コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

マジソンスクエア・ガーデンでリンキン・パーク

c0050387_3171754.jpg

マジソンスクエアガーデンにリンキン・パークのコンサートに行ってきました!

詳しい会場レポートは画伯ちゃんのブログでどうぞ。

いやー。おもしろかった、楽しかった。
友だちのゆかさんがリンキンのファンクラブに入っていて、チケットをガッツで入手してくれたんでーす!

じつはニューヨーク生活15年目にして初のマジソンスクエア・ガーデン体験。

客層が一瞬「あれ、まちがってプロレスの試合に来たかな?」と思わせるような肉弾派の短髪お兄ちゃんたち、そして親に引率されて来ている少年らが多いのには、ちと驚きました。

でも屋外じゃないから、ぜんぜん荒れてなかったですね。ハッパの匂いもまったくなし。
なんてクリーンなんだ、マジソンスクエア・ガーデン!
c0050387_3182913.jpg

出たー! チェスター。
あの高音で、よくがんがん唄うなあ。生でもうまいなあ。

マイク・シノダ先生はヒゲぼうぼうで、なんだか貫禄兄さんになりましたね。

2回目のアンコールのときに、なんとジェイZがサプライズ・ゲストとして登場して、びっくり!
c0050387_3191595.jpg

ジェイ先生も熱唱(熱ラップ?)というオマケつき。
左がご存じマイク先生です。
なんてお得なライブ!

わたくし、リンキンのコンサートは初めてだったんですが、ものすごーくファンを大切にするのね。びっくり。

最後にチェスターがステージで、おじぎをするんですよ。
それも四隅ごとに立ち止まって、すべてのファンにむかっておじぎするのよ?
それも斜め四十五度のおじぎなのよ?
きっちり腰のはいった海老腰なのよ?

おおお、会社の研修で習うようなおじぎじゃないか!
わたしはこんなに物腰の丁寧な、礼儀正しい、まるで日本人のようなお辞儀をするロケンローラーを初めて見ましたよ。

腰の低いロケンローラー。
なんて新しいジャンルなんだ! 

チェスター、四十五度のおじぎができるなんて、じつは日本企業に勤めていた経験があるんじゃないのか。

もしやめがねッ子だった時代にソニーとかホンダとかでバイト社員やっていて、スーパーサラリーマンだったんじゃないか説 >なわけないだろ!

このチェスおじぎがないうちは、「まだアンコールが残っているのだな」ということが判明しましたね(笑)
c0050387_3153798.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2008-02-25 03:26 | エンタメの殿堂