コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NY発日本人クリエイターたちが発信する、とびきりクールなファッション誌VIRGINE

みなさん、NY発のとびきりファッショナブルな新雑誌VIRGINE Magazineを知っていますか?

今年4月に創刊して、たちまち業界人やファッションブロガーアーティの間で話題を博したアートとファッションのコラボ型マガジンです。
c0050387_15325112.jpg

表紙はあのヘザー・マークス!
紙質も高級感漂うクオリティです。

今日はその編集部にお邪魔してきたエリぞうです。
こちらが編集部。
c0050387_15334014.jpg

爽やかにスマイルしているのがアートディレクターを務める藤森星児さん。
c0050387_15335935.jpg

おや、この顔はもしや……!?

と察しのいい方なら気づいたかもしれませんが、そうです、ここに出ているあの星児くんなのですよ!

大将が焼き鳥を焼くのは世を忍ぶ仮の姿(というか、たんに正月休みともいう)で、じつはなにを隠そう、彼はVIRGINE誌のアートディレクター兼フォトグラファーなのです!

創刊の中心スタッフは三人
編集長は、フォトグラファーでもある韓国系のライアン・ユーン(Ryan Yoon)さん。

そしてアートディレクターがSeiji Fujimoriさん、クリエイティブディレクターがスタイリストでもあるHissa Igarashiさん。

NY在住の日本人がディレクターとなって、こんなとびきりファッショナブルなファッション誌を英語で出しているなんて、びっくりじゃないですか?

それもバーンズ&ノーブルで取り扱われ、パリやロンドンでも発売されているとはすばらしい!

なにより驚いたことにこの三人、フォトグラファーやスタイリストでそれまで編集経験がなかったこと。

ベテランの編集長がスタッフを集めたとか、編集プロダクションが作ったというワケじゃないんですよ。

おもしろいことをやりたい!」
「今までにない新しいことをやりたい!」
他の雑誌ではできないファッション写真を載せていきたい!」

というクリエイター魂から出発して、何もないところから始めたっていうんだから驚きです。

もちろん各々がクリエイターとしての経験と人脈はあるにせよ、雑誌作りは初めて。
まさにライク・ア・バージンだったわけですね。

「最初はモデル事務所に声をかけても、まるで貸してくれなかったんですよね。
でも当たって砕けろで、巨匠アーティストのジョン・バルデッサリ(John Baldessari)にインタビューを申し込んだら、受けてくれたんですよ。
その後は、あのジョン・バルデッサリが出る雑誌ならって感じで、どんどん門戸が開いていきましたね」

ジョン・バルデッサリといえばコンセプチュアルアートを牽引してきた現代美術界の重鎮。
なぜ巨匠はまだ出てもいない雑誌の取材に応じてくれたのかしら?

「新しいことをやりたい、今までにない雑誌を作りたいという考えに賛同してくれたみたいです。
自分たちで作ったプレスキットを送ったんですが、僕らの熱意が通じたようでした」

わーお、そんなミラクルが起こるところが、NYの面白さでしょう!
c0050387_15413055.jpg

おかげでインディペンデント誌の創刊号とは思えないような、豪華なモデル陣や有名アーティストが登場していて、写真のクオリティがすばらしい出来映え。

「手探りでイチから作り上げたって感じですね。
正直いって創刊号を作るまではたいへんでした。
でもなんとかなるものですね」
と笑う星児くん。

すごい!!!
カッコいいいい!!!!!

NYはやっぱりがあって、才能があって行動力のある人なら、アメリカン・ドリームを起こすことができる街なんだな、と感激します!

さて星児くんから聞いたVIRGINE マガジンができるまでの誕生秘話はまた次に!

VIRGINEは米国内のバーンズ&ノーブルはもちろん、日本でも発売だそうです!

8月11日より日本全国にて販売開始!
取り扱い書店は全国の三省堂書店,丸善書店,有隣堂,TSUTAYA,LIBRO,A​BC (Aoyama Book Center)にて!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Pray for Japan on 8.11 Candle Lighting Ceremony

岩手県大槌町から「海外でも初盆キャンドルを灯して下さい」とお願いが回ってまいりました。

犠牲になった方たちを悼んで、NYでも心をこめてキャンドルを灯しましょう。

■日時: 8月11日  NY時間 8:00pm〜

■場所: N 5th Street, Williamsburg, River side


参加して下さる方、飛び入り大歓迎です!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-11 15:49 | トレンドの泉