コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

メトロポリタン美術館で開催されているアレキサンダー・マックイーン展サヴェージ・ビューティ Alexander McQueen: Savage Beauty.

いよいよ8月7日までです!

そして大好評につき、最終週末にあたる6日(土曜)7日(日曜)の夜は深夜12時までオープンしているそうです!
うひー!
c0050387_14163169.jpg

NYに住んでいるみなさん、これは必見の展覧会よ!
観逃したら、一生悔やむわよ〜〜〜!

エリぞうは6月に既に観ましたが、いやもうすばらしかった!
圧倒的なクリエイティビティと、とてつもないと、そして狂気すれすれのイマジネーションに、やられました。

わたしが行った時は45分待ちでしたが、その価値ありです。
現在は夏休みとあって「2時間待ち」もあるようですが、それでも行ってみる価値あり!

展示はアレキサンダー・マックイーンがセント・マーチンの卒業に制作したコレクションからスタート。

「被害者をつけねらう切り裂きジャック」と題された有名なフロックコートで、人毛が縫い込まれているというところからして尋常じゃない。

その彼の才能をいちばん最初に見いだしたのが、ファッションエディターだったイザベラ・ブロー

彼女が初コレクションから収集していた眼力にも感服するし、展示されている服のかなりの数が、このイザベルの個人所有物だったことにも驚かされます。

そのイザベラは07年に自殺
そして2010年にはアレキサンダー・マックイーンも自殺。

でもこの展覧会を観ると、モードの死に神に取り憑かれる死というのもあるのかもしれないと、奇妙に納得もするんですよ。
c0050387_141725.jpg

何度も繰りかえされるのモチーフやサド・マゾのイメージ、フリークを彷彿とさせるグロテスクな美、倒錯趣味、夢や象徴や神秘への傾倒、不安や憂鬱やはかなさに彩られたロマンチシズム、つねに新たな地平を切りひらこうとするアバンギャルドさ、人体と動物をかけあわせたような奇怪なフォルム。

そしてなによりこれだけの溢れるイマジネーションが浮かんでくるなら、それは現実社会と折り合いがつかなかったんじゃなかろうか。

ファッションに興味のあるひとはもちろん、女性の服に興味がなくても、その美しさで常識を吹き飛ばしてくれる展覧会です。

まだ行っていないニューヨーカーはレッツらゴーゴー!

そして観に行けない日本の方も、このビデオで楽しんでみて下さいね!




☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-29 14:21 | カルチャーの夕べ
じゃじゃーん!
NYビアホール紀行、今回はEATALY(イータリー)にオープンしたBIRRERIAのご紹介です。
c0050387_1461644.jpg

ビレリア。
イタリア語だと「ビッレリア」と読んだほうがいいのかな。

ここは今大人気の新しいビアホール。
イータリーの最上階にあって一階レジ脇にあるエスカレータでブーンと上まで登ります。
c0050387_13531036.jpg

おお、気持ちがいい空間じゃないか。
巨大なルーフトップがまるごと屋外のビアホールになっています。

バーには木の樽があって本格的!
c0050387_13553125.jpg

さてイータリーといえば、イタリアンの鉄人、マリオ・バタリが経営に関わっていることでも有名。

メニューもイタリアンのこだわりが伺えます。
まず生ハムやサラミの盛り合わせを選んでみましょう。
Salumi affettati misti for2 $21
c0050387_1356110.jpg

うみゃ〜い!
これはおいしい、さすがイータリーだけある!

マイタケのサラダ。サラダといってもローストしたマイタケです。
maitake con PecoRino saRdo · $15
Whole roasted Maitake mushrooms, Pecorino Sardo crema, asparagus and peas
c0050387_1357185.jpg

美味しい!
ペコリーノチーズのクリームにアスパラガスとエンドウ豆添え。

これは大ヒット。絶対にリピ決定!
うーん、マリオ、やるなー。(←知りあいかよ?)

お、忘れていました、肝心のビールはこちら。
ドラフトビールに、さらにイタリアの壜ビールが揃っています。
c0050387_13583146.jpg

なんと自家製のビールもあるのだ!
Dogfish Head Brewingsなどとのコラボレーションによって、このビラレアでキャスクビールを醸造してサーブ。
ビールを仕込む巨大な釜も設置してあるのが、すごい。

まるでビール工場に来たみたい!
てことで、WANDA $10ドルをオーダーした友達の美和ぞう。
期待にわくわくです!
c0050387_13593034.jpg

は?
なんどすか、これは。

10ドルでこれっぽちしか入っていないかYO!?
グラスの半分も入っていないじゃん。
ワインなみ!?

はたしてそんなにも高価なグルメ・ビールなのか。
グビリと飲んだ美和ぞうが、ひとこと。

「……ぬる

ぬるいのか!
エリぞうもひと口わけてもらって飲んでみると……うーん……たしかにぬるい。

おいしいといえば、おいしいんだよ。
ぬるめというのも本格的なビールの飲み方というものなのかもしれない。

でもビールは、やっぱりビールなんだよなー。

これだったら、ふつうにキンキンに冷えたビールをパイントグラスになみなみと注いで「ぷはーっ」と飲むほうが醍醐味ってもんだろう。

ということで自家製ビールを頼むのは、ま、自己責任コースかも。

いっぽう料理のほうはなにを頼んでもおいしくて、ハズレなし。
こちらはポークショルダー
Pork shoulder beer and apricot · $19
c0050387_1411473.jpg

うーむ、美味!
ほろほろに崩れるショルダー肉は、ビールとアプリコットでちょっと苦みと甘みがあって、絶妙な味。

ビールよりも料理のほうが充実しているビアホールといえるね。

ビールは正直いってドイツやベルギービールを揃えているところのほうが、美味しいんじゃないかって気はする。

でも料理に関しては、さすがマリオ・バタリ、美味しくてビールにあう料理を楽しめるビアホールとしては断トツにイチ押し!

ご予算は40~65ドルといったところ。

眺めもいい、味もいいと大人気で、めちゃめちゃに混んでいるので、かなり前もって予約を入れるか、予約なしなら夕方にトライするのがよさそう。

Birreria
200 5th Avenue New York, NY 10010
EATALY  14階
(212) 229-2560

日曜〜水曜: 11:30am -1:00am 木曜〜土曜: 11:30am-2:00am


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-26 14:09 | NYのレストラン
だぜ、暑いぜ、ビールだぜ!

てことで、夏のビアホール通いをしているエリぞうです!
さて今季のNYはビアホールが人気で増えてまんねんよー(←どこの方言?)

なかでも最近のイチ押しはここ!
ブルックリンのウィリアムズバーグにあるラデガスト・ホール・アンド・ビアガーデン
c0050387_12203389.jpg

再開発が進むウィリアムズバーグのN3丁目にあって、デカい建物が目印。

倉庫の跡地で、なかも天井が高くて広いです。
古い納屋みたいな雰囲気でいい感じ。

すべてベンチ式になっていて、空いている席に勝手に座るという学食形式。
老いも若きも集まっていて、賑やか。
c0050387_1221224.jpg

少しでも空きスペースを見つけたら、強引に詰めてもらって座るのがコツです!

コーナーではおなじみのソーセージを、もりもり焼いています。
c0050387_12215921.jpg

ソーセージの種類を見てもわからないので、兄さんお勧めのモノを注文。
Bratwurst ブラートウースト 7ドル
いわゆるポークソーセージです。
c0050387_12223654.jpg

こちらは Polish Kielbasa ポーランド風キルバサ 9ドル
ニンニク入りの燻製ソーセージらしい。
c0050387_12324876.jpg

紙皿にソーセージとポテト、さらに山ほどの量のザワークラウトがついてきますが、同じ皿に入れると、ポテトがびしょびしょになるので、細かく「ザワークラウトは別皿に入れて!」と指定。

ビールはドイツ、ベルギー、オーストリアを中心として、生ビールは13種類、壜ビールは58種類も揃っているという充実ぶり。

エリぞうは「ブランシェ・ド・ブリュッセル」という白ビールがお気に入りだす!

でもってここのビアホールがいいのは、料理も充実している点なのよ。

ふつうNYのビアホールというと、ソーセージにプレッツェルみたいな素朴なドイツ飯しかなくて変化に乏しいんだけど、ここはサラダやニョッキといったまっとうな料理も置いてあるのだよ!

じゃーん、めずらしくニョッキです!
c0050387_12255027.jpg

と紫キャベツとアレグラのサラダ
c0050387_1227443.jpg

NYのビアホールでは「緑色の野菜」を見かけることすらないから、サラダがあるだけでも大進歩。

いや、日本の人にしたら「野菜があるだけで驚くなんてどんなレベルだよ?」と、お思いでしょうが、アメリカのビアホールなんてそんな感じなんだってば。

こちらはハムとチーズの盛り合わせ  ビールにぴったり!
c0050387_1229074.jpg

ご予算は40~60ドルといったあたり。

いやー、やっぱり夏はドラフトビールをグビグビやるのが、いいねー。
枝豆が欲しいけどねー!

この店は予約はなし
夏場はとにかく混み合っているので、がんばって席を確保してみてちょー!

Radegast Hall & Biergarten
住所:113 North 3rd Street Brooklyn, NY 11211
電話:(718) 963-3973
営業:月曜〜金曜 4pm-3am、土曜日曜, 12:00pm-4am

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-21 12:33 | NYのレストラン
なでしこジャパン、優勝おめでとう!!!!

いやー、すごく感動的な試合でしたねー。
まったくサッカー観戦をせず、日本がドイツに勝つまではそもそもワールドカップに女子サッカーがあることすら知らなかった無知なエリぞうですが、今日の決勝戦は米国の日曜午後というばっちりな時間帯であったために、デスクワークの合間に観戦。

しかし米国が先制一点、そこから日本が同点に追いつき、さらに延長戦での息詰まる攻防とテレビに貼りつき、固唾を飲んで見守ったPK戦

もう優勝した時はボロ泣きでした。
カッコえええええ!

3.11から悲しいニュースばかりだったのに、こんな嬉しいニュースで泣けるなんて感激だよおおおお!

ありがとう、ありがとう、なでしこジャパン!
希望をくれてありがとう!

どんな時も最後まで決してあきらめない精神力の強さを目の当たりにして、感動したよ!

米国チームの美人ゴールキーパーとして人気の高いソロ選手も、
「すばらしいチームに負けたわ。
あのチームをなにか大きなものが引っぱっていた気がしてならないわ」とコメント。

「彼らは試合よりなにか大きくて良きもののために戦っているのよ。
相手が心をこめて戦っている時、負かすのはものすごくむずかしいわ」

スパイク・リー監督も同じく、日本の健闘をツイートで絶賛。

「この奇跡を二度観たことがある。
日本が米国に勝った時と、スーパーボールでセインツがコルツに勝った時と。
セインツは自分たちのためだけに戦ったんじゃなくて、ハリケーンカトリーナの被災者と亡くなった犠牲者のために戦ったのだ。
今日同じことが起きた。
ゲームに勝つだけの目的じゃなくて戦う者を負かすことはほとんど不可能だ。
そこには決して凌駕できないスピリッツと意志と心と決意がみなぎっているからだ」

うーむ、染みこむ言葉です。
人間というのは自分のためだけではない、もっと大きな目的を持つとき、偉大な精神を発揮するのかもしれませんね。

さてこちらは土曜日に撮ったブルックリンのウィリアムズバーグから撮ったマンハッタンの夜景です。
c0050387_1492446.jpg

真ん中に見えるのがエンパイアステートビルディング、右側にあるのがクライスラービルディングですね。

さてこのエンパイアステートビルが、この夜は日米の決勝戦を記念したカラーになっていたのをご存じですか?

よし、近づいてみましょう!
c0050387_1410542.jpg

ほらね、左側がブルーと赤と白の星条旗カラーに、そして右側が赤と白の日の丸カラーに照らされているのがわかるでしょ?

なんでも明日の夜は日本の優勝を記念して赤白カラーの照明に照らされるらしいよ。
おおー。ありがとう、NY
きみの懐の大きさも、グレートだぜ!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-18 14:13 | ライフのツボ
先週行われた佐々カンナさんとひろあきさん夫妻による「Report from Japan」のご報告です!
c0050387_12311541.jpg

当日は雨にも関わらず60名以上の方が訪れてきて、裏方のわたしとしても嬉しいかぎりでした。
参加して下さったみなさん、ありがとうございましたーーー!!!

左から司会を担当したAKさん、ひろあきさん、カンナさん
c0050387_12315316.jpg
Photo by Tomonori Iwata

会場のデスクには、被災地の保育園で書いてもらった、かわいい絵やメッセージがたくさん展示されていました。
c0050387_12324299.jpg

誰もがなにかしたい思いはあっても、実際にNYから飛行機代と自分たちの移動手段や寝袋も用意して被災地まで行くのはたいへんなことで、二人で仕事をやりくりしてボランティアしてきたガッツには敬服します。

プロジェクターで被災地のもようを見せていきます。
二人は車のなかで寝泊まりすることが多かったそう。
c0050387_1234539.jpg

「実際に行ってみればボランティアはいくらでも必要だし、することはいくらでもある」とひろあきさん。

今この時も復興に取り組んでいる被災地の方たちや無数のボランティアさんたちや職員の方たちには頭が下がるし、避難所で集団生活している避難者の方たちのご苦労もどればかりかと思います。

印象深かったのが、カンナさんが被災地を訪れるたびに、被災者の方たちに「ハグさせていただいていいですか」と尋ねてハグしてきたそうです。

当然のことながら、お年寄りの方たちは最初とまどわれるそうですが、それでも喜んでくれた方が多かったとか。

ハグには人を安心させるなにかがあると、カンナさんはいいます。

いくらNYのひとたちがハグに慣れているといっても、たとえばわたしが被災地に行って初対面の方たちにナチュラルにハグできるかといったら、できないと思うんですね。

それをできたカンナはりっぱだと思うし、それができる人が被災地に行ってきてくれたのはよかったと思います。

それを観た誰かが今度は他の誰かにハグを届けることができるかもしれないから。

こちらは報告会に出席してくれた米国法人日本国際交流センターのジェームスさんらと、佐々さん夫妻。
c0050387_12391416.jpg
photo by Tomonori Iwata

カンナさんはNYで日本支援のチャリティイベントが続くなか、カメラマンとしてなにかしたいという気持ちから、さまざまなイベントを撮影。

そうした写真をコラージュにして、スウェーデンのラッパーであるManさんの「甦れ」のミュージックビデオに載せて、被災地にボランティアに行ってきた際に持参して上映してきたそうです。

こちらがNY版です!
こうして観ると、本当に数多くの日本支援イベントが行われたんですね。
改めてみんなの団結力にびっくり。

Song for Japan Man - Yomigaere! / マン - 甦れ!(NY version) 』(With subtitles)



実際に南相馬の避難所になっている小学校での上映会をした時の映像も当日は流されました。

この小学校の避難所でもすべての教室をノックして、すべての方をハグさせてもらってから、来ていただけるように誘ったのだそうです。

上映をし終わったあとに挨拶に立たれた南相馬市の青年会議所の副理事長さんが涙ぐんで言葉を途切れさせていたようすに、わたしたちNYの邦人たちももらい泣きしてしまいました。

そしてManさんの新曲はこちら。
マン - 匿名の被害者へ
涙が溢れてくる曲と映像です。



なななんとManさんは9月に来日公演が決まったそうです!
すごい!

当日の収益金$745は、すべて「め組ジャパン」へ送ることになりました。
ぱちぱちぱち!

最近は政局の乱ればかりがニュースになっている日本ですが、被災地の復興を長期的に支援していくことを、ここNYからも少しでも続けていければと思います。

さてこの報告会を聞き逃した方もご安心を。
7月30日31日にはブルックリンの「グラファイト・ギャラリー」にてトークショーがありますよ!

“Report from Japan” by
Go Nakamura + Canna Sasa + Hiroaki Sasa
Opening Reception: Saturday, July 30, 6 - 9PM

c0050387_1239553.jpg

津波によって倒壊した家屋、流された船、突き刺さった車……。
壊滅的な打撃を受けた町で、いまだに避難生活を送る住民とその手助けをするボランティアワーカー達。

あれから4ヶ月が経ち、被災地はどうなったのか、何が必要なのか。
たくさんのニューヨーカーにも支えられ被災地がどう良くなったのか、そして未だにどれだけの支援が必要なのか。
メディアからは聞こえて来ない生の被災地の声をご報告します。

Go Nakamura(Photographer)が、被災3週間目の現地のもようを写真展示、
そしてCanna Sasa(Photographer)とHiroaki Sasa(Video Artist)が5月に2週間行った支援活動を通じて、被災地のようすを写真と映像で報告。
トークイベント 7月 30, 31日、午後7時スタート

(当日は日本語での解説になりますが、映像に英語字幕を付けてのトークショーとなります)

展示期間:7月29日~31日
場所:graphite.
38 Marcy Avenue Brooklyn, NY 11211
トークショー:7月30日、31日 7:00pm~
無料


Facebook Page Report from Japan
Contact information : report.from.japan@gmail.com


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-16 12:56 | 社会の時間
NYのジャパンソサエティで、「JAPAN CUTS 2011」が開催中です!

これは日本の現代映画をがんがん紹介するという恒例の日本映画上映シリーズなんですが、このラインナップがすごいよ!

ガンツ」「食堂かたつむり」「白夜行」「最後の忠臣蔵」「バトル・ロワイヤル」といったメインストリームのヒット作品から、「忍たま乱太郎」「ヌードの夜/愛は惜しみなく奪う」「トイレット」などの幅広い作品、さらに「神聖かまってちゃん、ロックンロールは鳴り止まないっ」とか「極道兵器」といった、いや、それは日本でも観た人は少数派だろう、というニッチな作品まで32作品が公開!

いやー、三池崇史監督はホントに海外ではすごい知名度で、大人気だわねー。
「忍たま乱太郎」まで上映しちゃうのよー!

そしてエリぞうが先日行ってきたのは、『ミロクローゼ/ Milocrorze』
石橋義正監督、山田孝之主演の新作です!
c0050387_1055937.jpg

こちらは協賛しているニューヨーク・アジア映画祭NYAFF)のオープニング作品にも選考されたという話題作。

内容は、失恋した男が自分を捨てた女の幻影を求め時空をさすらう3部構成のラブ・ファンタジー
山田孝之がオブレネリ・ブレネリギャー、浪人のタモン、青春カウンセラーの熊谷ベッソンの三役を熱演!

て、解説を読んでもさっぱりワケわからんし!
興味しんしんで出かけてみると、なんとジャパソは外までえんえんと列が続く大混雑ぶりだったのよ。
えーッ、こんなに人気あるの?

会場はぎっしり満員で、たぶん3分の2以上がアメリカ人観客
場内の反応はすごくよくて、「そこまでウケるか?」というくらい、いちいちギャグに湧いて笑っていました。

さて感想はというと、ずばりポップ・アート!
おしゃれでカラフルで軽妙でアバンギャルドでマンガっぽい、という作品でした。

えー、ストーリー部分については、プロットがどうこういう作品じゃないので割愛。
内容については特に考えなくてもよし。

観どころはビジュアルで、アートディレクションがとにかくポップですばらしい!

ヘアメイクや衣装もすごくいいんだよ!
原田美枝子なんてメイクがすごすぎて、どの役だったかわからなかったよ!

これは海外でウケるタイプの日本映画だろうね。
まさにジャパニーズ・ポップだもん。
c0050387_1131652.jpg

色彩やセットのカラフルでポップな感じといい、キャンプ趣味なところといい、チャンバラ・シーンといい、遊郭に賭場といったエキゾチック・ジャペィーン(←郷ひろみの声で)なセットといい、お笑い要素といい、海外の観客のハートをがっちり掴むものがある。

監督本人も「アトラクションに乗るつもりで楽しんで欲しい」といっていましたが、いい得て妙。
いわば江戸博物館と六本木ヒルズとキディランドが合体した感じっての? 
ガイジン観光客にもばっちりなアトラクションであるわけですよ。

私見でいうなら、日本でヒットするような恋愛泣かせ映画や動物感動モノや「胸がほっこりする癒し系」映画というのは、海外ではウケないと思うよ。
ウエットすぎるから。

いわゆるメインストリームの「泣かせ」だの「感動」だのが好きな観客層は、字幕つきの外国作品なんか観ないわけで、外国映画を観る層はむしろ「風変わりな味」や「個性」を求める客層だからね。

この「ミロクローゼ」のポップ、エキゾチック、ビジュアル重視は、海外ではたいへん好まれるはず。

そして上映のあとにはQ&Aの時間が設けられました。
じゃーん、右が石橋監督です。
左はジャパンソサエティのSenior Film Program OfficerであるSamuel Jamierさん、そして中央は通訳の方です。
c0050387_11172770.jpg

なんでもアートディレクションは奥さまが担当されたそうで、そのあたりにも監督の意図がうまく形になっている秘訣があるのかもしれませんね。

なんといっても全編の見所は、宣伝スチールにもなっている「遊郭でのチャンバラ」シーンなんですが、ここは圧巻!

チャンバラ・アクションが切れ目なく長回しで続いていて、ところどころスローモーションになるんですが、これがいったいどうやって練習したんだろうというくらい、振り付けや人の出入りが一糸乱れず噛みあっていて、よくできているんですよ。

ストップモーションになった時に、山田孝之が見栄を切って、一枚の浮世絵みたいになるのもおもしろい!

監督によれば、このシーンがやはり一番撮りたかったそうで、「歌舞伎絵のような」感じで「絵巻物のように」して撮りたかったそう。

なんでも実際に30メートルに渡るセットを組んで撮影して、このシーンの撮影で三ヶ月かかったというから、たいへんなものです!

山田孝之はひとり三役で、コミカルなシーンから壮絶な闘いまで幅広くこなす芸達者ぶりでした。

いやー、しかしNYにいてこういう日本映画を観られるのは楽しいですね!

ジャパン・カッツは7月22日まで。
日替わりで上映作品が変わるので詳細は、スケジュールと詳細はジャパンソサエティのサイトでご覧下さいね。

JAPAN SOCIETY
333 East 47th Street New York, NY 10017
Box Office: (212) 715-1258
チケット:一般12ドル  会員9ドル


じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 更新です!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-13 11:35 | エンタメの殿堂
じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 更新です!

今回はNYを拠点とするデザイナー、シルビア・ヘイセル(Sylvia Heisel)を取りあげています。
c0050387_538164.jpg

シルビアさんは20年のキャリアを誇るベテランのマルチタレント・デザイナー。
なかでも秋から出る白いシャツのシリーズに注目!
c0050387_53857100.jpg

洗い晒しで、着こなしやすい大人のカジュアル
ぜひご覧下さいね。

そして今回のニッチは夏のエンタメ大特集!

マイティ・ソー」「メランコリア」「ツリー・オブ・ライフ」「トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン」といった話題の映画評に、さらに政治と表現活動について考える「タイマーズと『ANPO』が教えてくれるもの」もお見逃しなく。

「食べる赤いシリーズ」の料理レシピも楽しいですよ!

あ、ニッチに飛びたつ前に、
下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-09 05:41 | トレンドの泉
2011年NY花火大会

今年も去年に引き続きチェルシーピアに行ってきたエリぞうです!
なんと総勢8名という張り切りっぷり!

まだ日も明るいうちから陣取る花火大会参加者たち。
お、部長はトイレ中で写真にいないね。
c0050387_12131127.jpg

既にこっそり持ってきたアルコールでグダグダ。

だんだん陽が暮れてきました。
夕陽がきれい。
c0050387_12133776.jpg

そして陽がとっぷり暮れた9時20分。
c0050387_12141151.jpg

うおおおおキターーーーッ。
あがったーーー!

なんと目の前にあがるという絶好のロケーション!
NYに来て見た花火のうちで、いちばんきれいでよく見えました!
c0050387_12145192.jpg

c0050387_12151089.jpg

c0050387_12154454.jpg

たまやー!
かぎやー!(←毎年いっている)
c0050387_1216225.jpg

うひー!
ほとんど火事のような勢いです。
すげー!
c0050387_1217966.jpg

いやー。堪能しました。
まるで宇宙の星雲が目の前で輝いているような美しさ。
きれいだったわー!
大満足。

やっぱり夏は花火がなくちゃね!
いやあ、ほんと日本の夏っていいですねえ(←思いっきり違う!)

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-06 12:18 | ライフのツボ
じゃーん!
みなさん、NYで行われた日本支援活動のひとつである、

「Song for Japan Man - Yomigaere! / マン - 甦れ!」
NYからの映像をのせて被災地へ届けよう!


このプロジェクトを覚えていますか?

そう、フォトグラファーの佐々カンナさんがスウェーデンのラッパー、MANさんによる日本応援歌「甦れ」に、NYでの日本支援風景をコラージュしたNY版を制作して、被災地にも届けてくるというプロジェクトです。

こちらはタイムズスクエアで撮影されたオープニングの様子。
c0050387_1251321.jpg

はたしてそれはどうなったのか?
ざざーん!
完成したんですよ!
そして被災地でちゃんと上映されたんですよ!

カンナさんとヒロさん夫妻は5月にビデオをかついで日本に行き、2週間ほど被災地で実際にボランティアをしてきたのでしたーーー!

そしてカンナさんたちがボランティア体験してふれてきた被災地の現状を、7月8日にNYで報告会してくれる運びになりましたー!

当日は「甦れNY版」の完成ビデオも上映されます!

この「甦れNY版」ビデオ、わたしはひと足先に観ましたが、
「うわあああ、○○さんが映っているー!」
「おおおお、あのイベントが映っている!」
「うひゃー、あれもこれも映っている!」と、ある意味でウケまくり

いやー、こんなにNYで日本支援のイベントがたくさん打たれていたんですねー!
まとめて見ると、ものすごい数で非常に感慨深いものがありました。

チャリティ活動に参加したみなさん、カンナさんのビデオ・プロジェクトに参加したみなさん、ぜひご覧になって下さい。
あなたがばっちり映っていますよ!

こちらはタイムズスクエアでの撮影時、女優の池端えみちゃん、カンナさん、そしてピタローのスナップ!
c0050387_12535418.jpg

この頃はまだ寒かったんだねー。

そしてなによりカンナさん+ヒロさん夫妻が見てきた、体験してきた被災地の現状についてぜひ聞いてみて下さい。

わたしは講演会裏方として、概要だけは聞いていますが、ざっくり聞くだけでもすごいインパクトでした。

ドロ出しをやったり、炊き出しをしたり、ペンキ塗りをしたり、お年寄りたちをハグしてきたというお二人。

被災地の家屋には津波が残していったヘドロや泥が未だに残っていて、それを片づけるのはどうしてもマンパワーしかないわけだ。

で、そのドロ出しについて、カンナがこういったんだね。

「ドロ出しをやるっていうのは、心まで空っぽになってしまうことなんですよね」

わかりますか、このコトバの意味。
よくわからないよね。
どういうことだか知りたくなりませんか?
知りたかったら、ぜひ講演会に行ってみて下さい。

わたしはその話をカンナから聞いた時、うーん、なるほどなあ、と人間心理の深みに触れた気がしました。

被災地には人が住み、人が住む限りそこには生活があり、生活があるかぎりそこには迷いがあり、悩みがあり、ドラマがあり、わりきれない思いがある。

そして実際に被災者の方たちがいったいなにを望んでいるのか。
これは遠く離れたところにいるわたしたちには、なかなかわかりづらい。

それを質問した時に、ある被災者の方が答えたというエピソードも、ものすごく胸にこたえました。

さてその被災地のおじさんはなんといったか?
これがまたすごい一言なのよ。
ずどん、と来るよ。

いったいその一言とはなにか?
ぜひ講演会で聞いてみて下さい。

わたしたちにとってはなかなか知ることのできない現地の声を、被災地でボランティアしてきたカンナさんとヒロさん夫妻が報告してくれます!

被災地はなにを望んでいるのか?
私たちが遠くにいてもできる貢献はなんなのか?
長期的な日本支援を続けていくために、ぜひその貴重な情報をシェアしてもらいましょう!


----------------------------------------------------------------------------------------
被災地ボランティアが伝える現地の声
~Man「甦れ」のビデオをNYから届けて~

----------------------------------------------------------------------------------------

あの震災から四ヶ月、いま被災地が欲しい支援はなんなのか?
被災地で実際にボランティア経験をしてきた佐々カンナさん洋章さん夫妻が、現地のようすをNYで報告します。


現地で役に立ちたいという思いから、5月中旬に東北被災地でのボランティアに従事。
泥かき、炊き出し、修繕、ハグ。
二人が経験してきた被災地の現状を、写真や映像と共に報告していただきます。
NYにいてはなかなか伝わらない被災地の生の声を、ぜひこの機会に聞いてみて下さい。

----------------------------------------------------------------------------------------

~Man「甦れ」のビデオをNYから届けて~
Message from Canna

16年前のこと、15歳の時に神戸の阪神大震災に名古屋から寝袋ひとつを持ってボランティアに参加しました。
その時に受けた心の痛みを自分では克服したと思っていましたが、今回の東北大震災でテレビの映像を見た時にフラッシュバックを経験し、数日間は体の震えが止まりませんでした。
そんな自分がNYにいてできる支援は何なのか。NYでの支援活動を撮影し続けましたが、現地に行く気持ちを抑えきれず、被災地ボランティアを決意。
そしてMANさんの「甦れ」のビデオに、NYでの支援風景をコラージュして、被災地に届けてきました。
被災地で見たこと、聞いたこと、感じたこと、考えるべきこと。現地で撮ってきた映像と共に、被災地の現状をご報告したいと思っております。

----------------------------------------------------------------------------------------

SPEAKER: HIROAKI, CANNA SASA
MODERATOR: AK / AKEMI KAKIHARA KRIVIT


日時: 7月8日(金曜)
会場 6:15pm, 開演 6:45pm Start - 8:30pm
場所: NY日系人会 (JAA) 15 West 44th St. 11th Floor (bet 5th & 6th Ave), NYC
参加料: $10, 学生 $5 (+ 任意寄付)


収益の100%がボランティア団体「め組ジャパン」へ送られます

限られた席数となりますので、
フルネーム、メールアドレスを明記の上、ご予約をお願いいたします
RSVP/ 問い合わせ:report.from.japan@gmail.com
REPORT from JAPAN Facebook page
SPONSORS:Fellowship for Japan
JP GIRLS NYC: AK / Akemi Kakihara Krivit, Junko Hino, Megumi Sato
BWCJAA: Tomiko Yazawa
Japanese New Yorkers and Moms United to Support Japan
: Naoko Fitzgerald, Chiemi Machida, Miwa McGuinness
Save Japan Benefits: Aya Nishina
FIT JSAA: Yoshiko Sugimoto
Eri Kurobe
Hope For Japan: Naoko Kachi
Song for Japan Man - Yomigaere!
c0050387_1322592.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-02 13:09 | 社会の時間
わー、ブログ放置すみません!

日本滞在中にマックブック白雪姫ちゃんが壊れて、かなりピンチだったエリぞうです。
ぶじにNYで修理を受けて復活!

しかしながら時差にやられっぱなしで、ブログを書けずに体力崩壊する毎日。
毎晩気絶状態に。
すみませーん!
少しずつ復帰しますので、生温かく見守ってやって下さいませ。

さて先日はオペラ歌手である田村麻子さんのリサイタル(ピアノ伴奏:西川悟平さん)に行ってきました!
c0050387_123317.jpg

一曲目はヘンデルの「オンブラ・マイ・フ
エリぞうはこの曲が大好きなんですよ!!!!

で、この出だしの「オー」の響き方が歌い手さんによって千差万別なんですが、いやあ、さすが麻子さんの出だしは美しかった!

さすが宝石の声ですね。
きらきらと輝く音の粒が落ちてくるようでした。
c0050387_12362013.jpg

そんな美声を堪能した翌日、麻子さんとランチをしたんですが、その場にいた女性三人が一致した見解は、

ソウルメイトな相手って、どこが好きだか分析してみると、自分の思い描いていた条件とは違っているんだけど、なぜだか一緒にいて心地よいんだよね」

ということ。
そうなんだよねー。
わたしも旦那のどこがどうだから好きだってんじゃないもんなー。
理屈じゃないんだよなー。
いや、むしろ理屈に反しているとすらいえる(笑)
理想と違うし!

でも理由がいえない「なにか」を心は知っているんだよね。

ふしぎなことに人間はで判断した「条件」や「理想」よりも、心のほうがなにかを知っているもの。
だからソウルメイトと呼ぶんだわね〜。

田村麻子さんは7月には日本に出発、都立庭園美術館や京都でのリサイタルがあるそうですので、クラシックファンはお楽しみに!

いよいよ今週末は独立記念日のウィークエンド。
今年の花火はハドソン川沿いに打ち上げられる予定で、エリぞうたちもチェルシーピアにて観覧予定です!
楽しみだー!

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-07-01 12:38 | カルチャーの夕べ