コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「スターウォーズ フォースの覚醒」は同窓会に出た気分だった!

行って来ました、「スターウォーズ フォースの覚醒
c0050387_1614293.jpg

きっとお正月に観た方が多いのでは。

いやー、楽しかった! 
これぞ娯楽大作ってやつですね。

同世代のアメリカ人の友人が先に行って来て「ノスタルジック」といっていた意味がよーくわかったわ。

まさにそのひとこと、ノスタルジック
わかるわー!

なんたってオリジナルの「スターウォーズ」をリアルで観た世代ですからね、あの冒頭シーン、スターデストロイヤー宇宙戦艦が進んで行くところを下から煽った映像が流れた時の驚き!

「すっげーーー!!!! これが本物のSF だああああ!」

ビンタ百連続くらいの衝撃。

その衝撃をリアルに知っている世代にとっては、もう滝涙ですよ!

随所にちりばめられたディテールに、過去のスターウォーズの場面が甦る。
キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
と叫びたくなるはず!

そして往年のキャラクターが登場!
お懐かしゅう〜〜〜!
c0050387_16145755.jpg

ミドルエイジのあなたならわかるはず。
同窓会に出た時の、あの気分を。

同窓会場で見知らぬ人に出会って、

「え、この頭の薄いおじさんは誰? こんなひといた? 全然わかんないよ。 あれ、見覚えがある…ような……気が……。あ! あーあーあー! ○○くんじゃないの! 懐かし−!」

といきなり過去の画像と一致した瞬間から、その人にしか見えなくなる、あの感じ。

そして誰もが人生を歩んできて、けっこう山あり、谷あり、たいへんなのだなあ、みんな揉まれて、ひとかどの人格者になるのであるなあ、という感慨もわき起こるわけですよ。

あの頃はぴかぴかだったスターウォーズの主人公たちも、今や白髪世代になっていて、家庭崩壊とか、子育ての失敗とか機能不全家族とか別離いった問題を抱えているわけだ。

感慨深いわー!
そりゃ身につまされるわー(涙)

映画ツウの友だちは「過去作品のなぞりで新しさがない」と酷評していまして、ジョージ・ルーカス本人も「レトロ映画。気に入らない」と辛口批評をしていましたが、わたし自身は懐かしいし、楽しいし、大満足。

いや、だって団塊の世代も満足させなくてならないし、いっぽうスターウォーズなんて知らない若い世代も引きこまなくてはならない。
c0050387_16275287.jpg

全方位にマーケティングしたら、今回の紅白歌合戦みたいに、森進一とミッキーマウスが共存するという、支離滅裂になるものじゃないですか。

それをとりあえず「ノスタルジックにしつつ、若い子にも楽しめる」作品に仕立てたJJエイブラハムは偉いと思う。

スタートレック」に続いて「スターウォーズ」と、激マニアがついている作品を両方とも、ちゃんと楽しめる作品としてアップデイトしたんだから。
c0050387_16282630.jpg

それにしてもオリジナル版から約40年
この歳月で「金髪のヒーロー」から「女性のヒロイン」に移り変わったこと、

そして「ブラックの青年と南米ヒスパニック系の青年がメインキャラ」に加わったこと、それは米国社会の移り変わりを如実に反映していると思うのですね。
c0050387_1619963.jpg


ブラックの友人と話した時に、

白人ウケするシュッとしたカオじゃなくて、いかにもアフリカンな顔立ちの俳優を選んだのがいいよね」

といっていて、なるほど、そういう見方もあるのかと。

そしてヒロインが、カッコいい!
c0050387_16175497.jpg

エピソード123は、アナキンを演じた俳優があまりに大根で、演技の下手さに泣きましたが(涙)今回はちゃんと主演が魅力的
c0050387_16235317.jpg

そしてまたいっぽう、ひたひたとわき上がる思いが「エイジング」ね。

これだけ宇宙船がびゅんびゅん飛ぶ設定なのに、整形手術したり、 STAP細胞みたいなもので細胞から若返ったりしないのか!?????

うーぬー。

これってフォースに覚醒しているような精神次元の高い、いわゆるステージの高い人たちだから、「外見の老いなんてことは気にしない」という設定なんスかね。

そういえばエピソード6のパドメの時にも、
「え、こんな科学技術が発達した時代に産褥熱で亡くなるなんてことがあるんだ!?」
と激しく疑問を持った覚えが。

これはSF映画を作る時の今後の課題ともなりそうで、その世界では「老い」や「」はどう扱われているのか、という問題はあるでしょうね。

そして改めて思うのは、やはりオリジナルの三部作は偉大だったということ。

いまだにダースベイダーを越える悪役は出ていないし、ジャバ・ザ・ハットとかタスケンレーダーとかイウォークとか、新作が封切られるごとに斬新なキャラクターや兵器が出てきて、心持っていかれたものなあ。

今回のドロイドは「かわいさ」部門ではぶっちぎり!
さすがディズニーに売却されただけあって、かわいさでは断トツです。
c0050387_16182248.jpg

わたし的には大満足の「フォースの覚醒」

次回作こそが本当に新しいキャラクターたちが活躍する新作になるわけで、どうやらサムライのようなキャラが出るらしいですね!

次作でまったく新しいクリーチャーや力強い物語を期待したいところです。
[PR]
by erizo_1 | 2016-01-09 16:32 | エンタメの殿堂