コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

爽やかで、今どき感がある ランズエンド キャンバス

アメリカ在住のみなさんだったらおなじみのLands' End ランズエンド
c0050387_16103417.jpg

1963年にシカゴで生まれた、アメリカン・カジュアルのブランドです。

アメリカではカタログ通販で知られていて路面店もありますが、日本では通販サイトで展開されていて、ご存じの方も多いのでは。

アメリカらしいスポーティブなカジュアルウエアを打ち出していて、キッズ用品も出しているので、ファミリーブランドとしておなじみ。

そのランズエンドから時代を反映した新ブランドとして2010年に打ち出されたのが、LANDS' END CANVAS(ランズエンド キャンバス

20~30代層をターゲットにしたスタイルで、シルエットやカットがアップデイトされています。
c0050387_1684028.jpg

これがね、爽やかでかわいいなんですよ!
さりげなくオシャレで、今までのイメージを一新する雰囲気なんですよね。

こちらは2010秋冬展示会のもようですが、ほらね、かわいいでしょ。
c0050387_15571843.jpg


秋冬のルックはこんな感じ。
好感度の高いオールアメリカン・ルックですね。
c0050387_15583242.jpg

c0050387_15591023.jpg

c0050387_15593130.jpg


いつも思うんだけど、こういうカタログに出てくるカップルって、ほんと悩みなさそうで幸せそうだよね(笑)

値段はリーズナブルで、このルックでも帽子26.50ドル、ストール29.50ドル、ワックスド・コットン・パーカ149.50ドル、ストレッチデニムスリムレッグジーン49.50ドルと、エブリディプライスです。
c0050387_160397.jpg

そういえば近頃アメリカで「プレッピールック」を思わせる、きれい系アメカジ・ブランドが、意外と市場にないんですよね。

以前はJクルーがその路線だったんですが、ジェナ・ライオンズがクリエイティブディレクターになってから路線変更をして、現在ではドレッシーなプチ・ラグジュアリーブランドになっていますよね。

アバクロやアメリカンイーグルアウトフィッターズはずっとカジュアルだしね。

ここに来てランズエンドが、アメカジの王道に来た感じ。

清潔感があって、さりげなく今どきのセンスが取りいれてあるという、使えるエブリディウェアになっていますね!

意外や老舗ブランドが若返っていて狙い目という、耳よりニュースなのでした!

ランズエンド日本版サイト
Lands' End USA

c0050387_164875.jpg



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

昨日はまたまたパソコンの不具合があって、アップできず、失礼しますた。
どうしちゃったんだろーなー。

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

クリック数が更新の励みになっています。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-07-30 16:19 | トレンドの泉