コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

「忘れない」の思いをこめてNYで東日本大震災追悼式典

2011年3月11日
あの日は日本人にとって永遠に忘れられない日となりました。

この一年間どれだけの人が心を痛めてきて、また多くの支援活動がなされてきたでしょうか。

NYでも3月10日に第一回TOGETHER FOR 311東日本大震災追悼式典が行われました。
場所はアッパーウエストサイドにあるFirst Church of Christ, Scientistです。
c0050387_15324637.jpg
Official Photography By GION, CANNA SASA, Tomonori Iwata, Romi Uchikawa

これはAKさんが発起人となって、わたしも参加しているFellowship for Japanが主宰したもの。

主宰というのは実行委員ということであって、今回賛同してくれた100以上のボランティア団体、そして日系人団体がひとしく参加した、大がかりな集会です。

教会では入口で電池式のキャンドルライトを配り、参加者ひとりずつが手にしました。
c0050387_15391040.jpg
Photo:ニューヨーク経済新聞

なんと! ボランティア参加したピタ隊長の姿が偶然ニューヨーク経済新聞に掲載されていてびっくり。本人は後で知ってウッキー! でした。

私たちの予想としては「集客は500人程度」と考えていたのですが、なんと1100人の在NY邦人やアメリカの方たちが参加。
一階席はドアが閉まらないほどの人が溢れて、二階席も埋まるほどに。
c0050387_1540479.jpg

司会であるAKさんが「NYは被災地を忘れません、一緒に復興していきましょう」と呼びかけました。
c0050387_15413965.jpg

在NY日本国総領事館 廣木大使が「世界との絆を大切にしていきたい」と復興への式辞を。
c0050387_1544199.jpg

そして黙祷の合図と共に電気が消えました。
c0050387_1559168.jpg

カール・ラマニ医学博士。
神戸で育ったラマニ先生は大学当時に阪神大震災を経験したそうです。
そして今回の東日本大震災では医師ボランティアとして被災地にいち早く入り、活動を。
c0050387_15444177.jpg

ニュージャージーの高校生で、校内でベークセールやTシャツ販売を行って寄付金を集めて石巻に送ったスプリンガー花さんと、ワイズマン・フィリップ・ユウキくん
c0050387_1553391.jpg

式典では、宮城県名取市議会の荒川洋平議員、南三陸町の医師でフォーブス誌が選ぶ「世界に影響を与えた100人」に選ばれた菅野武医師のビデオレターを上映。

そして会場を号泣させたのが、福島県相馬市のみなと保育園 からのビデオレター。
ここには昨年夏にAKさんが訪れて、保育園コンサートをしたところです。

ビデオのなかで園児たちが「どうか忘れないで、僕らはここにいる」と熊谷育美さん作詞作曲の歌を歌うと、会場内からは泣く声が……。
c0050387_15541770.jpg

エリぞうもボロ泣きでした。
だって5歳の子たちが「地震が来てきれいな海がなくなりました 外でも遊べなくなりました でもニューヨークのみなさんのおかげでこんなに元気になりました、ありがとう」というんだよ!?
そのけなげさにボロボロ。

そしてオペラ歌手田村麻子さんが「アメージンググレース」を歌い、美しい祈りの歌が教会に響きました。
c0050387_15552817.jpg

最後は「ふるさと」の合唱
この時もダダ泣きでした。
会場内でも男泣きに泣いている男性の参列者が目立ちました。
たぶん在外日本人にとってこれはもっとも泣ける歌でしょう。

この歌詞は遠くにいて故郷を思う歌なんですよね。
わたしも中高生の時はこの歌を聴いても歌っても、なんとも思わなかった。
東京出身だから、ふるさとなんて単語にまるで興味なかったし。
でも今は泣く。

「いかにいます 父母 つつがなきや 友垣」「志を果たしていつの日にか 帰らん」
と、このあたりの歌詞が胸に刺さらない在外邦人はいないのではないでしょうか。
ことに在外年数が長いほど、せつないはず。
c0050387_15475430.jpg


NY在住の日本人たちは今回の東日本大震災の支援に熱心です。
先日も日本から来た人たちがむしろ驚いていたほど。

それはいったん日本を離れてしまうと、どこ地方の出身というのが関係なく、日本そのものがふるさとになるからなのでしょう。

その大事「ふるさと」が大震災によって破壊され、故郷の人たちが苦しんでいる、そのことにNY邦人たちは胸が痛み、申しわけなくも思い、なにかしたいと感じている。

このイベントでの募金額はなんと9600ドルほどと多額でした。
追悼式であってなにも募金イベントでないにも係わらず、です。
多くの人たちの温かな心を感じた集会でした。
c0050387_15404723.jpg

9.11で被災したNYのひとたちは、3.11に被災された多くの方たちのことを決して忘れません
遠くからできることはわずかかもしれません。
でも心を寄せて、祈りたいと思います。

今も傷を負っている多くのひとたちに。
遠くから、あなたのことを祈っています。
一緒に手をとりあって希望ある明日にむかっていきましょう。

Official Photography By GION, CANNA SASA, Tomonori Iwata, Romi Uchikawa


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-03-12 16:08 | 社会の時間