コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

トランプ当選の翌日、ある女性教師が子どもたちに伝えたメッセージがすごい!

トランプが大統領に当選した翌日11月9日にあるアメリカの学校でひとりの教師子どもたちに伝えたメッセージが話題になっています。
c0050387_14212969.jpg

引用元:Robert Drake

ーーーーーーーーーー

一年生のみなさん、おはよう。

みんなも知っているように、この国は新しい大統領を迎えます。

大統領は国のために大きな決断をしていく人です。

でもみんなも同じくらい大きな決断をできるんですよ。
人に親切にすること、
正しいことをすること、
わたしたちひとりずつが違っていて特別であることを愛するほうを選べるのです。

みんなは大人になるまで待たないでも、みんなの国をよくしていく手伝いができるのです。

ミセス・ネイギー


ーーーーーーーーーーーー

すばらしい!
これを書いたNAGYさんという方は公立校で教えている先生のようですね。

あの選挙の翌日、まだなにか悪い冗談なんじゃないかと思うような時期に、スパッとこういうことを教室で伝えられたのは、すごい。

すごいなあ、教育ってこういうことだよなあ。

日本の教室でも多くの先生たちに、このような言葉を語りかけて欲しいですね。

またニューヨーク州のアンドリュー・クオモ州知事(Governor Andrew Cuomo) も、ヘイト行為を懸念して、マイノリティを守るとフェイスブックで声明を出しました。
c0050387_14392399.jpg

ーーーーーーーーーーーーー

So let me be absolutely clear: If anyone feels that they are under attack, I want them to know that the state of New York – the state that has the Statue of Liberty in its harbor – is their refuge.

Whether you are gay or straight, Muslim or Christian, rich or poor, black or white or brown, we respect all people in the state of New York.

明言しよう。もし誰かがヘイト攻撃されていると感じたら、NY州は、自由の女神を港にいただくこの州は、その人たちにとって避難地であることを知ってもらいたい。

ゲイであってもストレートであっても、イスラム教徒であってもキリスト教徒であっても、富裕でも貧しくても、ブラックでもホワイトでもブラウンでも、我々はNY州のすべての人々を尊重する。

(中略)

We are a state of immigrants.
We are the state that raised the minimum wage to $15.
We are the state that passed Paid Family Leave.
We are the state that passed marriage equality.
We are New York, and we will stand up for you. And on that, I will never compromise.
Count on it.

われわれは移民の州だ・
われわれは最低賃金を15ドルにあげた州だ。
われわれは家族医療休暇制度(介護などで有給休暇が取れる制度)を通した州だ。
われわれは同性婚を認めた州だ。

われわれはニューヨークだ。あなたのために立ち向かう。
そのために妥協はしない。頼りにして欲しい。


ーーーーーーーーー

こうしてみると、政治家でも教育者でも、いかに言葉が大切であるかわかります。

クオモ知事も地下鉄の駅でポストイットに書き込みをして壁に貼っています。
c0050387_14265161.jpg

こういうニューヨークが好きだ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2016-11-15 14:49 | 社会の時間