「ほっ」と。キャンペーン

コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2011年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

先日NYで上映された映画「チェルノブイリ・ハート」を観てきました。

1986年に起きたチェルノブイリ原発事故から16年後のベラルーシ共和国を訪ねて、今なお続く被爆被害の実態に迫るドキュメンタリー。

生まれる子どもたちのうち正常に生まれるのが15~20%だけで、残りはなんらかの障害があるという現地の医師の言葉が恐ろしい。

この「チェルノブイリ・ハート」というのは、汚染地域では心臓に欠陥がある子どもたちが多く生まれるためにつけられた名称。

甲状腺癌を持つ若者が多いのも怖いし、なにより重度の障害を持つ子どもたちの姿に、ただもう打ちのめされます。

その悲惨さにたぶん画面をまともに凝視できないひともいると思いますので、医学ドキュメンタリーが苦手なひとはご用心を。



(この予告編には「怖い」画像は出てこないので、ご安心下さい)

すべてが原発事故の影響によるものと立証されているわけではないですが、これを観ると、エネルギー問題だの国力だの安全対策だのといった問題以前に、放射能というものがそもそも人間とは共存できない力なのだと痛感します。

福島が15年後にこうなるというわけではないです。
しかしながら生命を殺傷する、すさまじい力に頼りながら生きている我々の生活が常に危ういのだ、ということはよくわかります。

こちらがマリアン・デ・レオ監督。
これはHBOのドキュメンタリーとして2003年に放映された作品で、アカデミー賞の短編ドキュメンタリー賞を獲得しています。
c0050387_13482196.jpg

こちらがNYで上映を開催したニューヨーク平和映画祭(New York Peace Film Festival)主宰の田中ゆみさん。
c0050387_134845100.jpg

日本では8月13日からヒューマントトラストシネマ渋谷、銀座テアトルにて公開中です!

日本での公式サイト「チェルノブイリ・ハート

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-18 13:50 | 社会の時間
あの未曾有の災害から5ヶ月、東北の初盆を追悼して、8月11日の夜にNYブルックリンでキャンドル集会を行いました。
c0050387_14381388.jpg

なんと50人近くの方が参加して下さって、思いがけないほど大盛況に。
参加してくれたみなさん。
本当にありがとうございますーー!!!
みなさんのやさしい心に感激です。

場所はウィリアムズバーグのウォーターフロント。
c0050387_14404036.jpg

カメラマンの佐々カンナさんが美しい写真を撮ってくれました。

イーストリバーの向こうに美しいマンハッタンの夜景がきらめくマジックアワー。
みんなで心をこめて、亡くなった方たちのご冥福を祈りました。
c0050387_14412212.jpg

c0050387_14414974.jpg

c0050387_14421220.jpg

c0050387_14475120.jpg

11日岩手県大槌町まごころ広場うすざわ特設会場では第1回「三陸海の盆」が開催されたそうです。

「三陸海の盆」とは、東日本大震災で犠牲になられた方々を永遠に記憶して風化させないために、被災地三陸と支援地が一体となって犠牲者の方を供養するとともに、ふるさとや郷土芸能の復活を願って開催されたもの。

フィナーレは小槌川での精霊流し
灯籠に書かれた文字には「がんばろう大槌」や「」といった言葉のほか、
父さん 母さん 皆がんばっているから安心してね」
「さみしくて悲しいです。空からいつも見ていて下さい」
「はやくみつかるように
といったメッセージも見られて、胸が詰まります。

当日の様子は遠野まごころネットでご覧下さいね。
c0050387_14453927.jpg

NYからの祈りもみなさんの元に届きますように!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-13 14:48 | 社会の時間
みなさん、NY発のとびきりファッショナブルな新雑誌VIRGINE Magazineを知っていますか?

今年4月に創刊して、たちまち業界人やファッションブロガーアーティの間で話題を博したアートとファッションのコラボ型マガジンです。
c0050387_15325112.jpg

表紙はあのヘザー・マークス!
紙質も高級感漂うクオリティです。

今日はその編集部にお邪魔してきたエリぞうです。
こちらが編集部。
c0050387_15334014.jpg

爽やかにスマイルしているのがアートディレクターを務める藤森星児さん。
c0050387_15335935.jpg

おや、この顔はもしや……!?

と察しのいい方なら気づいたかもしれませんが、そうです、ここに出ているあの星児くんなのですよ!

大将が焼き鳥を焼くのは世を忍ぶ仮の姿(というか、たんに正月休みともいう)で、じつはなにを隠そう、彼はVIRGINE誌のアートディレクター兼フォトグラファーなのです!

創刊の中心スタッフは三人
編集長は、フォトグラファーでもある韓国系のライアン・ユーン(Ryan Yoon)さん。

そしてアートディレクターがSeiji Fujimoriさん、クリエイティブディレクターがスタイリストでもあるHissa Igarashiさん。

NY在住の日本人がディレクターとなって、こんなとびきりファッショナブルなファッション誌を英語で出しているなんて、びっくりじゃないですか?

それもバーンズ&ノーブルで取り扱われ、パリやロンドンでも発売されているとはすばらしい!

なにより驚いたことにこの三人、フォトグラファーやスタイリストでそれまで編集経験がなかったこと。

ベテランの編集長がスタッフを集めたとか、編集プロダクションが作ったというワケじゃないんですよ。

おもしろいことをやりたい!」
「今までにない新しいことをやりたい!」
他の雑誌ではできないファッション写真を載せていきたい!」

というクリエイター魂から出発して、何もないところから始めたっていうんだから驚きです。

もちろん各々がクリエイターとしての経験と人脈はあるにせよ、雑誌作りは初めて。
まさにライク・ア・バージンだったわけですね。

「最初はモデル事務所に声をかけても、まるで貸してくれなかったんですよね。
でも当たって砕けろで、巨匠アーティストのジョン・バルデッサリ(John Baldessari)にインタビューを申し込んだら、受けてくれたんですよ。
その後は、あのジョン・バルデッサリが出る雑誌ならって感じで、どんどん門戸が開いていきましたね」

ジョン・バルデッサリといえばコンセプチュアルアートを牽引してきた現代美術界の重鎮。
なぜ巨匠はまだ出てもいない雑誌の取材に応じてくれたのかしら?

「新しいことをやりたい、今までにない雑誌を作りたいという考えに賛同してくれたみたいです。
自分たちで作ったプレスキットを送ったんですが、僕らの熱意が通じたようでした」

わーお、そんなミラクルが起こるところが、NYの面白さでしょう!
c0050387_15413055.jpg

おかげでインディペンデント誌の創刊号とは思えないような、豪華なモデル陣や有名アーティストが登場していて、写真のクオリティがすばらしい出来映え。

「手探りでイチから作り上げたって感じですね。
正直いって創刊号を作るまではたいへんでした。
でもなんとかなるものですね」
と笑う星児くん。

すごい!!!
カッコいいいい!!!!!

NYはやっぱりがあって、才能があって行動力のある人なら、アメリカン・ドリームを起こすことができる街なんだな、と感激します!

さて星児くんから聞いたVIRGINE マガジンができるまでの誕生秘話はまた次に!

VIRGINEは米国内のバーンズ&ノーブルはもちろん、日本でも発売だそうです!

8月11日より日本全国にて販売開始!
取り扱い書店は全国の三省堂書店,丸善書店,有隣堂,TSUTAYA,LIBRO,A​BC (Aoyama Book Center)にて!



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Pray for Japan on 8.11 Candle Lighting Ceremony

岩手県大槌町から「海外でも初盆キャンドルを灯して下さい」とお願いが回ってまいりました。

犠牲になった方たちを悼んで、NYでも心をこめてキャンドルを灯しましょう。

■日時: 8月11日  NY時間 8:00pm〜

■場所: N 5th Street, Williamsburg, River side


参加して下さる方、飛び入り大歓迎です!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-11 15:49 | トレンドの泉
じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 更新です!
c0050387_14144117.jpg

今回は「この夏NYでビアガーデンがブーム! 人気の店を一挙に紹介!」ということで、エリぞうのお勧めビアガーデンを載せています。

ほんとにこの夏はビアガーデンが大人気だよね。
c0050387_14151242.jpg

さらに他にも、
米国債の格付け引き下げによって、世界経済の何かが変わるのか?」(大原ケイ)

ヴィダル・サスーン 感動の自伝本、いよいよ日本上陸!」(あずまゆか)

短髪厳禁! 80年代ヘアーメタルロックまみれの懐メロおバカミュージカル『Rock of Ages』」(リル・アキーム)

などなどニッチな記事が充実!
ぜひご覧下さいね!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

Pray for Japan on 8.11 Candle Lighting Ceremony

岩手県大槌町から「海外でも初盆キャンドルを灯して下さい」とお願いが回ってまいりました。

犠牲になった方たちを悼んで、NYでも心をこめてキャンドルを灯しましょう。

■日時: 8月11日  NY時間 8:00pm〜

■場所: N 5th Street, Williamsburg, River side


参加して下さる方、飛び入り大歓迎です!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-10 14:23 | NYのレストラン
NYで3.11追悼のキャンドル集会のお知らせです!
c0050387_15234973.jpg

三陸は8月に犠牲になった方々の初盆を迎えます。

鎮魂と祈りと郷土芸能と復興祈願として8月11日大槌まごころひろばうすざわで郷土芸能灯籠流しを行います。

岩手県沿岸広域振興局、宮古市、釜石市、山田町、大槌町、大船渡市、陸前高田市、気仙沼市、南三陸町、遠野市 大槌町ボランティアセンター、NPO法人遠野まごころネットなどが参加。

お盆には亡くなった人の魂が返ってくると信じる日本の伝統には、とても美しいものがあると思います。

さてその東北が迎える初盆と灯籠流しに呼応して、海外でもキャンドルを灯すプロジェクトが立ちあがりました!

Pray for Japan on 8.11 Candle Lighting Ceremony

岩手県大槌町から「海外でも初盆にキャンドルを灯して下さい」とお願いが回ってまいりました。

3,11そして10年前の9.11に犠牲になった方たちを悼んで、NYでも心をこめてキャンドルを灯しましょう。

■日時: 8月11日  NY時間 8:00pm〜

■場所: N 5th Street, Williamsburg waterfront, brooklyn

c0050387_15183822.jpg
photo:Canna Sasa
■内容:三陸の初盆に合わせウィリアムズバーグのEast River沿いでキャンドルを灯して、そのようすを撮影して被災地に送ります。

ハワイフィリピン大学でも行われる予定です。

■主宰:Fellowship for Japan

■集合時間:7:30pm〜

■集合場所:Pier Wineの近辺
12 North 5th Street Brooklyn, NY 11211
www.pierwines.com

■第二集合時間:8:00pmに直接エッジの桟橋に集合。

The Edge Williamsburg

■キャンドル・ライティングの流れ
7時半に集まって桟橋に移動して、キャンドルを配置。
日が暮れる8時頃から点火します。
8:30頃を目安に黙祷。

■持参するもの:ライターをお持ちの方はご持参下さい。
キャンドルはボーティブに入っているものを持って来ていただける方は、ご持参下さい。
こちらでボーティブとキャンドルも用意するので、なくても大丈夫です。

■その他:日本の旗や花など、写真映えするような小物を持っていらっしゃる方もぜひご持参下さい。必須ではありません。

■撮影した写真は大槌町で復興支援にあたっている日本社会事業大学アジア福祉創造センターの山口幸夫教授にお送りします。
そこから被災地のみなさんにも、NYでの祈りのようすを見ていただきます。

■注意:パーミッションは取得しておりません、問題発生時には速やかにご退散くださる事をお願い申し上げます。

エリぞうはもちろん参加しますが、被災地ボランティアに行ったフォトグラファーのカンナさんが写真を撮ってくれる予定です!

ぜひ祈りを捧げたい方は参加して下さいね~!
みなさんの参加を待っています〜〜〜!

詳細はFacebook pageにて!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-09 15:22 | 社会の時間
今年もハンプトンのシェルターアイランドに行ってきました!
ニューヨーカーが夏になると毎週末押し寄せるのが、ロングアイランドのハンプトンズ
c0050387_13464066.jpg

まさにビーチ日和!
暑すぎてパラソルがなくちゃ、とても浜にはいられないほど。
c0050387_1347090.jpg

このパラソルは、ホテルの宿泊者しか使えないらしいんだけど、ピタ隊長がビーチボーイにお金を渡したら、パラソルを融通してくれたのであった。
グッジョブ!

目の前のサンセット・ビーチ・レストランも大人気。
c0050387_13472556.jpg

ここは人間観察もおもしろいんだよなー。

さすがハンプトンだけあって、リッチ感の漂うマダムもけっこういるんだけど、そういうマダムは50代になっても60代になっても、めちゃめちゃ陽に焼けていて、痩せていて、しかも黒のビキニを着ているんだよね。

なぜその年になってもビキニを着るのかわからないけど、まー、それがテラコッタ色マダムの証明というやつか?

さらに観察していると、金持ちビーチならではの人間模様が見えて、おもしろいのじゃよ!

遊び人風のおやじが何人ものお姉ちゃんを引きつれて遊びに来ているとか、
きれいでファッショナブルな女の子が一緒にいるのが、でっぷり腹の出た兄ちゃんで、もうあからさまに「お金」臭のするカップルとか、
初老の男性がきれいなアフリカンの姉ちゃん(それもあきらかに米国のブラックではなくて、アフリカかカリブからの移民ギャル)を連れて来ているとか、

なにかさまざまな色恋と欲望の図式が垣間見えて、熱い真夏のビーチなのでした!

そして毎回のごとく帰りがけには、例によって例のごとく生牡蠣を食べにゴー!
今回は冷えたプロセッコを持ち込んで飲んだんだけど、生牡蠣や生はまぐりとぴったんこで、うみゃ〜い!
c0050387_13474879.jpg

定番のフライドクラムも食べて膨満感!
c0050387_1348776.jpg

いやー、気持ちのいい一日でした!
この半年ほど、一日まるごと空いてオフを楽しむことがなかったから、リラックスしてよかったぴょん!

みなさまもよい夏を〜〜!


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆


一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2011-08-01 13:57 | NYのスポット