コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

寒中水泳でレオさまオスカー本命か、「レヴェナント:蘇えりし者」

今年のオスカー本命といわれる「レヴェナント:蘇えりし者
c0050387_16185128.jpg

監督は『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のアレハンドロ・ゴンザレス・イニャリトゥ

まるっきり名前が覚えられないのでアンチョコみて、書きました。
この人、もう今現在の最強監督っていうか、撮ってみたい放題ですね!

いや〜。すごい迫力なんですよ〜!!!

話は19世紀前半のアメリカ
c0050387_1620663.jpg

毛皮会社のために、動物を狩る毛皮ハンターであるレオさまたちが、動物を狩っているところに、先住民のリー族の攻撃を受けて多くの仲間が殺され、命からがらに脱出。

そしてベースキャンプに戻る道すがら、なんとレオたんが熊に襲撃されてしまうのです!
熊に噛まれるわ、がしがし踏みつけられるわ、たいへんなことに。
c0050387_16193799.jpg

からくも一命を取り止めて、仲間に担架で運ばれるのですが、裏切りにあってレオさまはたったひとり、大自然のなかに取り残されてしまうのです!

いやいや、ここまではネタばれじゃないのよ。
ここまでが起承転結のなのよ!
ここからが見所なのよ!

武器もないまま大自然に残されてしまって、どうする!?
銃もないんだよ?
足なんて折れてぶらぶらしているんだよ!?

でもがんばるレオたん。前に、前にと進みます。
あり得ないし!」と叫びたくなる過酷シーンの連続!

これはレオさま、念願のオスカーにリーチしましたね。

だってこれって演技力という範囲じゃないもの。
いわゆる「体当たり演技」というやつ。ただの体当たりじゃないよ、体当たり千回ノックくらいの体当たりよ。

「ひーえー。よくぞ、こんな過酷な撮影でがんばった」という徒労賞というべきですかね。
c0050387_16205272.jpg

ご本人が「今までもっとも過酷な撮影」といっているだけあって、めちゃくちゃたいへんそう。

そりゃ「タイタニック」では凍死していたレオさまですが、あれはCGだからね。
この映画では、背景のCGはなし、ブルースクリーンなし、ガチに外ロケで、しかも自然光で撮影を敢行したんだとか。

凍りつくような川に浸かるって、どうよ!?

こんな撮影で「テイク2」とか「テイク3」とかあったら、マジ「監督、ぶち殺す」レベル。

しかも生肉食べているし!
雪のなかで全裸になっているし!
ほんと賞でももらわなくちゃやってらんねー! て撮影でしょう。

そして悪役のトム・ハーデイがいいんですわ!
c0050387_1621995.jpg

すさまじく最低な男を、「でも、こういうヤツ、絶対に居るだろうなー」というリアルな演技で表現しています。

それにしても熊に襲われて重症を負って、そのまま野に放置されて生き残るなんてあり得なさすぎ! と思うじゃないですか。

ところが驚いたことにこの話、史実に沿っているのですね。

実在のグラスさんは熊に襲われて放置され、それから2ヶ月かけて、山中を移動して村に辿りついたという人物らしい。
c0050387_16212854.jpg

もちろん映画は「史実からインスピレーションを得た小説」を踏まえているので、事実そのままではないし、映像的に脚色されています。

ピタ@旦那は、
「はっきりいって、SFファンタジー映画以上に、物理的にあり得ないことの連続」といっていましたが(苦笑)まあ、映画だからね。

ネタバレになるからいいませんが、ラストも史実とは違っています。

映画は映画でドラマツルギーがあってよいのですが、史実のほうは、さらに人生は予測のつかないことの連続、という感じで感慨深いです。

この作品でゴールデングローブ賞を受賞したレオさまは、「この賞を先住民のみなさんとわかちあいたい」とスピーチ。

ふと1972年の『ゴッドファーザー』でアカデミー主演男優賞に選ばれたマーロン・ブランドのエピソードを思い出しました。

マーロンは「インディアンをはじめとした少数民族に対する人種差別への抗議」を理由に受賞を拒否したんですね。

いまから考えるとマーロン・ブランド、人権意識先取りですね。

もちろんレオさまにはオスカー受賞拒否はあり得ないわけで、当然受けとるでしょう!

ていうか、ここまでやってオスカー獲れなかったら、会場でテロ起こすレベル!

オスカーというのは、「そこまでやる?」をやらないと獲れないものと決まっていますからねー。

これで逃したら次はさらに厳しい「そこまでやる?」を越えなくちゃいけないんだから、今回で獲らせてあげたいものです!
c0050387_16221354.jpg

映画には大自然の美しさと過酷さ、不屈の精神、自然光の色合い、自然と共存して生きる先住民と乱獲をする侵入者たち、思わせぶりなスピリチャル、といったさまざまなモチーフも盛られていますが、なにはともあれ、

「うわー、レオさま、よくやるなー!

という一点に収れんされる物語です。
作品としても断トツおもしろかったです!
まずは見て損なし!



追記: レオさま、ついに主演男優賞獲得しましたね!
苦節6回め!
くー(T_T)
おめでとうございます!!!!
いやー、暴動が起こらなくてよかった。
そして過酷な撮影の反動か、かなりリバウンドした太め体型でしたが、ともかくよかった、よかった!

[PR]
by erizo_1 | 2016-02-29 00:00 | エンタメの殿堂