コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:小説( 3 )

c0050387_15465388.jpg
photo by Shino Yanagawa
うわ、なんと12月に突入ですよ!
なんと2015年も残り一カ月を切っているという。
がーん!
バスケの後半戦、残り1分のあたりか!

毎年思うけど、うとうと昼寝して、ハッと気づいたらもう夕方だった、みたいな気分だなー。

もたもたしているうちにニッチの更新お知らせもしそびれていましたよ!

じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 更新です!

今回はニッチでピザの名店を紹介しながら、それにまつわる物語を書いてみました。
c0050387_15473983.jpg

NYでいちばん美味しいピザのこと

よければ、ぜひ読んでいただければ嬉しいです!
この短編シリーズではNYを舞台にして、実際にNYで体験しているような気分を味わってもらえたら、と願っています。

フォトグラファーの柳川詩乃さんの写真が、すばらしいです!
c0050387_15515514.jpg

まさにエドワード・ホッパーの名画のよう。

この「ディファーラ・ピザ」は、NYタイムズやニューヨーク・マガジン、タイムアウト、はたまたデブラジオ市長まで「NYのベスト1」と誉め称えるピザの名店。

マジで美味しいです。
c0050387_15531182.jpg

わたしはふだんピザを食べないんですよ。
食べると、生地がお腹のなかで重〜く溜まって、なにかこうどろどろ〜んと眠くなるのが好きではないのです。

ところがディファーラのピザは違うよ!

薄くてチーズと一緒に流れこむようなクラストで、お腹にももたれない!

NYに住んでいる人、訪れる人は、早めに行ってみることを推奨です!
なんたってご主人がもう80歳くらいですからね(汗)待ったなしですよ。
c0050387_1548616.jpg

ご高齢にもかかわらず、必ず自分がピザを作り、なぜか二代目にまだ座を譲らない、おじいちゃん。
もはやピザ界の「すきやばし次郎」ともいうね。

さてニッチには、他にも記事がいっぱい。

芝居好きの人にはチェックして欲しい「映画オタクも喜ぶ、静かなピュリッツァー賞受賞ドラマコメディ 『The Flick』


ベジタリアン料理が好きな人にはぜひ試して欲しい「原始人のサラダはいかが?「カリフラワーのタブレサラダ」


そしてアメリカでは意外なほど根強い中絶反対問題について「パリ同時多発テロ:パスポートと中絶問題と私の苛立ち」


またXファイルの映画化があるらしい「ジリアン・アンダーソン
などなど記事が目白押し。
ぜひご覧下さいね。
c0050387_15483477.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2015-12-03 15:58 | 小説
ニューヨーク・ニッチ 更新です!

今回は短編小説として「世界の果てのタトゥー」をアップしました。
c0050387_14113432.jpg
Photo:Shino Yanagawa

NYでこの10年間ものすごく増えたと感じるのが、タトゥーです。

長くこの街に暮らしている身の実感としては、それこそタトゥーとヒップスターとサードウェイブコーヒーは一緒くたにやって来た、という感じ。

じつはNYでは1996年まで、その前の30年間タトゥーショップは衛生上の理由から禁止されていたんだそうです。

そのせいかNYパンクのミュージシャンたちも意外なくらい肌はまっさら
それが今やジャスティン・ビーバーまでタトゥーだらけですからね。

正直いってNYの街で見かけるタトゥーはヘタなものも多いんですが、たまに「いったいこの人はどういう発想で、このタトゥーを刻んだのだろう」と興味を惹かれる人もいます。
その想像から、この短編を書きました。
c0050387_142381.jpg
Photo:Shino Yanagawa

コラボしてくれた柳川詩乃さんの写真がすばらしいです!!!

撮影に協力してもらったイーストビレッジファン・シティ・タトゥーショップは、マンハッタンでいちばん古く、ジョニー・デップがタトゥーを彫ってもらったという歴史あるお店。

数あるタトゥーショップのなかで、ここは群を抜いてスピリッツと独特の空気を持っています。
c0050387_14233635.jpg
Photo:Shino yanagawa

心揺さぶられる写真を、ぜひご覧下さい!

FUN CITY TATTOO
住所:94 St.Marks Place New York, NY 10002
電話番号:212-353-8282
[PR]
by erizo_1 | 2015-10-29 14:27 | 小説
モントークという町をご存じですか?
c0050387_15383926.jpg
photo:Shino Yanagawa
ニューヨーク市内からは車で3時間ほど、ロングアイランドの東端にあるエリアです。

ここはサーフィン釣りのメッカとして、ニューヨーカーに人気のところ。

昔は鄙びた田舎のビーチでしたが、最近はおしゃれなホテルやレストラン、ショップができて、ホットなエリアになっています。

そんなモントークについて書きました。

ニューヨーク・ニッチで、NYを舞台にした短編小説のシリーズを始めました。
これはショートストーリーと写真で、NYを紹介していくというもの。

題して「あなたがいるニューヨークの物語 〜短編小説と写真で綴る街

今回はモントークを舞台にして「モントークの光」をアップしました。
c0050387_15393020.jpg
photo:Shino Yanagawa
写真はフォトグラファーの柳川詩乃さん。

この写真がすごくいいんですよ!
詩乃さんは紀行写真の名手。
c0050387_15432513.jpg
photo:Shino Yanagawa

まさにモントークの空気感を伝えてくれる写真です。

文末にはモントークのガイドも載せているので、ぜひご参照下さいね。
c0050387_15401781.jpg
photo:Shino Yanagawa
[PR]
by erizo_1 | 2015-08-16 15:51 | 小説