コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

エイミー・アダムス主演「メッセージ」は、女性と子供を持つ方にこそ見て欲しい、せつない系SF

c0050387_1340207.jpg

好きな映画のジャンルに「せつないSF」というのがあります。
ガタカ」みたいなやつです。

この「Arrival(邦題:メッセージ)も、まさにせつないSFです。

出だしからして、天井を舐めるようなカメラワークと、物憂げな音楽が、いかにも「これから文芸作品が始まりますよ」的な幕あけです。

ヒロインは、娘を亡くした過去をもつ言語学者のルイーズ・バンクス(エイミー・アダムス)。

ある日突然、世界各地に謎の宇宙船が現れるという事態が起こり、アメリカ軍大佐のウェバー(フォレスト・ウィテカー)に、ルイーズはスカウトされて、エイリアンとの交信を依頼されます。
c0050387_13464895.jpg

この宇宙船が「バカうけ」みたいな形だと話題になっていますが(笑)本当にそう。

そしてルイーズは科学者のイアン・ドネリー(ジェレミー・レナー)と組んで、彼らは調査を始めます。
ナゾの宇宙船のなかに入って、エイリアンとの交信を試みるルイーズたち。
c0050387_1347341.jpg

この宇宙人との会話を解読していく過程がメインストーリーになっているんですが、じつはこの部分はむしろ「おかず」といっていい。

このエイリアンはものすごく文明が発達しているんですよ。
時空間も超えてしまう。
だったら、こんな回りくどい方法をとらずに、ルイーズに直接コンタクトすればいいじゃないかと思ったりもするんですけね。

いろいろとこのあたりはツッコミもあるところでしょう。

だが、しかしこの映画の重大な主題は、じつはエイリアンではないのです。
ずばりルイーズが「最愛の子どもを亡くす」ことを耐え抜いてどう生きるのか、という母性の物語なのです。

物語の終盤で、重大なあることが判明します。
ネタバレしない程度にいえば、時間叙述のトリックです。

それがわかったとたん、あああ、あそこの意味はそういうことだったのかとわかる。このあたりから、ぐいぐい物語が胸に迫ってきます。

わかればわかるほど、いや、これはつらい、つらすぎる
自分だったら、とても抱えきれないだろうと思う。
c0050387_13472913.jpg

なんといっても娘を亡くすエイミー・アダムスの演技がすばらしい。

父親には堪えられない痛みであっても母は最後までじつに強い。

どんなにつらくてもわが子を愛する、その母性の強さに圧倒されます。

原題のArrival には「到着」そして「出生」の意味があります。
つまりエイリアンの到着と、子供の出生。

そしてまた原作の小説は「あなたの人生の物語」というタイトル。

なぜ映画の邦題を「メッセージ」にしたのかはわかりませんが、映画を見てから、原題の意味を考えると、ずしりと胸に応えます。

SFといってもアクション映画とは真逆にある物語。

ふだんSFはあまり見ない女性にこそ見てもらいたい、そしてお子さんを持っている方には、ぜひとも見てもらいたい映画です。

未来がわかっていても、なおかつ愛する勇気を持てるのか。
究極の選択かもしれません。

映画のラストに、胸に問いかけてみて下さい。



米国で見逃した方はぜひオンラインでチェケラウしてみて!

テーマソングも、なんともいえずいいです。
音楽総指揮はヨハン・ヨハンセンですが、この印象的なオープニングとエンディングの曲は、もともとマックス・リヒターの楽曲「On the Nature of Daylight」らしいです。



なんとも心に残る楽曲です。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2017-06-03 14:01 | エンタメの殿堂