コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

3.1Phillip Limのショップがオープン

c0050387_15441061.jpg

いま人気のブランド、3.1フィリップ・リムの初路面店がオープン。
オープニング・レセプションにいってきました。

ソーホーのどまんなか、マーサー・ストリートのプリンスとスプリング・ストリートの間というロケーション。

フィリップ・リムといえば、元デベロップメントのデザイナーであり、自分のブランドを打ちたててからは、大躍進。

決して安くはないけれど、若い子でも買える値段設定というところが成功の秘訣で、いまNYではもっとも旬のデザイナーですね。

秋冬シーズンのコレクションもめちゃめちゃかわいかったッス。
プリティで女の子らしくて、けれども同時にダウンタウンらしいエッジやボーイッシュさも効かせている。
そのバランスが絶妙で、いまの気分をよく掬いあげているんですよね。

上の写真のように、ビッグサイズのジャケットに、女の子らしいミニスカというハード×プリティの組み合わせがかわいいです。

えーと、このルックなんぞ、この秋日本のメーカーでコピーが出回るんじゃないでしょうかね? 元ネタはフィリップですよ、お忘れなく。
c0050387_15442737.jpg


やはり今秋の足もとは黒タイツに、オックスフォード型の編みあげブーツがかわいいですね。

えーと、こちらワイドの八分丈パンツのバランスも新鮮。
c0050387_15444564.jpg


こちらはメンズライクなランバー・ジャケットを、ガーリーなワンピースに組みあわせたコーディネイション。参考になる着こなしです。
二十歳だったら着たいものだわ。>て、買えねえだろ!
c0050387_15445981.jpg


その期待のフィリップ・リムの初店舗とあって、オープニング・レセプションはぎっしりのひとだかり。

お、かわいいブラック男性発見。控えめでおとなしそうなあの男性は、たしかセレブだぞ。
ぬぬー。名前が思い出せない。

近くにいた友だちをひっぱって、
「ねえねえ、あのひと。セレブだよね? えーと、えーと、なんだっけ。グラミー賞のひと」
「あ、知っている。見たことある。なんだっけ」
「えーと、なんとかレジェント」
「えーと、ウィル? じゃなくて、えーと」
「ジョン・レジェンド!」

思い出せよ、おれたち、すぐに。連想ゲームの大和田獏じゃないんだからさ。
それにしてもジョンさん、かなり細身で小柄ですね。

ともあれニューヨークにお越しのおしゃれなみなさん、あらたなショッピングのスポットとして、ぜひチェケラウくださいね。


3.1Phillip Lim
115 Mercer Street between Prince and Spring Streets
212-334-1160
[PR]
by erizo_1 | 2007-07-20 15:54 | トレンドの泉