コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NYでゲイ・プライド・パレード2015、虹色のお祝いムードに!

NYで恒例のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)プライド・パレードが開催!
c0050387_14244580.jpg

つい2日前に合衆国連邦最高裁判所が、同性婚が全米の州で合憲であるという判断をしたのがビッグニュースに。

事実上全米で同性婚ができるようになります!
すばらしい大きな一歩です!
c0050387_14254348.jpg

おかげでパレードは大盛り上がり、沿道の観客たちも祝賀ムードいっぱい。
いえーい!
c0050387_14332852.jpg

アメリカはその始まりから「すべての人間は平等につくられていて、生存、自由そして幸福の追求をする権利を与えられている」という基本的人権を元にして独立した国ですから、同性婚が合憲であるのは当然のことですが、ここまで来るのには長い道程だったよう。
c0050387_14263534.jpg

ゲイの人権についての市民活動は、1969年にグリニッジヴィレッジであったストーンウォールの暴動をきっかけに始まったそうで45年にもわたるゲイの権利擁護の市民活動がようやく実を結んだことに!

今回のパレードには、長年ゲイの権利擁護に努めてきた名優サー・イアン・マッケランも参加!
c0050387_14395874.jpg

シンボル的にはレインボーのヘアを持つユニコーンというのが、よくLGBTのデザインに使われるんですが虹色ユニコーンなひと(笑)
c0050387_1427125.jpg

ある意味、お約束な格好の二人。
c0050387_1427163.jpg

やはりデーハードラッグクイーンのみなさんは人気!



こちらは教職員団体のよう。
「Celebrate Diversity」(多様性を祝おう!)というプラカードが掲げられていますが、このダイバーシティというのはよく聞かれる表現で、学校でも生徒たちの個性や文化の多様性を重んじるようになってきています。
c0050387_14274945.jpg

子どももフロートに乗っていますが、生まれた時から自然にLGBTの子どもだって多いのですから、どんな子どもたちも偏見や差別なく、教育を受けられるべき。

企業や団体の参加者多し!
保険会社のメットライフ。

ケイティ・ペリーの「ファイアーワーク」人気あるなあ。

FDNY、NY市消防局の局員たちも登場!
消防局にも当然LGBTがいるわけで、どんな団体でも差別があってはいけないですね。
c0050387_14291690.jpg

消防車も来ました! FDNYは150周年らしいです。
c0050387_14311378.jpg

消防局員の参加者、ヘアスタイルが自由だという!(笑)
c0050387_14301313.jpg

NY市警も参加。
コワモテなイメージの強いNY市警ですが、楽隊もいます。
c0050387_14314272.jpg

五番街が封鎖されているので、ときどき通行人が渡れるように、パレードをいったん止めるんですね。
その待ち時間に演奏して、沿道の市民を楽しませてくれる警察バンド。


こちらの男性の頭に注目。
c0050387_14351222.jpg

頭に乗っかっている丸い小さな帽子は、ユダヤ教徒がかぶる「キッパ」と呼ばれる帽子なのですが、レインボーになっている! 
手作りなのか、売っているのかわかりませんが、いろんなレインボー物があるもんですなー!

愛がルールを決める」という旗。
c0050387_1432597.jpg

日本でも同性婚が成立する日が来るといいですね!
[PR]
by erizo_1 | 2015-06-29 14:43 | 社会の時間