コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

被災地に「甦れ」のビデオと愛を送ろうプロジェクト!

ニューヨーク・ニッチ 更新です!

今回は「自分が今できることをやる!NYから送る日本支援のかたち」として、NYでさまざまな形で日本支援の募金活動やチャリティに取り組んでいる日本人の人たちを取り上げました。

これはみなさんにぜひ読んでもらいたい記事です。

連帯して立ちあがったNYママたち、
ひとりで街頭募金を始めたカメラマン。
ガールズ・パワーで支援活動をしているグループ。
街頭マニキュアサービスをしたカリスマ・マニキュアリスト
ボランティアを行った人気モデルの岡本多緒さん。
サンプルセールを実現したファッションガール
チャリティコンサートで演奏したミュージシャン

彼ら彼女らを見ていて、やっぱりNYだなあと感心したのが、草の根ボランティアが根づいていること。

みんな当たり前だけど、本業があって、その傍らでこれだけのボランティアをやっている。

企業がリードするようなトップダウンのチャリティではなくて、ごくふつうの人たちが自分たちの力でボトムアップの貢献に取り組んでいる。

今できることをやる。
自分にできることをやる。

企業や団体任せにせずに自分の手で日本を支援しているみんなの姿には感動したし、すばらしいなと思いました。

こちらは3.1フィリップ・リムのチャリティセールで手伝ったモデルの岡本多緒ちゃんとデザイナーのフィリップ・リム。
c0050387_187395.jpg
photo: Michina Koide

ランウェイのモデルが気さくにセールのレジを手伝うというのがすごくNYっぽいと思うんですよね。

そんなNY流のボランティアについて書いたので、ぜひ読んでみて下さい。

さてそしてもうひとつ新しい取り組みを紹介します!

今回NYニッチの記事にもたくさんの写真を提供してくれたカメラマンの佐々カンナさん。

彼女はNYで行われたさまざまなチャリティ運動をボランティアで撮影していて、本当にがんばってハードな撮影もこなしてくれました。

じつは中学3年の時に阪神大震災のボランティアに参加した経験があるそう。

最初の数日間はお父さんと、その後はひとりで遺体安置所だった教室に寝袋で寝泊まりしたそうです。

そして仲良くなった男の子とオルガンを弾いた夜、はじめてその子が泣きながら地震でお姉さんを亡くしたことを教えてくれた、という体験があるらしい。

せつないね、これは本当にせつない。
たった15歳の少女だったカンナにとっても一生忘れられない記憶と痛みを残したんじゃないかと思う。

そのせいか今回の震災でも人一倍、動揺して、悲しみ、痛みを共有するように食事もほとんどせず、そして自分のできることを必死に模索していたカンナ。

15年たった今、自分に何が出来るようになったのか。
そう考えてカンナが動き出したプロジェクトが、これです。

「Song for Japan Man - Yomigaere! / マン - 甦れ!」
NYからの映像をのせて被災地へ届けよう!


スウェーデンのラッパー、MANさんが作った日本応援歌「蘇れ!」がいまYouTubeで大きな話題を呼んでいます。

既に観たことがある人も多いでしょう。
聴いたことがない人は、まずは聴いてみて。
泣けるよ、これ。
ホントに励まされて、胸が熱くなっちゃうよ。

ちょっとたどたどしい日本語とあいまって、なんともほっこりする、癒し系ラップ(笑)なんだよ!



で、今回のプロジェクトはこのMANさんの歌にNYからの画像を載せて、そして被災地に届けるというもの。

既にMANさん本人と、音源を作成したBlackjazzy a,k,a Yuji Krokawaの協力を得ています!

このビデオができあがったら、カンナは5月に被災地に行って約一ヶ月間のボランティアをしてきます。もちろんNY からのビデオも持って。

偉いぞ、カンナ。
すげえよ!
姉ちゃん、思わず泣けちゃったじゃないか。

わたしは「九州新幹線開通」のCMを観て以来、NYの画像や映像を使ってああいうのを作れるひとがいないかなあ、と思っていたので、すごく嬉しい!

で、このプロジェクトの告知です!
じゃじゃじゃーん!

4月10日: 午後2〜3時
タイムズスクエアでオープニング用の映像を撮ります!

あの大震災から約1ヶ月目にあたるNY時間の10日。
2:46分に黙祷を捧げ、赤と白の紙日の丸の人文字をつくり、映像用として撮る予定です。

賛同できるひとは白と赤の紙を持ってタイムズスクエアに集合だあああああ!

うおおおお。
エリぞうも駆けつけるぞー!
カンナちゃん、わたしたちの分まで被災地に愛を送ってきてくれー!

このビデオにはNYで活動をしたみんなの画像をなるべく盛り込む予定です。
NYで活動された動画や写真をお持ちのみなさん、ぜひ連絡を入れてあげて提供してあげて下さい。
「団体様名」「NYでの活動エリア、日時」もお知らせ下さいね。

連絡先はこちらまで。
yomigaere.from.ny@gmail.com

そして「自分はこれができる!」というボランティアさんも大募集!

動画と写真を集める以外にも、人を集めて動画のオープニング映像を作成したいと思っています。

*映像撮れる
*元気にMANの歌を歌える!
*日本語と英語、その他の言語が堪能!


などなど「私にはOOO出来る!」という方、ぜひカンナに連絡してあげて下さい!

ラップ唄えるヤツ、集まろうぜ!
バイリンガルちゃん、よろしくね。

スペイン語中国語も特技になるね。
かわいい女子は写っているだけで癒しになるからカモン!

映像撮れるコ、編集できるコは力になってあげて。
画像持っているコは提供してあげて。

ダンスできるコは披露してみたら?
DJはリミックスできるよね?
がうまければコーラスができるよ。
手先が器用なコは揃いのを作れるかもしれないね。

もちろんなにも特技がなくたっていいんだよ。
タイムズスクエアに行って元気をあげられたら、それがいちばん!
を送ればいいんだよ。

きみたちは最高!
きみたちは最強!
これじゃ終わりじゃないからね。
ひとつになって一生懸命がんばれ。
Come on 日本
蘇れ!

遠くにいる日本のみんなに愛のメッセージを贈ろうよ!

そして世界のいろんな国に住んでいるみんな!
フランスでもイギリスでもドイツでもイタリアでもロシアでもタイでも中国でも台湾でもオーストラリアでもブラジルでも、その国版の「蘇れ、日本」が作れたらいいね。

詳細はこちらフェイスブックで。
Song for Japan Man - Yomigaere! / マン - 甦れ!(日本に居る皆様のための応援歌!) + NY

ツイッターしている人は、ぜひこの情報を拡散して下さいね。

そしてもういちどニューヨーク・ニッチ の記事はこちらです。

あ、他のサイトに飛びたつ前に、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-04-07 18:42 | 社会の時間