJ姐さんにとって、若い世代を育てることがライフワークのよう。

いっぽうキャサリンさんはフランスの山岳部であるグルノーブル出身。
もちろん周囲にブラックの人もいなければ、ソウル・ミュージックを聴く人もいなかったそうです。

けれどもキャサリンさんは周りの人たちとは違って、若い時からソウルやR&Bの大ファンだったとか。

そんな育った環境も人種も違う二人が組んだのが、このイベント。

ソウル・ミュージックやR&Bにインスパイアされたというキャサリン・マランドリーノの2010リゾート・コレクションが25ルック披露されました。

チャリティなので、寄付者たちはディナーやショーと一緒になった席を1500ドル以上で購入する仕組みになっているんですね。

音楽はもちろんメアリーJブライジ・トリビュート!
c0050387_16192231.jpg
c0050387_16193552.jpg
c0050387_16195064.jpg
c0050387_1620456.jpg
c0050387_16201626.jpg
c0050387_16203067.jpg
c0050387_16204674.jpg
c0050387_16205850.jpg

コレクションは前回からの流れでドレープを駆使したセクシーなミニやトライバルでハードなアイテムとフェミニンなアイテムの組みあわせ、ボリュームパンツが目を惹きました。

ボヘミアン調のカラフルな生地をあしらったミニドレスやカフタンで締めくくり、華やかなリゾートを感じさせます。

じゃーん、姐さんたちの登場です!
c0050387_16244967.jpg

才能もあれば、それを社会に還元する「男気」もあるお二人は、じつにッコいいカです!
c0050387_1625467.jpg

セクシーな服を着こなす強い女性像に、しびれる一夜でした。

さらに詳しく知りたい方は、ぜひFFWANのサイトへどうぞ!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます〜!

更新を応援してくださるみなさま、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-06-17 16:27 | トレンドの泉