コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

シックなテイスト Samanthaさんの器とネックレス 

東京に行った時にお会いしたのが、器作家であり、人気ブログ「Samanthaの食卓」を手がけるSamanthaさん。
料理好きブロガーの間では、有名ですよね。

Samanthaさんとはプライベートでおつきあいがあって、東京でひさしぶりに再会。
エステサロン「AT EASE」を経営している長畑佐代子先生や料理研究家の山田玲子先生も交えて、ランチをしたのでした。

サマンサさん(読みやすくカタカナ表記にしますね)は5月に器の展示即売会を行われたのですが、たくさんの方が訪れて完売に終わったそう。

そしてその時に、なんと素敵なネックレスをいただいたのです!
ハッピーフラワーネックレス
c0050387_16101883.jpg

略して「ハピフラ」!

写真はサマンサさんのサイトからお借りしました。
これ、焼き物なんですよ。
びっくりの繊細さでしょ。
質感もホワイトチョコレートでできているみたい!

じつは以前に玲子先生がハピフラをつけているのを見て、
「あ、それいいじゃない! かわいい!」
と褒めると、
「でしょう? サマンサさんのところで手に入れたのよ。わたくし、このネックレスが世界で二番目に似合うオンナだから」
と玲子先生にいわれたのである(笑)

じゃあ、一番似合うのは誰かっていうと、そりゃサマンサさんご本人でしょう。
ここでバラすと、実物のサマンサさんは「大人のかわいさのある」上品な美人なのだ!

そういえば佐々木明子アナウンサーもハピフラを愛用しているらしいです!

えー、わたしは「世界で1253番目に似合うオンナ」ということにします。
1252番まではみなさんに譲るけど、この順位だけは譲らないので、よろしく!
c0050387_16103117.jpg

さてその素敵なハピフラ・ネックレス。
焼き物のペンダントというと垢抜けないものが多いですが、これは繊細でシックなところが魅力的。

シンプルなシャツの胸もとにつけてもいいし、エリぞう的にはトリー・バーチのカフタンに合わせると、リュクスなボヘミアンっぽくマッチして好き!

サマンサさんの器もブログからお写真を借りてご紹介しましょう。
彼女のブランドであるaround the tableの器です。
じゃーん。
こちらは白磁流線長皿です。
c0050387_16115636.jpg

スパイラルなフラワークリップ
c0050387_16123461.jpg

蔓バケツ・ワインクーラー
c0050387_1613766.jpg

白磁台皿(内側淡青バージョン)と流線長皿スクエア
c0050387_16133695.jpg

レース皿と丸椀
c0050387_1614839.jpg


ほらね、素敵でしょ。
サマンサさんの器の魅力は、彼女が実際においしいものを知っていて、料理の達人で、しかもセンスのいいライフスタイルが表れているところ。

デザインとしては究めてシンプル
それでいてとても洗練されているスタイル。

実際に食卓で料理を盛りつけることで、料理と器が互いに引き立てる魅力があるんですよね。
清潔感のある美意識がよく表れています。

それはサマンサさん自身が、素敵なライフタイルのなかにいる人だからこそ。

贅沢なレストランもこだわりの食材も知っていて、ご家族に毎日の食事を作り続けてきたからこそ、毎日の食卓を美しくしたい女性の気持ちがわかるのだと思います。

食器棚に置いておくのではなくて、使ってこそ美しい。
洗練されたセンスの方にお薦めしたい器です!
食卓を美しく演出したい方はぜひチェケラウ。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

更新を応援してくださるみなさま、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-07-02 16:30 | トレンドの泉