「ほっ」と。キャンペーン

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

c0050387_15502862.jpg

ゴールデン・グローブ賞とりましたね。ブロークバック・マウンテン。アカデミーもいけるか。

あてくし、ラストでダダ泣きしました。
映画のあとに目がぶんぶんになってしまったほど。

うーん、せつないねえ、せつない映画ですねえ。

カウボーイの青年同士の20年にわたる恋愛を描いた映画で、近頃のアメリカ映画にめずらしく、出てくるひとたちがみな基本的に善人で、だれの気持ちもわかるから、非常にせつないです。

ヒース・レッジャーがアカデミー賞候補レベルの名演技。
無口で木訥で、ぼそぼそと喋る「男らしい」カウボーイを渾身の演技で、みごと演じきっている。

ちゃんと「自分の気持ちをうまく表現できない」青年時代から「どこかあきらめた」中年までの年輪を演じ分けていて、すばらしい。

ことに感情を表に出さない主人公が、思わず号泣してしまうシーンは、ぐっと胸に迫ってきます。

(ついでに生意気いわせてもらえれば、これが「ああ、がんばって演じているなあ」と感じさせないくらいになると、アカデミー賞受賞)

それにしてもアン・リー監督すばらしい!
監督お得意の自然描写が、本当に美しくて、雄大。
これだけ「アメリカらしい」風景や映像を撮れるなんて、すごすぎる。

そして観ながらふと強烈に懐かしく感じたのは、そういえば久しくアメリカ映画から消えていたのは「友情」というテーマではないかということ(この映画では、友情=恋情なのですが)

ニューシネマの頃は「明日に向かって撃て」から「イージーライダー」「真夜中のカウボーイ」「スケアクロウ」といった男同士の友情がテーマになることが多かったのだけれど、最近とんと胸をしぼられる友情を映画で観ることがなくなっていた。

すでに男同士の友情は映画のテーマになりずらく、今や男同士の恋愛のほうが話になる時代になっているのだなあ、とミョーに感慨深いものもあり。

それだけにどこか懐かしいクラシックな香りのする映画。
男同士のキスをあれだけマジに演じられる主演二人にはびっくりですが、内容的には正しく文芸大作ではないでしょうか。

余談ながら、男同士のラブシーンに、思いっきり引いていたピータロー(笑)
ちなみに彼の感想は「いい映画だが、ヒース・レッジャーにはぜんぜん共感できなかった」とのこと(←それじゃあ、感動していないも同然じゃないか!)

んーまー。そこで共感できる夫でも困るといえば、困るけど(笑)

映像の美しさ度 ★★★★★
せつない度   ★★★★★
ストレートの男性への訴求度 ★
c0050387_15511839.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2006-01-23 15:56 | エンタメの殿堂
友だちの画伯ちゃんことブリスたん(彼女のブログ「ブリブロ」はこちら)のお宅にお招きされて、新年会をしました。

ふしぎと画家さんには料理のうまいひとが多いもんですが、画伯ちゃんはまさにグルメ料理王! ほんっとおおおに料理がうまいのです。

テーブルには手作りの栗きんとん、黒豆、なます、田作り、お煮染めといったお節が並んで、日本の味覚を大満喫。

「栗きんとんは買ってくるもの」だと思って生きてきたわたしにとって、お手製の栗きんとんや、「皺ナシふっくら」の黒豆は、涙もんです。

さらに、じゃーん、ローストビーフが登場したのだ! 
リブの塊をじっくり焼き上げたもので、なかは美しいピンク色よー!
これが超うま〜!!! 思わずガン食いを!

そしてシャンパン1本+焼酎4本をあけるという狼藉に。

酒池肉林の宴会をくりひろげ、酔っぱらったついでに大将こと弘恵ベイリーちんに電話をすることにした。

弘恵ちんはこの日ご主人のレイさんとデートのため、新年会に出席できなかったのである。

で、この弘恵ちんというのがまたとんでもなくおもしろい人物で、いちばんはじめに会ったときに、

「わたし、有名人になりたいんだよねー

といわれて、びっくらしたのだ。

それまで自分から「有名人になりたい」と口走るひと()なんて会ったことなかったから、ものすごいインパクト。

しかもマジに「吉田栄作も若い頃は、俺はビッグになる、ていってたらしいし」というのである。

吉田栄作。
わー。ものすごい時代背景がわかる発言です。
つーか、吉田栄作をロールモデルにして生きる女子も、めずらしいだろう。

さらにすごいのは、それからもう5年経つのに、弘恵ちんがいまだに次から次に起業の夢を語るあたり。すでに三児の母なのに、まだビッグになる夢を持ち続けている。さすがは九州パワー!

で、電話してみると、新春から大将節炸裂!

大将 「今年はさあ、会社を作ることにしたから」
エリぞ「え、会社? なんの会社よ?」
大将 「絵本を書いて出すんだよ」

絵本を出すために会社をたてる。
まったく脈絡がわからないが、双方酔っぱらっているため、そのあたりは不問に処す。

エリぞ「どういう絵本?」
大将 「主人公がイカの話なんだー」

ええッ、イカが主人公の絵本!
なんかメルヘンというより、生臭いような気がするぞ。

みわぞ「あのさー。弘恵ベイリー。イカが主人公だからって、下半身ネタはいれるなよ(爆)」
大将 「あはははー。大人むけの絵本にするよー」

大人むけの夜のイカ絵本。ものすげー妖しいです!

そる「販路はどうするの?」
大将「訪問販売をするんだよ」

絵本の訪問販売! もしや「さきイカ」のおまけをつけるのか?

エリぞ「それでレイさん(旦那さん)はなんだって?」
大将 「んー。自分ひとりでやれば、って」

わはははは、旦那さん、さすが冷静やね。
妻の性癖をすべて把握しているな(笑)

大将、早く起業してビッグママになって下さい!
そしてミスター吉田栄作からの「弘恵さん江」という色紙を社長室にかざってくれー!
[PR]
by erizo_1 | 2006-01-10 15:18 | ライフのツボ
あけましておめでとうございます!

むかしからの友だち、新しく知りあった友だち、
そしてブログを読んでくださっているみなさん、
ハッピー・ニュー・イヤー!

みなさまにとって、いろんな幸運が待ち受けている年になりますように!

去年の今頃を思い出してみると、家族ぐるみで仲よしの友人宅に泊まりにいって、ニューイヤーズ・イブを祝っていました。

その友だちは離婚して、今年はいっしょに祝えませんでした。
去年までは家族いっしょで祝っていた、その一家の子どもたちの笑顔を懐かしく思い出します。

去年の今頃はニューヨークにいた友人のうち、何人かは日本に戻っていきました。

今年もまた何人かはニューヨークを離れ、また何人か新しく知りあうひともいることでしょう。

ひとの人生はさまざまなところで交差して、また離れていくものだと感じます。

だからこそ「いま、ここで」新年を祝える人がいることを大切にしたいし、いまあるものに感謝したいです。

たまたまこのブログを目にして下さったのも、なにかの縁ですから、ぜひグリーティングを贈らせてください。

あなたの夢みている、いちばん大切なことが、かならず形になる年でありますように。
[PR]
by erizo_1 | 2006-01-01 15:01 | ライフのツボ