コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

おしゃれなビーチ シェルターアイランド

先日ロングアイランドにあるシェルターアイランドに行ってきました。
ここは穴場なので、情報をひとつ。

夏になるとニューヨーカーがこぞって行く海辺の別荘地がハンプトン。

フィッツジェラルドの「グレートギャツビー」の舞台にもなったところであり、もともと高級別荘がたちならぶエリアですが、最近はヤング(死語)に大人気で、とにかく週末になれば、ニューヨーカーはみんな遊びに行くわけです。

別荘を持っていないひとは家を借りてシェアするケースも多いんですが、たぶんひと夏で一軒200万円くらいじゃないかな。

で、そのハンプトンのエリアにあるのがシェルターアイランド。

ニューヨーク市内からは2時間ほど。ここはフェリーというか渡し船で渡るので(こいつが意外と高い)ハンプトンの中心地よりは空いているんですよ。

小さいながらも自然保護地域もあって、たいへん美しい島です。

ここで訪れて欲しいのが、クレセントビーチ。
ビーチの前に、サンセット・ビーチ・ホテルと、そのレストランがあるんですが、これがおしゃれ。

↑ここはサイトもおしゃれなので、覗いてみてちょ。

このレストラン・バーが南仏っぽくて、おや、ここはニースですか、カンヌですか、という風情なのよ。
夕暮れになれば、ランタンが灯って、とてもロマンチック。

来ているひともかなりきれい+おしゃれなひとが多くから、いちおうはおしゃれな恰好のほうがいいかも。

コニーアイランドとかジョーンズ・ビーチみたいな庶民感爆発なところとはひと味違う、小じゃれた雰囲気です。

でもってお勧めメニューが、ムール貝とフライドポテト。
いわゆるフレンチのビストロで出てくる定番ですが、こーれーがうまい!

まじうま。これほどうまいポテトはニューヨーク市内でも、わたしは食べたことがないっす。

焦げた色じゃなくて、白っぽいのに、なぜかパリッとしている。
しばらく置いておいても、しなしなしないで、パリッとしたまま。

3年くらい前だったかな、「エスクァイア」という雑誌で、ここを取材したことがあるんですよ。
じつはシェフがマーサー・ホテルとかで働いているベテランらしい。

それで、どうやってポテトを揚げているのか訊ねたら、

「冷水によくさらす」
「ピーナッツオイルで揚げる」

と教えてくれました。
でもきっとそれだけじゃないな。あんなふうにできないもんな。企業秘密があるとしか思えない。

ちなみにホテルじたいもおしゃれチックで、シーズンはなんと一泊350ドルくらいするらしい。しえー。海辺のカジュアル・ホテルなのに、強気!

ともあれ市内から日帰りでサントロペな気分に浸りたいなら、ぜひどうぞ。
夏のバカンスに足を伸ばしてみてください。
[PR]
by erizo_1 | 2006-07-11 13:07 | NYのスポット