コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2012年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧

先月東京滞在中に、気鋭のデザイナーである串野真也さんの展示会「QUEEN」に行ってきました。
c0050387_12144977.jpg

串野真也さんは京都芸術専門学校後にイタリアに留学、帰国後メンズのデザインをしたり、スタイリストとして活動したりしつつ、2007年JILLA LEATHER GOODS AWARDSでグランプリを受賞したことをきっかけに「」を中心とした靴やバッグをMASAYA KUSHINOとして製作。
パリや京都での展示会を行っています。

エリぞうはNYで行われた工芸ルネッサンス展WAOで、出品された串野さんの靴の実物を初めて拝見したのですが、これがすばらしかった!

今回の展示会でも出されていたこの作品です。
c0050387_12171523.jpg

ヒールの部分が透かし彫りになっていて、内部にもLEDのライトが灯り、あたかもぼんぼりのような日本古来の美しさと、革のブーツというハードでモードなイメージ、その相反する二つの世界がひとつに昇華されているのです。

5月に行われた東京での展示会「QUEEN」では、女王にインスパイアされた新作や今までの作品を展示。

現代日本のデザイナーやアーティストには世界に通じる才能をもつ新世代が出てきていると感じますが、串野さんもまさしくそのひとり。

妖しいまでに美しく、アートとして成立している、その作品をまずはご覧下さい。
c0050387_12194238.jpg

c0050387_1220202.jpg

c0050387_12205485.jpg

c0050387_12213570.jpg

デザイナーの串野さんです。
作品から気むずかしそうな芸術家肌の人物を想像していたのですが、素顔の串野さんはとてもやさしくて、穏やかな雰囲気のある方でした!
c0050387_12222213.jpg

彼のすごいところは、ファッションに留まらないアートの感性をいかんなく発揮するところ。

串野さんの後ろにあるパネルは、靴に草や花が生えて、それが枯れて燃えて、そしてまた再生するという一連の流れを写したパフォーマンスなのですが、その発想がすばらしい。

「ある特定の女性をミューズとして想定してデザインするといったことはないですね。
発想はマテリアルから入ることが多いです。
今回はクイーンということで、クリスタルや鉱物の輝きを表現してみました」
という串野さん。

どれも凝ったものだけに、受注生産をしているらしいですが、このスカル・バッグは生産が追いつかないほどの人気だとか。
c0050387_12243383.jpg

女性の靴というのは、実用品でありながら、そこだけがエロスの対象ともなる、きわめてフェティッシュなものであり、そして装いのなかでももっとも「おんな」が表れるアイテムであるもの。

串野さんの美しくラグジュリアスで、モードの最先端をいきながら、背徳的な匂いがするエロティックな靴たちの宇宙は、さまざまな想像力をかきたててくれ、どこかシュールリアリズムのアートに通じる感性を感じます。
c0050387_12291598.jpg

アートとファッションのはざまを行くような作品を手がけていきたいですね」
と串野さん。

世界に通じる作品というのは、同じ文化背景を共有していない人にもインパクトを与える、ある種の驚きが必要不可欠。

そしてさらに「他の何者にも取って変われない」個性がなくてはならないもの。
なぜなら既に世界に存在するものであるなら、あらたに必要とはされないから。

その意味でも日本的な繊細さや職人気質と、ひとを驚かせる「歌舞いた」センスを持つ串野真也さんの世界はインターナショナルに通じるクオリティだと思います。

ジャンルをまたがる境界線のないクリエイターとして、彼の創作から目が離せません。
c0050387_12304555.jpg


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-29 12:31 | トレンドの泉
 夏になると、ランチによく作って食べるのがタコライス
c0050387_1237326.jpg

タコスの具である挽肉のタコス味つけ炒めと、レタストマト、チーズをごはんに載せたもの。

辛いホットソースでぶわっと汗が出るんだけど、でも料理じたいがそれほど熱くなくて、サラダっぽいあたりが夏にぴったんこ。
熱い料理と違って、あとあとまで熱が残らないんだよね。

ふしぎなことに秋や冬に食べたいとは思わないタコライス。
でもわたし的には夏ランチの定番なのです〜!

挽肉は牛肉よりターキーのミンチのほうが好き。
味つけは横着にオールドエル・パソのタコス・シーズニングを使っています!
てへ!
c0050387_12371835.jpg

みなさんの夏ランチのお気に入りはなんですか?


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-27 12:41 | 食の魔宮
バッグで有名な英国ブランド、Mulberryマルベリー)の2012秋冬キャンペーン広告がかわいい件!
c0050387_1230406.jpg

c0050387_12305366.jpg

c0050387_1231511.jpg

c0050387_12312139.jpg

Model: Lindsey Wixson
Photographer: Tim Walker


まるで「かいじゅうたちがいるところ」の世界みたい!
この秋冬は毛足の長いファーがトレンドになるから、ぴったりの世界観ですね!

らぶ!!!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-26 12:33 | トレンドの泉
今年もビアガーデンの季節が到来!!!!

マリオ・バタリが手がけるイータリーの上にあるグルメなビアガーデン、ビッレリアにて、さっそくビール日和に乾杯。
ぷは〜!
c0050387_5244835.jpg

ここのシイタケのフライはうまいスなー。
マストでオーダーですぜ。

友達は「衣にビールを混ぜているのではないか」と分析していましたが、それって正解かも!

生ハム類もおいしすなー!
c0050387_5251722.jpg

さてビールを飲み、シイタケのフライやスペックをつまみながら楽しく談笑していたエリぞうたちですが、ふと気づくと、なぜかバーコーナーに山ほど人だかりがしているんだよ。

日本の居酒屋だとみんなが座っているけど、アメリカだと立ち飲みが多いんだね。
それにしてもすごい賑わい方。
テーブルが空いていても座らずに立っている人率が高いのだ。

……なぜだ? なぜに座らない?
こ、これはようするに……。

出会いを求めているってことだなーーー!?

よく観察すると、席についているのはファミリー系とかカップルとか女子会とか、身なりにかまわずに「放棄している」人とか、つまり出会いを求めていないタイプの人たち。

立っている人たちのほうが、あきらかにヤルキやエンドルフィンやリビドーが高い感じなのだよ!

アメリカでは日本みたいな合コンはしないから、パーティやバーで知りあうというのはポピュラーなパターンなんだけど、バーの場合はおのずと客層の違いによって、出会いに向きか不向きかが分かれてくる。

たとえばアイリッシュバーだのスポーツバーだのに出会いを求めていく女子なんて存在しないはず。
そんなところでたむろしている男は人気ないわけさ。

しかし今どきっぽい男性や女性が集まりやすい今どきっぽいバーであれば、出会いの効率はグーンとアップ。

あきらかに>ビッレリアは「出会い系によい」にランクインしているらしい。
ほほーう。

てことで、恋人を募集中のみなさんは、ぜひとも足腰を鍛えてバーでは必ず立ちながらビールを飲んでくり!

EATLY BIRRERIA
200 5th Avenue New York, NY 10010
(212) 937-8910
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-25 05:28 | NYのレストラン
取材させていただいたロドニー・グリーンブラッドさんのTHUNDER BUNNYのふわふわブック」(宝島社ブランドムック) が発売中です!
c0050387_12162650.jpg

ふわふわ雲うさぎ、サンダーバニーの世界をイラストとともに紹介しながら、作者のロドニー・アラン・グリーンブラットさんのインタビューや、日本語版の翻訳を手がけ、親交の深いPUFFYの対談、そしてアイテムカタログなど読みごたえたっぷりの一冊に。

特別付録としてサンダーバニーのふわふわマルチケースが付いてきます!
c0050387_12163850.jpg
c0050387_12165257.jpg

ロドニーさんといえば、サンダーバニーの他にも、ゲームのパラッパラッパーウンジャマ・ラミーなどのキャラクターでおなじみ。

NYではロドニーさんの取材をしたんですが、なんとロドニーさんはソーホーのど真ん中にある広大なロフトにお住まいなのです!

どひゃー!
「ソーホーのロフトに住む画家」なんて映画のなかにしか存在しないのかと思ったら実在するんですね。

ロフトのなかがまたカラフルで、まるでワンダーランドのようにオブジェが置かれていてびっくり。
この驚異の図は、ぜひMOOKでご覧下さいね。

そんなロドニーさんは禅宗の仏教徒でもあり、とても穏やかで、ナイスなお人柄。
毎朝6時起きで座禅を組み、ベジタリアンだそうです。

NYのアーティストといったら、エキセントリックか、暑苦しいエゴの持ち主か、生活破綻者みたいなイメージを抱いていたわたしにとって、

「うわー、こんなにやさしくてまっとうで、生活がきちんとしていて、成功しているアーティストがいるのか!」

と違う意味で目ウロコ!

でもそんなロドニーさんが生み出す絵だからこそ、澄みきっていてやさしく、多くの人の心を掴むんでしょうね。

こちらが撮影の後で、本にロドニーさんが描いてくれた絵とサインです!!!
うわーい、嬉しい〜!
c0050387_12194211.jpg

c0050387_12195828.jpg

お宝です!
すばらしいアーティストであるロドニーさんと出会えた取材でした!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-23 12:23 | エリぞうのお仕事
焼酎好きのエリぞうが今回日本で「おおッ」と感動したのが、この焼酎

その名も「甕雫(かめしずく)」だったんですばい!(どこの方言?)
c0050387_111347.jpg

なんでも九州のデパートでのトークショーで、地元の方からいただいたお土産だそうで、なんと甕入り! ひしゃく付きよ!

東京の酒屋さんで見かけたことのない焼酎なんですが、これがめっちゃおいしいんだよ!
すっきりしていながら、まろやかで、品のある味わい。

舌を刺す感じがなくて、ころころと転がる甘露のよう!
うーん、美味しい!

創業天保五年(1834年)と言い伝えられる京屋酒造さんの本格焼酎。
農薬を使用せず有機肥料を用いて栽培致した宮崎紅寿芋を原料に使用して、大甕で仕込まれたものらしいです。
c0050387_11162317.jpg

少量ずつ手造りで仕込んでいるため、外から強制的に熱を加えない、奪わない自然な醗酵をさせているそう。
すごい!
1800mlの甕雫1800が4100円
900mlの甕雫900が2850円

焼酎ファンの方はぜひお試しあれ〜〜!

京屋酒造 有限会社
〒887-0001
宮崎県日南市油津2-3-2
TEL:0987-22-2002


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-20 11:20 | 食の魔宮
エリぞう@NYに戻ってきまスタ、です!
ただ今絶賛時差ボケ祭開催中です。ぐひー。

さて今回の日本行きでは、長年使っていたスーツケースがついに壊れて、新しいスーツケースを新調。
ついでにネームタグを手にいれることにしました。

訪れたのが、グリニッジビレッジにあるFLIGHIT 001(フライト001)なるショップ。
c0050387_4592828.jpg

ここは小じゃれた旅行グッズを売っている店なのです。

ポーチだのフライト用枕だの折りたためる水筒だの、とにかくいろんなグッズが揃っているのですよ!

この手の「なくてもいいんだが、あると便利かもしれない、へんなグッズ」というのはふしぎとそそられるもので、文房具好きなら心をズバコーンと刺されるはず!
c0050387_4595268.jpg

この店で、ことにお勧めがカバンにつけるネームタグ
へんなのがいっぱい揃っていて楽しいんだよ!

こちらは「酔っぱらって搭乗中」というサインの入ったネームタグ(笑)
c0050387_50265.jpg

思わず「いいじゃん! ぴったりじゃん!」と買いそうになりましたが、シャレにならなかったらヤバいので却下。

さらに「おれのガラクタに触るな」とか「観光客じゃありません」とか「迷子になっています」といったミョーなタグがいっぱい揃っています(笑)

で、迷ったあげくに、こちらのレトロなスクーターと、カセットテープの形のタグに決定。
c0050387_515470.jpg

c0050387_521858.jpg

タグの他にも、お洒落でユーモラスなグッズがいろいろと揃っているので、夏休みのバケーション前にぜひチェケラウ!


FLIGHT 001
住所:96 Greenwich Avenue New York, NY 10011

電話(212) 989-0001
Mon-Fri 11 am - 8:30 pm Sat 11 am - 8 pm Sun 12 pm - 6 pm


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

一日一回のクリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2012-06-18 05:07 | NYのスポット