コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

カテゴリ:セレブの秘宝館( 33 )

素敵なお花をいただきました。
c0050387_1541422.jpg

えー、いったい誰から?
まさか紫のバラじゃなかった、アジサイの人か!(←おいおいおい)
好奇心いっぱいになって送り主をチェックしてみると……。

おおおおお。
なななんとトリーバーチさまからじゃあーりませんか。
しょええええ、ありがたし!

トリーバーチさんに花をいただくようなことはなにもしていないのですがマリ・クレール・スタイルの記事で、わざわざ贈っていただいたようです。
嬉しい!
c0050387_1545949.jpg

わたしのような業界の端くれにも花を贈っていただくということは、きっと毎日さまざまな方たちに贈っているのでしょうね。

思い起こせば、十年前。トリーさんがブランドを立ちあげる前からトリーさんをインタビューで存じあげていましたが、トリーさんは取材するたびに、直筆のサンキューレターを送って下さるのですよね。

一事が万事とはよくいったもの。
そうした上流階級で鍛えぬかれた細やかなマナーが、トリーさんの成功の一因にもなっている気がします。

まさに洗練された「おもてなし」の心ですねー。
[PR]
by erizo_1 | 2014-04-04 15:47 | セレブの秘宝館
さてさてファッションウィークも大詰めです。
今回はホントにあれこれと詰まっていて、なかなかアップできずに、すみません!

さてエリぞう的に興奮MAXだったのが、レディー・ガガニコラ・フォルミケッティのインタビュー!
うひー!
生ガガ様に会えるなんて夢みたい!

モンスターボールのHBOドキュメンタリーを観て、すごすぎる! とガガ様ラブになっていたので大興奮。

なんでまたエリぞうなんぞがガガ様に会えたかというと、これはM.A.C VIVA GLAMのプロモーションなのです。
c0050387_15143897.jpg

ご存じの方も多いでしょうが、ビバ・グラムはエイズ救済チャリティプログラムです。

M.A.C エイズ基金 は1994年に立ちあげられ、AIDS, HIVに罹患した患者を支援したり、コンドームを使用する教育プログラムを支援したり、貧困な生活環境から整えたりなどして、エイズと戦う人に貢献する非営利団体。

先進国ではエイズで亡くなる患者は激減しましたが、現在でもことに西アフリカカリブ諸国でエイズ禍に苦しむ人たちが多く、貧困層の多くの女性たちが苦しんだり、子どもたちが親を亡くして孤児になっています。

ビバ・グラムは、毎年新色のビバ・グラムのリップスティックリップガラスを発売して、その売上げを100%寄付に回すというもの。

M.A.Cエイズ基金の詳しい内容についてはこちらのサイトをどうぞ。

つけ加えると、東日本大震災救援においても、M.A.Cエイズ基金から中央共同募金会を通じて義援金が寄付されています。

そしてビバ・グラムはそのスポークスパーソンがまさに時代を彩るアイコンであるのも魅力。

初代のルポールから、メアリーJブライジ、エルトン・ジョン、パメラ・アンダーソンなどのセレブたちが代々スポークスパーソンになり、そしてレディー・ガガがビバ グラムの顔になるのは昨年に引き続き、今年で二回目
歴代でもっとも大成功を納めているそうです。

昨年はピンクでしたが、今年はヌードカラーですね!
c0050387_15151572.jpg

今年はガガ様ワールドを作り上げてきたスーパースタイリストであるニコラ・フォルミケッティと組んで、さらにグラムな世界を魅せてくれます。

ビバ・グラムのアップデイト情報が欲しいみなさんは、こちらのビバ・グラムのサイトでジョインしてね。

はたしてガガとニコラがどんな話をしてくれたのか?
インタビューの内容は10月i-voceで発表しますので、ぜひお楽しみに!

てことで、ここではこぼれ話をこっそりブログ読者のみなさんにお裾分けしちゃいましょう!

当日は指定された場所で待つこと2時間、ファッションウィークの疲れもあって椅子に座ったまま居眠りしているところに、突然「インタビューができるので来て下さい」とコールが。

なぬー!
ヨダレを拭いて寝ぼけ頭でぐるんぐるんになりながら、イスラエル香港のジャーナリストと一緒にスタジオにむかったエリぞうだったのですが……。

うーーーわーーーー!
生ガガ様がいるーーー!

ガガ様だよ、本物だよ、生きているよ!!!!!
そこにいるよ!
目の前にいるよーーーーーッ!!!

あのテレビや写真で見るままの、ドラマチックな衣装に包まれたガガ様がいるーーーッ!
感激のあまり頭が真っ白!

これですっぴんだったら、違う意味で衝撃ですが、まさに期待通りのエキセントリックなルックス。

そしてガガ様は、同席したジャーナリストの三人にひとりずつ握手して挨拶してくれたのです。
うわあ、すごくナイス!
こんなナイスな対応してくれるセレブは初めてです!

実物はかなり細くて小さい印象のあるガガ様が、エリぞうの手を握って、ナイスミーチューといってくれたのだ、感激—ッ!

ギュギュギュギューッ。

あだだだだだだ。

あまりの握力に、オレは手の骨が砕けるかと思ったよ!
なんて握力じゃー!

しかしその瞬間にガガ魂を体感、というか痛感しましたね。

だってガガ様みたいなセレブとなれば、わたしとは違って一日何百人規模で会うわけでしょ?

こんな末端にいるようなわたしのことも、あれだけ力をこめて握手してくれるっていうことは、つまり彼女は一日に何百人の人間の手をしっかり心をこめて握っているわけだよね?

すげーーーーー!
すごすぎる!
ハンパないぜ。

膨大な数の人間に、ギュッと熱い魂をこめて手を握るレディー・ガガ。
スターやセレブでこんな熱いひと、見たことないよ。

らぶ、らぶ、らぶーーー!

よくSF映画だと、ミュータントとかスーパーヒューマンとかが出てくるけど、まさしくそんなイメージ。

生命体としてのエネルギー値がふつうの人類の一億倍もある感じで、そこにいるガガ様から強烈なオーラが放射されているんですよ。

喋り方は理路整然としていて、非常に賢いひとだという印象でした。

いわゆる不思議ちゃんではなくて、シャープでクリア、仕事ができる人間の喋り方なので、やりやすいタイプ。

疲れていて不機嫌そうとか、態度が悪いといったところもまったくなくて、たいへんきちんとしていて、きれいなティーカップからお茶を飲んでいる様子もレディーという称号がぴったり。

そしてインタビューが終わってから、ちゃっかりノートを出してサインをしてもらったエリぞうですが(えへ!)

「日本の被災地支援のためにしてくれて、ありがとうございます」

と英語でお礼をいったところ、「当然のことよ、またすぐ日本に行くのよー」といってくれたガガ様。そこに横から、

「あれ、日本人なんだー?」

突然日本語が。
びっくりして顔をあげると、ニコラさんがにこにこしながら、

「なんだー。日本人だったんだー」

と流暢な日本語でいったのでした。

うわーッ、驚くのは、こっちのほうだってば!

「ええッ、日本語が話せるんですね!?」
「うん、ぼくは静岡」

静岡ーッ!?
あのニコラが静岡育ち!

彼が日本人とイタリア人のハーフだとは知っていましたが、まさか静岡で育って日本語も流暢とは知りませんでした。
Wikipediaで見ると東京出身になっているんだけど、静岡っていうと、ずいぶんイメージがミカン寄りになるよね。

「どこの雑誌で書いているの?」
「VOCEです」
「へええ、すごいねー」

いや、あなたのほうが何千倍もすごいですから!

蛇足ながら同席だった香港の記者の方もVOCEの大ファンで毎月読んでいるといってくれて、とっても光栄でした! VOCE感激!

そして翌日マーク・ジェイコブスのプレスをしている高岡英里子さんと話したところ、じつはニコラとはなんと十年ほど前から知りあいで、ロンドン時代から知っていたそう!
うわー、すごい!

ロンドンで雑誌のスタイリストをしていたニコラが、ガガ様のスタイリストになり、ティエリー・ミュグレーのクリエイティブディレクターとなり、イザベル・ブロー賞も受賞して、あれよあれよという間にファッション界の寵児に。

もっともご本人はスノッブな感じはなくて、高岡さんも「彼自身は偉ぶったところがない」といっていたけど、穏やかな印象でした。

よし、こうなったら静岡県はニコラさんに名誉県民になってもらい、茶摘み娘のコスチュームをデザインしてもらい、世界にむけて緑茶キャンペーンを打つのはどうですかね!?

過激でエロスでアバンギャルドな茶摘みルックがあがってくるリスクを引き受ける覚悟で、ぜひトライ!

とつい脱線してしまいましたが、エリぞう的には大興奮の生ガガ様に会うの巻!

この仕事をしていてありがたいのは、会えるような立場じゃないひとにも仕事で会えるチャンスがあることですね。

そしてなにより「世界のトップにいる」ひとのオーラを目の当たりにできること。

ガガ様は文字通り光り輝いていました!
スターとしてもトップだし、エイズ救済に力をいれるそのスケールのデカさも圧倒的。

世界を変えていく力を持つ女性というのは、すばらしいです!
そしてリップスティックの一本を買うことで、少しだけ世界を変えられるオシャレ心というのもステキです!

リトル・モンスターズはぜひともビバ・グラムを買いに走れーーー!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-09-15 15:35 | セレブの秘宝館
えー、NYファッションウィークねたの続きです。

あまりセレブを見かけない今シーズンでしたが、カルバン・クラインのショーにはジュリアン・ムーアケイティ・ホームズが来ていたもよう。

「もよう」というのは見えないからなのよ(涙)
ケイティの周囲をワーッと人が取り囲んで、パチパチやっているのは見えたけれど、ご本人は見えず。
c0050387_16285733.jpg

Photo: zombio

「うわー、彼女は背が高いわー!」

と周囲にいたアメリカ人が驚いて騒いでいたから、きっと本当に背が高いんだろうね。

トムちん、そんなにもデカいオンナが好きなのか…(汗)

そしてアイザック・ミズラヒのフロントローには、フィギュアスケート選手のジョニー・ウィアーが来ていたらしい。
これもぜんぜんわからなかった(汗)

てか、写真見てびっくり。
c0050387_16292080.jpg

Photo: getty image

えええーッ、ジョニー・ウィアーってふだんこんな恰好しているの?
すげー!
ピンクのジャケットにシャネルのボストン、そしてカオのついたミンクちゃん
なんちゅう強烈なスタイリング
しかもある意味似合っているし!
うひー。

いやー、カニエ敬三ウエストどころの騒ぎじゃないですね(汗)
フィギュアスケート界ってぶっとんでんだなー。
完敗ッス!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-09-21 16:34 | セレブの秘宝館
NYコレクションに来たセレブちゃんの写真です。
提供はMercedes-Benz Star Loungeメルセデス・ベンツ・スターラウンジです。

じゃーん。
エミー・ロッサムとジェシカ・アルバ
c0050387_15161229.jpg
Mercedes-Benz Star Lounge
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

エミー・ロッサムは近くで見ましたが、長身ですげえ小顔でした。
てことは隣のジェシカたんも小顔なんですね。
くー。
かわいすぎる!

ゴシップ・ガールのレイトン・ミースター
ロングカーディガンにベルトのコーディネイション。
c0050387_1517029.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

彼女はものすごく正統派の美人ですね。
クラシックな顔立ちで、昔の大女優ふう。

わたしは「ゴシップ・ガール」を観ていないんですが、ファンに聞いたところ、レイトン・ミースターの役どころは、ちょっとイジワルな女の子らしいね。

ほほう、「なるほど!」感あるキャスティングですねー。

ニッキー・ヒルトン
c0050387_15185927.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

なぜ暗い室内でサングラスをしているのかは謎ですが、肌がきれい。
ブラックのネイルですね。

こうして見ると、セレブにはボディスがぴったりしてバルーンスカートになったドレスがトレンドみたいですね。

テイラー・モムセン(右)とアレクサ・チャン
c0050387_152133.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

出たー!
エリぞうの好きなテイラーたん。
見るからに態度の悪さが滲み出たビャーッチぶりです(笑)

なにしろテイラーたん、コレクションに呼ばれたあとのインタビューで、どのルックがよかったですかと尋ねられ、

「えー、わかんない。全部の服なんて覚えていないしー」

と答えたタマなのだ(笑)

くー!
ビッチのお手本ですね。たまりませんね。
バッド・ガールはこれでなくっちゃ。

卓越したおしゃれのセンスと今後のスキャンダルが有望なところが心をくすぐるテイラーたん。

堂々とビャッチ道を歩んで下さい!

女優のEmmanuelle Chriqui エマニュエル・シュリーキー
会場で見かけて、きれいだけど、誰だかよくわからなかったんですよ。
c0050387_152348.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

ググってみると、テレビの「アントラージュ」に出ている子なんだね。
あれ、もしかしてエリックのガールフレンド役?

そして来年公開の「サイエンス・ニンジャ・チーム ガッチャマン」という映画に出演しているんだそうだ。

…………ガ、ガッチャマン……(汗)

女優さんも売れるまではいろいろとたいへんなのね。

というわけでガッチャマンを思い浮かべると、より味わくなる一枚なのでした。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。
書いていくモチが上がって嬉しいです!

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになります。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-25 15:35 | セレブの秘宝館
マイケル・ジャクソンの51回目のバースデイ・パーティがブルックリンのプロスペクトパークで開催されます!

スパイク・リー監督が発起人となって「KING OF POP」へのトリビュートを。
当日はDJ SPINNAが出演します。

うわあああああ、行きたい!
マイコー!(絶叫)

開催地はプロスペクトパークのNethermeadにて。
広々としたところです。
どどどーん!
c0050387_14525349.jpg

なんでも当初は2000人くらいの参加者を念頭にしていて、フォート・グリーン パークで行われる予定だったらしいよ。

ところが参加者が1万人を超えることが確実視されており、フォート・グリーンパークの18倍以上大きいプロスペクトパークに会場変更されたそう。

これで公園を埋めつくす人たちが全員で「スリラー」を踊ったら、すごいね。
みんな振り付けを覚えて行くのだ!

すりら〜♪
すりら〜ない♪

c0050387_145217100.jpg

そうか、マイコーは51歳になるところだったんだね。
「五十にして天命を知る」か。
うーん、深いなー。

残念ながら、エリぞうは今週末はワシントンに行っちゃうので参加できないのであった、ちぇ!

NY在住のブロガーのみなさん、ぜひ写真をアップして下され~!

Michael Jackson Tribute
8月29日(土)   12:00pm ~5:00p.m.
Prospect Park Nethermead


一般客のNethermead areaへの立ち入り許可は10:00amより。

プロスペクトパークのNethermeadへの行き方はこちら

最寄りの地下鉄駅
F Train to 15th St./Prospect Park station or 7th Ave. station
2 or 3 Train to Grand Army Plaza station
Q Train to Parkside Ave. station

スパイク・リー監督のプロダクション40acresにての説明



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでニューヨーク情報では1位
アメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは7位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-08-27 14:59 | セレブの秘宝館
ロサンゼルスのステープルス・センター(あの文具のステープルス)で行われたマイケル・ジャクソンの追悼式

スケールが超デカでしたね。
マライア・キャリーに、スティービー・ワンダー、ライオネル・リッチーが熱唱。

そして全米がいちばんびっくりこいたのが、娘のパリスちゃん(←どういうネーミングだ?)の登場。
かわいい!
そして前々からいわれていたことだけど、あきらかにマイコーの遺伝子は引き継いでいないコケージャン(白人)の子ども。

「ダディ、愛しているわ!」
と泣き崩れる可憐なパリスちゃんの姿と、大人のこみいった事情がからみあって、なんともいえず複雑な気持ちになりますな。

マイコー、本当に亡くなってしまったんだなあ(涙)

ジャメインを見ると、がっちりしていて健康そうだよね。
マイコー、あんなに痩せていて、あんなに白くなってしまったら、そりゃ長生きできなかったろうね(悲)

死因解明はまだだけれど、なんと自宅から麻酔薬も見つかったとかで、マイコーが医薬品の過剰摂取、または取り合わせでやばくなっていたのは間違いないところ。

それに比べるとローリング・ストーンズってものすごい健康体じゃないか?(驚)

だって麻薬をがんがんやっていた世代なんだよ?

チャーリー・ワッツなんて、わたしがストーンズ聴き始めた頃から、おじいちゃんだったんだよ?
えんえんとおじいちゃんなんだよ?

まあ、チャーリー・ワッツの場合は、
「じつはとっくに亡くなっていて、ステージにいるのはリモコンで動いている人形」
説もあるけどね(笑)

キース・リチャーズなんて麻薬のやりすぎで、血液を輸血で入れかえた説まであるんだよ?(実際にはキレーション治療ではないかと思うけど)

なのに、皺だらけになっても元気溌剌ってどういうこと?

こうなると、もはやストーンズは「永遠の不良少年」というより「お達者クラブ」のロールモデル。
ひそかに乾布摩擦でもやっているんだろうか。

そういえばドラッグずぶずぶ、自傷ズバズバだったイギー・ポップがいまだに健在なのもよくわからない。
いまや健康そうにフロリダ暮らしをしているもよう。

あのパワーはいったいなに?
ひと昔前の麻薬世代が「薬断ちしましてん」って感じで元気でやっているのに、なぜにマイコーはあっけなく逝ってしまったんだろう。

こうなると、心のなかにむくむく疑問がわいてくる。

「だったら麻薬よりも医者が処方してくれた薬のほうが、怖いんじゃないの?」

ふと思い返してみれば、昨今はそんな事件ばかり。
たとえば世間を騒がしたアナ・ニコール・スミス
39歳で突然死。

そう、死にかけのビリオネアと結婚して遺産をもらって成り上がり金髪と爆乳で有名だった、あの姉さんです。

アナ・ニコールは検死によると、処方箋薬の取り合わせが災いしての突然死。

催眠剤の泡水クロラールに、抗うつ剤や抗不安剤であるクロノピン(クロナゼパム)、アティヴァン(ロラゼパム)、シーラックス(オクサゼパム)ヴァリウム(ダイアゼパム)
さらにジフェンヒドラミン(抗ヒスタミン剤)やトピラマート(抗てんかん薬)なども処方されて摂っていたらしい。

アナ・ニコールといえば、テレビ番組で登場する本人がしょっちゅうベロンベロンになっているのでも有名だったもの。

カメラの前でもろれつの回らない状態だったアナ・ニコール。
それも酒に酔っている状態とは違っていて、あきらかに薬でブッとんでいるんだよね。

しかも怖いのが、これが麻薬ではなくて、処方箋薬でブッとんでいるというところ。

ついでにいえばアンナ・ニコール本人が死ぬ数ヶ月前にも、息子が突然死していて、これまた死因は処方箋役の取り合わせ。

抗鬱剤のゾロフトとレキサプロ、鎮痛薬のメタドンなどによって引き起こされたといわれている。

そして28歳の若さで突然死したヒース・レッジャー
彼も死因も、処方箋薬の取り合わせによるもの。

ヒースは不眠症にかかっていて、睡眠導入剤のアンビエンを服用していたらしい。

さらに複合された処方箋薬、オクシコドン、ハイドロコドン、ダイアゼパム(ヴァリウム)、テマゼパム、アルプラゾラム、ドクシラミンなどを摂っていたそう。

わたしは薬のことはまったく知識がないので、はたしてこれらがまともなのかわからない。
でもそれにしたって、こんなに薬を与えていいものなの?

マイコーが鎮痛剤依存症になっていたのは有名な話だけれど、これがアメリカでは大きな社会問題になっている。

バイコディンという鎮痛剤で、コートニー・ラブ、エミネム、ニコール・リッチー、ケリー・オズボーンといったセレブたちが依存症になったことあり。

恐ろしいのは、前回の大統領選で争った候補の奥さん、シンディ・マケイン夫人ですら鎮痛剤依存症であったこと。

このバイコディン(Vicodin あるいは Vicodine)という薬、手術や怪我、あるいは歯の治療なんかでもフツーに処方されるんですよね。

在米の人なら多くの人が処方されたことあると思うけれど、まあ、痛み止めとしては強力で頭がボウッとする感じ。

あとヴァリウム(valium)という精神安定剤もよくハマるひとがいる。
ダイアゼパムともいいます。

歯科治療の前にもらったり、胃カメラの前にもらったり、麻酔をかける前にもらったりするんだけど、こちらはリラックスするんだね。
ドキドキする気持ちが落ちついて、ふわ〜ん、となる。

おかげでこれまた濫用するひとが多くてお手軽なドラッグとして広まっていて問題になっている。

セレブにしたって麻薬中毒よりは、鎮痛剤依存症のほうがイメージがいい。

ヘロインで捕まるよりも、バイコディン中毒のほうが、なんとなく同情の余地があるものね。
自覚なくして中毒になっちゃった、みたいな。

しかしバイコディンにせよ、ヴァリウムにせよ、飲んだからといって、すぐにズブズブに依存症になるようなものじゃないんだよ?
依存症になるっていったら、とんでもない量を摂るってことだよ?

いったいどれだけ飲んだら依存症になるものなのか、セレブたちの裏側というのは相当にダークではあるね。

処方箋薬というのは麻薬とは違って法には触れないし、医者からもらうからミョーな安心感がある。

だけど医師だってつきっきりで指導するわけじゃないから、薬をどう摂るかは結局のところ本人次第。

いわゆる「麻薬」よりも、医者の「薬」のほうが氾濫していて止めようがないというこの恐ろしさ。

そういや映画でも、医者からあれこれ処方箋をもらう高校生の男の子が、その薬を学校で売りさばくっていう話があったなー。
高校生がやりそうなことだわねー。

FDA(食品医薬品局)がバイコディンを販売禁止処分に動いているけれど、ドラッグ漬けになっているこのアメリカで、
「処方箋薬中毒」
をどうやって防いでいくのか。

それこそ頭痛薬が欲しいくらいに頭の痛い問題なのでした。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-07-08 12:56 | セレブの秘宝館
ウェブマガジンのNY Nicheニューヨーク・ニッチ 更新です!

今回エリぞうはリンジー・ローハンとサマンサ・ロンソンの写真をアップしていますが、こちらはムービー版でーす!

あいかわらずへたさ爆発。すいません。



そしてみなさまにぜひ読んでいただきたいのが、ケイさんの書いたサラ・ペイリンの記事。
これはおもしろいよー!

ペイリンさん、アメリカでは今や「ブッシュと同じくらいバカ」(←しかしすごい喩えだね)といわれていて、話題の人物。

副大統領候補によるディベート戦でもなぜか4回くらい、テレビにむかってウィンクしていたペイリンさん。
わー! そんなにセクシー攻撃されても!
もしやアラスカではカメラを見ると条件反射でウィンクする習慣でもあるのか?

そんなステキな政治界のパリス・ヒルトン、ペイリンさんのことをもっと知りたかったら、ぜひニッチの記事をご覧下さいね。
[PR]
by erizo_1 | 2008-10-10 17:26 | セレブの秘宝館
c0050387_14422135.jpg

米国の芸能界やファッション界では民主党派が圧倒的多数だけれど、ことに今回はファッション界こぞってオバマさんを支持している。

ファッションウィークの最中には、なんとサラ・ジェシカ「SATC」パーカーとボーグ誌のアナ・ウィンター女史が発起人となって、オバマ候補への寄付を募るイベントを開催。

これは9月9日に行われたイベントで、ビヨンセのハウス・オブ・デリオン、ダイアン・フォン・ファステンバーグ、マーク・ジェイコブス、ザック・ポーセンたちのデザインをフューチャー。

これはファッション誌関係者ではなくて、民主党支持者たちが集まったファンドレイズだったんですよ。
たしか250ドルの参加費用がかかったはず。

サラ・ジェシカは熱心な民主党支持者で、テレビのトークショーに出た時も、
「息子が熱いオバマ・ファン」
という話をしていたほど。

ちなみにアナ・ウィンターは去る6月にも、カルバン・クラインとチームを組んで、民主党のキャンペーンに寄付を募っている。

なんでもボーグ誌のエディターたちは100万円単位でオバマ陣営に寄付したらしいよ。
ゴイスー!

8月にオバマ陣営は70億円の寄付を集めたと報道されたけれど、そのなかには少なからず芸能ファッションそしてメディア系の資金が入っているはず。

ファッション業界にはゲイが多いので、まあ、基本的にゲイに反対である共和党支持者はいないわけです。

しかもアナ「プラダを着た悪魔」ウィンター女史が強力に支持しているとなると、それに逆らえるデザイナーなんているのか?

共和党支持のデザイナーはひとりだけ、という報道がなされていたけれど、誰なんだろう?

うーん。考えられるのは、ソーシャライトに人気の高いオスカー・デ・ラ・レンタあたり?
なんでもマケイン候補の奥さんがご愛用しているらしいからなあ。

ま、絶対にマーク・ジェイコブスでないのだけはたしかですね(笑)
[PR]
by erizo_1 | 2008-09-16 14:46 | セレブの秘宝館
ニューヨークマガジンに載ったリンジー・ローハンのヌード。日本でも大きなニュースになったみたいですが、こちらでは大騒ぎでした。
マリリン・モンローへ捧げるオマージュらしいですが……。
c0050387_1750463.jpg

……しかし。これって新手のリンジーいじり?
読者がみんなドンビキになっていたという、違う意味で衝撃のヌード。

ほとんどニューヨークマガジンのイヤがらせかと思いマスタ。

そういや1月にソーホーのインターミックスで、お買いものをしているリンジーを目撃したことがあったんですよ。
それが厚化粧で、びっくり。

いや、きれいなんだけど、迫力ありすぎっていうか。
こう肌がぴちぴち、つやつやしているって若さがぜんぜんなくて、とても二十代前半には見えなかったなあ。
もはや堂々の「ちいママ」風味。

リンジーにはモンローのマネなんかしていないで、つぎは「極妻」出演でキャリア立て直しをはかってもらいたいです!

てことで、忘れないうちに。講談社モウラ 更新です!

New Yorkトレンド素敵にななめ読み

前回につづいて、ニューヨークのアート事情を紹介です!
よろしければ、ぜひご覧くださいね。
[PR]
by erizo_1 | 2008-02-22 18:00 | セレブの秘宝館
ナゾの男性の正体が判明!(てか、知らなかった自分が無知だっただけですが)

ブリタニーといちゃついていた男性は、むろんニュージャージーのオタクでもなければ、クイーンズのパン屋さんでもありませんでした。

彼は英国出身の脚本家/プロデューサーのサイモン・モンジャックさん。
サイモンさんとブリタニーは、07年5月に電撃結婚していたのだ!(へー)

えーと、サイモンさんはシエナ・ミラーが出た「ファクトリーガール」の脚本とプロデュースを手がけているんですね。

そう聞けば、たしかにハリウッド女優と結婚していて、なんら遜色なし。
当然といえば当然のことながら、業界人でした。

しかしながら欧米のマスコミでは、サイモンさんが借金や詐欺などの訴訟に巻きこまれているというバッシング記事もあるもよう。

なぬー。その線は考えつかなかったなあ。
サイモンさん、どう見ても女子を騙せるようなタイプとは思えないんだけどなあ。

うーむ、ビミョー。なんだかビミョーすぎて判断つかず。
ともあれブリちゃん、お幸せにね!

てことで、奇跡の証明についてはビミョーに次回へ持ち越されてしまった。
次回に期待しようぜ。
[PR]
by erizo_1 | 2008-02-20 16:45 | セレブの秘宝館