コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1

<   2009年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧

今秋のトレンドといえば、ヘビーメタルでチャンキーなアクセサリー。

なかでもセレブが愛用している注目ブランドが、NY発のフェントン/ファロン(FENTON/FALLON)
コスチューム・ジュエリーのブランドです。

そのフェントン・ファロンが9月初頭に路面店をオープン。
場所は、ニューヨークのロウワー・イーストサイドにあるフリーマン・アリー(FREEMAN ALLEY)

訳せば、フリーマン横町ね。
あの大人気レストラン『フリーマンズ(Freemans)』が突き当たりにある、細い小路です。
c0050387_15313363.jpg

デザイナーのダナ・ロレンツ(Dana Lorenz)さんによると、この店のコンセプトは、

80年代のティーンエイジャーがパーク・アベニューにあるタウンハウスを引き継ぎ、その洗練された家をめちゃくちゃにひっくり返したような空間」

なんだとか。
ふーん。翻訳すると、未成年者が成城にあるお屋敷を引き継いで、めちゃめちゃにしたみたいな感じですかね?  て、日本だったら警察沙汰だろ、それは。

入口は横町の右側。
トゲのように刈り込まれた植木や、照明で彩られた造園的な中庭を通り、ピンク色のネオンが光る入り口へと入ります。
c0050387_15333657.jpg

ダナは05年にファインジュエリーのラインであるフェントンをローンチ。

愛用者にはミッシェル・オバマ大統領夫人やリアーナらがいるんだとか。
ほー!

その成功のあとに今度はセカンドラインとして、若々しくエッジイでボールドなライン、ファロンをスタート。
こちらは値段も手が届きやすいライン。

ファロンのデザインは個性が強くて、目立つので、モード誌のファッションシュートでひっぱりだこ。

店内には特注で作られた真鍮のアクセサリーケースなどが並び、80年代のパトリック・ナーゲルのアートと、ミュージック・ビデオが上映されています。
c0050387_15351219.jpg
c0050387_15353546.jpg

実際に触ってみると、かなりの重量です!
ヘビーメタル!
c0050387_15361897.jpg
c0050387_15363332.jpg

また奥にはSully Fair(サリー・フェア) とパートナーシップを結んで、ヴィンテージの服もずらり。
c0050387_15374042.jpg

40年代から80年代のバレンシアガ、シャネル、スティーブン・スプラウス、イヴ・サン=ローラン、ピエール・カルダンといったデザイナーのヴィンテージも展開されています。

おお、どこからかセレブな香りが。
モデルのシャローム・ハーロウ、デザイナーのダナ、そして右が女優のミシェル・モナハン
c0050387_15383778.jpg

ミシェル・モナハンは『M:i:III』 (ミッション:インポッシブル3)に出演していた女優。

あ、調べたら、このひと「ボーン・スプレマシー」にも出ていたんだ。
どこにいたっけ? 思い出せないよー(失礼!)

どアップを狙ってみました。
c0050387_15394977.jpg

うわー。肌がきれい。
さすが女優さんはきれいだなはー(←どこの方言だよ?)

業界人が注目するフェントン・ファロン。
カリスマ・スタイリストのケイト・ヤングさん。
カッコえええ!
c0050387_1541162.jpg

じゃーん、PRの首藤さんです。
隣はNaomi(なおみ)ちゃん。
NYファッションライター界の重鎮である真紀子姉さんのお嬢さんなのだ。
c0050387_15413272.jpg

日本ではアメリカン・ラグシーやバーニーズなどで扱っているそう。
いま注目のブランドを、ぜひ覗いてみて!

FENTON-FALLON
住所:End of Freeman Alley (Off Rivington between Bowery and Chrystie)New York, NY 10002
電話:212-477-1315


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

NYはかなり肌寒くなってきました。
ああ、秋が深まる気配。
そろそろ鍋の出番なのか。
ぐふ!

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

更新を応援して下さるみなさま
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-30 15:50 | NYのスポット
ちょっと前になりますが、会員制クラブ、Bohemian ボヘミアンにて食事した時の画像です。

会員用のキーカードがなければ、扉があかないボヘミアン。
東京では西麻布にあるらしいです。
NYではダウンタウンにオープン。

店内はラウンジっぽい、まったりした作り。
c0050387_163258.jpg


エリぞうたちが頼んだのは48ドルのテイスティング・メニューです。
まず来たのは、バーニャカウダ
c0050387_1645814.jpg

おお、生野菜がとっても日本的!
きわめてNY的ではないですね。
野菜ラブな日本人には嬉しい華やかさです。
おいしい

雲丹の載ったベシャメルソースのコロッケ。
c0050387_1662845.jpg

旨し!
ちなみに単品で頼むと、これ一品で13ドルなのだ。
えええーッ! た、たけえ!

ブランジーニのロースト
これはいちばん評判がよかった一品。
焼き魚のシンプルかつ飽きの来ない、おいしさが味わえます。
c0050387_1682538.jpg

ブランジーニはもともと地中海料理で知られた白身魚ですが、近年はNYでも非常に人気で、最近は養殖もかなり盛んみたいね。

黒いアイアンのグリルパンに入ったブランジーニは野菜と一緒にオーブンでローストされていて、とてもいい塩加減。

こんなシンプルなスタイルのほうが、焼き魚はおいしくなるんですねー。
これは真似して作ってみたい!

スモークした鴨胸肉
かなり脂ありで、こってり。
c0050387_1695785.jpg

そして和州牛のハンバーガーか、いくらご飯が選べます。
c0050387_16103232.jpg
c0050387_16104750.jpg

デザートはパンナコッタ
これはわたし的にはよかったですが、アメリカ人にはちょっとあっさりしすぎているかもねー。
c0050387_16111152.jpg

お酒がちょっと嵩むので、ご予算100ドルくらいといったところ。
全体にあっさりしているので日本人的にはいいんですが、アメリカ人にはちょい足りないかも。

メニューのバリエーションが増えてくれると、さらに嬉しいです!

場所と電話番号はブログで公表できないですが、どなたか知りあいで行ったことのある人から教えてもらえば大丈夫。
京都の「一見さんお断り」形式ですね。

エリぞうの友だちはむろんいってもらえれば、オーケイよ!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでアメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは5位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-29 16:15 | NYのスポット
すみません! アップが遅れて失礼しました。
画像を扱おうとすると、ビーチボールがくるくるして、どうにもできず。
ピタ隊長のテック修理班に任せてようやく復旧。

せっかく覗いて下さったのに更新されていなくて「なんだよー」と思ったみなさん、すみませんでしたー!

さて目の保養のお時間です。

MARCHESAマルケーサの2010年春夏コレクション。
c0050387_562883.jpg

マルケーサは、英国出身のジョージナ・チャップマンとカレン・クレイグによるブランド。
NYを拠点に04年にローンチ。

エレガントなイブニング・ドレスで知られていて、セレブたちがご贔屓。
c0050387_595714.jpg

ペネロペ・クルス、ジェニファー・ロペス、ジェシカ・アルバ、エヴァ・ロンゴリアアン・ハザウェイ、ハル・ベリー、シエナ・ミラーらが、レッドカーペットで着こなしています。
c0050387_58512.jpg
c0050387_59435.jpg

c0050387_5325241.jpg

ここまで聞けば「ふーん」というだけですが、ポイントはデザイナーの片割れであるジョージナ・チャップマンが、ミラマックスMIRAMAXを創設したハーヴェイ・ワインスタインと結婚していることですね。

映画好きならご存じの大物プロデューサーで、買い上げた作品をバシバシ切って再編集するために「シザーハンズ」の異名を取る男。

もののけ姫」もカットしようとして、ジブリ側から絶対拒否の猛反発を喰らったエピソードもあるらしいよ。

さらに映画の買いつけ価格をつり上げるなど、かなり豪腕ワンマン傲慢なことでも知られているよう。

このハーヴェイどんが、いっちゃなんだが、クマみたいな男でね。
近くで見ても、身なりにかまわない、傍若無人なおっさんなのよ。

だってオレに文句つけられる人間なんて誰もいねえだろ、がははは的オーラを放っているゴイスーなオヤジなのだ。

そんな男がファッショナブルな美女ジョージナと結婚。
まさに美女と、金のなる野獣の組みあわせ。

いろんな意味で大人のカップルですね!

写真を貼ろうかと思いましたが、せっかくの美しいルックが台なしになるので止めマスタ。

おかげで映画界とのパイプも太く、レッドカーペットでも女優がよく着るマルケーサ。

たしかシエナ・ミラーはミラマックスの「ファクトリーガール」の頃にレッドカーペットでマルケーサを着ていたんじゃないかな。

ゴージャスかつエレガントで、レッドカーペットに映える華やかさ。
c0050387_5115157.jpg
c0050387_512552.jpg
c0050387_5122281.jpg

ここのイヴニングを着るチャンスがあるひとは地球上でごく一握りですから、知らなくてもなんら問題ありません。

だけど知っておくと、ゴールデングローブ賞やアカデミー賞のレッドカーペット・ウォッチングがより楽しめること請け合いです。

きっと誰か女優が着るはずですから、お楽しみに!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

先日告知したNYde Volunteer(NYでボランティア)のファンドレイズ・イベントに行ってきました。

誘ってくれたゆかちゃん。
NYde VolunteerのTシャツを着て働くの図です。
フラッシュが故障していて、失敗写真になってしまったので、小さく。
c0050387_5403120.jpg

ファウンダーの日野紀子さんともご挨拶できて、よかったです。

集まった資金はNYの学校で行われる「日本文化紹介放課後企画」の運営資金になります。
ボランティア・スタッフのみなさん、ご苦労さま!

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-28 05:56 | トレンドの泉
NYコレクションに来たセレブちゃんの写真です。
提供はMercedes-Benz Star Loungeメルセデス・ベンツ・スターラウンジです。

じゃーん。
エミー・ロッサムとジェシカ・アルバ
c0050387_15161229.jpg
Mercedes-Benz Star Lounge
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

エミー・ロッサムは近くで見ましたが、長身ですげえ小顔でした。
てことは隣のジェシカたんも小顔なんですね。
くー。
かわいすぎる!

ゴシップ・ガールのレイトン・ミースター
ロングカーディガンにベルトのコーディネイション。
c0050387_1517029.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

彼女はものすごく正統派の美人ですね。
クラシックな顔立ちで、昔の大女優ふう。

わたしは「ゴシップ・ガール」を観ていないんですが、ファンに聞いたところ、レイトン・ミースターの役どころは、ちょっとイジワルな女の子らしいね。

ほほう、「なるほど!」感あるキャスティングですねー。

ニッキー・ヒルトン
c0050387_15185927.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

なぜ暗い室内でサングラスをしているのかは謎ですが、肌がきれい。
ブラックのネイルですね。

こうして見ると、セレブにはボディスがぴったりしてバルーンスカートになったドレスがトレンドみたいですね。

テイラー・モムセン(右)とアレクサ・チャン
c0050387_152133.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

出たー!
エリぞうの好きなテイラーたん。
見るからに態度の悪さが滲み出たビャーッチぶりです(笑)

なにしろテイラーたん、コレクションに呼ばれたあとのインタビューで、どのルックがよかったですかと尋ねられ、

「えー、わかんない。全部の服なんて覚えていないしー」

と答えたタマなのだ(笑)

くー!
ビッチのお手本ですね。たまりませんね。
バッド・ガールはこれでなくっちゃ。

卓越したおしゃれのセンスと今後のスキャンダルが有望なところが心をくすぐるテイラーたん。

堂々とビャッチ道を歩んで下さい!

女優のEmmanuelle Chriqui エマニュエル・シュリーキー
会場で見かけて、きれいだけど、誰だかよくわからなかったんですよ。
c0050387_152348.jpg
Photo by Kat Van Leer | Full Picture

ググってみると、テレビの「アントラージュ」に出ている子なんだね。
あれ、もしかしてエリックのガールフレンド役?

そして来年公開の「サイエンス・ニンジャ・チーム ガッチャマン」という映画に出演しているんだそうだ。

…………ガ、ガッチャマン……(汗)

女優さんも売れるまではいろいろとたいへんなのね。

というわけでガッチャマンを思い浮かべると、より味わくなる一枚なのでした。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。
書いていくモチが上がって嬉しいです!

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになります。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-25 15:35 | セレブの秘宝館
今日はボランティア活動のお知らせどすえー!

NY de Volunteer(ニューヨークでボランティア)が9/25
チップが子どもの夢につながる」
Happy Hour Fundraiser を行います!

わたしごときが今さら紹介するまでもないですが、NYを拠点にして、社会貢献活動と日米の相互理解を推進している非営利団体が『NY de Volunteer (NYdV)』

こちらでは「日本文化紹介放課後企画-Explore Japanese Culture After School Program」を運営しているんですね。

放課後に日本の文化を紹介するプログラムで、NYの子どもたちに折り紙を教えたり、着物を体験したりするなんてことから、お寿司を作ってみたりするレクチャーもあるみたいです。

個人的にはお寿司なんてとってもいいと思いますね。
NYでも低所得層の子どもたちはジャンクフードを食べていることが多くて、いろんな食文化を知らない子が多いんですよね。

フレキシブルな子どものうちに他文化に触れるっていうのはとてもいいこと。

で、そのプログラムに役立とう! というのが、このファンドレイジング(資金集め)チャリティイベント。

Slattery’s Midtown Pubにて、7時より開催。
この日の店員はNYdVボランティアスタッフが担当するそうよ。
c0050387_14445417.jpg

でもって皆さんがオーダーするお飲物のチップ分が100%NY de Volunteerに寄付され、プログラムの運営資金になるそうです。
ぷがぷが、どんどん!

つまり飲んでチップをはずめば、NYの子どもたちに日本の文化を知ってもらい、世界を広げてもらう手助けになるってことやな!

いやー、呑んで人助けになるんだったら、酒飲みに呑む口実を与えるようなもんじゃないかね!
ぐふ!
c0050387_14462935.jpg

というわけで、誰でも参加できるチャリティイベント。
ボランティア活動に興味あるひと、文化交流に興味あるひとにとってもよいネットワーキングの場になりそう。

エリぞうも出かけてみようと思います。
みなさまもどしどしお立ち寄り下さい!

うおおお、みんなで酔っぱらおうぜー!(←完璧に目的を間違っている)

日時: 9/25(金)7:00-10:00
場所: Slattery’s Midtown Pub
住所: 8 East 36th Street between 5th & 6th Avenues


詳細に関しては、NY de Volunteerのサイトをご覧下さいね。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでアメリカ情報では2位
全海外ブログのなかでは5位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-24 14:50 | 社会の時間
さて2010春夏NYコレクションですが、終わってみての総括をいうと、今回はかなり出来がよくて、フレッシュなシーズンでした。

この大不況で前回のコレクションはなにやら禁欲的な自粛ムード、ほとんど黒一色で80年代調、ロックで強いオンナというコワモテ一辺倒になっていたわけです。

デザインも全体に安全路線になっていたもの。

今回も全体的にショーの規模や数が減って不況下の影響がありありだったのですが、いざ蓋をあけてみれば、各デザイナーたちが非常に力を発揮したシーズンになったんですよ。

それぞれのデザイナーが自分らしいクリエイティビティを打ち出し、かつ消費者のことも考慮している。

そんな「ええ感じ」のコレクションが多かったです。

デザイナーも危機感があって必死になるほうが、むしろいいクリエイションが生まれるんですかね?

しかも明るい
マルチカラーがランウェイに溢れて、マイクロショーツやボディコンといった溌剌アイテムがいっぱい。

前回のストイックな雰囲気と打ってかわって、フレッシュな印象があり、来年の春が楽しみです。

「えーい、もう辛抱たまらん、弾けてやるー!
てなノリというか。

もしかしてニューヨーカーは我慢が半年しか続かないのか?(笑)

では今回のベスト・コレクションはなにかというと、じゃーん!

プロエンザ・スクーラー
c0050387_16191422.jpg

超超超カッコよかった!
周囲のプレスの間でも圧倒的に人気がありましたね。
今回のプロエンザはすばらしかった。
c0050387_1619293.jpg
c0050387_1619447.jpg

さらにわたしが気にいったり、プレス仲間で人気が高かったりしたショーはこんなところ。

アレキサンダー・ワン
アナ・スイ
ダナ・キャラン
タクーン
ナルシソ・ロドリゲス
3.1 フィリップ・リム
ドゥー・リ


自分で買えるなら、買いたいのはタクーン!
c0050387_16202473.jpg
c0050387_16204098.jpg
c0050387_16205477.jpg

ジェイソン・ウーも若々しくて色彩がきれいだったし、個人的にはクリス・ベンツも大好き。
c0050387_16212925.jpg

マーク・ジェイコブスは今回も大好評でしたが、見ていないので、なにもいえず。すいません。

アナ・スイはターゲットのコラボも販売と同時に完売で、今季は上昇機運に乗りまくりですね。
イケています!

あとリチャード・チャイのセカンドライン、LOVEもすごく期待できます。

今までぶっとんだコレクションも少なくなかったリチャード・チャイですが、今回はいろんな意味で納得のいくリーズナブルなコレクション、これは買いでしょう!

てことで、来春のNYファッションは期待大です!
来春のトレンド予測とマストハブについても、またアップしていきますねー。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-23 16:24 | トレンドの泉
さてコレクションで撮った写真をどんどん公開です。

トリー・バーチTory Burchの展示会。
NYのソーシャライトであり、自身のブランドを立ちあげて、大成功をしたトリーさん。
今や日本でも人気ブレイクですね。

2010春夏コレクションは、写真家のウィリアム・エグルストン William Egglestonの世界にインスパイアされたもの。
c0050387_14193838.jpg

70年代にアメリカの原風景をカラーで切りとったエグルストンのように、今季は鮮やかなプリントのシャツやカーキ、タイダイ(絞り染め)のワンピース、ギンガムのジャケットなど、アメリカらしいモチーフを新たに蘇らせたコレクション。
c0050387_14195892.jpg
c0050387_1420123.jpg
c0050387_14203119.jpg
c0050387_1420481.jpg

全体に明るく、フレッシュなイメージで、かわいいです!

おや、あの人だかりは?

おおお、ヴォーグの編集長アナ・ウィンター女史が、トリー・バーチさんの説明を聞きながらショーをご覧になっているじゃありませんか!
c0050387_14215233.jpg

どひー!
その姿は先日ご紹介した映画「The September Issue: ファッションが教えてくれること」そのまま。

ちなみにアナ様は限られたショーにしか出席しません。
デザイナーにとっては、アナ様がショーを観に来てくれるのは、たいへんな名誉

アナ様がトリー・バーチのショーを訪れるのは、初めて。
いわばデザイナーとして「お墨付き」の印をもらったようなものだから、トリーさんも興奮しているもよう。
c0050387_1423367.jpg

屈強なボディガードが周りを取り囲み、厳戒態勢。
ものすごい緊張感が会場に走ります。
c0050387_14293793.jpg

あ、しまった、目が合ってしまった。
c0050387_14235534.jpg

オレは抹殺されてしまうのか。
みなの者、アデュー!

いやー。すごいわ。
さすがファッション界の女王ともなると、セレブとはまったく違う威厳がありますね。

セレブの場合は、パパラッチも押すな押すなで詰めかけるんだけど、まあ、騒ぐだけなんだね。

ところがアナ様の場合には「なにか失礼があったら、お家取り潰し」みたいな緊迫感がみなぎっているのだ!

ほとんど扱いがロイヤル

ほら、よく皇室のやんごときなき方たちが、伝統工芸をご高覧なさったり、慈善団体をご視察なさったりするでしょう。
あのノリなんだよ!

このどこを見ているかわからない目線がロイヤル!
c0050387_14263239.jpg

あまり熱心に聞いたり、うなずいたりすると、視察をしている「課長」感が漂ってしまうわけで、この聞いているんだかいないんだかわからない態度と、動かない表情がロイヤルの証!

くー。シビれます。
カッコえええ!

まあ、実際には既に事前にコレクションを見てチェックしていて、当日は「形式上」として来場しているんだと思いますが、そのあたりの形式感もロイヤル風味が漂ってステキチです。

スリルに富んだアナ様との遭遇。
こうなると怖いもの見たさですね!

とっても怖くて、楽しい一時でした。
うふ。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

講演会のお知らせです。
マンハッタンのコンラン・ショップに、料理研究家の栗原はるみさんがやって来ます!
新著「Everyday Harumi : Simple Japanese Food for Family & Friends」サイン会あり。
お料理好きはコンラン・ショップに急げー!

日時:9月22日  6:00pm〜8:00pm

The Conran Shop
407 East 59th Street, New York, NY, 10022, USA

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-22 14:34 | トレンドの泉
五絆ソサエティエグゼクティブ・ディレクターの瀧上妙子さんと、東京から来た料理研究家の山田玲子さんと一緒にランチを。

玲子先生はヒューストンで煎茶の家元につきそってお仕事、そしてNYに遊びに寄って親切なシェフ夫妻のお宅に泊めてもらっていたそう。

訪れたのは、いま旬のDBGB
バワリーとハウストンストリートのほぼ角にあります。
c0050387_1412174.jpg

ここはカリスマ・シェフであるDaniel Boulud(ダニエル・ブールー。注)がダウンタウンにオープンした最新カジュアル・ダイニング。

ダニエル・ブールーといえば、DANIEL、Bar Boulud, DB Bistro Moderneなど数々のファインダイニングを手がけていますが、ここは彼が手がける初のバーガー・ジョイント。

フレンチの巨匠がビストロなタッチでアメリカン・ダイナーを仕掛けたという店です。

店名のDBGBはDaniel Boulud Good Burgerという意味と、この1ブロック先にあった伝説のライブハウス「CBGB」にひっかけてあるもの。

CBGBといえば、かつてラモーンズやブロンディなどが出演したNYパンクの殿堂だったところ。
わたしは数回しかライブを聴きに行ったことはないですが、独特の80年代な雰囲気がある店でしたよね。

15年くらい前は、このあたりは柄が悪いところだったことを考えると、すっかり時代は変わったものです。

さて店のインテリアですが、きわめてモダンでカジュアル
c0050387_14141913.jpg

インダストリアル・シックというのか、わざと調理器具や食材の箱をデコレーションに配しているのが洒落ています。
c0050387_14143593.jpg

チョップ・チョップ・サラダ 8ドル
スイカ入りでジンジャー・セサミ・ドレッシングにて。
c0050387_14155954.jpg

そしてメインには全員がハンバーガーの「ヤンキーズ」(11ドル)をオーダー。
ここの人気メニューらしいです。
チーズを加えると、プラス2ドルというのが、ちとお高いですね。

さらに「Piggy」はプルド・ポークやハラペニョ・マヨネーズなどが入ってコーンブレッドのバンズで19ドル。

「Frenchie」はポークベリー・コンフィやトマト・オニオン・コンポート入りで、ブリオッシュのバンズで17ドル。

DBらしさを味わうなら、この手の変わり種バーガーでしょうが、バーガーにこのお値段はちょっと躊躇するよねー。

こちらはエリぞうが頼んだバーガー。バーガーはあまり大きくないです。
つけあわせは「ラタトゥイユ」を。
c0050387_14161478.jpg

こちらは妙子さんが頼んだバーガー。
つけあわせの「ホウレン草とヒヨコ豆」はホウレン草がくたくたに煮こまれていました。
c0050387_14181072.jpg

DBのハンバーガーといえば、DBビストロ・モデルヌの「フォアグラ入りハンバーガー」が有名で、あれを食べた時は「すげー旨い!」と感動したんですよ。

それに比べると、こちらはハンバーガーのお味もフツーというか、びっくりするようなサムシングはなかったなー。

新機軸はつけあわせにラタトゥイユというあたりですかね。

でもインテリアのカッコよさや話題性、スタッフのサービスのよさが人気を呼ぶのか、観光名所であるのはたしか。
非常に賑わっているレストランでした。

ハンバーガーを食べてしまうと、あまり他のモノが食べられなくなるので、何人かいたらビストロなメニューをいくつか取っていろいろと試してみると、楽しいかも。

そのあと玲子先生を連れてハイライン観光に。

「あ、知ってる、知ってる」
と玲子先生。

宇宙公園なんでしょ?」

宇宙公園?
宇宙公園ってなんだよ、なんでいきなりNASAみたいなことになっているんだよ。

それをいうなら空中庭園だろう!(笑)

訂正したあとでも何度も「宇宙公園」と言い間違える玲子先生。
そんなにも宇宙に行きたいのか?

宇宙公園に立つ玲子先生の図。
後ろがエンタープライズ号です。
c0050387_14215067.jpg

そして友だちに携帯電話をかけながら、
「いまハイレインにいるの」
と自信満々に伝える玲子先生。

それをいうならハイレインじゃなくて、ハイラインだろ(笑)

料理はうまいのに、なぜか日本語の不自由な玲子先生。
今回も短い時間のなかで笑わせてもらいました。
ぶじに日本に帰国して下さいね!

注)Daniel Bouludの表記については、ダニエル・ブリューと書かれているケースもあり、表記がまちまちなのですが、この記事によると、ダニエル側PRの発表によれば「dan-YELL boo-LOO」つまり「ブールー」らしいです。

DBGB Kitchen & Bar
住所:299 Bowery Street between Houston & 1st Street
New York, NY 10003
電話:212-933-5300


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

今日はいい天気のNYでしたね。
ハイラインはすごい人出でした。

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-21 14:31 | NYのレストラン

結婚生活に大切なことは

またもウエディングの取材撮影。

今回のカップルもド金持ちでした。

どのくらいド金持ちかというと、お支度をしている花嫁のご実家にまず撮影に行ったのですが、これがアッパーイーストサイドの一等地にある3階分のペントハウス

職業柄だいぶ金持ちの方のお宅も取材しているエリぞうですが、こちらはマンハッタンで群を抜いてデカかったッス!

ご自宅からはセントラルパークの眺めが。
うわあああ、こんな家に住んでいるビリオネアがいるんだ!

そして伝統ある教会で式を挙げた新郎新婦。
c0050387_15343226.jpg

披露宴も超ゴージャス!
c0050387_15341788.jpg

これ、企業のパーティとかじゃなくて、個人の披露宴なんですよ?
どんだけの規模だっていう。

ここで身も蓋もないことをいうと、やっぱり金持ちって金持ちと結婚するよね(笑)

うらやましいを通りこして、もはや異世界に接しているような気分。
うひー! 

今日のカップルは美男美女
ファーストダンスを踊ります。
c0050387_15362880.jpg

でもちっとも驕ったところがなくて、性格にかわいらしさのある、人のよさそうな二人なんですよ。
ぜひ末永く幸せでいて欲しいと願うエリぞうでした。

ダンスフロアに招待客がなだれこんで、踊る、踊る。
招待客のなかにはお年寄りも多いんですが、みんな元気で踊っているんだよね。
c0050387_15374534.jpg

エリぞうはアメリカ式のこの踊る披露宴というのが好きだなー!
スピーチだのカラオケだのより、やっぱりダンスパーティが楽しいぜ!

そしてわたしとカメラマンのちとりんが撮影を切り上げたのが、夜中の12時半

このあとなんと披露宴は朝4時まで続く予定らしいです。

てか、朝4時だよ、朝4時!
そこまで起きていられるお客さんたちってどういう体力しているんだ?

なにもかもスケールが違いすぎるアメリカの結婚式事情。
美しい写真の数々はELLE MARRIAGE(エル・マリアージュ)でぜひともご覧下さい!

ところでうちは結婚して12年、一緒に暮らして15年になるんですよ。
ま、仲いいことだけが取り柄ですね。
金はないけど、愛はある(笑)

では、結婚で大切なこととはなにか?

この質問を同じく結婚して十数年になるカメラマンの響さん(奥さんはアメリカ人)に尋ねてみたんですよ。

そしたら答えは「コミュニケーション

なるほど、いい答えですね。
わたしも賛同です。

結婚生活でいちばん大切なのは、コミュニケーションを欠かさないこと。
相手に正直に気持ちをいいあえるというのが、誠実につきあうことの前提にあると思います。

そしてこれから結婚する人にアドバイスするなら、「怒ったまま眠らないこと」ですね。

夫婦だったら、当然ケンカすることも、ぶつかることも、不満が爆発することもあるわけですよ。
でも怒りを残したまま寝ると、これがあとを引くんだよね。

しかも相手に対して静かに怒りを持っているのに相手に伝えないで、寝室を別にして冷ややかに寝たりすると、怒りはさらにブスブスとくすぶって残るのだ。

わたしの経験では、その日の怒りはその日で決済したほうがずっといい。

結婚生活が壊れるとき、たいてい「相手の気持ちがわからない」というようになります。

意志疎通ができなくなるうちに、いつの間にか距離は広がって、伴侶が他人よりもわからない存在になるというのはしばしば起こりうること。

一緒に暮らしていながら、まるで互いが違う銀河のように遠くなってしまう。
それは他人といるより、つらい。
どちらかが相手をわかろうとしなくなったら、たぶんそこで関係は終わってしまう。

人間というのは、完璧にわかりあえるものではないです
違っていて当たり前。
でも「わかりあおう」とするうちは、つながることができる。

二人の人間がいれば、違うから、ぶつかるし、合わないところもあるし、ケンカもする。
そうやってぶつかったり、気持ちをいいあうことで、よりわかりあっていけるんだろうね。

これから結婚するみなさん、シングルのみなさんには、ぜひとも魂でつながった相手と関係を築いていって欲しいです。

だいじょうぶですよ、そういう相手は必ずいますから!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
この下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-20 16:18 | エリぞうのお仕事
日本では秋の大型連休。
今どきはシルバーウィークともいうらしいッスね。

そのシルバーウィークがNYにも上陸!
日本からのツーリストを歓迎して「秋のゴールデンウィーク」キャンペーンが開催です!
c0050387_1345552.jpg

これはマディソン・アベニューの商工会であるMadison Avenue BID (Madison Avenue Business Improvement District) が、日本の旅行者にむけたプロモーション。

「Madison Autumn Golden Week」
期間は9月19〜27日まで。

マディソン・アベニューといえば、NYの一流ブティックが並んでいる高級ショッピング街。

なんでもマディソン街と東京の丸の内がパートナーシップ締結したのを記念して、このキャンペーンが開催されることになったそう。

丸の内カードを使ってマディソン街のショップ、レストランを利用すると特別なサービスが受けられる店と、この期間なら誰にでもサービスがつくお店があるみたいです。

日本からの旅行者であるかどうかまでは確認しないようなので、在NYのみなさんもどうぞ。

マディソン街の60以上の店舗が参加しています。
詳細は、こちらの丸ビルのページでどうぞ。

日本語のパンフレットはホテル等に配布してあるそうです。

てことで、じゃーん、得する情報を公開です!

よさげな情報をピックアップしてみましたが、わたしのほうでは店に情報確認はしていません。
必ずお店で確認して下さいね。


Bally
628 Madison Avenue (58-59)
Tel: 212-751-9082
Receive a Bally gift card valued at $100 when you purchase any Bally Trainspotting or Busy B product.
バリー・トレインスポッティングかビジーBの製品を100ドル以上お買い上げのお客様にギフトをプレゼント。

BCBG MaxAzria
770 Madison Avenue (65-66)
Tel: 212-717-4225
Receive an exclusive gift with a purchase of $300 or more. Gift available while supplies last, with a minimum US $300 purchase before tax of regularly priced merchandise.
300ドル以上のお買い物で特製ギフトをプレゼント。
c0050387_13454878.jpg

Bistro Chat Noir
22 East 66th Street
Tel: 212-794-2428
Complimentary glass of house champagne and dessert with the purchase of a main course.
メインコースを注文のお客様にシャンパンとデザートをプレゼント。

Clarins
1061 Madison Avenue (80-81)
Tel: 212-734-6100
Receive a 20% discount on facials and body treatments. On September 23rd and September 24th receive a complimentary make up workshop, promoting the look for the fall season and mini facials spotlighting the top Clarins treatment products in Japan. Offer valid for shoppers presenting the Marunouchi credit card.
丸の内カードを提示したお客様に、フェイシャルとボディのトリートメントを20%引き。23日と24日には無料のメイクアップ・ワークショップ、そしてミニフェイシャルを。

Coach
595 Madison Avenue (57-58)
Tel: 212-754-0041
Receive a gift with purchases of $200 or more. Japanese spoken on premises.
200ドル以上のお買い物でギフトをプレゼント。店内では日本語でどうぞ。

Godiva Chocolatier
793 Madison Avenue (67-68)
Tel: 212-249-9444
Receive a 10% discount on any purchase and one free sample per customer.
すべてのお買い物を10%ディスカウント。

Kai Restaurant
822 Madison Avenue (68-69)
Tel: 212-988-7277
Offer welcome drink: When you join us for dinner, we will offer a complimentary glass of wine or our famous bottled ice tea, "Teas' Tea."
ウェルカムドリンクをプレゼント。そしてディナーをご注文のお客様にはワイン一杯かお茶を提供。

La Boutique Resale - Consignment Shop ブランド古着
1045 Madison Avenue (79-80)
Tel: 212-517-8099
Receive a complimentary gift with any $50 purchase or more. Receive free shipping to Japan for purchases over $500. Offer valid for shoppers carrying the Marunouchi credit card.
丸の内カードをお使いのお客さまに50ドルのお買い物でギフトを、そして500ドルのお買い物で日本への無料郵送を。

La Maison du Chocolat
1018 Madison Avenue (78-79)
Tel: 212-744-7117
Receive a complimentary gift with any $50 purchase.
50ドルのお買い物でギフトをプレゼント。

MaxMara
813 Madison Avenue (68-69)
Tel: 212-879-6100
Schedule an appointment at the Madison Avenue boutique with a MaxMara stylist and enjoy complimentary limousine transportation and shopping bag delivery service.
予約制でスタイリストがつき、リムジンが迎えに行き、そして買い物袋をホテルまで届けてくれます。

Montmartre
1157 Madison Avenue (85-86)
Tel: 212-988-8962
Receive a 15% discount on purchases. Offer valid for shoppers carrying the Marunouchi credit card.
丸の内カードでお買い物のお客様に15%オフ。

Mulberry
605 Madison Avenue (57-58)
Tel: 888-685-6856
A beautiful Mulberry gift will be given to all who make a purchase using the Marunouchi Credit Card.
丸の内カードでお買い物のお客様に特製ギフトをプレゼント。

Robert Talbott
680 Madison Avenue (61-62)
Tel: 212-751-1200
Receive a 15% discount on purchases made using the Marunouchi credit card.
丸の内カードでお買い物のお客様に15%オフ。

Samantha Thavasa
965 Madison Avenue (75-76)
Tel: 212-535-3920
On September 23rd from Noon to 2 PM, visit us at the Boutique and meet Tinsley Mortimer. Tinsley will be previewing her autumn / winter 2009 collection and sharing fashionable ideas of things to come.
9月23日の昼から2時まで、ティンズレー・モーティマーが来店して、秋冬物をプレビュー。

Selima Optique
877 Madison Avenue (72-73)
Tel: 212-988-6690
Receive a 15 to 20% discount on eyeglasses, sunglasses and accessories.
眼鏡、サングラス、アクセサリーが15〜20%オフ。

Yves Saint Laurent
855 Madison Avenue (70-71)
Tel: 212-988-3821
With any purchase at the Yves Saint Laurent Madison Avenue boutique, receive an exclusive Autumn Golden Week gift.
お買い物をすると、特別な「オータムゴールデンウィーク」ギフトをプレゼント。

NYもあれやこれやの知恵で観光客を誘致。
日本からのツーリストは大歓迎!
てことで、ちょっと得して観光を楽しんで下さいね!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ようやくファッションウィークも終わって今日はたっぷり寝ました!
期間中コメントにレスできなかったみなさん、失礼しました。

ヨレヨレになりながらも、クリックランキングに助けられて更新できました。
ありがとうございます!

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
↓ランキングをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2009-09-19 14:00 | NYのスポット