コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:NYのレストラン( 90 )

c0050387_13374675.jpg

NYのミッドタウンに、2017年にオープンしたウィットビーホテル

こちらはクロスビーストリートホテルを経営する、イギリス系のファームデール・ホテルズがマンハッタンで二軒目にオープンしたホテルです。

ホテルの内装も、いかにも英国らしいクラシックさと、モダンでアーティスティックな雰囲気が一緒になっていてスタイリッシュ。
c0050387_13382061.jpg

こちらのウィットビー・バーの名物が、アフタヌーンティー
一日中サーブされているのですが、これがおいしい!

じつはNYでは喫茶店というものがほとんどなく、お茶を優雅に楽しめるところが少ないんですが、こちらはさすがイギリス系、お茶がとてもおいしいです。

温かいスコーンに、サンドイッチなどのセイヴォリー(塩味系)のスナックに、スイーツがついてくるんですが、めずらしくおいしいのよ。
c0050387_1343015.jpg

お茶もおいしいし、ティーカップやソーサーも素敵だし、インテリアもいいし、とても静か。

でもって平日はがらがらです。
ほんとにアメリカ人っていうのは「喫茶」しないんですねー。
c0050387_13394832.jpg

たしかにアフタヌーンティーが $55とお高い!
ただこれは量が多いので、2〜3人でわけて、ちょうど良い感じ。
こんなのひとりで食べたら、夕飯なんて食べられなくなりますからね。

そしてお茶も7ドルくらいと、高いです。
でもお湯を入れて何杯も飲めます。

スタバでフラッペチーノを頼むより得な気がするし、ずっときれいだし、静かだし、気持ちよくなれるし、お茶するにはとっておきの場所。
c0050387_13431885.jpg

ミッドタウン観光途中のお茶や、仕事の打ち合わせにもお勧めです!


The Whitby Hotel
住所: 18 W 56th St, New York, NY 10019
電話: +1 212-586-5656


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2017-07-28 13:48 | NYのレストラン
NYで岐阜県の特産物が上陸、お酒や飛騨牛が楽しめますよ!
c0050387_1573237.jpg

一風堂ウエストサイドでは、岐阜酒ウィークを開催。
岐阜の醤油を使ったスペシャルなラーメンと、朴葉みそのおにぎりのメニューが16ドルで登場!
岐阜の日本酒も小さなグラスでついてきます。

このラーメンを食べましたが、さっぱりした醤油味で、美味しかったー!
醤油ラーメン好きにビシッとお勧めです!
c0050387_1585474.jpg

器も美濃焼の特製「ラーメンどんぶり」を使用。
横尾忠則、アラン・チャン、浅葉克己、祖父江慎、佐野研二郎など、そうそうたるデザイナーや作家がコラボした美濃焼のどんぶりが出てきます。

こちらは横尾忠則のデザイン、さすが!
c0050387_1582362.jpg
日本では、このラーメンどんぶり、日本デザインコミッティーで販売されているそうです。

GIFU SAKE WEEK
9月6日〜8日
一風堂ウエストサイド(2階のバー)
321 W 51st St, New York, NY 10019


そして飛騨牛の米国輸出にむけて、さまざまなレストランで飛騨牛の料理登場。
c0050387_1591550.jpg

EN Japanese Brasserie では 岐阜酒と飛騨牛ウィークを開催して、飛騨牛を使ったメニューが披露されます。
c0050387_1593976.jpg

その他、ブラッシュストローク、波崎、白梅、しゃぶ辰、酒蔵といったレストランでも飛騨牛のメニューが出るそうです。

GIFU SAKE AND HIDA BEEF WEEK
9月8日〜18日
EN Japanese Brasserie
435 Hudson St, New York, NY 10014


さらに〜!お酒のイベントもあり!
NY最大のリカーショップにおいて、日本酒フェアを 開催。岐阜県内5蔵の日本酒を店頭販売、および12蔵の試飲ブースを設置。

ASTOR Wines & Spirits
9月9日(金)-9月14日(水)
399 Lafayette St, New York, NY 10003


この機会にぜひどうぞ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
by erizo_1 | 2016-09-07 15:20 | NYのレストラン
c0050387_15122977.jpg

本格的な江戸前寿司で名高い「鮨 銀座おのでら」。
銀座に2013年4月にオープンしてから「銀座から世界へ」をコンセプトにハワ イ、香港、パリ、上海へ出店。
いよいよニューヨークに上陸です。

場所は五番街ニューヨーク市立図書館の真向かいという絶好のロケーション.
c0050387_15132135.jpg

店内はヒノキを使用したカウンターや、備前焼のプレートが 敷き詰められた壁など、日本伝統の材質を使用した内装です。

こちらはNY店総料理長(Executive Chef)の斉藤正樹(Masaki Saito)さんです。
c0050387_1513052.jpg

さて気になるプライスはというと、どるどるどるどる(←ドラムの音)
じゃーん!

ディナーは200 ドル、300 ドル、400 ドルのおまかせコースを用意。
ただし200 ドル のコースはテーブル席のみ

日本産の天然のマグロをはじめ、厳選した天然の魚介類 を日本から空輸。
c0050387_15134572.jpg

また銀座でも使用している日本のお米を使用しており、江戸前寿司と相性のよい赤酢をブレンド して使用。

炊き方にもこだわりを持ち、少し硬さを残すことで、お米ひと粒ずつの甘みと味を引き立てるのだとか。
c0050387_1514942.jpg

カウンター席だと、300ドルのコースにお酒を飲んで、だいたいひとり400ドルはかかりそう。
それでもニューヨークだったら、銀座の鮨が食べられるならそのくらい出す人はいくらでもいるでしょうねー。

ということで、鮨激戦区のNYにまたも話題の店が登場です!
c0050387_15144367.jpg

鮨 銀座おのでら
住所:461 Fifth Avenue (between 40th & 41st Streets), New York, NY
電話:212-390-0925
営業時間:ディナー 18:00~21:00(最終入店)、ランチ 12:00~14:00(最終入店)※日曜定休
価格:ディナー おまかせコース $300, $400(テーブル席のみ$200 のコースもあり)
ランチ おまかせコース $70, $100, $130

※全てサービス料込み、税別
※客席数:32 席(カウンター16 席、テーブル 16 席)
注)ランチならびに、テーブル席は 6 月からスタートします。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

読んでいただき、ありがとうございます!
エリぞうのインスタグラムはこちら
ツイッターはこちらです

[PR]
by erizo_1 | 2016-05-21 15:19 | NYのレストラン
ニューヨークニッチ更新です!

今回はNYで行列ができるモンスター・ミルクシェイク!これがスイーツ界の絶叫マシーンだ! の記事です。

いまNYで大人気のミルクシェイクの店、ブラックタップ・バーガー&ビアを取りあげています。

この店のミルクシェイク、すごいんですよ!
ヘビー級
c0050387_1627597.jpg

話題の店なので、ニューヨークに観光に来る方は、記念写真のためにぜひどうぞ!

詳しくは、ニューヨーク・ニッチ をご覧下さいね!
[PR]
by erizo_1 | 2016-03-19 16:27 | NYのレストラン
マンハッタンのルーフトップ山小屋ができたので、ご案内しましょう〜!
c0050387_15484012.jpg

場所はチェルシーにあるマクキットトリック・ホテル
ホテルといっても、かつてホテルだった建物を使ったシアター&レストランです。

こちらは観客参加型の芝居「スリープ・ノーモア」を上演している劇場として知られています。

なかにあるレストランの「ヒース」でも土日はビッグバンドのジャズ演奏つきのブランチが楽しめて、レトロな雰囲気が素敵。

屋上には「ガロー・グリーン」というグリーンに溢れたルーフトップガーデンのバーがあって夏の間にお勧めです。
c0050387_15495644.jpg

c0050387_15502271.jpg

で、寒くなってきたからどうなるかというと、なんと「ザ・ロッジ」に変身していたのでした!
c0050387_1553288.jpg

おおお、かわいい!
レトロな山小屋テーマで、暖炉はあるわ、二段ベッドはあるわ、まんま山小屋に来たかのよう。
c0050387_15535549.jpg

芸が細かい!
c0050387_15545966.jpg

スケッチや地図、草花の標本、手紙やアンティークの写真なんてものも貼ってあって、ものすごい作り込み感。
c0050387_15551716.jpg

なにかこうレトロな雰囲気で、ワンダーフォーゲルなんて言葉が浮かんできますね。
c0050387_15554160.jpg

一緒に行った人気モデル桐山マキちゃんにポーズしてもらいました。
かわいー!
c0050387_15563830.jpg

マキちゃんのタータンチェックのスカートもこの空間にぴったり。

まるでウェス・アンダーソン映画セットのなかにいるみたい。

作り込まれたこのセッティング、誰でもセルフィーを撮りたくなる空間と断言しましょう。
c0050387_15592998.jpg

おかげで絶賛混んでいます。
混み出す時間帯より早めに繰り出すことを推奨です。
c0050387_1602989.jpg


McKittrick Hotel
住所:530 W 27th Street New York, NY 10001
☎212-904-1883
営業時間:月曜〜金曜5:00pm~  土日12:00pm~
優先的に入店できるようにサイトから予約も可能

[PR]
by erizo_1 | 2015-11-30 16:02 | NYのレストラン
NYでブームになっている居酒屋カルチャー。
イーストビレッジにオープンしたばかりの、その名も「IZAKAYA」に行って来ました!
c0050387_1146515.jpg

以前こちらの「居酒屋チェリー」の記事でも紹介しましたが、アメリカではIZAKAYAとは「料理をシェア」して食べる和食店のこと。アメリカンにとってはシェアすることのほうが目新しいんですね。
場所はイーストビレッジの6丁目
c0050387_1126391.jpg

うわ、切符みたいな看板があるし!
これが目印のようです。
店名はずばり「IZAKAYA」。どストレートの直球です。
c0050387_11292756.jpg

店内はこじんまりしていて、ウナギの寝床スタイルに細長いです。清潔感があってフレッシュ。

こちらが店の経営者、金山雄大くん。なんと若干23歳で起業!
c0050387_11455082.jpg

日本でイタリア料理を手がけていたシェフと共に立ちあげたお店だそうです。

そのせいか居酒屋といいつつも洋風メニューも目立ちます。
メニューを見ると、チキン南蛮
あの宮崎の名物料理があるじゃありませんか。頼んでみましょう〜!
c0050387_1132584.jpg

ボリューム、どーん!
チキンの唐揚げが南蛮酢に浸してあって、その上からタルタルソースがかかっています。

じつはチキン南蛮なるもの食べるのは初めてでしたが、がっつり系の旨さですね。
唐揚げに甘辛の酢に、さらにタルタルの三段責め。こってり濃くて、いかにもアメリカ人も好みそう。

お漬け物。こちらはさっぱりしていて美味しいです。
c0050387_11342974.jpg

4種のチーズのグラタン 
クアトロフォルマッジョ($15)
c0050387_11361850.jpg

これは美味しい! 居酒屋メニューよりずっとランク上な味です。
アメリカ人にとってのおふくろの味「マックンチーズ」(チーズマカロニ)に通じるものがあるので、アメリカンにもウケそう。

スパゲティ・ナポリタン
うわ、懐かしのスナック・メニュー。昭和の定番ですね。
c0050387_11371445.jpg

味はまさしくナポリタンでした(笑)

ハラミの鉄板焼き($12)
c0050387_11374921.jpg

これはお勧め! 焼肉風のハラミが美味しくて、ごはんがすすむくんです。

じつはカウンターに大きな炊飯器が置いてあって、ライスはタダでサーブしてくれるんだそうです。

え、そんなことしたら、お肉だけで御飯三杯食べるNYUの学生が来るよ、と心配するほどですが、このごはんもなかなかの味。

今回はなぜか頼んだものが洋食だらけになってしまったのですが、ちゃんと冷や奴($7)、ひじき($6)、切り干し大根($7)、鮪と長芋といった居酒屋メニューも揃っています。

NYに数ある居酒屋のなかでも、チキン南蛮やナポリタンといった洋食もあるところが、若いメンズのハートをがっちりとイーグル掴みなのではないでしょうか。
c0050387_1126445.jpg

お値段はリーズナブル
リーズナブルに飲食できて、オーナーも若いとあって、店内はヤングでヒップなみなさん(←死語)でいっぱいでした。
スウェット、キャップ、スニーカー率高し。

さらにナイス情報。
まだリカーライセンスが取れていないためにビール以外のアルコールはBYOB、すなわち酒瓶持ち込みありなのです。やたー!

というわけで、居酒屋ファン、学生のみなさんは急いでGO!

IZAKAYA
住所:326 East 6th street(1st and 2nd Ave)
営業:月〜木 5:30-1:00 金〜日5:30-2:00(ラストオーダーは閉店1時間前)

[PR]
by erizo_1 | 2014-10-23 11:51 | NYのレストラン
シャレおつな若者のみなさんが闊歩するブルックリンのウィリアムズバーグ
今やニューヨークの原宿です!
c0050387_15492372.jpg

さて、ここに出来たのが「居酒屋チェリー
なんとニューヨークでも居酒屋ブームですよ!
c0050387_15504666.jpg

入ってみると、おおお、オシャレじゃないですか!
赤ちょうちん度ゼロ!
新橋指数ゼロ!
c0050387_15502625.jpg

店内のインテリアはハイカラ(冗談ではなくて、大正ハイカラムード)で、壁に描かれている鳥獣戯画ちっくな絵がまたアメリカンでかわいいです。

それもそのはず、このお店はマンハッタンにある人気鮨店 Bond streetの系列で、日系の経営ではないのですね。

つまりアメリカ人の解釈する「和」なので、どことなく日本経営の「和」とは違うテイストがあって、そこがまた無国籍風でかわいい。
c0050387_15521934.jpg

メニューを覗いてみると、もろキュウとか冷や奴とかモツ煮とかポテサラとか軟骨の唐揚げなんて居酒屋らしい品はなし。
なぬ〜?

お、ラーメンサラダなんてものがある!
注文してみましょう〜!
c0050387_15524752.jpg

あれ、ファッショナブルじゃないですか!
もっとチキンラーメン的な麺がごっそり入ったジャンクなサラダを想像していたのですが、驚異の小ぎれいさ

海老の料理、すごく甘くてお菓子みたい!
c0050387_15535668.jpg

ハマチのハラペーニョ添え。
上に乗ったハラペーニョが辛くておいしかったです!
c0050387_15542159.jpg

お寿司も小さくて、かわいー!
c0050387_15553865.jpg

全体的にかわいく、オシャレで、若者むけ。

ま、当たり前だけど、納豆おろしとか板わさとかないよね。

新橋のオジさんにとったら「こんなのは居酒屋じゃない!」と満足度ゼロでしょうが、ウィリアムズバーグのヒップスターにはばっちりのお店なのでした。

じゃあ、どこらへんが居酒屋なのだ!? と突っこみたくなるあなた、それはナイスな質問ですね。

じつはアメリカ人にとってIzakaya  という単語は「みんなでシェアするタパス和食」のことを指すようなんですよ。

もともとレストランで食べ物をシェアするという文化はアメリカにはないもの。
ひとりずつが好きな物を注文して食べるというのがアメリカン

それがタパスや居酒屋のおかげでみんなが皿をシェアするという文化が浸透したわけです。それをIzakayaと呼ぶのだよ。

「それは居酒屋の定義とちゃう!」と叫びたいことでしょう。
でも異文化ではしばしば起こることであってね。

日本でもショーパブとか、本来のイギリスのパブとはまるで違う業態の店をパブと呼ぶように、アメリカでは Izakayaはみんなで料理をシェアするレストランバーという意味になっているのです。

そもそもアメリカには勤め人が会社帰りに同僚と寄って上司の悪口をいう酒場というカテゴリーの店が存在しないのだから、居酒屋の真髄というのが伝わらなくても仕方ないのだな。

どれどれ、英語のウィキペディアで Izakaya の項目を見てみましょう!

Unlike other Japanese styles of eating, food items are usually shared by everyone at the table as in Spanish tapas

「他の和食とは違って、ふつう料理はスペインのタパスのようにみんなで分けられる」

なるへそ! たしかに言われてみれば、寿司や蕎麦や鰻重はシェアしないのに、飲み屋ではシェアするという法則に改めて気づく日本人なのでした。
じゃあ、お好み焼きやもんじゃ焼きは焼肉ははどうなんだ、というツッコミはこの際なしです。

というわけで、じつに今っぽい、ウィリアムズバーグっぽい居酒屋。
ヒップスターになってみて欲しいだす!


Cherry Izakaya
138 N 8th Street Williamsburg, Brooklyn, NY 11249
月曜〜土曜 5:30pm~
日曜定休

[PR]
by erizo_1 | 2014-08-29 16:09 | NYのレストラン
いま話題の季節限定オイスターバーが、グランド・バンクス
ハドソン川沿いにあるハドソンリバーパークのピア25にあります。
c0050387_14295066.jpg

突堤を先まで歩いて行くと、おや、があるじゃないの。
おおお、なんだ、これは。
c0050387_14301533.jpg

なんでも1942年にノヴァスコーシャで建造されたという博物館レベルの木造ヨットを係留して、そこをバーにしているらしいです。
c0050387_14305422.jpg

うお、揺れるし!

ふつう停泊したクルーザー型のレストランって揺れないものですが、このヨットは揺れる、揺れる
ものすごいリアル感で、あっという間に酔いそうです。

それだけにまるで海に来たような疑似ヨット感プチ・バカンス感を満喫。

客層はウォール街の仕事帰りのひとたちと、観光客が混じっている感じ。
c0050387_14321180.jpg

そして人気は立ち飲みできるバーの周辺。
このあたりは押し合いへし合いで、テーブル席のほうがなぜか空いているのがミソ。

メニューは種類が少ないです。
ウリはオイスターだけで、他にはめぼしいものはありません(汗)
c0050387_1433448.jpg

それは船の上ではそれほど調理できないよね。
てことで、ササッと生牡蠣をつまんで、お酒を飲んで、食事は別の場所で、というパターンがお勧めです。
c0050387_1433460.jpg

でも船の上で食べる牡蠣は格別!
c0050387_14351079.jpg

東海岸の夏の味覚であるロブスターロールもあり。
気候のいい時期だけの限定オープンなので、今のうちにぜひ!

Grand Banks
Pier 25, Hudson River Park, N. Moore St. at West S, New York, NY 10013

営業:平日4:00pm~11:00pm 週末 12:00pm~11:00pm

[PR]
by erizo_1 | 2014-08-21 14:37 | NYのレストラン
が食べたい!」
c0050387_12121612.jpg

日本から来たひとたちがよくそうリクエストするわけです。
NYだったらやっぱり牛肉でしょう!」と。

じつはわたし自身でいえば、ふだんはほとんど牛肉を食べない派
だもんで、「へー、NYってそういうイメージなのか」と反対に驚いたり。

ステーキハウスには行き慣れていないのですが、リクエストされたらお客さまをお連れしなくてはいかんでしょう。

さてNYのステーキハウスといえば、いちばん有名なのがピーター・ルーガー・ステーキハウスPeter Luger Steakhouse
c0050387_1254098.jpg

その秘密はドライエイジングさせた肉にあるのです。
冷たく乾燥した専用の保管庫に、肉の塊を置いて熟成させることで、肉のなかの酵素の働きで、肉の線維が壊れペプチドやアミノ酸に変化し、ナッツのような旨味が増すとともに肉が柔らかくなっていくそう。

しかも乾燥させる過程で水分を失って、ずっと嵩が減るから、旨みがギュッと凝縮されているというわけ。
c0050387_1213347.jpg

ちなみにピーター・ルーガーの牛の枝肉仕入れの担当は、なんと女性なんですよ。
取材に行った時に驚きましたが、この道60年という先代オーナーの娘さんと、および一族の女性が担っているのです。

で、このピーター・ルーガー、老舗らしく商売も昔風で、なんとクレジットカードが使用できないのです。ええええーッ。

しかもブルックリンにあるために、マンハッタンのホテルに泊まっている旅行者にしたら、行き帰りともにタクシーでないと行けないという難関なのです。タクシーで往復したらゆうに50ドルはかかるはず。えええーッ。

それでも大人気で予約が取りづらいことでも有名。
さっそくピーター・ルーガーに電話をしてみると、案の定予約がいっぱい。
がーん、どうしよう。

で、その代わりといってはなんですが切り札があるのです。
ピーター・ルーガーに40年も勤めていた給仕長が独立起業したステーキハウスがあるんですよ。

それがウルフギャングズ・ステーキハウス(Wolfgang’s Steakhouse)
まんまピーター・ルーガー式のステーキが食べられて、市内の便利な場所にあり、クレジットカードを使えるというところがミソ。

このように専用の乾燥熟成室で塊肉をドライエイジングしているわけですね。28日間熟成させるとか。
c0050387_1221865.jpg
写真引用:Urban Spoon

クレカが使えるのと場所が便利というのが当たって、なんと今やマンハッタン市内には4軒、ビバリーヒルズやマイアミやハワイ、そして六本木にも支店がある発展ぶり。

そしてぶじウルフギャングでは予約が取れて肉の殿堂を訪れることになった一同だったのでした。

店内は重厚で、渋くオーセンティックな雰囲気です。
c0050387_12221097.jpg

あれ、どのテーブルにもがいる! 
男性客だけで食べているテーブルもある! 女性客だけのテーブルがない! 
ふつうの高級レストランと違って男性率がめちゃ高いです。

しかも立ち働いているウェイターさんたちのオヤジ度がこれまたハンパない。
NYの高級店となると、ふつうウェイターもファンシーなものなんですが、ここはオヤジ軍団としかいえないおじさんばかり。

ガーリー度ゼロ、ファンシー度ゼロ、石原軍団感満載
なんという「俺のステーキ」な店!

テスタストロン全開の店内にややアウェー感を覚えながらもメニューを開きます。
うわ、シンプル。まさに肉とつけ合わせだけ。

目指すはドライエイジドサーロインTボーンステーキ
男性2名+女性3名という5名のチーム編成ですが、「4名用」を頼んでみました。
あとはサラダとつけ合わせのポテトとアスパラガスのみ。

ついにサーロインステーキの登場です。
出たーーーー!
どどどーん
c0050387_12263856.jpg

でかっ!
ステーキというより、ギャートルズが食べていたマンモスの輪切りのよう。

3キロはあるんじゃないかっていう肉塊が並べられていて迫力満点
完璧に切り分けられてサーブしてくれるので、グループで食べやすいです。

ひと口食べてみる。
ぬ? ……これは。
おおおおお、美味しい!
めっちゃ美味しいじゃないですか!

アメリカの肉は味がないと感じている方にこそ味わっていただきたい4週間熟成ミート
めっちゃアミノ酸全開!

そしてすごい噛みごたえ(汗)
噛みしめないと飲み込ないものだから、一心不乱で噛み続けます。

むぐむぐ、むぐむぐ
むぐむぐ、むぐむぐ。むぐむぐ、むぐむぐ。

いつの間にか全員が黙りこんで、ひたすら咀嚼するのみ。
テーブルの会話ゼロ!

日本における牛肉の理想が「箸でも切れる肉」だとしたら、このウルフギャングのステーキは「ひとくち一分間噛みしめる肉」の旨み。

脂が入っていない、を堪能する店です。
肉食人種が考える「本来の肉の旨み」というのが味わえます。

英語で噛むことをチュー(Chew)といいますが、なるほど、肉ってチューイングするものだったんだな、と発見。

外側がカリッと香ばしく焼けていて、内側はきれいに肉汁が詰まった桜色のミディアム。
よくこんな厚い肉をきれいに完璧に焼けるものだなと感嘆。
c0050387_12342025.jpg

ちなみに特製ソースが添えられていますが、全員一致の意見で「ソースなしで、塩だけの味のほうが旨い」です。

それにしてもすごい量
食べても、食べても、噛んでも、噛んでも肉がなくなりません。
日本人だったら、5人グループで3人前のステーキでいいんじゃないかな。

男性2名が奮闘したおかげで、なんとか完食
やったー!

お肉は最高でした!
ただしサービスのほうは、チップの料金(しかも20%も!)を最初から会計に組み入れて持ってくるのはいかがなものか。むー。

入口近くの壁にはずらりと記念写真
訪れた有名人と2ショットを撮った写真がずらずらと壁に貼られているのですね。

デ・ニーロのようなハリウッド俳優からスポーツ選手まで、とにかく有名人がぎっしり。

あ、純ちゃん純ちゃん、発見!
なんだー、こんなところでウルフさんとスリーショットしちゃって。
c0050387_12395868.jpg

あ、晋ちゃんも発見。
c0050387_12403668.jpg

なぜか下の隅っこに貼られていて、純ちゃんよりずっと格下の扱い

自分と有名人の2ショットで壁を埋めつくす、ザ・オヤジワールド
その骨太なセンスとサービス。

しかしステーキは一流。ほんとうに美味しいです。

ずばり肉の本質は、オヤジにありでした。



Wolfgang's Steakhouse

Midtown east
住所:200 E 54th St, New York, NY 10022
電話番号:212-588-9653

Park Avenue
住所:4 Park Avenue New York, NY 10016
電話:212-889-3369

TriBeCa
住所:409 Greenwich Street New York, NY 10013
電話:212-925-0350

Times Square
住所:250 West 41st Street New York, NY 10036
電話:212-921-3720

[PR]
by erizo_1 | 2014-04-22 12:49 | NYのレストラン
いまNYで大ブームになっているのがクロナッツ
その名の通りクロワッサン生地でできたドーナッツなのです。
c0050387_12281732.jpg

ベーカリーのドミニック・アンセルが生みだした、このクロナッツが大ヒットして、今やNYでいちばん行列ができる店になっているのです。

このブームに類似商品をつくるベーカリーも出てきて、なんちゃってクロナッツもどんどん登場。

しかし本家はこちらです。
ドミニックさんはフランス出身、NYの有名フレンチレストランの「ダニエル」のペストリーシェフを勤めて全米トップ10のペストリーシェフなど数々の受賞歴に輝いています。
c0050387_1228411.jpg

で、このクロナッツ・ブーム、朝8時の開店にあわせて7時前から行列ができて、買えるのはおひとり様2個まで

スジが通っているなと思うのは、たとえメディアの取材でも割り込みとか一切なしで、

「確実に買いたかったら朝6時30分には来て下さい、そしてひとり2個まで」とビシッとした指示あり。

ええええーッ、朝6時30分!?
てことは5時起きでクロナッツを買いに行かなくちゃいけないの〜〜!

この時点でわたしのガッツはボキッと折れて、ああ、クロナッツよ、さよ〜なら〜と遠い目をしていたわけです。

ところが天はわたしを見放さなかったのじゃよ!
いえいえ、このブログでみなさんに報告するために天が機会を下さったとしか思えません!

ある日某ブランドの展示会に行くと、なななんとクロナッツ様が用意されているじゃありませんか!
さすが天下に轟く大ブランド、噂のクロナッツを用意して下さるとは。
この一流ブランドにおいても一日最大10個しか購入できなかったとか(5人が並んだってことでしょうね)

なんという貴重品!
もはやニューヨークではクロナッツはキャビアよりも手に入りにくい幻の逸品になっているのです。

では幻のクロナッツを正座して(←うそ)いただいてみましょう。
c0050387_12432642.jpg

あむ。まず口に入れた瞬間、アイシングの甘さにびっくり。
そして「うぐぐぐ」とすぐさま噛みちぎれない歯ごたえに二度びっくり。
なんというもちもち天国!
中からとろ〜りカスタードが出てきて口にあふれます。

おおおー、おいしい!
そしてその瞬間わたしの脳裏をよぎったイメージは、

こ、こ、これは………給食の揚げパン?

どんなものかと尋ねられたら、
「揚げパンがおフランスになって、おしゃれで高級になってセ・シ・ボン」てな感じ。

クロワッサン生地を揚げたら、油でびしょびしょになりそうなものですが、そういったことは一切なし。

そしてまたフレンチクルーラーや揚げパンのように柔らかい食感ではなくてもちもち、というのが特徴。
たしかに今までになかった食感なのです。

このモチモチ天国ぶりにドミニクさんのワザと秘密が隠されているようです。
さすが大ヒット商品を生み出しただけありますなー。
c0050387_1237423.jpg

これに5時起きで並ぶかっていわれたら「う〜ぬ〜」とは思うけれども、こういうのってもう「体験する」ことじたいがエンタテイメントですからね。

日本からの旅行に来るひとたちがジェットラグで早朝に目覚めて並ぶにはばっちりでしょう!
ぜひ旬の土産話にトライしてみて下さい!

ブルターニュ地方の焼き菓子クイニーアマンをドミニック流にアレンジしたDKA(Dominique’s Kouign Amann)も人気です。
c0050387_12371782.jpg


DOMINIQUE ANSEL BAKERY
住所:189 Spring Street New York, NY 10012
(between Thompson St & Sullivan St)
電話:(212) 219-2773



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2013-08-03 12:56 | NYのレストラン