コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ファッション番長対決のメット・ガラ開催、リアーナのドレスが早くもネットで爆笑ネタに

MET Gala 2015がNYで開催されました!
c0050387_1442228.jpg
Photo:Vanity Fair

メット・ガラはメトロポリタン美術館コステューム協会の祝典のことで、ファッション展示のオープニングを祝うイベントですが、がっつり寄付金を募るのが目的のパーティ。

Vogueの編集長アナ・ウィンターさまが仕切っているので、その招待状をもらえるのがファッション業界、エンタメ業界では「ファッショニスタ認定」ともいわれるもの。

ファッション番長たちの熾烈な闘い、オンナの頂上決戦、あたしが主役よ!の美とエゴのガチ勝負の場として見応えたっぷりなのです。

今回のテーマは、ずばり「中国」!
うーわー、チャイニーズマネーを注ぎ込んでもらおうとする意図がモロ見えですね。

おかげで中国系の女優たちも多々ゲストに。
このメット・ガラの会食席を購入するには2万5000ドル(約200万円)くらいかかるらしいですが、今回は中国の金持ちたちがドッと買ったはず。

さてそのメット・ガラで話題を集めたのが、リアーナ。
じゃーん!
c0050387_1447749.jpg

うお、中国の皇帝のイメージでしょうか。
飛ばしまくっていて、さすがですね。もうビンタ百連発くらいのインパクトです。
ここまできたら兵馬俑坑みたいに、百個くらいハニワ人形でも裾に飾りつければよかったかもしれませんね!

おかげでネットでは、すぐさまこの強烈なドレスがパロディとなってミーム・ネタに。
卵!
c0050387_14485214.jpg

ピザ!!!!
c0050387_1449115.jpg

そりゃウケるわ!
今年のヒロインは、あ・な・たでキマリ!

しかし脇から「待ったー!」をかける番長、ビヨンセ姐さん。
こちらはハダカ勝負! すごい!
c0050387_1450898.jpg
 photo:The New York Times

男の視線を束にしてわし掴み、強引にぐいぐい持っていきます。

「いやいや、待った、待ったー!」とこれまたロープをまたいでリングにあがってくるキム・カーダシアン
ハダカのガチ勝負!
c0050387_14511597.jpg

ファッション界のパッキャオVSメイウェザー戦のようです!

「待った、待った−!」
とさらにチーム裸族に参戦するジェニファー・ロペス姐さん。
しかしいかんせんエイジングのせいか、ビヨたんとキムたんの迫力には弾き飛ばされているような。
c0050387_1453442.jpg

どーん! 
と、ここでものすごいラスボス感溢れる、レディ・ガガさま登場。
これで悪役じゃなかったらどうする、というくらいの迫力ですね。
c0050387_1454128.jpg

こちらは西太后のイメージでしょうか。
しかしリアーナのインパクトに持っていかれて、あえなく今回は敗退!

NYのファッショニスタといえば、サラ・ジェシカ・パーカー
フィリップ・トレーシーのヘッドドレスで登場、毎回期待にそむかない飛ばしっぷりです。
イメージソースは京劇?
c0050387_14584394.jpg

一方、こちらは余裕でジョジクルとポーズを決めるアマルさん。
お美しいです。
あまたいる女優やモデルと引けを取らないどころか、バシッとうっちゃりを決める美しさ!
c0050387_1512170.jpg

「おほほほ、わたくしはルックスじゃなくて頭脳で稼いでおりますので」という余裕が、このオーラを放つのでしょうか。
アマル、恐ろしい子!

どうも中国というと赤(共産中国?)を連想する欧米人が多いのか、真紅が目につきます。

ヘレン・ミレン。お美しい!
c0050387_1531579.jpg

キャロリーナ・クルコヴァ。いや、これはいくらなんでも、そのまんま過ぎないか?
紅衛兵じゃないんだからさ!
c0050387_1523519.jpg

カレン・エルソン
中国というよりは、ビザンチン帝国の滅亡みたいなスタイルですね。
c0050387_1544449.jpg

ほとんどテーマとリンクしていない人もいます。
アマンダ・セイフライト
ふつうにきれい。刺繍がややビザンツ的?
c0050387_1571054.jpg

ソランジュ
いいわー。このひと、ビヨンセ姐さんとは違う独特のエッジイなスタイルをしていますよね。
もはやメーターがビヨーク寄りに!
c0050387_1574389.jpg

キャリー・マリガン
ハナからテーマに合わせる気が1ミリも感じられないスタイル。
c0050387_15124757.jpg

しかしこれだけ派手揃いのなかだと、この地味シックさで、かえって目を引いて、ずるい!

アン・ハサウェイ
え?
c0050387_1581692.jpg

もういちど見直してみて、さらに「え?
なにをしたかったのでしょう、アンさま。
そっと見なかったふりをして次に。

マイリー・サイラス
ん? 大人しくなった? 一時の狂気のような格好からずいぶんと洗練されましたね。
アレキサンダー・ワンのドレスだそうで、そこが中国テーマ?
c0050387_1591740.jpg

デザイナーのジェレミー・スコットと、ケイティ・ペリー。
安定のド派手っぷりです。
c0050387_15103019.jpg

さらに山ほどのセレブが出席して見飽きないレッドカーペットですが、こちらのニューヨークタイムズのサイトにたくさん載っていますので、ぜひご覧下さい!

photo:Josh Haner/The New York Times
写真引用元:The New York Times
[PR]
by erizo_1 | 2015-05-05 15:35 | トレンドの泉