コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NYを舞台にした映画「母の道、娘の選択」東京で上映!

今日は東京近郊のみなさんに、NYを舞台にした映画のお知らせです!

NYに住む日本女性たちを描いたドキュメンタリー映画。
母の道、娘の選択」が東京で上映中です!
c0050387_17224252.jpg

以前にもご紹介したこの作品が、いよいよ東中野で公開。

日本を離れてみずからNYに住むことを選択した女性たちのインタビューを綴ったドキュメンタリーで、監督である我謝京子さん自身の人生も同時に浮かびあがってきます。

女性の幸せとはなんなのか?
キャリアの選択をどうやって決めていくのか?
自分らしさとはなんなのか?

母親のように生きることはできないけれど、でも自分のなかに「母」の一部を脈々と受け継いでいる「娘」たちがつかんだ生き方とは……。
c0050387_1723202.jpg

いま自分探しやキャリアの選択について考えている方たちに、ぜひとも観ていただきたい映画です。

ここに登場する女性たちの生き方はきっと勇気を与えてくれるはず!

我謝さんはかつてテレビ東京のリポーターとして阪神大震災を5年にわたって追跡取材し続けて、そしてNYに移り住んだ直後に911の被災にあってワールドトレードセンター近くにあったアパートから物を置いて退去させられたという経験の持ち主。
c0050387_17113685.jpg

そんな我謝さんと3.11大震災のあとに話した時に、こう語っていたのが印象的でした。

「ひとが最後に大切にしたいのは、やっぱり思い出の品なんだよね」

阪神大震災のあとでは多くの被災者の方たちが「震災で失って残念だった物」として挙げたのが「子どもが幼い頃の写真」「家族のアルバム」だったのだそうです。

だからこそ今回の震災のあと自衛隊員たちが泥土や瓦礫のなかからアルバムや思い出の品を丁寧に掘りおこして泥を拭っているのが、
「いかに大切なことで、日本らしい細やかな心遣いかよくわかる」
と我謝さん。

ひとにとってもっとも大切な「自分」そして「家族との絆
そのことについても新たに考えさせてくれるのが、この作品です。

観たあとで必ず誰かと「自分の生き方について」話したくなる映画なので、ぜひお友だちや母娘で鑑賞してみて下さい!

母娘の組みあわせだと、割引が利くそうですよ。

『母の道、娘の選択』
5/7 〜5/27
ポレポレ東中野
住所:中野区東中野4-4-1ポレポレ坐ビル地下

JR総武線東中野駅西口北側出口・都営大江戸線東中野駅A1出口から徒歩1分

一般1500円/大・専1300円/中・高・シニア1000円
母娘割引(2名様で)2000円 




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ハドソンホテルであった41Strings Performance に行ってきました!
c0050387_1712380.jpg

NICK ZINNER (YEAH YEAH YEAHS)による作曲。
HISHAM AKIRA BHAROOCHA + BEN VIDA (SOFT CIRCLE)
+41 FRIENDS IN MUSICによる演奏。

一緒にいためぐみちゃんが「ヤーヤーヤーズ」をまったく知らずに「ヨーヨーヨーズ」といっていたのがイヤンでしたが(笑)パフォーマンスは管弦楽とロックを合体させた音楽で、これがすごくよかったス!


ヒシャム・アキラ・バルーチャ、カッコよす!
オレは激しく推すぜ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-05-12 17:25 | カルチャーの夕べ