コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ガザの病院で働くノルウェー人医師の手紙

イスラエルのガザ侵攻で、パレスチナ人の死者500人超え。市民を人間の盾にするハマスにも、その楯をも叩き潰していくイスラエル軍にも、暗澹たる思い。

命を救うために働いている医師の言葉が胸に突き刺さります。
c0050387_13414611.jpg


=============

オバマさま

あなたに心はおありでしょうか。

ここに来て、ひと晩、たったひと晩でいいから、私たちとシファ病院で過ごして下さい。清掃人にでも変装して。
私は100%確信を持っています。そうすれば歴史が変わることを。

心と権力を持っている人間であれば、シファ病院で過ごした一夜のあとで、このパレスチナ人に対する虐殺を止めようと決心しないで立ち去れる者はいないでしょう。

しかしながら心も憐れみも持たない者どもは、さらに計算をめぐらして、あらたなる「ダヒア」(ベイルート南部で、ヒズボラ拠点としてイスラエルから壊滅的な攻撃を受けた街)の虐殺をガザで行う計画を練ったのです。

血の川は今夜も流れ続けます。
虐殺の装置は整ってしまいました。

お願いですから、あなたのできることをして下さい。
こんなことは、決して続いてはならない。

Mads Gilbert MD PhD
Professor and Clinical Head
Clinic of Emergency Medicine
University Hospital of North Norway

引用元 :middle east monitor
[PR]
by erizo_1 | 2014-07-22 13:44 | 社会の時間