コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NYでハイヒールの美「キラーヒールズ」展! 串野真也さんの作品も。

ブルックリン美術館で、ハイヒールの美にフォーカスした「Killer Heels: The Art of the High-Heeled Shoe 」展が開催中!
c0050387_8205592.jpg
ポスターになっているこのハイヒールはルブタンです。

こちらには日本人シューズデザイナーの作品もいくつか展示されています。
そのひとり三作品を出展した串野真也さん。
c0050387_8211719.jpg

今回の展覧会で観ることができる串野さんの作品をご紹介しましょう。
黒い羽で飾られた「Stairway to Heaven」(天国への階段)
c0050387_822567.jpg

「この靴を履いて天国にむかう」というコンセプトで制作されたとか。
ドラマチックです。

こちらはChimera(キメラ)
伝説上の動物キマイラをインスピレーション源として、「牛、ヒールの猫足と蛇、フォックスなどのさまざまな動物がミックスされ、最後に人が履く事で新しい生命が生まれる」というコンセプトで製作しているそう。
c0050387_8234413.jpg

最後に人が履くことで完成するハイブリッドな生命体というのがアーティスティックです。

この「Stairway to Heaven」と「Chimera」はレディーガガも着用したそう。

こちらはアーティストのスプツ二子!さんとコラボした「菜の花ヒールズ
東日本大震災後に、福島の土壌を綺麗にするというコンセプトで、歩くたびに「菜の花のタネが地中に植えられ、歩いたあとから菜の花が咲いていく」というクリティカルデザインとして作られた靴。
といっても意味がわからないでしょうから、映像で、どん。


ふつうに歩くための靴というのとは一線を画したアート作品としての靴。
串野さんの創り出す世界は美しく妖しく、想像力をかきたててくれます。

このキラーヒールズ展にはさまざまなハイヒールが展示されていて、ファッション好きやアート好きには見逃せない展覧会。

ぜひ詳細は繊研新聞で杉本佳子さんが書かかれた、こちらの記事をぜひご覧下さい!

こちらは渡米した串野さんと一緒にパンケーキを食べた時の写真、アメリカ式の巨大パンケーキにもご注目下さい(笑)
c0050387_8275931.jpg

東京で行われるROSES Charity Art Exhibitionに賛同してくれて、トートをカスタムしてくれることになりました。

串野さん特製のトートが出品されますので、お楽しみに!

Brooklyn Museum
Killer Heels: The Art of the High-Heeled Shoe は2月15日まで開催中
住所:200 Eastern Pkwy, New York, NY 11238 アメリカ合衆国
電話:718-638-5000

[PR]
by erizo_1 | 2014-09-30 08:33 | トレンドの泉