コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

NYで恒例のLGBT(レズビアン、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダー)プライド・パレードが開催!
c0050387_14244580.jpg

つい2日前に合衆国連邦最高裁判所が、同性婚が全米の州で合憲であるという判断をしたのがビッグニュースに。

事実上全米で同性婚ができるようになります!
すばらしい大きな一歩です!
c0050387_14254348.jpg

おかげでパレードは大盛り上がり、沿道の観客たちも祝賀ムードいっぱい。
いえーい!
c0050387_14332852.jpg

アメリカはその始まりから「すべての人間は平等につくられていて、生存、自由そして幸福の追求をする権利を与えられている」という基本的人権を元にして独立した国ですから、同性婚が合憲であるのは当然のことですが、ここまで来るのには長い道程だったよう。
c0050387_14263534.jpg

ゲイの人権についての市民活動は、1969年にグリニッジヴィレッジであったストーンウォールの暴動をきっかけに始まったそうで45年にもわたるゲイの権利擁護の市民活動がようやく実を結んだことに!

今回のパレードには、長年ゲイの権利擁護に努めてきた名優サー・イアン・マッケランも参加!
c0050387_14395874.jpg

シンボル的にはレインボーのヘアを持つユニコーンというのが、よくLGBTのデザインに使われるんですが虹色ユニコーンなひと(笑)
c0050387_1427125.jpg

ある意味、お約束な格好の二人。
c0050387_1427163.jpg

やはりデーハードラッグクイーンのみなさんは人気!



こちらは教職員団体のよう。
「Celebrate Diversity」(多様性を祝おう!)というプラカードが掲げられていますが、このダイバーシティというのはよく聞かれる表現で、学校でも生徒たちの個性や文化の多様性を重んじるようになってきています。
c0050387_14274945.jpg

子どももフロートに乗っていますが、生まれた時から自然にLGBTの子どもだって多いのですから、どんな子どもたちも偏見や差別なく、教育を受けられるべき。

企業や団体の参加者多し!
保険会社のメットライフ。

ケイティ・ペリーの「ファイアーワーク」人気あるなあ。

FDNY、NY市消防局の局員たちも登場!
消防局にも当然LGBTがいるわけで、どんな団体でも差別があってはいけないですね。
c0050387_14291690.jpg

消防車も来ました! FDNYは150周年らしいです。
c0050387_14311378.jpg

消防局員の参加者、ヘアスタイルが自由だという!(笑)
c0050387_14301313.jpg

NY市警も参加。
コワモテなイメージの強いNY市警ですが、楽隊もいます。
c0050387_14314272.jpg

五番街が封鎖されているので、ときどき通行人が渡れるように、パレードをいったん止めるんですね。
その待ち時間に演奏して、沿道の市民を楽しませてくれる警察バンド。


こちらの男性の頭に注目。
c0050387_14351222.jpg

頭に乗っかっている丸い小さな帽子は、ユダヤ教徒がかぶる「キッパ」と呼ばれる帽子なのですが、レインボーになっている! 
手作りなのか、売っているのかわかりませんが、いろんなレインボー物があるもんですなー!

愛がルールを決める」という旗。
c0050387_1432597.jpg

日本でも同性婚が成立する日が来るといいですね!
[PR]
by erizo_1 | 2015-06-29 14:43 | 社会の時間
西洋占星術やタロットの研究家として日本を代表する松村潔氏がNYで講座を開催します。
c0050387_1642633.jpg

松村潔先生は著書50冊以上におよび、神秘哲学界での第一人者。
シュタイナーの人智学やカバラなど世界の神秘哲学に造詣が深い方です。

松村さんブルース・モーエンさんとの「死後の世界と宇宙の謎をめぐる対話」という対談集も出していて、こうしたスピリチャル世界に興味ある方には、刺さる講演だと思います。

わたし自身は占星術にもタロット占いにもまるで詳しくないのですが、親しい編集者さんが何冊も松村さんの本を編集しているため、前々からよくその高名は伺っているのです。

で、ずいぶんと昔、その先輩編集さんのおかげで、松村さんにお会いしたことがあるんですよ。

その時にササッと星図表を書いて口にしてくれたことが、あまりにもずばりと言い当てられて、すごく衝撃を受けたことがあるのです!

どういう星の下に生まれてきたのかというのを、あれほど胸に刺さる言葉で言われたことはなく、初対面の松村さんがなぜ言い当てられたのか、ただもうふしぎ。

しかも松村さんの占いは、当たるとか当たらない、という次元をこえて、自分の生き方の指針を探るというツールらしいのです。

はたして人間の生まれつきというのは、運命なのか。自由意志なのか。
選べる未来は多層になっているのか。

今回のセミナーでは、そうした宇宙論からも話して下さるようです。
c0050387_16502659.jpg

スピリチャル系の方はこちらのキネシオロジーのヒーリングやセミナーを行っている丹羽さんブログをご覧いただけると、深くわかるかと思います。

またこちらのディトックスと栄養学、キネシオロジー、ハーターヨガ、タントラヨガをされているあさみさんブログ説明もどうぞ。

今回は初のNYでのセミナーとなります。
セミナーの内容は以下の通りです!

———————————————


講座は二部構成
初心者むけの入門編と中級編があります。
入門編だけ受けることもでき、こちらは受けやすい料金になっています。

西洋占星術の第一部では初心者むけに西洋占星術の仕組みをわかりやすく説明します。

ホロスコープは、その人だけが持つ生まれたときの惑星の配置図を元に、象徴解釈的に解読していくものです。言いかえれば、その人だけの人生の航路図のようなもの。

第二部では、惑星だけを用いた現在の占星術に加え、恒星をも加える、拡張された占星術(3次元占星術)についてわかりやすく説明します。

タロット講座の第一部では、初心者むけにタロットの背景にある宇宙観や人間観について説明します。
タロットには古代の神秘哲学を象徴的に記録したものという面があります。数秘術やカバラなど、タロットにこめられた宇宙哲学と象徴体系を、平易な言葉で解説していきます。

第二部、第三部では、パスワークを実際に体験してもらいます

このパスワークをすることで、人生の目的、自分という存在の本性などを理解することができる可能性があります。このパスワークをひとりでも上手に実践できるようになると、自分の人生や宇宙への探索を深めることができます。

どちらの講座も初心者むけの第一部だけを受講することも、通しで受講することも可能です。

松村潔 西洋占星術とタロット講座

開催日時:
6月12日(金)10:30-13:00 第一部「西洋占星術と人間─自由と運命」
14:00~17:30 第二部「惑星から恒星へー3次元占星術」
料金:第一部のみ$110、一部二部の通し$260

タロット講座
6月13日(土)10:30-13:00 第一部「タロットの宇宙」
14:00~17:30 第二部「パスワークpart1」
6月14日(日)10:30-17:30 第三部「パスワークpart2」
料金:一部のみ$110、一部二部の通し$260、一部二部三部の通し$500

会場:CRS (Center for Remembering & Sharing)
123 4th Avenue, 2nd FL
New York, NY 10003
申し込み先:matsumurany@gmail.com



●松村潔さんプロフィール
西洋占星術やタロットの研究者として著書は50冊以上。近著は『わたしの運命がわかる地球星座占い』(角川書店)、『3次元占星術』(説話社)、『土星占星術講座』(技術評論社)など。ノンノやan・anなど女性誌の占星術特集の常連として活躍したが、現在は研究や少人数の講座に集中し会社経営者の方たちを対象にした講座なども行う。シュタイナーの人智学やカバラなど世界の神秘哲学に造詣が深い。

●松村さんの占星術の特徴
古典的な占星術では、吉凶を占いますが、松村さんは吉凶にかわって、イージーとチャレンジングという見方をします。吉であるイージーは人間を楽にはさせますが成長はさせず、むしろ凶であるチャレンジングのほうが苦労を伴いますが人を成長させ、大きな幸福へと導くという動的な考え方が基本です。単なる短期的な幸不幸を「当てる」のではなく、一生という長いスパンの中でその人の生き方を描き、支援するのが占星術の役割と考えています。
言いかえれば、占星術を単なる「占い」から、人生の航路図として考えようとしています。または、その人の意識/無意識両面にわたる精神の見取り図としても占星術は利用できると考えてもいます。

●松村さんのタロットの特徴
タロットを単なる占いツールとして見ることをやめ、カバラ(ユダヤ神秘主義)や易経など、古代の神秘哲学を背景にした、いわば「象徴的読み物」として考えています。
その「象徴」を正しく理解することで、同時に「占いツール」としての精度もあがります。
また、「象徴的読み物」を一種の瞑想の対象とすることで、自分の内面を探索するツールとしても使えると考えています。それをパスワークと呼びます。

ご興味のある方はぜひどうぞ!
松村先生の著作の一部はこちら。
土星占星術講座 ~あなたの人生の設計図が見える~
c0050387_16361355.jpg

スピリチュアルパワーを呼び込む エーテル体に目覚める本
c0050387_16363187.jpg

完全マスター西洋占星術 (The series of perfect master)
c0050387_16365428.jpg

[PR]
by erizo_1 | 2015-06-03 16:53