コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

<   2013年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東京でも朝ランするよ!

エリぞうイン東京です!
西新宿のホテルにステイしているんですが、東京でもがっつり朝ランするよ!
c0050387_0392265.jpg

このあたりは人通りが少なくて走りやすいですね〜!
c0050387_0394617.jpg

都庁の近未来的な建物を見ると、都知事になる人が「ぬははははは、我が輩が銀河を制するのだ」とかアニメの悪役的錯覚を起こしてもおかしくないなと。
c0050387_0361045.jpg

シューズは旅先なので、街歩きにも使えるニューバランスのクラシック574で。
c0050387_0363440.jpg

ニューヨークのうちの近所は老いも若きも、シリアスランナーもデブちんも、子どもの乳母車押しているママンも、とにかく誰も彼もがランニングしているんですが、おもしろいことに頭にベールを被ったイスラム教徒の女性ランナーもいるんですよ。

最初見た時はびっくりしたけど、髪をベールで覆っていれば、戒律的にランニングはオーケイなんだろうね。

で、今回の発見として、朝ランすると、時差ボケがつらくないです。
なんでかわからないけど、朝走ったほうが後が楽

海外出張のみなさん、朝ランお勧めです!
[PR]
by erizo_1 | 2013-11-25 00:42 | 日本のあれこれ
じゃじゃーん!
ニューヨーク・ニッチ 更新です!

今回はNYの最新デザイナーたちを日本に紹介してきた雅子カウフマンさんのインタビューを掲載しました。

シンシア・ローリーからトム・ブラウンまで、20年以上にわたってNYデザイナーたち日本とつなげてきた雅子さん。
c0050387_1263462.jpg


左がトム・ブラウンで、右が雅子さんです。

ものを見る目を養うには「本物に触れてみること」だといいます。
ファーストファッションもいいけれど、背伸びしてワンランク上のものに触れないと、感性は磨けないという雅子さん。

プロに尋ねた「NYでファッションの目利きになる」道をぜひご覧下さいね!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村
[PR]
by erizo_1 | 2013-11-23 01:30 | トレンドの泉
リンダ・ホーグランド監督の「ひろしま 石内都 遺されたものたち」がNYで上映されます。
c0050387_1156339.jpg

これ広島の原爆犠牲者の遺品を撮り続ける女性写真家、石内都さんのカナダ・バンクーバーで開かれた写真展に密着したドキュメンタリー。

個展の準備の過程から、原爆で亡くなった人々のさまざまな遺品を収めた写真を目にした来場者たちの姿を追います。
c0050387_1156249.jpg
(C) NHK / Things Left Behind,LLC 2012

胸をつかれるのは、その焼けこげた遺品が生々しく、それを着ていたひとたちがその直前まで生活をしていたのだと想起させること。

黒焦げになったかわいらしい襟つきのワンピース、子どもが着ていたスモックに残った血痕、時の止まった腕時計、テイラーメイドの背広、水玉のブラウス、青い目のお人形
c0050387_1222626.jpg
(C) NHK / Things Left Behind,LLC 2012

それらは一瞬にして命を奪われ、地獄のような苦痛を味わった人たちが残した、わずかばかりの遺品であり、その日の広島には、背広を着たお父さんや可憐なワンピースを着た少女もいて、日々の営みもあったのだと伝わってくることに、心を揺さぶられます。

美しい写真だからこそ、いっそうむごさが伝わり、物いわぬものたちだからこそ、余計にそこにいた人の無念を代弁をする。

北米ではめったに行われない「広島の被爆」を英語で上映する貴重なプレミア、ぜひご覧になってみて下さい。
c0050387_1224568.jpg
(C) NHK / Things Left Behind,LLC 2012

THINGS LEFT BEHIND
director:Linda Hoaglund

日時:11月17日(日曜)11:30 AM,
場所:SVA Theatre
333 West 23rd Street
New York, NY 10011
(212) 924-7771

チケット購入はこちらから。


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2013-11-13 12:07 | カルチャーの夕べ
NYのマディソン街にオープンした鎌倉シャツが一周年を迎えました!
c0050387_1422842.jpg

日本から会長社長らも来米。
常務の貞末奈名子さんと、社長の貞末民子さん
c0050387_14222313.jpg

一周年記念レセプションです。
c0050387_14233262.jpg

c0050387_14265923.jpg

NYの有名フランス料理店「ブーレイ」と、その系列の和食レストラン「ブラッシュストローク」の制服のシャツを鎌倉シャツが受注した背景を踏まえて、ブーレイとブラッシュストロークのケータリングが並びました。
c0050387_14235052.jpg

c0050387_14241460.jpg

スピーチをする貞末良雄会長
アイビールックの本家です!
c0050387_1425399.jpg

左から取締役 貞末哲兵さん、常務取締役 貞末奈名子さん、取締役会長 貞末良雄さん、代表取締役社長 貞末 民子さん。

「我々の予想としては、顧客の構成は、6割が日本人アジア人で4割がアメリカ人と考えていたのですが、実際にはアメリカ人が8割、日本人が2割という予想を裏切る結果になりました」という良雄会長。

どうやってアメリカ人たちが鎌倉シャツを知ってやって来るかといえば、ファッションブログやオンラインの掲示板など、口コミで知るようで、遠くからわざわざやって来る人もいるそうです。
c0050387_1442898.jpg

さらに他のブランドの店からお客さんが薦められて買いに来たりすることもあるのだとか。

実際にパーティに出席していた顧客のニューヨーカーに話を聞いてみると、ほんとに「某有名ブランド」の人がいて「おおー」とびっくり。

「うちの店にはバラせないけどね(笑)鎌倉シャツのファンなんだ」
とコメントするあたり、さすがニューヨーカー、自由です!

他の店舗のモノであっても自分が「いい」と思うものを勧めたり、買ったりするというあたりが、NYならでは。

ニューヨークは偏見なく、いいと思うものを受けいれてくれる街だとわかりました」と会長。
c0050387_14424371.jpg

そして顧客のニューヨーカーたちが揃っておしゃれというのも相当にめずらしい現象でした。

こちらの男性は大学で日本の言語を学んでいるというインテリさん。日本に行ったことがないというのに日本語ペラペラ。なんで!?
c0050387_14335466.jpg

こちらは有名メンズ雑誌GQの編集者たち。
左がGQのスタイルライターをしている、Jian DeLeon(ジアン・デリオン)さん。
隣がGQ編集部のお洒落エディター、Justin Doss(ジャスティン・ドス)さん。さすがお洒落さんですね!
c0050387_1443527.jpg

ジアンさんはさっそくGQのウェブサイトで、鎌倉シャツを取りあげて「今やメンズウェアのブログではメイド・イン・ジャパンは、メイド・イン・イタリーよりも大流行になっている」と紹介しています。

そして「鎌倉シャツは我々が見たなかでは、唯一完璧なフィットと生地、そして100ドル以下という値段をあわせもっている」と絶賛。

そしてテレビ局NBC 4 New Yorkのニュースレポーター、Gus Rosendale(ガス・ローゼンデール)さんの姿も発見!
c0050387_14373146.jpg

「現代のアメリカにはシャツにこだわりのある男性たちが欲しいシャツがなく、
彼らが探していても求められなかったものを、うちのシャツが提供できたのではないかと思います」(貞末会長)

現在ではアメリカのアパレルブランドは、ほとんどが中国生産になっているために、縫製にも「こだわり」が求められなくなっているのだとか。

「たとえばシャツにしても中国の縫製工場では大量に早く処理するために、なるべく直線縫いばかりにする。
けれども鎌倉シャツの縫製には曲線が多用されているんです。日本の熟練した職人だったら、曲線縫いくらいなんてことなく仕上げるんですよ」

アメリカに住んでいるだけに、わたしもつくづく思うのは、日本の職人の技は世界トップであるということ。
c0050387_1446474.jpg

日本の工場というのは小規模のところが多いですが、そのぶん徹底した職人芸が生きていて、職人さんたちも自分の技術に誇りを持っていますよね。

その職人芸を捨てたら日本のアイデンティティはないし、決してなくしてはならないもの。
この日本の高いクオリティをいかに世界にむかって販路を広げていくか。日本の職人芸を応援したいものです。
c0050387_14433447.jpg


メイカーズシャツ鎌倉 NYマディソン街店
Kamakura Shirts NY
住所:400 Madison Avenue New York, NY 10017 between 47th and 48th Streets

電話:212-308-5266
営業時間:9:00am~20:00pm(月曜〜金曜)9:00am~19:00pm(土日)


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2013-11-06 14:51 | トレンドの泉
ハッピー・ハロウィーン!
今年は久しぶりに名物ビレッジのハロウィーン・パレードを見物に。

子供たちはキャラクターのコスプレが多いですが、大人の仮装は万聖節だけあって「気持ち悪さ」が真骨頂。

定番ですね、フレディどん。
c0050387_1355763.jpg

テレビの「ウォーキングデッド」が流行っているせいか今年は血糊メイクのゾンビが多かったですね〜。
c0050387_13554862.jpg

キモくて怖い人たちがいっぱい。
でも愛想がいいのがミソ。
c0050387_13562622.jpg

c0050387_13564387.jpg

c0050387_1357297.jpg

あッ、スターウォーズAT-ATウォーカーだ!
これやってみたい!
c0050387_13573871.jpg

笑えるのは行き帰りの地下鉄のなかでは血だらけのゾンビやドラキュラや死んだ花嫁とかがフツーにスマホをしていたり、じっと電車を待っていたりするところで、パレードよりもシュール

このところ日本のハロウィーンもものすごく盛りあがっているようですが、仮装のすごさはパンデミックな伝染病であるところですな!
見ると、つい自分もしたくなっちゃう。
で、どんどん感染する患者が増えていくという、この増殖ぶり。
よーし、来年は仮装するぞー!

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

クリックご協力ありがとうございます。

下の↓アメリカ情報バナーをポチッ!とクリックしていただけると、励みになって嬉しいです。
ご厚意ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村

エリぞうのツイッターはこちらです
[PR]
by erizo_1 | 2013-11-01 14:00 | ライフのツボ