コラムニスト 黒部エリがニューヨークからお届けします。Blog by Eri Kurobe


by erizo_1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2015年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

日本のポップカルチャーをアピールするイベント、WAKU WAKU NYCに行って来ました!
c0050387_1440840.jpg

会場にはオタクロリータが集結!
c0050387_152214.jpg

か、かわいい!
なんだよ、マジでかわいいじゃん!

うわー、このおじさん、すっごくいい!
c0050387_14402575.jpg

メルヘン・ダンディというのか、もはや新しいジャンルです。

かわいいとスチーム・パンクが合体したような、しかしながらジブリの登場人物といってもいい自然ななじみ方。

なんでも知り合いの方が手作りしてくれたそうです。

こちらも手作り派
自分でどんどんデコレーションを付け足しています。
c0050387_14413730.jpg

きゃりーぱみゅぱみゅの影響の強さを感じますねー。
c0050387_14421680.jpg

うわー、右端の方はユニコーン設定ってことでいいですね?
c0050387_14424734.jpg

今どきはブラックのロリータファンもいるのか!

なんで驚くかといえばブラックカルチャーでは、従来セクシーというのが大きな要素だからなんですね。

ところが、その真逆にある「ロリータ・ファッション」を着る人たちもいるとは!

うわー、巨大系ロリータも!
c0050387_1444204.jpg

しかしここがKAWAIIマジックのふしぎさで、かわいいポーズをすると、かわいく見えてしまう!

しかし服の値段を倍にしないと、生地代が追いつかないのではなかろうか。

うわー、マイメロのお面をかぶっている男子。
インパクト大です。
c0050387_14455561.jpg

彼は東京でこの衣装を手に入れたそうです。
もはやオタク、巡礼の地、東京!

これらの写真を見るあなたの胸の中にいまグモグモと入道雲のように、さまざまな感慨がわき起こっているんじゃないかと思います。

ええ、めっちゃ、わき起こりましたよ、わたしの胸中にも。
わき起こらざるを得ないよ!

聞いてみると、ボストンやフィラデルフィアなど地方からこのイベントに来た人たちもいました。

服はだいたいオンラインで買うか、NYに住んでいる人は「TOKYO REBEL」で買うことが多いそうです。

こちらは原宿発ロリータ・ファッションの人気ブランド、プトマヨのファッションショーに並ぶ人たちの列!
う−わー!
c0050387_14492265.jpg

すごくシュールな光景!
これ、ウィリアムズバーグですよ? 
ヒップでトレンディといわれるウィリアムズバーグなんですよ?
c0050387_14512848.jpg

すっかり下妻物語になっている!

アメリカ人のロリータ・ファッションというと奇妙な響きがあるけれど、欧米人が着ていると、そのまんまフランス人形みたいで、意外と違和感ないんですよね。
c0050387_145166.jpg

ふつうに19世紀の人みたいではある。

いろいろありすぎて、もはやカオス!
どこに目の焦点を合わせていいのかわからない!
c0050387_1453887.jpg


じゃーん、大迫力!
ちなみに年齢もさまざま。大人もいます。
c0050387_14534167.jpg

中央に映っている大人の女性は、オフィスにお勤めだそう。
TOKYO REBELのファンらしいです。

ふしぎと違和感ないというか、「ダウントン・アビー」の登場人物みたい。

うおおおお、セーラー服!
c0050387_14544018.jpg

日本の女子高生ってこういう解釈なのか!?

しかもこのロリータやオタクたちは礼儀正しくて、写真を撮って「Thank you」というと、「アリガトウ」と応えるのだ!

ふつうのアメリカ人の若者よりずっと礼儀正しいの。
日本のアニメとかマンガを好きになるうちに、日本的な道徳を身につけるんでしょうか!?

あるいはアメリカン・オタクにとっては「アリガトウ」という日本語をいうのが、たとえばヒプホプ好きの日本人の若者が「ヨー、メーン」と口にするような魅力があるのか!?

なにかのコスプレ?
元ネタがわからない(汗)
c0050387_1544682.jpg

フシギダネ」とカタカナが書かれたジャケット、その言葉をそのまんま彼女に返したい
しかも体中にタトゥ入り。

ロリータたちを撮影していたアメリカ人のカメラマンが「信じられない、なにか奇妙な夢のなかにいるみたいだ」と呟いていたのが忘れられません。

なんというシュールな光景!
さて後編では、ファッションショーの模様を伝えます!
[PR]
by erizo_1 | 2015-08-31 15:17 | トレンドの泉
モントークという町をご存じですか?
c0050387_15383926.jpg
photo:Shino Yanagawa
ニューヨーク市内からは車で3時間ほど、ロングアイランドの東端にあるエリアです。

ここはサーフィン釣りのメッカとして、ニューヨーカーに人気のところ。

昔は鄙びた田舎のビーチでしたが、最近はおしゃれなホテルやレストラン、ショップができて、ホットなエリアになっています。

そんなモントークについて書きました。

ニューヨーク・ニッチで、NYを舞台にした短編小説のシリーズを始めました。
これはショートストーリーと写真で、NYを紹介していくというもの。

題して「あなたがいるニューヨークの物語 〜短編小説と写真で綴る街

今回はモントークを舞台にして「モントークの光」をアップしました。
c0050387_15393020.jpg
photo:Shino Yanagawa
写真はフォトグラファーの柳川詩乃さん。

この写真がすごくいいんですよ!
詩乃さんは紀行写真の名手。
c0050387_15432513.jpg
photo:Shino Yanagawa

まさにモントークの空気感を伝えてくれる写真です。

文末にはモントークのガイドも載せているので、ぜひご参照下さいね。
c0050387_15401781.jpg
photo:Shino Yanagawa
[PR]
by erizo_1 | 2015-08-16 15:51 | 小説