コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー

<   2010年 01月 ( 26 )   > この月の画像一覧

e.y.wada(イー・ワイ・ワダ)の2010 春夏コレクションをご紹介です。

e.y.wadaはNYを拠点に、日本人の和田修治と韓国人のウニョン・ソンが立ちあげた新進ブランド。

ロウワーイーストサイドにアトリエをかまえる和田さんとウニョンさんです。
c0050387_1731113.jpg

和田さんは岐阜出身。
実家が縫製工場を営んでいたこともあって、早くからファッションに親しみ、名古屋モード学園を卒業。

岐阜で四年間パタンナーとして働いたあと、NYに渡米。

「とにかくNYに憧れていたんです」
という和田さん。

「当時はNYファッションがよくメディアで取りあげられていた時期だったし、憧れていたんですよ。
自分でブランドを立ちあげたいってがあったんです」

英語学校に通いながら、パタンナーのインターンシップからスタート。

「いつか自分のブランドをたちあげたいと、そればかり思っていましたね」

そしてパタンナーとしてマーク・ジェイコブス、リチャード・チャイ、ザック・ポーセンといったビッグネームと働いていった。

「そこでNYのデザイナーたちの仕事の仕方というのを見ることができたのが大きい収穫でしたね」

そしてブランドをローンチして、07年春夏コレクションでデビュー。

09秋冬コレクションで、NYファッションウィークランウェイデビューを果たす快挙を。

さて2010年春夏コレクションです。
今季はぐっと若々しくなって、色づかいもポップになっています。

フューシャのジャンプスーツに、裾にスカラップを施したジャケット。
かわいい!
c0050387_1714995.jpg

「この数シーズン、ダークなパワーウーマンが主流になっていたので、今シーズンは明るく元気なスタイルで" HAPPY"な気分でいきました」
と和田さん。

「アップタウンに住んでいる女の子が、ロウワーイーストサイドに遊びに来たような感じ」
というアップダウン・ダウンタウンのイメージを大事にしたとか。

ショート丈の革ジャンに小花プリントのドレスで。
c0050387_1724594.jpg

カジュアル×ドレッシー、フェミニン×マスキュリンと相対するものをデザインに落としこんでいます。

かわいいけれど、どこかタフで強いニューヨーカーの女性像を感じさせます。

レースがついたTシャツはシグネチャー。
c0050387_1733886.jpg

ねじったスカート部分がポイントになっているミニドレス。
ディテールがかわいい。
c0050387_1741294.jpg

ドレープ、ギャザー、タックを自在にミックスしている今回のコレクション。

リボンのモチーフが多く見られ、ガーリーになりがちなリボンを、ちょっぴりマスキュランに仕立てています。
c0050387_1744728.jpg

「リーズナブルな価格ですが、クオリティは妥協していません」
という和田さん。

NYらしいモード感のあるリアルクローズに要注目です。

現在USに10店舗と海外5カ国にて取りあつかいがあり、NYではBeyond7に置いてあります。 

NYで夢をかなえたい若者たちにとって、実際にブランドをたちあげてNYコレクションに参加した和田さんの姿は、きっと励みになるはず。

この和田さんに伺ったデザイナーになるための道のりは、ウェブマガジンのNYニッチ1月更新号にて掲載します!
お楽しみに。


e.y.wada のウェブサイト

Beyond 7
住所:601 West27th Street New York ,NY 10001



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。


エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-01-06 17:41 | トレンドの泉
さて先日のレズビアン・バー探訪記の続きです。

あのあとアキームたんがこう情報をもたらしたのである。

「今どきのイケている子たちは、クラブでやっているレズビアン・ナイトに来るらしいよ。

知りあいが間違えてその曜日にいったらきれいな子がたくさん来ていて女同士で踊っていたって。

マジでアンジェリーナ・ジョリーみたいな美女が来ていたらしいんだよね」

やはりそうだったのか!
そりゃアンジーがダイブ・バーでカラオケをするはずがないよな。

うーぬ。ゆかさんにリサーチを任せていたのが失敗だった。
自分で調べたほうがてっとり早いわ。

そこでネットでリサーチしてみると、こんなのが見つかった。
Shescape という女性専用のイベントサイト。

おお、なんかとてもハデそう
写真を観ると、これぞゆかさんが夢みるクラブという感じではある。

そこでさっそくゆかさんに情報を送ってみると、

「まあ、素敵、これよ、これ。
つぎはマーティン・ルーサー・キングデイにパーティがあるのね。
これに行ってみましょうよ。
わたしは踊るほうが好きだわ」

えええーッ、ク、クラビング?

……そ、それはオレのような年寄りには、ちょっと……。
勘弁してくりー!

余談ながら、わたしがNYでいちばん親しくしているカップルは同性婚をしている女性同士なのだ。

当然のことながら、ゆかさんは数年前から彼女たちにも、
「レズ・バーに一緒に連れていって」
と頼み込んでいたのである。

しかし「うーん、わたしたちは興味ないから」というのが彼女たちの意見で、1ミリも乗り気なし

そりゃそうだわね。
すでに落ちついていて誰かを捜すつもりがなければ、シングル・バーよりも旨い店に行きたいのが人間心理というものである。

人間というのは野望とか下心といったエンジンがかからないかぎり、動きようがないのだよ。

わたしにしたって誰かにときめきたい野望がないんだから、立ちっぱなしのクラブなんて死んでしまうぜ。

いや、たとえジョニデがいようが、立ちっぱなしなんてありえねえっす。
隙あらば座っていたい。

てことで、ゆかさんが折り畳み椅子を持ってくれるなら、参加しようと思います。
ナマケモノですいません。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

先日の「100の目標」ですが、とりあえず30個までは書きました。
ひー!
100個って考えつくのって、けっこうたいへんじゃん!
引き続き考えてみます。

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-01-05 17:34 | ライフのツボ
J Crewから、FENTON-FALON(フェントン・ファロン)とコラボのネックレスが発売です。

フェントン/ファロンといえば、NY発のヒップで豪華なコスチューム・ジュエリー・ブランド。

フェントン・ファロンについては、このブログでも前に詳しく説明しているので、こちらの記事をご覧下さいね。

デザイナーはダナ・ロレンツ(Dana Lorenz)
もとダナ・カランやグッチで働いていた経歴をもっていて、05年にラグジュリアスなハイエンド・ジュエリー、フェントンをローンチ。

存在感のあるスタイルが人気で、ミシェル・オバマ大統領夫人、リアーナ、シャローム・ハーロウ、ミシェル・モナハンらのセレブがご愛用。

カジュアルで値段も手が出しやすいセカンドラインであるファロンを07年にローンチ。

そのフェントン・ファロンがJクルーとコラボするとは!
これだから最近のコラボ旋風は見逃せませんなー!

さて見てみましょう。
FENTON-FALLON for J. Crew Carrington crystal bow necklace

色違いで二種類あって、こちらがアンティーク・ゴールド
c0050387_15374695.jpg

うわ、かわいい!
これは超かわいいです!

ダーク・チャコールのタイプはこちら。
c0050387_1538372.jpg

きゃー!
めちゃかわいい!

真鍮のチェーンにスワロフスキーのクリスタルなどをちりばめ、シルクのハンドダイのリボンをあしらっています。

タフシックアップタウン・グラマーを合わせ持ったスタイルで、いろんなシーンで活躍してくれそう。

お値段は295ドル
くー。
ハートをわしづかみされました。
これはお買い得アイテムですね!

残念なことにJクルーが日本から撤廃した頃から、アメリカではミシェル夫人効果もあってJクルーが盛り返してきたんですよね。

最近のTシャツとかカーディガン、アクセサリーはいい線いっているんですよ。

てことで、米国在住のみなさんは最近イケているJクルーを要チェケラウ!
日本の方は通販でどうぞ。

ウェブサイトはこちら。
J Crew


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

先日の「新年100の抱負」ですが、ようやく現在考えついたのが、30個!
うわー。
考えるだけで大仕事だー!

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-01-04 15:42 | トレンドの泉
友だちのゆかさんは二人お子さんがいるハッピーなママン。
旦那さんとも仲がいい。

なのに、「男性の体ってあまり好きじゃないの」とかで(!)前々から「レズ・バーに行きましょうよー」と誘ってきているのだ。

ひえー。オレが行ってなんの得があるんだよー!

ところがゆかさんときたら、いつまにか万葉さんを引きずりこみ、さらにアキームたんも引きずりこんで、レズ・バー探検隊を仕立てていたのである。

うわー。
もう逃げられない、ついに探検隊に参加する日が来てしまったのね。

レズ・バーに行くなんていったら、ピタ隊長がイヤがるだろうから、「ガールズ・ナイト・アウトで出かける」といって出かけたわたし。

このブログを読んだみなさん、ピタ隊長にバラしてはいかんよ。

そしてついに暮れも押し迫った夜に出かけることになったのだあああ!

「どういう恰好して行けばいいんでしょうか。
ボンデージのような恰好をしたらいいんですか」

とメールしてくる万葉さん。

わはははは!
なんでいきなりボンデージになるのよ!
仮装大会じゃないんだからさ。
たかだかバーに呑みに行くだけなのに、気合い入りすぎ。

ところが当日は凍てつく寒さになってしまい、集合場所のハドソンストリートはびゅうびゅう北風が吹きすさぶ地の果てみたいなことに。

しかも待ちあわせたスタバが閉まっていて、一件も開いている店がないのだ。
もはやツンドラにいるような気分になってくる。

ふええええ、こんな寒さのなかで外にいたら死んじゃうよー。

目の前が暗くなってサントワ・マミーになっていたら、ようやく銀行の前で万葉さんと邂逅し、二人でATMコーナーに入って風をしのいだのであった。

「どんなバーなんでしょうね。
アンジェリーナ・ジョリーみたいな女性がいたらいいですよね」
と万葉さん。

て、そんなわけないじゃん!
アンジーがそこらのバーなんかにいないって!(笑)

それって「NYのバーに行ったら、ブラピみたいな男性と知り合えるんじゃないか」っていうのと同じ類の幻想だよ。

いやー。そこまで妄想をたくましくしてしまって、いいんだろうか。
行く前に期待値メーターあがりすぎだっていう。

そして寒風に吹きすさばれながら、われわれはハドソンストリートを北上したのであった。

目指すは、ウエストヴィレッジにあるHenrietta Hudson

なんでもゆかさんが「何年も前から一度行ってみたいと思っていたの」と憧れていたバーらしいのだ。

はたしてエルドラドはすぐそこにあるのか?

ひええええ、風が強くて顔がいだいよー!
目があけていられないよー。
さぶいよー!

ほとんど八甲田山死の彷徨のようです。
ようやく横断歩道の反対側にそれらしき店のネオンサインがついに見えてきた。

うお!
ださっっっ!(汗)

思わずムンクの叫びになってしまったエリぞうであった。

だってマジ、ダサいんだもん。
店に入らなくてもわかる、そのダサダサ感
いかにもダイブ・バー(アメリカにおける居酒屋で、がんがん飲むためのだけのバーのこと)で、オシャレ度ゼロ。

しかしゆかさんは目をきらきらさせて突進していくのであった。

「あら、Bar & Girlだって。
ふつうはBar & Grill というところをダジャレでGirlにしてあるのね。
かわいいと思わない?」

かわいくないよ!
てか、寒くて死にそうだよ!

入ってみると、マジでふた昔くらい前のイメージのバーなのであった。
天井からピロピロしたテープが垂れ下がっている。

暮れのせいか、店は閑散としていて盛りさがっているし。
客層もアンジェリーナ・ジョリーというより、ロージー・オドネルですかね。
まあ、現実はそんなものか。

おや、フロアに巨大な鉄の鳥籠がある。
もしやこのなかできれいなダンサーがパフォーマンスするのではないかという最後の希望も、しかしつぎの瞬間に崩れさったのであった。

突然響いてきたのは、陰々滅々としたお経のような声

「マイ・ハンプス、マイ・ハンプス、ハンプス」

え、こ、これはまさかファーギーの「マイ・ハンプス」?
うーわーーー!
カラオケ・タイムだああああ。

恐ろしいことに始まったのはカラオケ大会、しかも客たちが次から次へとドヘタな歌を唄いだしたのである。

ものすごい破壊力! 
鼓膜への波状攻撃!

日本のカラオケだと、みんながすでに練習しているから、ちゃんと聴けるレベルじゃないですか。
わたしは音痴だけど、唄わないしね。

ところがアメリカのカラオキ(と発音する)は、音痴のオンパレード。
なのに、本人的には自覚はないらしく、自信まんまんで堂々と歌いきるのよ。

ひえええええ。
極寒のなかを歩いてきて、なんでこんな難行苦行にあわなくちゃなんないんだよー。

「だめだよ、ゆかさん、この店は終わっている!

この店もきっと昔はイケていたんだろうし、あるいは曜日によっては盛りあがっているのかもしれない。

しかしとてもお洒落レズのみなさんがやって来るとは思えない。

「これはどこか探して再挑戦したほうがいいよ」

てことで、早々に河岸を変えて、居酒屋EN(えん)で反省会をしたわたしたちなのであった。
やれやれ。

「ああ、わたしは一生ストレートのまま終わってしまうのかしら」
と残念そうなゆかさん。

おいおい!

いったいゆかさんが夢みるような「素敵な女性でいっぱい」のレズ・バーは存在するものなのか?

ステキチな店を知っている方は、ぜひゆかさんに教えてあげてちょんまげ!(←昭和ギャグ)



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

お年玉クリックご協力ありがとうございます。

おかげでアメリカ情報で2位
全海外ブログのなかではなんと3位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-01-03 17:16 | ライフのツボ
元旦は画家の友だちのところで、お節をいただきました!
c0050387_1632875.jpg

栗きんとんはくちなしを使って手作りしたという本格的なもの。
ふっくら炊けた黒豆がおいしい!
田作りも、叩きごぼうも、なますもすべて手作りです。
c0050387_164127.jpg
c0050387_1641734.jpg

お節は手作りだと、段違いに味が違いますなー。
うまし山うまぞう!

さらにおいしいお雑煮もいただき、ステキチな新年を迎えられました。

ところでみなさん、新年の抱負は既に立てましたか?

去年の元旦の記事を読んで、軽くクラッときたエリぞうです。

ぐはーッ、なんの進歩もしていないじゃないか!
1ミクロンの変化もなし!

オレは永劫回帰ですか、ニーチェですか。
ブーメラン、ブーメラン!

ちなみに画伯ちゃんは「100の抱負」というのをやってみるんだそうだ。

すげー!
抱負の百本ノック、抱負の絨毯爆撃、抱負のローラー作戦、抱負のがぶり寄り!

てか、100個考えつくだけで大騒ぎだろ。

しかし新機軸の荒技で、ナイスアイデアかもしれないね。
百個も抱負をたてたら、そのうちのいくつかはクリアするだろうからね。
なんらかの進歩を感じるかもしれん。

うーむ、こうなると抱負を考えるのが、今年の抱負だね。
おもしろいので、いくつ考えつくか、明日あたり考えてみるッス!
c0050387_162731100.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

たくさんのお年玉クリックありがとうございます〜!

おかげでアメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは4位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

応援して下さるみなさま、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-01-02 16:08 | ライフのツボ
HAPPY NU YEARRRRRRRRRR!
c0050387_16122297.jpg


あけましておめでとうございますーーー!
ぷがぷが、どんどん!
ぱふぱふ、どんどん!

旧年中はたいへんお世話になりまして、御礼申し上げます。
今年もよろしくお願いいたします。

エリぞうは友だち宅でカウントダウンを迎えました!
c0050387_1614635.jpg
c0050387_16142515.jpg
c0050387_16144150.jpg

うおー!
なんと2010年ですよ!
1999年に滅んでいたはずの地球が21世紀に入ってもう10年ですよ!

月日の経つ速さに驚くばかりです。

新しい年に新しい気持ちで、新しいスタートを切りたいものです。

みなさんにとって2010年が喜びと出会いに満ちた、すばらしい年となりますように!

新春のご祝儀ポチをいただければ幸いです〜!
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになります。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-01-01 16:16 | ライフのツボ