コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト

「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」
大ヒット中ですね。

さて今回の海賊さんに出てくる悪者は、デイビー・ジョーンズなるタコ坊主。

見終わったあとに、ピータロー隊長に解説してもらうと、じつは英語で「デイビー・ジョーンズの箱に送られる」というのは、海の藻屑と消えるといった言い回しらしい。

へー。そうだったのか。わたしはてっきりモンキーズのメンバーかと思っていましたよ(←古い!)

モンキーズのデイビー・ジョーンズ、むかしはかわいかったのにね。

えーと、こっちがウィキペディア英語版に出ている説明ね。

Davy Jones' Locker is an idiom for the bottom of the sea — the resting place of drowned seamen. It is used as a euphemism for death at sea (e.g. to be "sent to Davy Jones' Locker")[1]; Davy Jones is a nickname (used primarily by sailors) for what would be the devil of the seas.

「デイビー・ジョーンズのロッカーとは海の底、すなわち水死した水夫たちの永眠の場所をあらわす慣用句である。海難死の婉曲表現として使われる(例:デイビー・ジョーンズのロッカーに送られた)
デイビー・ジョーンズとは(主に水夫によって)海の悪魔とされるものの通称である」

なるほど、海の恐怖を擬人化した存在で、日本でいう「海坊主」みたいなもんだね。実際タコ坊主なんですが。

さてストーリーのほうですが、今回は続き物なので完結していません。

しかしあれですね、かつて「スター・ウォーズ」黄金の三部作をリアル・タイムで観た身としては、この引っ張り方は、

「うあああー。これってスター・ウォーズ第二作のエンディングやんけー!」

と懐かしい気分でいっぱい。

そうか、これってスター・ウォーズだったのかー!
ああ、ルークとレイア姫とハン・ソロという黄金のトリオは、やはり永遠だったのねー。

そして宇宙だろうが、カリブ海だろうが、やはり3POとR2D2のコンビも欠かせないわけよねー(笑)

じゃあ、第三部はキーラたんのコスプレもあるのかしら。
イウォークみたいな先住民族もいっぱい出るってこと?

(ちなみに今作からして先住民族に対してすごく人種差別的な内容だと思うんだが、よくカリブ諸国から抗議がこないものです。P・ジャクソン監督の「キング・コング」でも、先住民族を「土人」に描いていて、これって人権問題にひっかからないのか? と疑問に思ったんですが。ハリウッド映画っていまだにカラード=未開人=白人を襲うやつらなんですかね?)

これでキーラ・ナイトレイとオーランド・ブルームが「じつは兄妹だったのです」なんてオチがあったら、すごくいやだなあ。

あれ? ということは、このあとまた新たな三部作が作られる可能性もあり?

その話がジャック・スパロウの父親(つまりキース・リチャーズだな)の若き日々の冒険譚だったら、いやだなあ。
それも父親がもとはイギリス海軍の将校で、大英帝国の腐敗によって、海賊に墜ちるような展開だったら、もっといやだなあ。

そしてそれを「足が長い、ハンサムな、しかし演技がへたくそな大根役者」にだけは演じて欲しくないぜ!

ということで「スター・ウォーズ」フラグが立ちまくる「海賊」さん。
お子さん連れで楽しめるので、ぜひどうぞ。
[PR]
by erizo_1 | 2006-07-18 14:12 | エンタメの殿堂