コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

アメリカのお洒落な男たちに支持された日本の技術。鎌倉シャツ一周年!

NYのマディソン街にオープンした鎌倉シャツが一周年を迎えました!
c0050387_1422842.jpg

日本から会長社長らも来米。
常務の貞末奈名子さんと、社長の貞末民子さん
c0050387_14222313.jpg

一周年記念レセプションです。
c0050387_14233262.jpg

c0050387_14265923.jpg

NYの有名フランス料理店「ブーレイ」と、その系列の和食レストラン「ブラッシュストローク」の制服のシャツを鎌倉シャツが受注した背景を踏まえて、ブーレイとブラッシュストロークのケータリングが並びました。
c0050387_14235052.jpg

c0050387_14241460.jpg

スピーチをする貞末良雄会長
アイビールックの本家です!
c0050387_1425399.jpg

左から取締役 貞末哲兵さん、常務取締役 貞末奈名子さん、取締役会長 貞末良雄さん、代表取締役社長 貞末 民子さん。

「我々の予想としては、顧客の構成は、6割が日本人アジア人で4割がアメリカ人と考えていたのですが、実際にはアメリカ人が8割、日本人が2割という予想を裏切る結果になりました」という良雄会長。

どうやってアメリカ人たちが鎌倉シャツを知ってやって来るかといえば、ファッションブログやオンラインの掲示板など、口コミで知るようで、遠くからわざわざやって来る人もいるそうです。
c0050387_1442898.jpg

さらに他のブランドの店からお客さんが薦められて買いに来たりすることもあるのだとか。

実際にパーティに出席していた顧客のニューヨーカーに話を聞いてみると、ほんとに「某有名ブランド」の人がいて「おおー」とびっくり。

「うちの店にはバラせないけどね(笑)鎌倉シャツのファンなんだ」
とコメントするあたり、さすがニューヨーカー、自由です!

他の店舗のモノであっても自分が「いい」と思うものを勧めたり、買ったりするというあたりが、NYならでは。

ニューヨークは偏見なく、いいと思うものを受けいれてくれる街だとわかりました」と会長。
c0050387_14424371.jpg

そして顧客のニューヨーカーたちが揃っておしゃれというのも相当にめずらしい現象でした。

こちらの男性は大学で日本の言語を学んでいるというインテリさん。日本に行ったことがないというのに日本語ペラペラ。なんで!?
c0050387_14335466.jpg

こちらは有名メンズ雑誌GQの編集者たち。
左がGQのスタイルライターをしている、Jian DeLeon(ジアン・デリオン)さん。
隣がGQ編集部のお洒落エディター、Justin Doss(ジャスティン・ドス)さん。さすがお洒落さんですね!
c0050387_1443527.jpg

ジアンさんはさっそくGQのウェブサイトで、鎌倉シャツを取りあげて「今やメンズウェアのブログではメイド・イン・ジャパンは、メイド・イン・イタリーよりも大流行になっている」と紹介しています。

そして「鎌倉シャツは我々が見たなかでは、唯一完璧なフィットと生地、そして100ドル以下という値段をあわせもっている」と絶賛。

そしてテレビ局NBC 4 New Yorkのニュースレポーター、Gus Rosendale(ガス・ローゼンデール)さんの姿も発見!
c0050387_14373146.jpg

「現代のアメリカにはシャツにこだわりのある男性たちが欲しいシャツがなく、
彼らが探していても求められなかったものを、うちのシャツが提供できたのではないかと思います」(貞末会長)

現在ではアメリカのアパレルブランドは、ほとんどが中国生産になっているために、縫製にも「こだわり」が求められなくなっているのだとか。

「たとえばシャツにしても中国の縫製工場では大量に早く処理するために、なるべく直線縫いばかりにする。
けれども鎌倉シャツの縫製には曲線が多用されているんです。日本の熟練した職人だったら、曲線縫いくらいなんてことなく仕上げるんですよ」

アメリカに住んでいるだけに、わたしもつくづく思うのは、日本の職人の技は世界トップであるということ。
c0050387_1446474.jpg

日本の工場というのは小規模のところが多いですが、そのぶん徹底した職人芸が生きていて、職人さんたちも自分の技術に誇りを持っていますよね。

その職人芸を捨てたら日本のアイデンティティはないし、決してなくしてはならないもの。
この日本の高いクオリティをいかに世界にむかって販路を広げていくか。日本の職人芸を応援したいものです。
c0050387_14433447.jpg


メイカーズシャツ鎌倉 NYマディソン街店
Kamakura Shirts NY
住所:400 Madison Avenue New York, NY 10017 between 47th and 48th Streets

電話:212-308-5266
営業時間:9:00am~20:00pm(月曜〜金曜)9:00am~19:00pm(土日)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2013-11-06 14:51 | トレンドの泉