コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

生レディ・ガガは頭脳明晰だった! 独占インタビュー記事アップ!

さてさて先月取材したレディ・ガガ日本独占インタビューがアップしました。
ぜひ講談社VOCEのオンライン、i-voceでご覧下さいね!
c0050387_16204270.jpg

こちらがガガ独占インタビュー前半

こちらがガガ独占インタビュー後半です。

レディ・ガガがプロモーションしているM.A.Cビバ・グラムは、すべての利益がエイズ基金に寄付されるというもの。

いやもう生ガガ様に会えて感動でした!
なにより印象的だったのが、ガガ様が非常に理路整然としていて頭脳明晰こと。

企業のトップと話しているような感じというんでしょうか。
いうことが明快で曖昧なところがなくて、プレゼンが簡潔明瞭、まさしく頭のいいひとの話し方なんですよ。

そしてすごいのがファン思いであること。

このインタビューのなかに、ガガ様が自分のクリエイションとファンについて語っている部分があるんですが、かなりガツーンと来ましたね。

いやもう「オレのすごさに世間がわかってくれないんだよなー」とか「わたしって誤解されやすいタイプでー」みたいな甘いことをいっているヤツは、ガガ様に鍛え直してもらいたいぜ!

そういえば先月は人気デザイナーのトリー・バーチさんのインタビューもあったんですが、彼女もじつに頭がシャープで理路整然としたひとなんですよ。

でもって、いうことのスケールがデカいんだよね。

世界規模で成功している女性たちはとにかくスケールがハンパなくデカいというのが、わたしの感慨。

彼女たちのクラスになると、自分の美しさだけとか家族のことだけ考えているというのではなくて、社会貢献に熱心だし、おのれが世界の問題をなんとかせねばという使命感に溢れていて男気がある。
でもっていっぽうで弱い者を助けたいという女性的なやさしさも持ち合わせている。

なにもセレブでなくても、わたしの周りにはそういう社会貢献にも熱心で、だけど愛にも溢れているオンナ友達がいっぱいいるんだけど、そういう女性って本当に魅力的だなあ、と思う今日この頃。

カッコよくて、やさしい生ガガ様に触れることができたのは、すばらしいインスピレーションでした。

現在も世界にはエイズに苦しむ人たちは数多くいて、その多くがアフリカ南米東南アジアの貧困層であるというのは胸が痛む事実です。

貧困から売春を強要させられる年端もいかない少女たちや、エイズで親を亡くした子どもたち、拒否権のない女性たちや、同性愛差別がある社会で助けを求められないゲイピープル、あるいは教育が行き届かずセックスで自分をプロテクトすることを知らない若者たち。
そこには現代社会の問題点が浮き彫りになっています。

エイズ/HIVに苦しむ人たちへの支援や啓発に、私たちができる小さなサポート
M.A.Cビバ・グラムについて、知ってもらえたら嬉しいです!
c0050387_16414479.jpg




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになります。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-10-19 16:44 | トレンドの泉