コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「カンフー・ハッスル」NYで公開! その2

で、入ってみると、館内は予想に反してさほど混んでいなかったのよ。
並ばなくても入れるくらい。

あり? あんなに宣伝していたのに、なぜ?

ニューヨーク・デイリーニュースには、「マンガやマトリックスや三馬鹿大将からの寄せ集め」といった酷評がのり、NY1の映画評でもかんばしくない映画評だったせいなのか?

しかもR(成人)指定だよ?

どうも「シン・シティ」と「カンフー・ハッスル」が同じくR指定というのがよくわからない。あれって同じレベルなのか?

そのせいか観客年齢層も高めで、子供率ゼロ。

さてさて肝心の映画のほうですが、もう笑いのツボを「あたたたたた」と押しまくられ、爆笑の渦。
心の琴線をぎゅわんぎゅわんかきなでられて、たまりません!

あああ、なんてくだらないギャグ満載なの!
シンチー先生、万歳!!!

ハリウッド映画だと、どんなにへんなキャラを集めてきても、なにか「俳優組合に所属して出演条件については契約書をきっちり交わしています」的なプロっぽさがにじみ出るじゃないスか。

これに対してシンチー映画はすごいよね。
なにかこう天然に気持ち悪いカオというんでしょうか(←おいおい)ナチュラルなヘンなカオ満載だもんな。

ああいうカオって日本でもドリフの時代にはあったけど、今どきの若者ではすでに望めないカオになっちゃっている気がする。

カッコいいカオは5分で忘れるけど、へんなカオは3年たっても忘れられない。
あらためて「へんなカオ」の実力を知らしめてくれますね。

いやー。サイコーッすね。
これだけ笑ってすっきりできる映画は久しぶり!

しかしながら上映もまずNYとロスで封切ってから、全米で公開するという二段階スライド方式なのだ。きびちい(涙)
うーむ。やはり欧米に浸透するのは、時間がかかるのか。

アジアのツボつきまくり度  ★★★★★
おしゃれなデート度     星なし
[PR]
by erizo_1 | 2005-04-14 13:27 | エンタメの殿堂