コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

「セックス・アンド・ザ・シティ」映画版の恋愛話について

c0050387_1113518.jpg

さてさて映画版「セックス・アンド・ザ・シティ」の話、続きです。

詳しく書くとネタばれになっちゃうんで説明できませんが、エリぞう的には、キャリーの選択について、
「うーぬ、うーぬ、なんだかなー」
という感慨でした。

あれでいいのか、キャリー。
ふつうの大人が見ると、「これってあとで失敗するパターンだよなー」というふうに見えてしまうのであった。

じゃあ、アメリカ人のギャルたちはどう反応しているのか?
ちょうど20歳そこそこのギャルたち(ファッション業界勤務)と話す機会があったんですよ。

で、当然ながら彼女たちも観ていたので、感想を尋ねてみたところ
「靴がサイコー!」
「ぜんぶ欲しー!」
と大絶賛。非常に満足していたようでした。

で、わたしが「キャリーの気持ちがわからなかったなー」といったところ、
「あら、わたしはすごくわかるわ」
とギャルちゃん反論。

「あの話ってすごくリアルだと思ったわ」
とギャルちゃん。
「やっぱりマンハッタンには、きれいな女の子がたくさんいるから、結婚を迷ってしまう男性の気持ちもわかるわ。それってリアルだと思うの」

へーええええ。それがきみらの考える「リアル」なのか。
ずいぶんファッショナブルなリアルだなあ。
わたしにはあの映画に出てくる「ミスター・ビッグの悩み」は、若い男の子しか持たない悩みに思えるぞ。

「じゃあ、あなただったら、ミスター・ビッグを許すの?」
と尋ねてみると、
「許すわー」
「わたしも許すー」
ギャルちゃんたちは、黄色い声で叫ぶのであった。

うーむ、きみたち。若いね。
きっと人生の悩みが、まだ恋だの浮気だの三角関係だの、ラブがらみだけなんだろうね。ぴちぴちの若さがまぶしいっす!

悪いけど、ミスター・ビッグは50代の大富豪実業家なんだよ?
現実にいえば、ドナルド・トランプみたいな男だってことだよ?

ドナルド・トランプが愛だの恋だの、金にもならないことに悩むかね?
そんな赤毛のアンみたいなドナルド・トランプがこの世に存在すると思うかね?

ドナルドだったらなにより「投資と回収」「対費用効果」を考えると思うんだな。
結婚式なんて、金を使ったぶん、自己宣伝と人脈につながればいいとしか考えないんじゃないの?

もし実際に50代バツ2の富豪とつきあうとして、だよ。現実に持ち上がりそうな問題といったら、

「ミスター・ビッグと前妻とのあいだにできた子どもと折り合いがつかない」
「ビッグが投資に失敗して、会社が倒産してしまった」
「ビッグが脳卒中で倒れて、一命は取り止めたが、その後リハビリ生活に」
「ビッグがEDになってしまった」
「ビッグがアルコールもしくはドラッグ依存症である」

こういう問題が起こるほうが、よっぽどリアルだと思うのだ。
いや、それどころかいちばん起こりそうなことといったら、

「ミスター・ビッグがプリナップに契約しろというのに、キャリーが同意しないので結婚が流れた」

みたいな事態ではなかろうか。
プリナップというのは、結婚前に取り交わす契約書のことで、ビリオネアにしてみたら、離婚でごっそり持って行かれるのを避けるために、あらかじめ婚前に資産に関しての契約書を交わすわけです。
ハリウッドのスターたちはみんな契約するよね。
c0050387_1116157.jpg

SATCのシーズン6では、サマンサが癌治療を受けたり、シャーロットが不妊治療を受けても子どもができずに養子縁組を決意したり、あるいはミランダが義母を引き取ってマンハッタンを出るといった、現実に起こる問題を取りあげていて、そこがたいへんよかったと思うのだ。

それに比べて、今回の映画版では「悩みがファンシーすぎないか?」という感じ。

しかし制作者だって、そんなことは百も承知でしょう。
たぶん企画会議で百本くらいはプロットのアイデアを出して、そこから徹底的に絞っていってできあがった、あの脚本だと思うんですよ。

最終的に「これがいちばん大衆受けする」「ヒットを望める」「ギャルが満足する」と判断したんだろうね。

実際に20代の女の子たちは、
「よかったー!」
「ファッション、サイコー!」
「キャリーの気持ちがわかるー!」
と大満足なんだから、制作者の意図は正しかったことになる。
全米ナンバーワンのヒットになったのだから、興業としては大成功。

でもって出てくるファッションやアイテムは、女子同士で見ると、ああだこうだいえて楽しい。
まさに女子グループむけ映画(もちろんゲイ友にもグー)

というわけで、ミドルエイジにはちょっと喰い足らない物語展開ですが、ギャル的にはグーな「セックス・アンド・ザ・シティ」

あなたのなかの「ギャル指数」を計る映画として、鑑賞してみてはいかがでしょう?
c0050387_11145676.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2008-07-08 11:28 | エンタメの殿堂