コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

10ドルで寄付できる! アメリカの日本大地震救済募金

日本のみなさんたち、だいじょうぶですか。
大勢の方が犠牲になり、心からお悔やみを申し上げます。

地震被害映像の、あまりの惨状に胸がつぶれました。
津波の破壊力が町ごと破壊してしまう恐ろしさ。

亡くなられた方のご冥福を祈るとともに、不明者がひとりでもぶじに見つかるよう、そして暮らしていた町じたいが根こそぎ破壊されてしまった方たちが安全に暮らしていけますように。

しかしこんな惨状のなかでも日本の方たちが規律を守り、助け合いをして、節電を心がけたり、注意事項をツイートしあったりしている高い精神力に感動しました。

暴動も起こっていなければ、略奪やレイプなどの人災も起きていない。
食糧を奪い合うこともなく、店をあけ続ける努力や交通機関の確保を続けている。

ほんとうに高い自律心とモラルを持っていると思うよ!

CNNNYタイムスでも、そんな日本人の在り方が絶賛されています。
偉いよ、ニッポン。
がんばって!
世界の人たちは日本を心配して力になろうとしているから。

アメリカでも続々と募金がたちあがっています。
10ドルで寄付できます!

赤十字の日本地震と太平洋津波被害支援募金
Japan Earthquake and Pacific Tsunami fund, text REDCROSS to 90999 or go toredcross.org

セイブ・ザ・チルドレン 日本地震と津波による児童救急募金
Save the Children's Japan Earthquake Tsunami Children in Emergency fund, text JAPAN to 20222 or go to savethechildren.org

グローバルギビング  日本地震と津波救援基金
GlobalGiving’s Japan Earthquake and Tsunami Relief fund, text JAPAN to 50555 or go to globalgiving.org

インターナショナルメディカルコープ
International Medical Corps relief efforts, text MED to 80888 or go to internationalmedicalcorps.org.


このブログをご覧になっている方には、在外日本人の方たちも多いかと思います。

きっとみなさん、心を痛めているでしょうし、寄付などなんらかの支援アクションをされることでしょう。

さらに異国に住んでいるという利点を生かして、より多くのアメリカ人、そして世界のひとたちに地震の惨事を知ってもらい、支援をしてくれるようにしていきたいものですね。

そして災害時にはツイッターが非常に連絡を取り合うのに役立つのがわかりました。

ぜひケータイやスマートフォンを操れるなら、ご家族同士でもアカウントを作られることをお勧めします。

今回のツイートもいろんな地域や国のひとたちが情報を流していて、当然国ごとに時差があるために、誰かは確実に世界のどこかで起きてチェックしているのですね。

もしあなたがひとりで怖いと感じていて、フォローを必要としている時は、ぜひエリぞうをフォローしたあとに@マークでフォロー要請を飛ばして下さい。

そしてあなたがエマージェンシーの時には、ツイッターで叫んで。
聞きつけたら、必ず援助をまわすように協力しますからね。

怖い時でも、ひとりぼっちじゃないよ。
きっと誰かが見ているよ!

エリぞうのツイッターはこちらです!

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2011-03-12 19:21 | 社会の時間