コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ソプラノの歌姫、田村麻子さんのアルバム発売。コンサートの美声を動画で!

NYを拠点とするソプラノ歌手、田村麻子さんが「ジュエルズ・オブ・アヴェ・マリア」と「ノスタルジア 日本の歌」の2枚のアルバムを同時発売。
c0050387_24154100.jpg

その記念ミニコンサートがあったので、行ってきました。

カーネギーなどのコンサートホールでは撮影録音禁止ですが、今回は日系人会館なので、ばっちり録画オーケイ。

麻子さんの美声の大ファンであるわたしですが、いや、もうすばらしい。
オペラハウスで歌う歌声を間近で聴くと、すごい迫力ですね。
もう空気も窓ガラスがびりびり震動して、壊れるかと思うほど。

バッハの「アヴェ・マリア
音量にお気をつけ下さいね。



いったいどこから降りてくるのだろう、と思わせる音色。
宝石の声」と讃えられるだけあって、さまざまな色に輝く声がすばらしい。

くらくらするほどの音の波でした。

今回のアルバムではさまざまな作曲家による「アヴェ・マリア」を歌った「ジュエルズ・オブ・アヴェ・マリア」と、そして日本の歌を収めた「ノスタルジア 日本の歌」の2枚を同時発売。
c0050387_2454632.jpg

そのため今回は日本の「朧月夜」や「千の風になって」などの楽曲も歌いあげてくれました。

そして「待ってました!」コーナーがオペラのアリア

麻子さんはロンドンの「ロイヤル・アルバート・ホール」、そしてボルティモアの「リリック・オペラハウス」など、いくども蝶々夫人を演じてきたディーバ。

ある晴れた日に」キター!



その繊細な感情表現は、さすが日本の女性らしさを感じさせる麻子さん。
一瞬にして役に入りこむのがすごい!

麻子さんと、ピアニストの米田真紀さん。
c0050387_254444.jpg

こちらがわたしたちのよく知っている麻子さんの笑顔、舞台とは表情が違いますねー。

ジュエルズ・オブ・アヴェ・マリア」のCDを購入して、サインをしてもらいました!
c0050387_2475547.jpg

今回の2枚は歌集なので、オペラのアリア集とはまた違う、情感と風情があります。

オペラのアリアは役に入りこんで歌うものであるいっぽう、歌というのは「田村麻子としてニュートラルに歌える」ものなのだとか。

この「アヴェ・マリア」集は「祈る想い」で歌っているそうで、その澄んだ美声には、癒されて、まさにクリスマス・シーズンにふさわしいもの。

麻子さんの美しい声で、素敵なホリデーシーズンをお迎え下さいね!

c0050387_2513159.jpg

Jewels of Ave Maria - ジュエルズ・オブ・アヴェマリア

c0050387_2514855.jpg

ノスタルジア -日本の歌-
[PR]
by erizo_1 | 2015-12-02 03:01 | エンタメの殿堂