「ほっ」と。キャンペーン

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー

<   2010年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

日本から友だちが来て、小学生のお嬢さんと一緒にごはんに行きました。
彼女はわたしがNYに来た頃に、同じビルディングに住んでいた友だちで、会うのは10年ぶりかな。
懐かしい!

初めて会う彼女のお子さんは春から小学校2年生
すごく元気な子で、ひと見知りもしないし、とても利発でおしゃべりなのだ。
かわいい!
なんでも塾で英語も習っているらしいよ。

そんなパワフルなRちゃんはピタ隊長にロックオン
ずーーーーっと一緒に遊んでいるのである!
c0050387_12121545.jpg


コトバはほとんど通じていないのだが、えんえん、えんえん、ふざけあって遊んでいるのであった。
子どものエネルギーはエンドレスだなー。

じつはピタ隊長は子どものオモチャになりやすいことで有名なのだ。

子どもというのは遊んでくれるひとを瞬時に見分けるもので、ピタ隊長に会うと、すぐちょっかいを出してきて、遊びたがるのである。

ま、子どもの餌食になりやすいタイプともいうね。

「ブー(ピタのこと)って子どものオモチャにされがちだよねー」というと、

「ぼくはトイなんかじゃないんだああああ!」と抗議するピータローなのであった。

そのビッグなリアクションが既にオモチャ感いっぱいなわけだよ。
子どもは絶対に見抜いていると思うぞ、きみの本質を。

はッ!
だからわたしはピタ隊長に惹かれたのであろうか。

もしかして「いつも遊べるヌイグルミが欲しーい」という気持ちの表れが、ピタ隊長を呼んだのか。

そういえばいつもわたしはピタ隊長の耳をひっぱったり、ほっぺをこねくりまわしたり、頭を撫でたりしているんだな。

そして「ぼくは粘土じゃないんだーーー!」とピタから抗議を受けているのであった。

うわーーーッ!
わたしがひとを見抜く基準は子どもと同じだったのかー!

しまった、家庭内トイ・ストーリー

ところで話は飛ぶのですが、先日お会いしたファッション業界関係の方から「先日はどうも」とメールが来た際に、

ペタ隊長にもよろしく」

と書いてあって爆笑したエリぞうです。
ペタ隊長!
わははははは、ピタ隊長ですから!

かなり気にいったので、今度からはペタ隊長と呼ぼうかと思います。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-31 12:29 | ライフのツボ
さて2010秋冬コレクションシーズンも終わりましたが、次の流れはどうなっているでしょうか。
ここらでちょっとご紹介をレッツらゴー!

奥さん!(みのもんた風に)久々にスーツが戻ってきましたよ!
2010秋冬コレクションはNYもミラノもパリも、きっちり仕立てたテイラードスーツが勢揃い。

全体的にクラシックでスーパーリアリズム(こんな言葉あるのか?)だった今回のコレクション。

コンサバ回帰で「仕事ができる」オンナ風のジャケットがマストになりそうです。

やっぱり不況が長引いているだけあって、「安定感」への希求があるんでしょうかね?
いや、もっとあからさまに面接ルックということか?

ふり返ってみれば、ここ何年も「上下の揃った」服ってアウトだったじゃないですか。

なるべく上下をバラしてミックス&マッチをして、異素材や正反対のイメージを組みあわせるのがオシャレのルールになっていたはず。

それがここでスパーンとスーツを見せられると、おおっと、久しぶりで新鮮ですね。

やっぱりこの時代「堅実」で「キャリア」を築いていけそうな女性像がインになってきているんでしょうかねー。

こちらは時代を読むのがうまいマーク・ジェイコブス先生です。
c0050387_12382085.jpg

マイケル・コースのスーツはさすがアッパーの香りが。
c0050387_12385248.jpg

アレキサンダー・ワンにかかるとメンズライクなピンストライプの生地も、ミッドリフを出してセクシーに。
c0050387_12392144.jpg

ダイアン・フォン・ファーステンバーグもめずらしくテイラードスーツをファーストルックに。
c0050387_12395481.jpg

花のボレロを重ねているところが「らしくて」フェミニンです。

ヨーロッパのメゾンでもスーツが目立ちます。
こちらはバルマン
c0050387_1240305.jpg

プラダ
クラシックな奥さまスーツ、昔のイタリア映画に出てきそうですね。
c0050387_1241261.jpg

ドルチェ&ガッバーナ
c0050387_12413025.jpg

これがオフィスでパンツ丸出しだったら、レディ・ガガも真っ青です(汗)

テイラードスーツというのは素材と仕立てのよさがはっきりと出るので、安いファストファッションでは太刀打ちできないもの。

なるほど、デザイナー側としてはブランドの実力がわかるスーツで勝負をかけようというわけですね、憎いね、このこの!

というわけで秋は、いい仕立てのスーツが欲しくなりそうですよ、お嬢さん!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

「今日も読んだよ」の代わりに、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-30 12:47 | トレンドの泉
ティム・バートンの「アリス・イン・ワンダーランド
c0050387_11303561.jpg

3月はじめ公開直後に観たんですが、アップできなかったので、ここらでアップを。
日本では4月公開です。

えー、最初に断ると、これは「不思議の国のアリス」ではないのね。
「不思議の国のアリス」と「鏡の国のアリス」に出てくるキャラを使った、ティム・バートンによる二次創作なのだ。

ずばりティム・バートンによるオリジナル・アクション映画なんだぜ!

アリスを期待して行くと、「これ、アリスじゃないじゃん!」と叫びたくなること請け合い。
心のなかで「うそー」と叫び続けていたエリぞうです。

だってマッド・ハッターがマッドじゃないし!
眠りねずみがぜんぜん眠っていないしー! 
そ、そんな〜!

なんたってティム・バートンがアリスを撮るというのだから、こちらは期待がぱんぱんに膨らんでいたわけで、期待が大きいぶんドッピョーンと肩すかしも大きかったのでした。

いえね、映像的には美しいんですよ。
ことに話す花園(「鏡の国」に登場)がすばらしい。
c0050387_11153849.jpg

バートンが作りあげた映像のワンダーランドは観る価値ありです。

物語は19歳になったアリスが望まない婚約をさせられそうになる場面から始まります。
そして白ウサギを追いかけて穴に落ちて再びワンダーランドに行くアリス。

ところがワンダーランドは今や悪い赤の女王が支配していて、アリスはみんなを助けるために約束の英雄(マトリックスのザ・ワン?)としてジャバーウォックという竜(これは「鏡の国」のなかで詩に出てきます)と対決することに。
それを助けるマッド・ハッター。

なんと物語が途中からダンジャン・アンド・ドラゴンみたいになっちゃうのだ。
えーッ!

わたしにとってアリスの魅力というのはナンセンスさとシュールリアリズムで、その理屈の通じなさ、脈絡のなさ、不可解さというのが、まさしく夢の世界に近い感じで好きなんですね。

原作では英語の言葉遊びやイギリスの替え歌を駆使しているので、はっきりいってわたしも本を読んでなにがなんだかわからないところばかり。
でもワケわからないままに魅力がある。

ハンプティダンプティのいう「非誕生日のプレゼント」だとか、ひとつところに留まるために全力疾走する赤の女王とか、「明日と昨日のジャムはあるけれど、今日のジャムはない」なんて論理とか「先にケーキを配って後から切る、あともどり」理論みたいな、シュールな哲学がおもしろいんですよね。

しかし今どきの莫大な制作費をかける映画が、そんなワケわからないものを作りっこないわけで、おそらく映画化に当たっては以下のような条件をクリアしたんじゃなかろうか。
c0050387_11182392.jpg

ジョニー・デップが主演であること。
従来のアリスではない、新しいオリジナルであること。
筋がわかりやすいこと。
アクション・アドベンチャー仕立てであること。
現代にふさわしくヒロインは強いこと。
成長物語になっていること。

これらの条件を満たして金の儲かるオリジナルストーリーを作りあげたら、たしかにこうなるかって気はします。

しかしながら全体に残念なのは大味になってしまっているところ。

ティム・バートンがもともと持っていた繊細さとか夢見がちなところがなくなって、大味で勧善懲悪のアクション映画に仕上がってしまっている感じがする。

ティム・バートンとアリスという夢のコラボであるだけに、ちょっと残念です。

でもこれはあくまでガチのアリス・ファンであるわたしの意見であって、観ておもしろかったというひとに反対はしないし、これはこれでありかと思います。

ピタ隊長はフツーに楽しんでいたしね。

で、尋ねてみたら、ピタのように特にアリス・ファンではないと、オリジナルの話をよく覚えていないようなんだよね。

原作で白ウサギが出て来たとか、帽子屋とか赤の女王とかトウィードルダムとトウィードルディーなんかのキャラが出てきたのは覚えているんだけど、どういうつながりだったかを覚えていないもよう。
c0050387_11163888.jpg

そのためバートン版のアリスでも特に違和感はないらしい。

まあ、原作ものは原作ファンほど落胆して、ファンでないひとは素直に喜ぶという、あの法則なんだろうねー。

「アリス」を期待しないで観るかぎり、楽しいワンダーランドといえそうです。

米国では大ヒットになっていて興行成績を塗りかえているので、大成功した作品であるのは間違いなし。
ジョニデ・ファンやティム・バートンはぜひどうぞ!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-29 11:23 | エンタメの殿堂
エリぞうインNY。
時差ボケ祭り絶賛開催中です!

ブログを書こうとすると寝オチしちゃって、すいません。
なんだか年々時差ボケがひどくなってきているような気がするんだけど、そういうものなのかしらん?

さて今週末はピタママが手術で、今度はピタ隊長がコネチカットに帰省中。

この年代になると、次から次へとコトが起こりますよねー。
やっぱり年を経ると、自分以外のことで悩むことが多くなるよね。

いろいろとストレスのあることも多いわけですが、今回帰国した時に友だちと話していて、膝ポンしたのが、この言葉。

「ストレスを感じると、体が酸化するから、老化しちゃうのよ。
悩むと、酸化物質が出るわよ。
自分のためになると思って、悩まないほうがいいわよ」

おお、その通りだわ。
心のなかにブスブスとくすぶる不満や怒りがあると、自然と顔がシビアになって、額にはできるし、口角はさがるし、胃酸が増えては汚くなるし、老化するし、いいことない!

柔和な皺ならいいけど、アグリーな皺はちょっといやよねー。

20代の若者なら多いに悩んでいいのよ、だって肌の回復力が違うもん。

しかし35歳を過ぎると、事態は深刻よ?
不満を持ったり、ストレスを感じたりすることで、さらに自分の肉体が劣化しちゃうなんて。
きゃーッ!
恐い!

ことに女性の場合は、心の不調が体にも表れやすいですからね。

わたしはちょうど厄年の頃に子宮筋腫の手術をしたんですが、その頃は仕事や人間関係で悩みまくり、ストレス全開だったんですよ。

どうも体と心はシンクロしている気がしてならないんだな。
ストレスというのは、肉体にになって現れる気がする。

となると、アンチエイジングのためにも、ストレスを感じないほうがいいというのは道理よね。

人生で障害をなくすことはできないけれど、次々とやってくる問題に対して、こう力をいれずに、するんするんと太極拳みたいにかわしていけるようになると、いいんだろうねー。

そういえばピタ隊長はストレスフリーで有名なヤツなのだ。

なぜかシビアな状況でもあんまり悩んだりすることなく、よくここまでストレス感じないで生きていけるなー、というくらい楽天的なヤツなのである。

なんたって家ではリラックスしたいからと、年中すっぽんぽんの男なのだ。
どんだけリラックスしているんじゃー!

時差ボケで、めずらしく早寝しているエリぞうの隣で、グーカーと雷のようないびきをかいているピタ隊長。

「あれ、なんでブーまでそんなに早く寝ているの?」

「寝ていないよ。リラックスしているだけさ」

「寝ているよ! いびきかいているじゃん。
夜10時に寝ているなんておかしいよ、時差ボケでもないのに」

「それはブー(わたしのこと)の時差ボケが移ったからだよ。
ぼくらは一心同体だから、同調してしまうのさ」

なわけないだろ!
きみはナヴィ族かよ、触手みたいなもんで、わたしとつながってシンクロしているのかよ!

まったくもーなんちゅうテケトーなことを。

でもこのストレスフリーな思考回路と、常にルンルン生きるライフスタイルのおかげで、ピタ隊長のお肌はぷりぷりしているのである!

そのせいかピタ隊長のほうが2歳上なのに、近頃はなぜか「年下の旦那さん」に見られることが多いのだ。
むきーーーーッ!

あ、いかん、いかん。
ムキムキしていたら、また皺が増えてしまうわ。
こうなったら、皺伸ばしのためにリラックス(寝る)することにします。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-27 10:21 | ライフのツボ
ママン退院。
はー。
病院通いの日々も終わって、ようやくひと安心しました。

入院中は表情が乏しくなって言葉も出なくなっていたママンでしたが、毎日通ううちに表情が柔らかくなってきて、退院したらかなり気力が戻ってきました。

現在は車椅子ですが、時間をかければ少しずつまた立てるようになるかも。

これでぶじ明日はNYに出発。
飛行機に乗って爆睡したいです。

ところで以前からこのブログを読んでくれている方なら「酔拳サイキック」のミッチーの占いをご存じのはず。

あの予言当たりすぎですから!

もっと先のことだと思っていたのに、こんなに早くそうなっているってどうよ? 

恐るべし、酔拳サイキック!

ともあれミッチーによれば、わたしのことは亡き父が見守ってくれていて、「大丈夫!」といってくれているらしいから「大丈夫!」と思うことにします!

そう思ったほうがパワーが出ることはそう考えるほうがいいものね。

人生にはあっちこっちに障害やら困難やらがあるものだけど、「大丈夫、できる!」と思えば、たいてい「できる」ものなのだ。

なので、とにかく「できる」と思いこむことにします。
NYに戻ったら、また通常業務に戻りますので、よろしくです〜!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

コメントのレスが遅れていて、ごめんなさい!
ご親切な励ましを下さったみなさん、本当にありがとうございます。
おもしろいコメも楽しく拝見させていただいています。

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-23 01:46 | ライフのツボ
シンクロニシティ(Synchronicity)という言葉をご存じの方は多いんじゃないかと思います。

これは「意味のある偶然の一致」のこと。

心理学者のユング先生がいいだしたタームですが、ようはふしぎな偶然のことを指すんですね。

このところなぜかシンクロニシティがバタバタと立て続けに起こっているエリぞうです。

先日は病院にママンのお見舞いに行ったあと、病院前のバス停でなんと叔母にばったり!

母にとってはこの世でただひとり妹のように親しく感じている叔母なのですが、母が骨折して入院した時に、心配させるといけないので黙っていたのです。

もちろんわたしの帰国のことも黙っていたんですよ。
それが偶然バス停で一緒になったもんだから、びっくり。

叔母のほうもわたしが帰国しているとは知らなかったので、目をまん丸にして驚き、あまりのグッドタイミングに、二人で抱きあって喜んでしまいました。

じつは叔母は介護士さんから母が入院したことを聞いて、わたしには黙ってお見舞いに来ていてくれたのだとか(涙)

そしてもうひとつ。
母のことでお世話になっている銀行の担当さんに電話をいれなくちゃと考えながら、ついつい先延ばしにしていたところ、駅のホームで、その方にばったり遭遇!

向こうも「あら、いつ戻っていらしたんですか」と驚いて、互いに目がテンになったのでした。
うわー、駅で会うなんてピンポイントな遭遇。

偶然とはいえ、あまりに低い確率で会うところがすごい!
うーぬ。
やっぱりシンクロニシティですかね、ユング先生!

科学というのは、同じ条件下で再現可能であり、数値化できないといけませんから、シンクロニシティというのは証明されないし、「なんちゃって科学」とみなされていますよね。

しかしながら誰もが経験したことがあるはずの現象で、これが人生のふしぎなところ。

しかも必ずしも起こって欲しくない方向でも起こるのだよ!

先日レイチェルさんと一緒に某出版社に伺った時のこと。
ロビーにいると、次々とその社の編集さんたちが通りすぎていくんですが、見知った人は見かなかったんですね。

ところがふと見ると、ん?
こちらに歩いてくる、あの巨大な人物は………。

げげげーーーッ!
わたしが大ゲンカした編集者じゃないか!

一年ちょっと前に、わたしはその男と仕事で大げんかになり、互いに「ふざけんな」「ばかやろー!」と怒りのメールをぶちまかしあったのである。

ひえええええ。
よりによってなんでヤツと遭遇するんだよー!

ちょうどその前日に彼のことをよく知っている友人と噂をしたばかり。

「××さんはあまり出社していないみたいですよ。
でもバーゲン会場でギャルに靴を買ってあげているのを目撃したというタレコミがありました。
あいかわらず朝青龍そっくりです」

というのを聞いて、「わはは」と笑っていたところだったのである。

まさか、まさかここで朝青龍に出くわすとは!

あまり出社すらしていない相手と、どんだけ低い確率で遭遇しているんだよ!
心のなかで「ありえねー」と叫んだエリぞう。

向こうもあぜんとしていたもようで、でもまあ、それなりに挨拶はしたんですけどね。
はー。びっくりした。

しかもふしぎなことに前回わたしが日本に戻って、その出版社のカフェで打ちあわせをしていた時も、ピンポイントで朝青龍が来やがったのである!
なんだよ。
なんでそんなにも磁石のようにやって来るんだよ。

あまりにたまげたので、友人にメールしたところ、大ウケしてこんなメールが舞い込んできたのでした。

「これはもう黒部さんと××さんは赤い糸で結ばれているってことですね!」

ねーよ!
1ナノグラムの糸も存在しないよ!
たとえあったとしても、オレはハサミでバッサリ裁ちきるよ!

いや、この偶然で出会えたおかげで「こんにちは」と挨拶できて、なんら遺恨なく、さっぱりしたからよかったんですけどね。

それにしても「意味のある偶然の一致」には驚いたなー。

よくを実現するには「願望をビジュアライズしろ」というじゃないですか。

これって本当よね。
たとえば「理想のカレシに出会う」ことを夢みる人にとったら「理想の男性像」をくっきりビジュアル化するのって案外とむずかしいと思うんですよ。
だって未知の相手なんだもん。

いっぽう「あいつとは会いたくないなー」と思う相手のことって脳裏で鮮明に面影を思いだしているわけで、じつは会いたくない相手ほどビジュアライズしていたりするわけだ。

しまったー!
ビジュアル化しすぎだって!
エリぞうの引き寄せ力、強すぎ!

不倫とか浮気の現場も意外と目撃されやすいもんですが、ああいうのも「知りあいと会うとマズイなー」なんて思っているから、かえって遭遇しちゃうんだろうね(笑)

いやー。恐るべし、シンクロニシティの法則。

これはつまり「いやだなー」「会いたくないなー」と思うほど、相手を引き寄せちゃうわけですから、他人を嫌わないに越したことはないね。

はあ、エリぞう、平常心で生きることにしましたよ。
朝青龍といえども、オープンでポジティブな気持ちで受けいれることにしますよ(笑)

というわけで、みなさまもシンクロニシティは大切に。

カレシ募集中のひとは、ぜひともビジュアル化するといいと思いますよ!
マジ!
間違っても「思い出したくないカレ」を思い出したりしないでね(笑)



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

レイチェル・リーのアクセサリーについて問い合わせをいただいたんですが、日本国内ではかなり多くのショップに入っているそう。

高島屋、伊勢丹、ユナイテッド・アローズ、イエナ、エステネーション、リステア、アバハウス、トゥモローランドなどの有名ショップにある他エル・オンラインも扱いを始めたそうです!

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-18 00:47 | ライフのツボ
NYのアクセサリーデザイナー、レイチェル・リーさんと旦那さんのニールさんを案内して東京行脚の巻です。

以前にもご紹介したレイチェル・リーは、レイトン・ミースターやブレイク・ライブリー、ミシェル・トラクテンバーグ、ケイト・ハドソンといったヤングセレブがご愛用という人気ブランド。

フェミニンでスイート、かつ育ちのよさそうな上品さがあるのが、レイチェル・リーの持ち味。

じつはレイチェルさん、以前に取材をして知りあったんですよ。
それで今回帰国の前に友だちへのおみやげを買いにショールームを訪れたのです。

友だちに買ったおみやげはこちら

このリボン型のブレスレットはヒジョーに人気が高いんで、ぜひともチェケラウする価値ありです。
c0050387_045326.jpg

で、ショールームにいたら。翌週から日本旅行に行く予定のレイチェルさんが、雑誌の編集部を訪ねたいけれど、通訳が見つからなくて困っているという話をPRさんがしていたのです。

ちょうどわたしも日本に戻るところだったんで、
「だったらわたしが通訳がわりになって、知りあいの編集部に紹介しに行ってあげようか」
という話になり、にわか通訳となったのでした。

レイチェルさんと旦那さまのニールさんでーす。
c0050387_054276.jpg

めざといあなたはレイチェルさんの後ろにあるシャネルバッグを見るべし!

これは東京で買ったらしいよ。
なんでもNYにはこの型が入っていなくて、東京で見つけて買ったんだそうです。
レイチェルさん、金持ち!

旦那さんのニールさんとは大学時代の同級生とか。
一昨年ゴールインしたんだそう。
とても爽やかな仲よしカップルでした。

ニールさんはMBA取得のために勉強中らしいですが、二週間ほど前に眼鏡フレームのブランドをローンチ。

以前にアフリカやインドなどの貧しい人たちに眼鏡を支給する非営利団体で活動した経験があるそう。

そのため自分の眼鏡ブランドでは、眼鏡がひとつ売れるごとに、発展途上国の人にひとつ眼鏡をドネーションするシステムにしたというエシカルな経営者なのです。

いやー、すばらしい発想よね。
おもしろいことを考えつくもんだなあ、と感心しますね。

さて六本木グランドハイアットのなかにあるお鮨やさん、ROKU ROKUでランチを取ったわたしたち。
c0050387_061153.jpg

おいしかったですー!
御馳走になっちゃった。
えへ!

東京のショップの多さと、街のきれいさに圧倒されていたレイチェルさんとニールさん。
ツアーでめぐった名古屋ではトヨタの工場を訪れ、築地では鮪の競りを見学したとか。なかなかにマニアックな観光ぶりです。

なにがいちばん印象的だった?

「驚いたのは、なんといってもトイレね」
とレイチェルさん。

え。なんで?

「だってファンシーなんだもの。
オートマチックに蓋がひらいたり、音楽が流れたり、想像を超えているわ」

たしかにこんなハイテクなトイレが公共の場にあるのは、日本だけだよね。

「日本のトイレを見ると、アメリカのトイレが石器時代のような気がするよね」
と笑うニールさん。

ニールさんは行く先々で、パチパチと愛妻の写真を撮っていましたが、
ピースサインをするのが日本の流行なのよね!」
と悦にいってピースをするレイチェルさんがかわいかった(笑)

さらにおもしろいことに、コンビニでハイチュウとかラムネサワーとかいっぱいお菓子を買っていたレイチェルさん。
「オフィスのみんなにおみやげにするの〜!」
と嬉しそう。

やっぱり日本のお菓子はファンシーで珍しいんだろうねー(笑)

そして連れだって六本木のリステアに行って眺めていたら、
「黒部さんですか」
と声をかけられて、ドッキリ。

以前NYに住んでいて某社のインターンをしていた方が、販売員さんとして働いていたのでした。

おおおー。さすが客商売の方はよく顔を覚えられますねー。
こんなところで再会できるなんてびっくり。

そして某編集部では、初めてお会いした編集さんに名刺を渡したところ、
「あ、ブログ読んでますよ」
といわれて、またまたびっくり!
うわー!
変なブログがバレていて、超やばす

いろいろな出会いが広がって楽しい行脚の旅でした!

レイチェルさんのアクセサリーはきっとさまざまな雑誌で取り上げられると思うので、ぜひともご覧下さいね!




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。


エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-17 00:14 | トレンドの泉
エリぞうイン東京です。
なかなか更新できず、すみません!

ママンの病院に行ってリハビリ見学などをしましたが、うーん、なかなかお年寄りのリハビリはむずかしいですねえ。

若い患者さんは「また動けるようになりたい」と目的意識をもって取り組んでいるけれど、高年齢者になると、意欲をどうやったら持てるかがむずかしいわけで、ちょっと見通しはきびしいかな。

親が年をとって介護問題がのしかかってくるというのは誰にでも起きてくることで、わたしの同年齢層では、みんななにかしら介護に関わっています。

結婚していれば親が四人いるわけだから、これはもう順繰りにやってくること。

どうやってそれをこなしていくか、ことに海外在住の人たちにとっては気になるところだと思うんですよ。

当たり前だけど、身内がいなければ入院も手術もできないわけで、誰かが近くにいてあげなくちゃならない。

これからシングルの人や子どものない人はどんどん増えてくるだろうから、どうやって高年齢者層を支えていくか、大きな社会的課題になっていくでしょうねえ。

ありがたいことに、わたしは友だちにとても恵まれていて、彼女たちが支えになって力を貸してくれているんですね。

わたしがいない間ちょくちょくと、病床のママンを見舞ってくれていた友人たち。
本当にどうもありがとう!!!!

自分の親でも面倒を見られないのに、他人の親のことを見舞ってくれるような友だちやイトコに恵まれたことを、深く感謝しつつ……。

わたしも友だちが必要としている時に力を貸せるひとになりたいです。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-14 13:21 | 日本のあれこれ
アカデミー賞作品賞と監督賞に輝いたキャスリン・ビグロー監督。
c0050387_17233219.jpg

才色兼備で、骨太の作品を手がけながら、女優に負けないほどの美貌が印象的でした。
すらりとした長身もモデルのよう。

後ろに並んでいた出演者のジェレミー・レナーたちが、なぜかホビットのフロドやサムたちに見えたのは、わたしだけではないでしょう。

キャスリン姐さん、なんでも182センチで、59歳だそうです。

……は?

182センチ
59歳

なんじゃあ、そりゃあああああ!
歩く特殊効果かよ!
アンチエイジングどころのレベルじゃないよ。

しかもあの美貌で、この筋力
c0050387_1724936.jpg

photo/dailymail


……信じられない。
どこの格闘技家なんだよ。
マジで同じ人類ですか……?

どう考えてもリアル・ナヴィ族。
やはりネイティリのアバターはこのひとだな。

いやー、たいした、たまげた、驚いた!
明日から「尊敬する女性は誰ですか」と尋ねられたら、迷わず「キャスリン・ビグローさんです!」と答えたいエリぞうです。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

ちょっとバタバタのエリぞうです。
母が転倒骨折して入院しておりまして、明日から二週間ほど日本に戻ってきます。

そういえば去年も春に入院していたから、ある程度の年齢になると、どうしてもいろいろと起きますよね。
みなさまのご両親さまもおだいじに。

更新がちょっと滞るかもしれませんが、なにとぞお許しを。

さてさて一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-09 17:32 | エンタメの殿堂
82回アカデミー賞の授賞式本番です。

なんと! 作品賞を「ハートロッカー」がゲーーーーット!!!

これはたまげました。
8人でオスカー・トトカルチョをやったんですが、これを予想していた人はゼロ。

でもこれは嬉しい予想外の受賞というのか、本当によかったと祝福したいです!

キャサリン・ビグローは監督賞もあわせてゲット。
なんと初の女性監督受賞です!

驚いたことに今まで女性監督が作品賞を取ったことがなかったんですねえ。
キャスリン姐さん、よくやった!
すばらしい!
ぱちぱちぱち!

しかも美人!
女優と堂々とはれるルックスをしているのが、すごい。

さらに立ちあがったキャスリンさんの背の高さにびっくり。
主演のジェレミー・レナーと比べると、ホビットとエルフ族のようじゃないか。

「うわ、ナヴィ族のモデルってキャスリンさんなんじゃないのー?」
ネイティリのモデルか?」

と我々の間で話題騒然に。
もしかしてジェームズ・キャメロン監督は元から背がズバ抜けて高くて(できれば3メートルくらい)、男勝りに(武器とかもあつかえそうで)行動できる女性が好みなんじゃないのか?

もしキャスリンさんが青い肌色をしていたら、別れなかったのかなー。 

でもこの受賞なら、キャメロン監督とて納得いったと思うよ。

男というのはあまり好みのタイプが変わらないから、別れても元妻や元カノを嫌いでないケースも多いわけで、好みのタイプだった元妻に受賞を譲るというのは、悪くないシチュなのではなかろうか。

えー、肝心のトトカルチョの結果ですが、エリぞうは16部門で正解を当て、タイで一位に食いこみましたー!
ぷがぷが、どんどん!

さらにわたしたちの間で話題を集めたのは、まずサンドラ・ブロックのメイク。
c0050387_17155268.jpg

サンドラの唇、もうくっきりと鮮やかなフューシャでしたね。
もう20メートル先からでも見えるドハデ唇!

今回のレッドカーペットはどの女優も唇の色が鮮やかだったのが印象的!
リップスティックをきっちり塗る傾向になってきているようです。

さらに目を奪われたのが、シャーリーズ・セロンのドレス。
c0050387_17171067.jpg

うおおお!
ば、バラの花がおっぱいのところでグルグル渦を巻いとるー!
ど、どういうコンセプトじゃー!

これぞまさしく薔薇パイ・ドレス!
インパクトでは他の追随を許さないシャーリーズ・セロンさま。
今年の衝撃ヒットでした。
いやー、まさかシャーリーズがやってくれるとは思いませんでしたね。

てことで、みなさんのオスカー予想はどうでしたでしょうか!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

おかげでアメリカ情報で2位
全海外ブログのなかでは8位になりましたー!
これもみなさまのおかげです。

エリぞうに「どんどん更新しろ」と思っているみなさま。
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
[PR]
by erizo_1 | 2010-03-08 17:26 | エンタメの殿堂